> > カードローンやめたい人へ!アイフル契約終了の方法

カードローンやめたい人へ!アイフル契約終了の方法

アイフル契約終了の方法を案内していますが、そもそも契約終了というのは人によっては行っていない場合が御座います。

その理由は、契約終了という行為がどういうものなのか不明・・・という人が多いからです。しかし、良く理解していないと将来の不利益になることもあります。

できる限り正しい知識を身に付けて、アイフル契約終了に望むようにしましょう。

メリット・デメリットの案内もしていますので、リスクを減らしたい方は、その2点のみ参考とするのも良いかと存じます。

契約終了は想像以上に簡単に行えるようになっている

アイフル契約終了というのは、それほど難しい行為ではないので緊張しないようにしましょう。(こちらもご参考に→アイフルの契約に関するおすすめ記事

良く見られる失敗では、電話で相談をしないでネットから契約終了というパターンです。アイフルもカードローン業者なので、安易に契約終了をネットのみで済ませてしまうのはもったいないでしょう。

その理由ですが、以下のような点で電話をかけることには意味があるからです。

  • 現在の借入状況を正確に理解できる
  • アイフルからアドバイスをいただける

これらのサービスですが、アイフル契約終了となった後はサービスを受けられなくなるので注意してください。

現在の借入状況に関しては特に大事です。というのも、借入状況を把握していないと返済が大変になるからです。

例えば、毎月3万円で返済している状況では、5万円や10万円の返済は大変です。ですが、契約終了の状況となってしまうと、返済を急いで行う必要も出てくるのです。

業者側も注意していますが、人によっては強引に契約終了してしまい、このようなトラブルに見舞われる人もいるのです。

契約終了という行為は、「返済にも影響を与える」ということを忘れないでください。

もし分からない場合はアイフルと相談しよう

アイフルからアドバイスをいただくというのも、契約終了前においては必要な行為です。基本的にアイフル側が相談そのものを嫌がるということはありません。

アイフルは、カードローンそのもののスペシャリストまでスタッフとして常駐しているので、相談に関してはサラリーマン金融内でも頼りになる1社です。

相談を行うことで、これから先のカードローンについて、正確な対処が行えるようになることもあります。

  • プラン相談で借入を見直すことができる
  • キャンペーンを先に知っておくことができる

上記のような情報も、先んじてアイフル契約終了すると、知ることもなく契約終了となります。特にプラン相談は重要なので忘れずに相談しておいたほうが良いでしょう。

プラン相談とは

プランというのはカードローンのプランのことです。プランの内容には金利や借入限度額などが含まれるため、プラン内容が良質であるほどに、契約者もカードローン利用を使いやすく感じます。

ただ、まったくプラン相談されないまま契約終了してしまうと、このような相談もないままに終わってしまうので、そのために相談が必要とされています。

CMやネット広告などでも、「あなたに合ったプランを・・・」という案内がよく使われています。これはカードローン業者側で相談に乗ることも可能という意味です。

例えば、「50万円以上、100万円以上借りられない」という理由で、カードローン契約を契約終了とするのはもったいないです。

プラン相談をされるだけで、その問題が解決することもあるのですから、面倒臭がらずに相談を持ちかけたほうが良いでしょう。

カードローン契約終了のメリット

アイフル契約終了についてですが、カードローンそのものは契約終了を正しく行うとメリットが発生するので、上手に契約終了することが重要です。

正しく契約終了するポイントですが、なるべく計画を練って契約終了するようにしてください。短絡的に別のカードローンに切り替えたい・・・というだけで、契約終了しては損をしてしまうことだってあります。

正しく契約終了するポイントについて下記のようにまとめましたので、契約終了の方法が良くわからないという人は、下記を参考にしていただけると幸いです。

  • アイフルに連絡を行ってから契約終了とする
  • 遅延などの金融事故に注意を払う

アイフルに連絡を行うメリットですが、「混雑を無くす」という目的で行っているだけです。カードローン業者の特徴として、連絡を行わずに契約終了してしまうと、終了後に面倒が発生しやすくなるので注意してください。

例えば、「電話連絡が目立つ」ようになりやすいです。これはアイフルだけでなく、契約終了後の挨拶として電話がかかってくるようになるのです。

人によってはアイフル以外でも契約されている人もいるでしょう。その際に、契約終了を連絡なしで行ってしまうと、カードローン業者から何度も電話がかかってくるため、段々と混雑しやすくなってしまいます。

電話連絡を済ませておくと、以前に契約していた業者からは電話がほとんどかかってこなくなります。

最大のメリットは個人信用が高まる点

アイフル契約終了でもそうですが、契約終了してしまうと契約時の情報が失われてしまう・・・と思っている人が多くいます。ですが、業者側の方で情報の保有が行われているので、契約終了と同時に情報が消失するわけではありません。

業者にもよりますが、契約時の情報は数年以上経過してから抹消されるケースが多いです。

なぜ、もう利用の見込みが無くなってしまった相手の情報を保有しているのか?というと、「事故の記録」を保存しておく必要性があるからです。

何度も確認される情報には「遅延の記録」があるので注意してください。もちろん、遅延がまったく見られない契約者であった場合は、「良質な契約者」としての記録も残ります。

つまり、契約終了される場合は「身をキレイにしておく」ことが重要なのです。アイフルでも同じような情報の扱いとなっているので、身がキレイな人の場合は契約終了にもメリットがあります。

遅延情報などがまったくない場合、以下のようなメリットを受けられると思っておいて問題ありません。

  • 信用情報にプラスの評価が付く
  • プラスの評価が多い場合は借入限度額が大きくなりやすい
  • カードローン審査で通りやすくなる

カードローン契約終了のデメリット

アイフル契約終了についてですが、契約終了の仕方によってはデメリットも発生します。

特に注意して欲しいデメリットは、強硬して契約終了しようとすることです。

アイフルの場合、「電話からの契約終了」をお願いしていますので、契約終了の手順が完全にわからない・・・という人はあまりいません。

つまり、契約終了を強硬しようとすると業者側から要らぬ疑いをかけられてしまうのです。

以下のような人物ではないか?と評価されることもあるので、契約終了の連絡は欠かさず行うようにしてください。

  • 礼儀正しくない人物
  • 借入に関する対応を嫌がる人物

礼儀やマナーに関しては、サラリーマン金融の契約でも大事となっています。そのため、礼儀やマナーに欠ける人物では、次からのカードローン契約で不利になりやすいのです。

このような些末(さまつ)な問題も、カードローン契約では大事になりやすいので注意してください。

意外なことで発生するデメリットに注意!

契約終了はタイミングも重要です。なので、契約終了をタイミングよく行わなかった場合のデメリットについて、正確に知っておくことも契約終了の際には大事大事となります。

タイミングを外して契約終了してしまった場合ですが、基本的に個人信用は悪くなってしまいやすいです。

契約終了のタイミングとは

契約終了のタイミングについてですが、タイミングは2種類存在します。

1つ目は、契約終了の連絡を契約者自身が入れるというものです。業者側からアドバイスがあるので、デメリットは発生しづらいでしょう。

2つ目は、契約終了の予約を入れておくことで契約終了するというものです。こちらは前者とは違い、契約終了の仕方によってはデメリットが発生します。

なぜ2つ目の場合、契約終了の仕方によってデメリットが発生するのか?というと、それは「上手く契約終了できない」ケースもあるからです。

返済などスムーズにいっていない場合、予約を入れて契約終了しようとしても、返済完了となっていないため終了できないこともあるのです。

その場合は、契約終了の連絡を入れないといけないので、人によっては無駄に時間を使ってしまうこともあります。

しかも、何度も同じようなミスをしてしまうと、信用に関わることもあるので注意が必要となるのです。

アイフル契約終了でもそうですが、推奨となる対応は電話連絡を入れて契約終了とする対応です。

アイフル契約終了と相性が良い人はどんな人?

アイフル契約終了と相性が良い人ですが、返済による実績を貯めている人であれば相性が良い人となります。

返済がスムーズに進んでいる場合、契約終了をしない場合でも、他のカードローンを選ぶことと同様のメリットが発生しやすいため、契約終了と相性が良い人となるのです。

他のカードローンを選ぶことと同様のメリットですが、主に以下のようなメリットが発生しやすいとされています。

  • 融資の際に金利優遇されやすい
  • 新規のカードローン審査がスムーズに終わる(通る)
  • 通常とは別のカードローン審査に申込める

アイフル契約終了を考えている人の場合、上記のようなメリットが発生しやすいでしょう。

アイフルはサラリーマン金融として運営されているので、金利設定は「18.0%」を軸にして設定されています。

そのため、「他のカードローンより金利が高い」と考えている人が多いのです。

ただ、このような金利優遇を狙ってアイフル契約終了を検討している場合、必ず「契約終了を行ってから別の業者で申込をする」ようにしたほうが良いです。

というのも、現代でもサラリーマン金融で契約をしている状態では、カードローン審査が甘くなりづらいという評判が多いからです。

銀行カードローンの場合、特にその点に関しては厳しい・・・と思っておいたほうが良いでしょう。

他のカードローンがアイフルより優れているとは限らない!

他のカードローンに切り替える前提で、アイフル契約終了という人は存在します。

ですが、アイフルといったサラリーマン金融が、別のカードローンに対して内容的に負けているわけではないという点も理解しておいたほうが良いです。

以下のような点では、アイフルなどのほうが契約上有利とされています。

  • WEBから審査申込を行える
  • 借入から増額までスピーディー
  • 返済支援制度の契約も審査が厳しくない

あまり知られてはいませんが、サラリーマン金融は「返済のためのカードローン」を認めているという強みがあります。

返済支援制度とは

返済のためのカードローンを支援する制度として用いられています。銀行やサラリーマン金融で対応している制度なので、返済目的でカードローンというのは、現在ではそれほど珍しくない契約なのです。

返済支援制度のカードローン種類には、「借換カードローン、おまとめカードローン」の2種類が存在します。

銀行でも対応はしていますが、サラリーマン金融のように審査が甘いわけではないので、サラリーマン金融の契約を安易に終了させるのは良くありません。

契約終了が嫌な場合の対処方法も存在する

契約終了そのものが嫌・・・という人もいるでしょう。そんな人のために、カードローン契約を残しておき、他のローンを組む方法についてご紹介させて頂きます。

その方法ですが、特にオススメの方法では「クレジットカード会員になる」がオススメです。

クレジットカードは「ショッピング枠・キャッシング枠」の2種類の枠がありますが、契約するのは「ショッピング枠のみ」のクレジットカードです。

ショッピング枠、キャッシング枠の違い

ショッピング枠は「総量規制が適用されない」。しかし、キャッシング枠は「総量規制が適用される」という違いがあります。

総量規制が適用される場合、年収の3分の1以上は借りられないため、借入において制限が発生しやすいのです。

つまり、ショッピング枠のみのクレジットカードであれば、「新規会員として契約するのは容易い」のです。

クレジットカードは用途についても幅広く利用できます。下記のようなローンで悩んでいる人は、クレジットカード会員の契約も視野に入れて、ローンの悩みを解決したほうが良いかもしれません。

  • 食料品や小物の買い込みをカードで済ませたい
  • 光熱費をクレジットカードで立替えたい
  • 携帯利用料金をクレジットカードで立替えたい

クレジットカード会員は、アイフル契約終了をされていない場合でも、審査において不利になる場合が少ないのでオススメです。

今ではスマートフォンだけでも契約終了は可能

最近になって良く用いられている契約方法・契約終了方法に、「スマートフォン利用」による対応方法が増えてきています。

「スマートフォンは機種によっては使えないのでは?」という意見もネットで見かけますが、今では下記を用いて間接的に契約情報を操作することが可能となっています。

  • パソコン(※インターネット接続環境が必要)
  • モバイル
  • スマートフォン

スマートフォンの場合、スマートフォン専用のブラウザ(アンドロイドなど)に合わせて画面の表示が行われます。

昔はスマートフォンの機種によっては、契約終了サービスなどを利用できませんでした。ですが、現代では手軽に契約終了サービスを利用し、カードローン契約を終了させられるのです。

ただし、「旧世代のモバイルは不可」となっています。サイトの表示が行えないか、デザインがおかしい状態で表示されるので、旧世代のモバイルでは表示そのものが不安定なのです。

パソコンの場合は、特に制限もなく利用できるため、利用において面倒なことはありません。

パソコン、スマートフォンに関しては業者側でサービス対応を良くしている・・・と、理解していただければ幸いです。

借換・おまとめカードローンへ切り替えるのも賢明

アイフル契約終了の前に検討して欲しいのですが、「カードローン件数が2件以上」の場合は、返済支援制度を頼ってみるのも賢明であったりします。

返済支援制度には、「借換・おまとめに関するカードローン」が含まれます。

アイフルでは通常のカードローンと同じように対応しているため、審査そのものが数日かかるということもありません。

また、借換でローンを1本化すると下記のようなメリットも発生します。

  • 返済の際に用いる支払先口座もまとめられる
  • 金利が返済支援制度の影響で低金利になりやすい
  • 返済期間を延ばすことも可能

これらのサービスは、「契約終了をしてしまうと利用できなくなる」ので注意してください。

後もう1つ注意点があります。それは、借換カードローンのみ「初回の契約であれば許可をしている」という点です。

つまり、過去にアイフルで借換カードローンを申込まれていると、再契約をされても借換カードローンを利用できません。

意外と知られていない人も多いため、契約終了前にまだ利用が可能なのか確認しておきましょう。

アイフル以外のサラリーマン金融でも、返済支援制度に関しては積極的に対応してくれます。審査そのものも現在は甘いほうなので、契約終了前に相談しておくことで大きなメリットを受け取ることも可能です。

契約終了してしまうと受けられないサービス

契約終了で受け取れなくなってしまうサービスですが、意外な状況で受け取れなくなってしまうものもあるので注意してください。

それは「メールサービスの停止」です。

メールサービスとは

アイフルなどのサラリーマン金融では、カードローン契約時にサービス申込を済ませているサービスの1つです。

メールにて「お得な情報」を受け取るサービスなのですが、人によってはお得ではない情報も存在するため、あまり高く評価されていないサービスの1つでもあります。

アイフルでもそうですが、メールサービスの申込を契約者本人が断っていることもあります。

断っている理由は、「何度もメールを受け取らなければいけなくなる」からです。要するにメール受信そのものを面倒だと感じている人が多いのです。

しかし、そんなメールサービスの中には「契約更新による増額検討」のメールも混じってきます。

メールサービス停止の設定では、このような大事なメールについても目を通さずに放置してしまうこともあるのです。

契約終了を予定している人は、先にそのような「優遇措置に関するメールの有無」を確認しておきましょう。アイフルに連絡を行うと、電話やメールなどで親切にその点の案内も行ってくれます。

特に増額に関する案内は、年間では1・2回しか発生しません。契約終了を行う前にチェックしておきたい優遇措置の1つです。

【参考ページはこちら】
完済?解約?アイフルから契約書を返してもらう場合

新着記事
ページトップへ