> > 突然借りれなくなった!?そんな人はアイフルで借入がオススメ!

突然借りれなくなった!?そんな人はアイフルで借入がオススメ!

誰でもそうですが、借りられていたものが借りれなくなった際には、パニックになりやすくなります。ですが、パニックになるのを抑えて事情を把握しないといけません。

手当たり次第で解決を試みると、かえって状況が悪化することもあるからです。

先ずはどうして借りれなくなったのかの理由を探りましょう。その際に、記事内で書かれているような法律の問題、本人の問題を整理することが大事です。

対応次第では状況が良くなるだけでなく、将来的な借入についても安定しやすくなります。

賃金業法改正により昔より借りられない場合が多い

大事なことなので最初に案内させていただきますが、現代は「昔より借りられない仕組み」が存在します。そのため、カードローンでも大きな借入は認められないようになっています。

その仕組みの大元が賃金業法改正です。賃金業法は昔であれば、ある程度の貸し借りの余裕が存在していたため、金融業者も各個で好きなように営業できていたのです。

ですが、現代では「貸し借りの金額に制限が設けられている」ため、業者によっては貸し渋りの状況となっています。

以下のような借入を継続的にされていた場合、もしかするといきなり借りれなくなった・・・という事態に陥るでしょう。

  • 借金件数がすでに4件以上
  • 借金総額がすでに100万円以上
  • 借金1件のみで年収の3分の1以上

賃金業法改正で影響を受けているのはサラリーマン金融

借金が難しくなってしまった現代ですが、「銀行やサラリーマン金融」で格差が広がっているだけです。

銀行の場合、「与信能力に問題がない」相手であれば100万円以上のカードローンでも、審査に通ることが多くあります。

与信能力とは

ローン契約者となる人の現在の年収・返済実績を元にした返済能力のことです。
(⇒アイフルの契約についてもっと詳しく

返済能力が高いほどに、大きな借入を申請されても審査で落ちづらくなります。

サラリーマン金融の場合、「50万円以上借りるのは難しい」と思っておいたほうが良いでしょう。

実際に男女の借入額の平均では、銀行が70万円以上、サラリーマン金融が30万円以上という状況です。

賃金業法はサラリーマン金融に対して適用されているため、年収の少ない人でも審査で通りやすいサラリーマン金融では、それほど大きな借入が認められないのです。

さらに、サラリーマン金融でカードローン申込をした場合、以下のような面倒に遭遇することもあります。

  • 借入希望額が50万円以上で収入証明書が必要
  • 借金が難しい人は担保・保証人などが必要

このような面倒は銀行カードローンでは、あまり見られない問題でもあります。

賃金業法を意識して借入状況を整理するのも大事

賃金業法に対して注意すべき点は、あまり多くありませんので安心してください。

アイフルでカードローン申込をされる場合でも、安定した年収・返済状況の2点が確認できる人であれば問題ありません。

実際に、以下のような人でもアイフルで審査に通ったという実績が数多く存在します。

  • 月収が毎月10万円未満のパート(40代女性)
  • 月収が毎月15万円未満のアルバイト(20代男性)
  • 月収が不安定な自営業主

銀行であれば、与信能力があれば50万円以上でも借りられます。

ですが、上記に該当する人物では与信能力がある・・・と判断されない可能性もあるのです。

というのも、銀行カードローンは審査基準に「年収200万円以上の人」を設けているからです。毎月15万円を稼いでいたとしても、年収では180万円となりますので、審査で通らないケースが多くてもおかしくありません。

安定して審査に通りたい場合は、なるべくサラリーマン金融を意識して、少額で借りるようにするのが無難なようです。

年収が下がった場合も借入限度額に影響が出る

カードローンは、「契約時以外にも情報の更新が必要」となっています。

具体例では、年収が変わった場合や転職された場合に大事となります。このような情報も面倒臭がらずに更新しないと、最終的に現在の借入限度額が減らされるという事態に陥るのです。

そして、何度も減額対象となってしまうと・・・最終的に借りれなくなってしまうこともあります。

また、業者側から警告のようなものが発生することはありません。「契約に関する情報は契約者で管理」となっているため、あまり更新されていないと自己責任扱いになるのです。

年収が5万円、10万円といった小さな金額で下がってしまった場合ですが、そのような場合では「年収情報の変更は必要ない」と判断して結構です。

年収が50万円、もしくは3分の1程度で大きく減った場合、アイフルなどで相談から対応を始めることが理想です。

銀行やサラリーマン金融によっては経営状況が好ましいため、あまり減額対象者を募らないケースもあるからです。相談だけで解決することもあるので、最低でも相談程度は行っておきましょう。

転職・転居が目立つ人も借入限度額に影響が出る

今では、「年収のみ審査において重要」というわけではありません。

人にもよりますが、転職・転居が目立つ人も再審査が行われやすくなる場合が多いです。

再審査とは

銀行やサラリーマン金融は定期的に契約者の再審査を行っています。

その際に返済能力、本人の印象を確認するのですが、問題なければ評価は上がるという仕組みになっています。

再審査の際に、「本人の印象」もチェックされるということを忘れないようにしてください。

というのも、転職・転居が目立つような相手で、且つ連絡をあまり入れない相手の場合、評価が下がってしまうからです。

業者はお金を貸している側なので、あまりにも「不安定な生活をされている」と感じた場合、借入限度額を減額させることがあるのです。

サラリーマン金融は審査が甘いと言われていますが、本人の印象が著しく悪い場合には厳しい対応を取ることもあります。(こちらもご参考に→アイフルの審査は5段階!

安定した借入の実現には完済ではなく解除が必要!

カードローンの豆知識となりますが、いきなり借りれなくなったというケースでは、「借入件数」が大きく関わっている可能性が考えられます。

例えば、返済必要分がすでに0円となっていても、それは借金契約が完全に失われた・・・、という意味ではありませんので注意してください。

返済必要分が0円ということは、借金を返済する必要性がないのは確かです。

ですが、金融業者は「借金件数1件、返済必要分0円」という扱いで審査を行うので、すでに「借金件数3件、返済必要分50万円」となっていると、カードローンの再審査で悪い評価が付くこともあるのです。

先ほどの1件が残っているため、実質、借金件数は4件となるので対応が厳しくなるというわけです。

借金返済をキレイに終えた場合、最後にしなければいけないことは「借金の解除」です。電話連絡、WEBからの対応で借金契約を解除できますので、必ず契約に関しては解除しておきましょう。

ローン件数が多い場合はおまとめローンで対処しよう

賃金業法改善前に「複数の借入をされている」と、そのまま継続して多くの借入があっても借金を継続して行える・・・という矛盾が存在します。

特にこちらに関しては厳しい取り決めもないので、業者側もなにも言ってきません。

ですが、新規のカードローン契約が認められない、もしくは借入額が減額されるペナルティが発生するので、「放置しておくのは良くない」のです。

例えば、借金件数7件、借金総額150万円という場合は、カードローンの利用限度額が0円~10万円以内で再設定されるでしょう。

これはアイフルも同じなので、サラリーマン金融によって借りれなくなったりするわけではありません。銀行やサラリーマン金融に関係なく、早い段階で借りれなくなったりする問題が発生します。

このような問題に直面した場合ですが、アイフルなどで販売されている「おまとめローン」でローンを一本化するのが理想的です。

おまとめローンとは

複数のローンをまとめるローンのことです。銀行やサラリーマン金融で取り扱われている金融商品で、審査に関しては通常のカードローンとほぼ同じ内容となっています。

アイフルはおまとめローンの審査も甘いので、複数のローンが存在する場合は心強い味方になってくれるでしょう。

対応次第で与信にも悪影響を及ぼすことがある

現代のカードローンは、「WEBのみ」でも審査が完結する仕組みになっています。

そのため、今では対面与信という存在を忘れてしまっている人が多い状況です。

対面与信とは

紙面だけで審査を行うのではなく、実際に会って(対面して)与信能力があるか確認するという審査方法です。

現代ではWEBで審査依頼を申込んだ後、実際に審査を行う相手と会うということはありません。また、審査条件に対面与信が必要というケースもまったく無いのです。

「では、対面与信は現代では不要」と思ってしまいますが、カードローンの利用を広げる上では重要な対応であったりします。

対面与信が個人信用情報(評価)に影響を与える具体例

現代では「電話を通じて対面与信を行っている」業者が増えてきています。

対面与信は必要!・・・と考えている業者が多くなってきているので、対面与信を軽んじるのはあまり良くありません。

カードローン審査のステップでは「本人確認」が存在するのですが、こちらには対面与信も混じってくるので注意しましょう。

主に以下のような連絡対応が見られる相手では、対面与信の評価は下がってしまうとされています。

  • 言葉遣いが荒い
  • お金に困っているという発言が多い
  • すぐにお金を貸して欲しいと何度も催促する

金融業者側(主にサラリーマン金融)は、賃金業法改正の影響で好きなようにお金を貸せなくなっています。

そのため、このような対応を試みることで、「1万円でも多く契約者に貸したい」と思ってもいるのです。

なにも対面与信で相手を悪く評価したいわけではないので、落ち着いて本人確認などの連絡を終えるようにしましょう。そのようにされるだけでも、アイフルをはじめとして金融業者の対応はかなり違ってきます。

本人に無縁と感じるものでも借入に影響が出てしまう?

借金は1件のみ、返済に関しても問題を起こしていない・・・過去の返済でもトラブル履歴は無し・・・という人でも、実は急に借りれなくなったという人がいます。

なぜ、問題を起こしていない人物なのに借りられなくなったのか?というと、他の信用部分で問題がある人物と判断されたからです。

他の信用部分とは

近年で注目視されている信用部分に「家族の借金状況」というものがあります。

もしくは、「営業内容が不明な業者の利用」も他の信用部分に該当します。

先ず家族の借金状況について案内させていただきますが、契約者(本人)とは無縁と感じる家族の借金も、「酷い借金状況」となっていると契約者に影響を与えるのです。

良く発生する問題には、「親の代わりに親のクレジットカードの契約を結んでしまった」という問題があります。

親がそのクレジットカードを利用し過ぎてしまった場合、契約者に対しても悪影響が発生するのです。あまりにも使い過ぎていた場合、契約者自体の与信能力が低いと判断されますので、親のクレジットカードは親の名義で契約としたほうが安全です。

意外と多い!営業内容が不明なサラリーマン金融

次に「営業内容が不明な業者の利用」について案内させていただきます。

主に該当となる業者は以下のような業者です。

  • 営業登録がされていないサラリーマン金融
  • 現金化対応で営業を行っている貸金業者
  • ヤミ金

普通にカードローン契約されている場合、これらの業者とは面識のないままカードローン利用されている場合が多いです。

このような業者は、「営業内容が明かされていない」ので、利用されていると「危険な借入を行っている人物」と判断されてしまいます。

また、業者自体も正常な運営を行っているとも限りません。

そのため、急に営業そのものが停止となることもありますし、個人信用情報の登録業務を怠っている場合もあるのです。

このような業者を利用していると、銀行だけでなくサラリーマン金融からも「利用をお断りされやすくなる」ので危険です。

利用のお断りでは、急にカードローン利用ができなくなり、お金をまったく借りれなくなってしまう事態に陥ることだってあります。

裁判処理は諸刃の剣!?債務整理には要注意!

借金返済で困った状態になると、人によっては「債務整理」で債務を無くそうとする人も出てきます。

ですが、裁判処理による返済に関する権利の放棄は、「諸刃の剣」となりやすいので利用はオススメできません。

なぜ、借金返済が苦しい状態でも債務整理をしないほうが良いのか?については、簡単にまとめると「数年間以上で借金できなくなる」からです。

借金というのは、以下のような迷惑を金融業者にかけた場合、「半年間~10年間」で契約が非常に難しい状況となります。

  • 借金の遅延が長期的に見られる
  • 借金の返済を行っていく意思が感じられない
  • 債務整理
  • 多重債務者として弁護士に対応を依頼する
  • 自己破産を行う目的で弁護士に対応を依頼する

このような迷惑行為が行ってしまった場合、「カードローン以外のローンも利用不可」となるので注意が必要です。

金額は一切関係なく、少額のカードローンなどの返済で迷惑をかけた場合でも、同じように迷惑をかけた個人として長く借入が不可能となります。

弁護士に相談するだけで安全な解決を図ることも可能

債務整理などが頭をよぎった際ですが、「弁護士に相談する」ことも大事です。

弁護士に相談とは

弁護士に依頼することとは違い、「相談だけを行う」というのが弁護士に相談をするという意味です。

通常では金融業者から何度も返済の連絡が入りますが、弁護士に相談をされている場合、「仲介者」として返済の見直し要求を行ってもらえます。

こちらの対応であれば、「返済の意思があり、且つ返済に対して堅実な計画性も見られる」ため、業者側も再プランについて考えてくれるようになります。

実際に再プランをした場合、どれだけ返済において優遇されるのか?は、下記を参考にしてください。

  • 利息の支払いなしで返済可能となる
  • 通常では利用できない長期の返済が認められる
  • 返済開始時期を先延ばししてもらえる

※業者によって対応の詳細は異なります

アイフルなどのサラリーマン金融でもそうですが、大事なのは「最後まで借金返済に応じる」ことです。

これらの返済は弁護士が仲介に入ることでも可能ですが、個人が借金返済を真面目に考えている場合にも許可されることがあります。

一人で鬱屈(うっくつ)になりながら悩むのではなく、業者や弁護士を頼りにして突破口を導き出すのも、借金返済では遠回りのように見えて近道であったりします。

【参考ページはこちら】
アイフルで借りるまでの流れを教えて!

新着記事
ページトップへ