> > アイフルなら審査OK!無職でも借りられるアイフルカードローン

アイフルなら審査OK!無職でも借りられるアイフルカードローン

無職の状態では、本来はカードローン審査を行ってもらえないようになっています。

ですが、無職というだけで全業者がカードローン審査を行っていないわけではありません。審査対象者に含まれていないだけというのが、カードローン審査における無職の扱いです。

このような仕組みになっているため、申込をされた場合に審査を行ってもらえることもあります。

主にアイフルでは審査OKとなっているので、無職の人はアイフルでカードローン審査を受けると良いでしょう。(こちらもご参考に→アイフルで借りたい学生はどうする?

探してみると無職でもOKの金融業者は多い

無職の人がカードローン審査を受ける場合、必ず知っておいたほうが良いこともあります。

それは、無職の場合はカードローン審査に通らない場合が多いということです。近年では、カードローン審査を行っている業者は多いのですが、必ず審査に通るというわけではありません。

例えば、「無職の人でも審査OK!」という広告を見つけた場合ですが、審査のみOKなのだと理解したほうが良いです。

その理由ですが、無職の人でも通りやすいアイフルなどでは、このような広告をあまり出していないからです。

アイフルの場合、「カードローンでお困りの方」という案内のほうが多く見られるでしょう。つまり、多方面でお金を貸している場合は、先ほどのようなキャッチコピーをあまり使わないのです。

このように「とりあえず対応している業者」以外にも、以下のような形で無職の人を相手にしている業者は存在します。

  • 担保ありで審査OK
  • 保証人ありで審査OK
  • 借入制限ありで審査OK

アイフルでは、特に上記のような制限など設けてはいません。なので、無職の人が無難にカードローン審査を受けたい場合は、アイフルで審査を受けるのが理想的です。

無職の人に対して絶対に貸すと言っているわけではない

無職の人でも審査を行っている金融業者ですが、「あくまでも審査のみOKとしている」だけです。

実際にカードローン審査を受けてみるとわかりますが、必ずしも貸すことを約束しているわけではないので注意してください。

無職の状態でカードローン審査を受けると、以下のような回答を受けることが多いとされています。

  • 時期的に今は審査が難しい
  • 最低限の収入を得ている状態が好ましい

無職の人でも審査OK!の裏側はこのようになっています。

時期的に今は審査が難しい・・・についてですが、「来月・再来月あたり」であれば審査可能という意味です。

サラリーマン金融は、なるべく「審査に通る相手」からカードローン審査を進めていますので、無職という立場では先行して審査を行ってもらえないのです。

このような不便もあるため、時期的に今は審査が難しいと案内された際は、「他の業者でカードローン審査」を受けたほうが良いかも知れません。

アイフルは安定した収入を得ていれば借入OK!

一般的なカードローン業者では、アイフルのような融通は効きませんので注意してください。

アイフルは、無職であっても相談次第で審査がスムーズになります。相談そのものに対しても、アイフルは力を入れているので、カードローン申込者が業者内でも特に多いと評価されているのです。

また、カードローン申込者が多い・・・ということは、「審査に通っている人も多い」と思って問題ありません。

もし、アイフルについて気になる場合は、「クチコミサイト」で評判を調べてみると良いでしょう。

アイフルを無職の人が利用した場合の評判については、下記のようなものが目立つ結果となっています。

  • 主婦、専業主婦、無職も審査対象で助かる
  • 10万円以内の借入も対応してくれた
  • 無職でも審査OKの数少ない優良業者

アイフルであれば、「あまり収入のない人」でも審査に通ることがあります。

その理由ですが、アイフルは「安定した収入」があれば、審査に通りやすいとされているサラリーマン金融だからです。

安定した収入とは

毎月で決まった(あまり大きくぶれない)収入がある状態を、安定した収入と言います。

サラリーマンやOL、アルバイトやパートで就労されている人であれば、アイフルのようなサラリーマン金融では、審査に落ちる心配がほとんどありません。

大きな借入を要求すると二度手間が発生しやすい

アイフルはカードローン審査において甘いと評価されています。

ですが、アイフルにとって有益になる人であればカードローン審査が甘いというだけです。誰に対しても審査が甘いわけではありません。

具体例として、以下のような相手の場合はアイフルであっても審査が厳しくなりやすいです。

  • 借入の要求が大きい人
  • 借入の利用状況が好ましくない人

このような相手の場合、アイフル以外でも審査に通りづらいと思っておいたほうが良いでしょう。

時折、同じような無職の人でも「審査に通る人、落ちる人」の2パターンが存在しますが、アイフルにもこのような評価が存在するので、低評価の場合はアイフルでも落ちてしまうのです。

サラリーマン金融の場合、借入の要求では「20万円以内」が好ましいです。昔のように50万円以上では要求が大きい・・・ということで、カードローン審査に落ちることが多くなります。

次に借入の利用状況ですが「返済が重要」です。

返済が2ヶ月以上で滞納となっている場合、カードローン申込者としての信用は地に落ちてしまうことが多いです。返済に関しては小さな金額でも評価されるので、なるべくストレスなく返済されていったほうが賢明です。

業者側の気持ちになって、「気分良く貸せる相手」を意識し申込を行うことで、無職であってもカードローンを持てるようになります。

アイフル以外だと無職の人は審査に通らない

アイフルではカードローン審査が甘いので、大半の人が苦労することなく審査に通ります。

しかし、アイフル以外のサラリーマン金融はカードローン審査が甘くない、と思っておいたほうが良いです。

基本的に以下のような人物に対して、カードローン審査そのものを行っていないケースが目立ちます。

  • 短期間で連続して申込を行っている
  • 借入件数が現時点でかなり多い

カードローン初心者の場合、ついつい「短期間で連続して申込をしてしまう」ものです。

ですが、アイフル以外のサラリーマン金融などでは、このような行為も評価されるので注意してください。何度も申込をされているようであれば、「現在借入が思わしくない相手」というふうに判断されます。

つまり、新規のカードローンの目的が「返済目的ではないか?」と疑われてしまうのです。

このようなカードローン申込をされていると、次第に銀行やサラリーマン金融に関係なく、カードローン申込の時点で断られるほどの評価にまで、評価が下がってしまいます。

借入件数はどれほど多くても4件未満にしておく

カードローンでもそうですが、ローンの件数というのは「記録されている」ので注意しましょう。

記録は「個人信用情報機関」に対して行われています。

個人信用情報機関とは

国内ではCIC、JICCという個人信用情報機関が有名です。

借入などローン契約に関する情報を個人信用情報と言うのですが、こちらを業者単位で記録しているのが個人信用情報機関です。

個人信用情報機関の情報は、「業者側で確認できる情報」となっています。

つまり、自分の借入額や借入件数について嘘の報告を行ったとしても、カードローン審査では絶対にバレるようになっているのです。

カードローン審査で急に審査に通らなくなった場合は、借入額より借入件数について確認したほうが良いです。

具体的な件数では「4件以上」から審査が厳しくなると言われています。銀行では「3件以上」から厳しくなるので、できる限りローンは無駄に増やさないことも借入のコツとなります。

もし、完済可能なローンが存在する場合、カードローン申込をする前に完済しておくのも効果的です。

甘い勧誘や審査に引っかからないのも大事!

無職の人がアイフルでカードローン審査を受けられなくなるケースは、何も「本人の収入」のみが関わってくるわけではありません。

他にも、借入態度や借入先の評価がカードローン審査に影響を与えることもあります。

そのような評価の裏側が存在するため、「知名度の低い業者で借りる」のは好ましくありません。

具体的な業者では、下記のような業者を利用してしまうと、本人(個人信用情報)の評価に悪影響を与えるとされています。

  • 中小サラリーマン金融
  • 街金
  • ヤミ金
ヤミ金とは

営業登録を行っていない金融業者を主にヤミ金と言います。

通常の金融業者との大きな違いは、「違法とされる金利で運営を行っている」点です。

さらにヤミ金を利用していると、利用者(契約者)としての評価も下がってしまうので注意してください。

このような業者を利用していると、「他でも貸してもらえない個人」と見られてしまいます。最悪の場合、融資そのものをどこからも受けられなくなる・・・ケースまで存在するのです。

このようなケースもあるので、利用するだけでも損をするケースは存在すると、覚えておいたほうが良いです。

無職の人でも安定するカードローン審査の通り方

無職の人でも「ちょっと努力する」だけで、安定してカードローン審査に通ることがあります。

特にオススメしたい方法は、無職ではない状態になりカードローン審査を受けることです。

「アルバイトやパート、派遣会社など」で登録されている状態を目指すのが理想となりますが、これらの業者で登録されるのは、それほど難しいことではありません。

アルバイトやパートであれば面接で通るのも難しくありません。面接結果も1週間以内で連絡されるため、時間を無駄にせずに状況を整えることができるでしょう。

派遣も同じです。派遣は登録だけであれば非常に簡単ですし、研修がすぐに発生するので、給与の発生も他の職業より早いという魅力があります。

補足となりますが、カードローン審査を受ける前は、以下のような状態を心がけることも重要です。金融業者では、カードローン審査時に評価してくれることが多くなります。

  • 勤務先のほうで従業員として登録されている
  • 正社員の場合、採用通知を頂いている
  • 契約社員の場合、契約書を交わしている

また、正社員であれば特別審査に通りやすい・・・というものでもありません。

アイフルの場合、正社員・契約社員・派遣社員・その他のどれに該当しても、特に差別的な評価は発生しないので安心してください。

アイフルでも在籍確認が可能な相手は信用されやすい

重要なのは「働いているのが確認できる状況」です。

働いているのが確認できる状況とは

「勤め先で本人確認できる状況」を働いているのが確認できる状況と言います。

銀行やサラリーマン金融では、「在籍確認」が必須となっているので、この対応をされていないとカードローン審査では通りません。

アイフルでも在籍確認は行っています。

なので、アルバイトやパート、派遣で登録されていると、「安心して貸出しできる相手」と評価されるのです。

アイフルでは安定した収入が大事なので、あまり職業について厳しい審査も行っていません。つい最近まで無職であった人でも、この状況であればアイフルカードローンを持てるようになります。

簡易診断はあくまでも簡易的な審査となっている

近年のカードローン審査では、サービスとして「簡易診断」も設置しているサラリーマン金融が増えています。

簡易診断とは

すぐに本審査(カードローン審査)を受けられない人のために、数項目の連絡だけで審査結果を診断するサービスのことです。

時間にして2・3分以内に診断結果が出るため、借入額などを調べる際に用いられていることが多いサービスでもあります。

非常に便利なサービスですが、簡易診断の結果はあくまでも簡易的な審査を行った場合の結果です。

そのため、簡易診断で表示された結果で本審査を通る・・・というわけではありません。

簡易診断は無職の場合でも利用可能です。ですが、基本的に以下のような目的範囲で利用するのが正しいです。

  • 借入そのものが可能かを探る目的
  • 幾らまでなら借りられるかを探る目的
  • 借入件数が多い場合の借入可能額を探る目的
  • 年収に見合った借入が許可されるかを知る目的

ローン件数が多くてもアイフルなら大丈夫!

カードローンを利用したいが利用できないと言う人の中には、「ローン件数がすでに多いので諦めている人」もいます。

ですが、アイフルでは「返済支援制度」も用意されているので、借金件数が多い場合でもカードローン相談が可能です。

返済支援制度とは

複数のローンを一部(もしくは全部)返済する目的でお金を借りる際に、返済を支援してくれる制度のことです。

昔は返済支援制度はありませんでした。ですが、過去に借り過ぎてしまったと言う人を助ける目的で、今ではサラリーマン金融を中心として利用されている制度です。

返済支援制度には以下のローンプランが存在します。

  • 借換カードローン
  • おまとめローン

借換カードローンは「1件のカードローン」を、指定の金融業者で借換えるというローンプランです。

おまとめローンは「複数のローン」を、指定の金融業者でまとめて借換えるというローンプランになっています。

アイフルでは「かりかえMAX、おまとめMAX」として販売されている商品が該当します。無職でローン返済にも困っているという場合は、アイフルの返済支援制度で相談してみると良いでしょう。

どうしても融資を受けたい場合はローン相談を行う

融資というのは、「与信能力」を見て融資が可能か判断しています。

与信能力とは

現在までの返済実績のことを主に与信と言います。

与信能力とは、返済実績が存在する人物を指すのですが、返済そのものでトラブルが多い場合には、「与信0」という評価を受けることもあります。

最近になって無職から就職者にはなった・・・が、あまり収入や返済能力(与信能力)に自信がないと言うのであれば、アイフルで「ローン相談」を行ってみるのも良いでしょう。

ローン相談は、通常とは違ったカードローンのプランも提供してくれる相談です。

例えば、毎月3万円では苦しい・・・と相談されると、「最初の数ヶ月までは毎月1万円でも問題ありません」と回答してくれることもあります。

カードローンは、相談において「借金の話」を行うのが特に辛いと言われています。

ですが、アイフルでは返済に関する借金の相談でも、プロのアドバイザーが対応してくれるようになっています。個人で悩むよりは的確な対応も可能となりますので、なるべく早くアイフルで相談されたほうが良いでしょう。

無職のカードローン審査に関するFAQ

無職の人がカードローン審査を受ける場合のFAQです。

カードローン審査に苦手意識がある人、経験が少ないという人向けのFAQとなっていますので、カードローン審査の申込で悩んでいる人は、良ければ下のFAQを参考にしてください。

Q.ネットから申込める? A.ネットから申込可能です

アイフルは、携帯機器のWEB審査にも対応しています

Q.即日融資可能? A.アイフルは即日融資も可能です

申込時間によっては即日融資が難しいこともあります

Q.100万円以上借りられる? A.年収の3分の1までで制限がかかります

借入0の状態で年収が300万円以上であれば、審査結果によって借りられることもあります

Q.審査結果はいつ出る? A.最短30分以内で出ます

営業時間内の申込であれば、審査結果が遅くなるということはほとんどありません

Q.無職の主婦も借入可能? A.借入可能です

収入が厳しい場合は審査終了とならず、配偶者が代わって契約することが許可されます

Q.無職が許容される借入額は? A.10万円以内という場合がほとんどです

初回から20万円以上というのは稀でしょう

【参考ページはこちら】
アイフルで3万円を借りる時の審査は早い?

新着記事
ページトップへ