> > 借入を増やすならアイフル!短期間で増額融資を受けることも可能

借入を増やすならアイフル!短期間で増額融資を受けることも可能

アイフルは、他のサラリーマン金融に比べて、借入を増やすことが難しくありません。

ですが、アイフルについて良く知らないと、借入を増やすまでに長い時間がかかってしまうこともあります。

できる限り、アイフルにとって付き合いやすい利用者となるために、先にアイフルについても学んでおくようにしましょう。

誰にでも出来るような対処方法を中心として案内を行っていますので、特に対処が難しいものは御座いません。

増額融資までは平均すると半年間かかる

増額融資というのは、インターネット上では「1・2ヶ月」で行えるという情報が見つかります。

ですが、実際は6ヶ月間(約半年)はかかるので、インターネットの情報を鵜呑みにしないほうが良いでしょう。アイフルでも、3ヶ月間~6ヶ月間は増額融資されない場合が多いです。

なぜ、約半年も待たされてから増額融資となるのか?に関しては、下記のような理由があるため約半年かかるようです。

  • 信用はすぐに貯まらない
  • 利用額があまり大きくない

一般的なカードローン利用者の場合は、「利用額があまり大きくない」が該当します。実際にサラリーマン金融などの利用額平均では、「男性で70万円以内、女性で30万円以内」が目立つ状況となっています。

利用額についてもある程度は考慮しないと、大半の金融業者ですぐに増額融資を行ってくれません。

利用額を大きくしたい場合は銀行カードローン

借入を増やすためにカードローン契約されても、サラリーマン金融では「50万円未満」までしか借りられないというケースが目立ちます。

その理由ですが、2010年以降から「総量規制」が適用されるようになったからです。

総量規制とは

借入が年収の3分の1以内で制限される規制です。年収300万円を得ている場合、借入限度額は100万円未満で設定されます。

サラリーマン金融などのノンバンク系で適用となっているため、銀行では総量規制が対象外となっているのです。

要約すると、「大きな借入は銀行のみ対応可能」となります。

銀行以外の大きな借入ですが、以下の金融業者(機関)でも対応しています。

  • 信用金庫
  • クレジットカードのショッピング枠
  • その他の金融機関

借入を大きく増やす目的がある場合は、サラリーマン金融よりも銀行などを頼りにしたほうが問題はない・・・という結論になります。

すぐに借入を増やしたい場合は交渉してみよう

小さな借入を少しだけ大きくしたい場合は、サラリーマン金融でも問題ありません。

ですが、なんの利用もなく、相談もない状態で増額融資の申請をするのはNGとなります。

その理由は、「対応が難しくなる」ためです。

借入を増やす場合は、なるべく「事前交渉」を行ったほうが良いと覚えておいてください。個人でできる事前交渉では、以下のような交渉がありますが、交渉そのものはそれほど難しいものではありません。

  • 借入の目的を正確に伝える
  • 別のプランを探してもらう

「借入の目的」というのは、例えばこれからレジャーや資格取得に備えて借入が必要・・・という連絡をすることです。目的があったほうが、業者側の対応は緩くなりますので、アイフルでもカードローンの増額が甘くなりやすいです。

「別のプラン」というのは、カードローンであれば金利が優遇されているものに切り替えることを言います。再審査が必要となりますが、審査に通ると「金利が低くなる、借入額が増える」というメリットがあります。

このような対応は、アイフル以外のサラリーマン金融でも行われています。

カードローンは利用可能額から何度でも利用可能

カードローン未経験者のために、カードローンの仕組みについても案内しておきます。

カードローンは、基本的に返済することで利用可能額というものが元に戻る仕組みで成立しています。キャッシングの場合はこのような仕組みになっていないこともあるため、カードローンだけの特徴とも言われています。

もし「50万円借りて50万円使った」場合は、利用可能額0円となるのです。

重要なのは、このような利用のされ方をしている場合、返済が行われる度に利用可能額が元に戻る点です。

50万円利用の場合、毎月2万円か3万円で決まった金額を返済していく契約となるでしょう。ですが、数ヶ月間返済されると10万円程度は利用できるようになります。

カードローンを使いきってしまった場合、返済次第で元に戻るのですから使いきった後に増額融資の申請をしないほうが良いのです。

カードローン増額融資の申請は、申請の仕方によっては下記のようなペナルティが発生します。

  • カードローン利用限度額が減額となる
  • カードローン利用が停止となる
  • カードローン契約が解除となる

このようなペナルティがカードローン利用では発生するのです。

ですが、基本的に利用が酷くない場合であれば、利用限度額が減額となる・・・程度のペナルティで済むと思って問題ありません。

カードローン利用が停止・解除となるケースの内容は?

カードローン利用は利用次第で停止になったり、契約そのものが解除となることもあります。

ですが、以下のような使い方をされていなければ、業者側も中々そのような厳しいペナルティを課しませんので安心してください。

  • 借り過ぎている状態が長く続く
  • 返済の遅延が長い間で発生している

アイフルでもそうですが、業者が課すペナルティというのは「利用者の信用問題」に直結しています。

借り過ぎている状態というのも、長く続いてしまっているようであれば、「将来的に焦げ付く可能性がある」ので、利用停止処分となってしまいやすいのです。

焦げ付くとは

金融業者が用いている専門用語です。返済不能状態を主に焦げ付き、もしくは焦げ付くと表します。

将来的には、裁判処理で返済不履行のまま終わることが多いため、今では契約そのものの続行が難しいと判断されやすいのです。

このような対応もあるのですが、「返済上の遅延」は特に厳しい対応を取られてしまいますので注意しましょう。

返済上の遅延が長く見られると、「契約の解除」となってしまうこともあります。

返済を効率化すると借入を増やすことも可能になる

カードローン返済の仕方でも「信用は違ってくる」ので、増額融資のために行える返済方法について案内させていただきます。

業者から信用を得るための返済方法ですが、基本的に随時返済・一括返済で対応されるだけで信用を得ることができます。

随時返済・一括返済とは

昔はサラリーマン金融で対応している業者は少なかった返済方法です。

随時返済は「好きなタイミングで行う」返済のことで、一括返済は「残りの借金分をまとめて支払う」返済方法となっています。

アイフルでは両方の返済方法に対応しているので、可能な限り利用してみるのも悪くありません。

というのも、両方とも評価されやすい返済方法だからです。

他に「ボーナス払い」というものが昔からありますが、出来ればボーナス払い以外の返済方法で信用を貯めたほうが良いでしょう。

早い段階で返済に望んでくれるほうが、実はカードローン業者も甘い評価を行ってくれることが多くなるからです。これはアイフルでも同じような対応が行われています。

予め電話で借入相談をしておくと借入を増やしやすい

アイフルと他のサラリーマン金融の大きな違いとなっていますが、アイフルには「プロフェッショナルと相談できる」という強みがあります。

プロフェッショナルとは

近年では、通常のアドバイザーとプロフェッショナルのアドバイザーで、カードローンに関する相談を引き受けています。

通常のアドバイザーより、プロフェッショナルのアドバイザーのほうが、難しいカードローンの悩みに対応してくれるのです。

このようなサービスも行っているため、アイフルは昔から今にかけて利用者から高い満足を得ているとも言われています。

以下のような悩みについても何度も相談OKとなっています。カードローンの悩みがある人は、カードローンの利用前にアイフルで相談されてみてはどうでしょうか。

  • 増額融資の相談
  • 借入が多く返済が厳し場合の相談
  • 多種多様な借入をまとめたい場合の相談

時間がない場合はWEBから増額申請する

増額融資ですが、今ではインターネットからボタンをクリックするだけで申請できるようになっています。

アイフルにも存在しますが、契約者の場合は「マイアカウントページ」から申請できるようになってます。

マイアカウントページでは、増額融資以外に現在のご利用状況、契約内容などの確認も行えるようになっています。

マイアカウントページのURLですが、アイフルカードローンの契約を組んだ後に、マイアカウントに関する通知がメールで行われているはずです。

そちらにURLも記載されているので、ログインを行った後に増額融資などの操作を行ってください。

ログインとは

一般的にはマイアカウントページに入ることです。マイアカウントページに入る前に本人確認の入力が必須となっています。

カードローン契約時に、メールにて「ID、PASS」などの情報も通知されてきますので、そちらを用いてマイアカウントページにログインしましょう。

ただ、増額融資などの審査が必要なサービスに関しては、「混みいっている」こともあるので、すぐに連絡・対応が行われるわけでははありません。

その点をご了承の上ご利用ください。

複数のカードローンで契約していても大丈夫!

アイフルは、利用しやすいサラリーマン金融としても有名です。

サラリーマン金融は全体的に審査が甘いと思われていることが多いです。

アイフル以外に利用しやすいのは、「プロミス、モビット、アコム」などが存在します。

しかし、「複数のカードローン契約を組んでいる」場合、アイフル以外では審査が厳しいと思ったほうが良いでしょう。

というのも、サラリーマン金融にも借入件数の限度が存在するからです。

アイフルでは4件の契約がある場合でも審査に通ることはあります。ですが、その他のサラリーマン金融では「3件程度で厳しくなる」場合が多いのです。

これはサラリーマン金融以外の銀行などでも同じなので、中々アイフル並に審査が甘い業者は存在しません。

アイフルは計画返済支援にも対応している

近年では、サラリーマン金融で「50万円以上の増額融資」を受けている人が多いです。

総量規制があるので、サラリーマン金融は大きな借入が難しいと判断してしまいますが、「計画返済支援」を前提に借りる場合はその限りではありません。

計画返済支援とは

返済のためのカードローンを、サラリーマン金融では主に計画返済支援、もしくは計画返済支援制度と言っています。

計画返済支援に申込んだ場合、通常のカードローンとは違い「総量規制対象外」が適用された状態で、カードローンの契約を結べるようになるのです。

実際に計画返済支援を通じて、「100万円~300万円の借金を返済」している人も多いです。

アイフルの場合は以下のような面もあり、計画返済支援が使いやすいと評価されています。

  • 審査が他の業者より早い
  • 借入限度額が大きく設定されやすい
  • 契約後、増額融資の審査も素早く行ってくれる

増額融資がどうしても難しくなってしまう人

借入を増やしたい・・・と思っていても、中々カードローンの増額融資に通らない人もいます。

ですが、そのような事態に陥っているのは業者のせいではなく、カードローン申込者のせいであったりすることが最近ではわかってきました。

特に以下のような対応をされていると、増額融資がどうしても難しくなってしまう人になってしまいます。

  • 増額融資の申請回数が多い
  • カードローン以外の返済トラブルが見られる
  • 態度に問題あり

増額融資というのは、「何かしらの目的」が見えない限りは審査に通ることがありません。

年収が増えたので増額融資を行いたい、返済件数が減ってきて余裕が出てきたので増額融資を行いたい・・・というのが、正しい手順であり目的となります。

そのため、「とりあえず増額したい」という目的では審査に通ることはないのです。審査に落ちてしまった場合、何度も申請を繰り返しては業者の迷惑になりますし、業者側でも悪い評価を付けなければいけなくなってしまいます。

他にも、「携帯電話料金、信販会社の契約など」の支払いも重要です。

これらの返済トラブルが見られる人の場合、通常のカードローン審査でも通らないことが多くなりますし、何よりも増額融資の対象者と見てもらえなくなります。

審査時の印象もカードローンの増額融資では評価される

カードローン審査は、「通常の審査、増額融資の審査」のどちらでも印象の評価が行われています。

印象の評価とは

審査時に行われる申込者の印象に対して、「良い・悪い」を決める評価のことです。

アイフルでもそうですが、これらの情報については個人情報なのでプライバシー保護の対象となります。そのため、業者側からどのような評価を行ったのかは教えてもらえません。

借入を増やしたい場合は、なるべく「態度も良くしておく」ことが重要です。

態度に関してですが、以下に該当する行動を行っていると、増額融資の際も好評化につながるとされています。

  • 受け答えをハッキリする
  • 借りる理由をハッキリと伝える
  • 増額融資は控えめな額で設定する

増額融資を控えめな額で設定する際ですが、「5万円・10万円」程度が望ましいです。

いきなり20万円以上増額されることも少ないので、あまり大きすぎる金額を指定しないようにしましょう。

増額融資の審査で少しでも通りやすくするために出来る事

増額融資の審査は、努力次第で通りやすい状況を作り出すことも可能です。

例えば、「連絡を細かく伝える」という方法を行うだけでも、業者側からの信用は違ってくるのです。

連絡を細かく伝える方法ですが、特に以下について注意されていると効果的です。

  • 年収の変化が見られた際は契約者情報を変更する
  • 転職・引越しを行った際は契約者情報を変更する

簡単な連絡だと感じる人が多いかと存じます。

ですが、「この程度の連絡もしない人が多い」というのが、カードローン利用の現状となっているのです。

言い方を変えると、「こと細かに連絡してくれる相手」というのは、業者側も評価しやすい人物となります。

増額融資は、連絡先や勤務先が不鮮明な場合、「途中で審査停止」となるので注意してください。何も知らずにとりあえず申込をされていると、何度申請されても「審査落ち」となることもあるのです。

借金完済が見られるだけで信用が上がっていく!?

今では金融業者や金融の専門機関で、「個人信用情報」を取り扱っている時代です。

個人信用情報とは

個人が金融を通じて、「どのような利用状況」となっているかを明確に記している情報を、個人信用情報と言います。

個人信用情報内には、「借入先・借入件数・借入の総額」といった情報がまとめられていますので、カードローン審査の際にウソの情報を連絡しても、あまり意味がありません。

なので、カードローン審査を申込む際は、正確な情報で審査を受けるだけでも評価が違ってくるのです。

しかし、さらに効果的な評価アップ方法が存在します。

それは「完済状況を意識的に作り出す」という評価アップ方法です。

完済された件数は、必ず金融業者の方でチェックする項目となっているので、完済をされているだけでも評価は違ってくるのです。

借金が半端に残っている状態では、完済と比較してあまり評価されないことが多いのです。数千円で完済できる小さな借金がある場合、急いで返済するだけでもカードローン申込や、増額融資で優位に立てることが多くなります。

借入先が混雑している場合も評価は下がってしまう

借金のルールに借入先は混雑していてはいけない・・・というルールがあります。

例えば、カードローンの場合は「銀行やサラリーマン金融」を通じて借りる・・・というのは良くありません。

サラリーマン金融は全体的に審査が甘いので優しい対応を行ってくれますが、銀行の場合は「サラリーマン金融の利用が目立つ」と、審査がいきなり厳しくなることもあるのです。

もし、銀行カードローン一本でカードローン利用を計画している場合は、安易にサラリーマン金融と併用しないように注意しましょう。

また、増額に関しても評価は同じです。以下のような業者も含めてローンが多様化している場合は、そのまま増額とするより計画返済支援を通じて借りたほうが賢明です。

  • 知名度の低い金融業者
  • 危険性が考えられる金融業者
  • カードローン、キャッシング業者の両方で契約中

計画返済支援であれば、これらの業者が混じっている場合でも通常通りに審査を行ってくれます。

ただ、アイフルのような審査が甘い業者でない場合は、カードローン契約後の増額は厳しいものとなりやすいです。

【参考ページはこちら】
アイフルの増額は在籍確認ある?

新着記事
ページトップへ