> > 借り入れアップは簡単!?アイフルは限度額見直しも期待が持てる

借り入れアップは簡単!?アイフルは限度額見直しも期待が持てる

アイフルで借り入れアップしている人は多いです。

サラリーマン金融は他にもありますが、とりあえず安定して借り入れアップしたいのであれば、アイフルを選んだほうが良いでしょう。

アイフルは、借り入れアップに繋がるようなサービスも多いです。

半年間程度の利用でも、積極的にアイフルは借り入れアップの審査を行ってくれますし、女性であっても借り入れアップの審査対象になりやすいという特徴もあるのです。

借り入れアップは基本的な対応を意識することが大事

アイフルで対応している借り入れアップですが、他のサラリーマン金融と同じで、すぐに対応してくれるわけではありません。

サラリーマン金融の借り入れアップは、銀行と比較するとちょっと早い程度です。昔はいきなり借り入れアップが発生することもありましたが、今では簡単に借り入れアップはされなくなっています。

つまり、「すぐに借り入れアップは無理」ということを知っていないと、アイフルなどで「いきなり借り入れアップの申請をしてしまう」のです。

このような対応をしてしまうと、アイフルだけでなく借入全体で悪い評価を受けてしまいます。

実際にカードローン契約されている人が、すぐに追加で融資を受けようとしてきた場合、業者側は「借金で困っている?」というふうに判断してしまうのです。

そのように思われてしまうと、借入そのものに対して信用を失ってしまいます。

なので、1ヶ月も経過しない内から借り入れアップを申込むことはやめておきましょう。

行ってしまうと迷惑になる申込の事例

借り入れアップでもそうですが、このような申込をする際は「迷惑をかけない」ことが大事です。

以下のような申込は迷惑な行為に該当するので、申込の際は注意をして申込みされたほうが良いです。

  • 極端な借入額のアップを希望
  • 審査結果を何度も聞き出そうとする

「借り入れアップの申込は何度でも行える」という素敵な一面があります。

ですが、業者としては「間をおかずに何度も申請する」という行為を良しとはしていません。

業者側から注意されない場合でも、短期間で何度も借り入れアップの申込をするのは迷惑な行為に該当するのです。

申込をされた後、「1週間以上」は空けてから新しく申込を行うか検討したほうが良いでしょう。

意識的に借入を少なくするのも効果的

業者側から好印象を持ってもらうことで、借り入れアップがスムーズになるテクニックも存在します。

そのテクニックは、借入そのものを少なくするというテクニックです。

借入は多いより少ないほうが、借り入れアップはスムーズになりますので、意識的に借入額を減らしておくようにしましょう。

具体的にどのようにして借入額を減らしておくのかというと、以下のような方法で対応すると効果的です。

  • 随時返済を利用する
  • 借入限度額を下げる
随時返済とは

契約者本人が好きなタイミングで返済する場合に、利用される返済方法のことです。

ATMから返済を行う、ネットから入金するといった返済方法にも対応しているので、あまり時間を使わずに返済できるので、今では良く利用されている返済方法でもあります。

随時返済はアイフルでも対応しているので、返済そのものはATMやネットから自由に行えるようになっています。

借入限度額についても、ネットからで再設定が可能となっています。

随時返済、借入限度額の変更を行うことで、返済そのもののリスクは少しではありますが確実に下がります。その影響を受けて、将来的な借り入れアップにつながっていくという訳です。

気になる借り入れアップまでの期間は?

借り入れアップは、インターネットを用いても明確な回答を見つけられないことが多いです。

なぜ、明確な回答が見つからないのか?というと、インターネットの情報は常に新しい情報が満載というわけではないからです。情報が古いものでは、数年以上前の情報も存在するので注意してください。

良く見つかる古い情報では、以下のような借り入れアップの情報が見つかることもあります。

  • 1ヶ月以内でも可能
  • 年収が多ければ好きなタイミングで申込める
  • 担保・保証人を付けると増額可能

まず1ヶ月以内でも可能というのは、現代のカードローンでは考えられない事実です。現代のカードローンは、早くても「1ヶ月以上はかかる」という特徴があります。

次に年収に関しても同じです。年収が高い場合でも、それほど借り入れアップには影響を与えません。

担保・保証人を付けても、借り入れアップには影響を与えない場合が多いため、これらを期待してカードローン契約を結んでも、これと言って期待通りの結果が出ることはないでしょう。

年収が多い人でも借り入れアップは期待できない?

年収と借り入れアップの関係ですが、年収というのは「初回の借入」に影響を与えるだけです。(こちらもご参考に→アイフルで増額したい方におすすめ

例えば、以下のような2人の人物がカードローン契約をしたとします。

  • 人物A:年収300万円で借金なし
  • 人物B:年収1000万円で借金なし

業者としては人物Bに対して、大きな借入を許可することができます。ですが、借り入れアップに関してはAもBも同じなのです。

そのような判断となる理由ですが、「AもBも借金歴がなし」となっているからです。

今では「属性」という評価も知られるようになりましたが、借金なしでは属性上の評価が低くなってしまうのです。要するに、借金歴が見られないと返済能力の高さが不明となり、高い評価を受けられない場合が多いのです。

属性とは

主に年収・職業・勤務実績・借入実績を含めた評価のことです。

属性上の評価が低い場合、銀行やサラリーマン金融に関係なく、あまり高い評価を行ってくれません。

評価が低い場合、最低限の借入までが許可され、借り入れアップ分の評価はされにくくなってしまうのです。

借り入れアップの期間を短くする方法

借り入れアップのタイミングをできる限り早くしたい・・・場合は、「下記の2点を守ってカードローン利用する」ことが望ましいとされています。

  • 借入限度額を全て利用しない
  • 借入実績を意図的に多くする

借り入れアップの基本は、業者側から信用されることと、借入に余裕がある人物と見られるよう工夫することです。

難しい対応に感じるかも知れません。

ですが、カードローンの借入限度額に関しては、「最初からあまり借りないよう工夫する」だけでクリアできます。

もし、業者側から「20万円以上でも貸せます」と案内されても、意識的に10万円以内で契約するようにしておきましょう。

そして、定期的に利用するように工夫するのです。

例えば、「毎月の生活費の支払いをカードローンで済ませる」ようにします。このような工夫だけでも、毎月数万円の借入実績を作れますし、しかも支払いは大きくならずに済みます。

小さな金額でも返済を繰り返していると、借入実績が追加されていくため、業者側もその借入実績を元にして借り入れアップを検討できるのです。

借り入れアップと借入件数には関係がある!

近年では良く知られている事実となっていますが、借り入れアップと借入件数は無縁ではありません。

借入件数が4件を超えている場合、アイフルでもカードローン審査が厳しくなるのです。

アイフル以外でも、4件以上の借入件数が見られる場合は、まず審査には通らない・・・と思っておいたほうが良いでしょう。

このような状態に陥った場合ですが、「ローン審査で通りづらいくなる」ので判断することは、それほど難しいことではありません。

他にも、借り入れアップされづらい状況(借入件数が多い状況)となると、以下のような対応を多く見かけるようになります。

  • 借入限度額が減額になる
  • ローン審査が数分で完了し審査落ちする

ローン審査についてですが、審査対象としての条件を満たしていない相手の場合、10分以内で審査完了することが多いです。

このような審査が目立つ場合、「契約が好ましくない人物」として評価されている・・・と理解したほうが良いです。

完済しないと借入件数は減らないので注意!

借り入れアップをスムーズにするために、借入件数をしっかりと減らさなくてはいけない場合もあります。

その際ですが、借入件数は契約状態を継続しているだけで、借入件数が1件加算されると理解したほうが良いです。

これはカードローンだけの話ではありませんので、人によっては「2・3件ほど件数を勘違い」している人もいます。

なので、借入件数の管理に関しては、正確に以下の借入もないか確認しておいたほうが良いのです。

  • 信販会社を通じて行っている契約
  • 割賦販売に関する契約

信販会社を通じて行っている契約というのは、主に「自動車ローン」が該当します。

割賦販売に関する契約というのは、主に「電化製品等の購入」で行うローン契約のことです。

どちらも契約書を交わして契約を結んでいるのですが、ローン返済期間が長いために、完済したかどうかが曖昧である場合が多かったりします。

結論となりますが、カードローン審査を受ける前は、このようなローン返済状況の確認をしておくことが大事なのです。

過去に金融トラブルがあった場合の借り入れアップは?

アイフルはカードローン審査が甘い業者として有名ですが、借り入れアップが難しいと判断される人もいます。

そのような人物をブラックと言います。ブラックと判断された人物は、借り入れアップだけでなくローンそのものが難しくなってしまうので、今では良く知られているカードローンの裏事情でもあります。

ブラックとは

返済上のトラブルが目立つ相手の場合、金融業者ではブラックリスト入り(ブラック)と扱っています。

この情報は他の金融業者でも共有されるため、ブラックになってしまった人物は、他の金融業者でもお金を借りられない場合が多いのです。

ただ、以下のようなブラックと判断することが難しい人物の場合、将来的に借り入れアップすることもあります。

  • 返済の遅延が目立つ人物
  • 何度か連絡が取れなかった人物

このような人物であれば、厳しい判断は下らないので安心して問題ありません。ですが、このような評価を何度も受けてしまっている場合は、最終的にブラックとして扱われるようになります。

ついついミスしてしまう申請とNG例

借り入れアップは申請をミスってしまうと、それだけで評価が下がってしまうこともあるので注意しましょう。

申込の不備が重要な情報で見られると、途中で借り入れアップの審査が中断することもあるのです。

申込の不備とは

記入欄に記入されている情報が、契約者の正確な情報と一致しない場合を言います。

申込の不備が目立つ情報は、「年収・勤務先・住所・借入」に関する情報です。契約後、これらの情報を更新せずにいると、借り入れアップが難しくなることもあります。

ついついミスしてしまう申請では、「現在の勤務先・住所」でミスしてしまうことが多いでしょう。

勤務先が変わった場合、必ず契約者情報を更新するようにしてください。その理由ですが、「勤務先に電話連絡しても契約者が電話に出れない」からです。

住所も同じです。正確な情報でなければ、審査上で「本人確認」を行えないため、せっかくの借り入れアップを不意にしてしまうことだってあります。

借入額が大きい場合は収入証明書類が必要

収入証明書類の提出も、借り入れアップにおいては重要な対応となります。

収入証明書類とは

実際の年収・月収の確認で必要な書類です。

業者側から求められる全ての収入証明書類を提出しないと、収入証明書提出は完了しません。

難しい対応のように感じる人もおられるでしょう。

ですが、用意することが難しい収入証明書類が少ないので、それほど対応は難しくないのです。

下記の書類が、収入証明書類の提出で良く求められます。

  • 給与明細書
  • 納税証明書
  • 確定申告書

最近になって仕事を開始された場合、「給与受取口座の写」で問題ありません。

給与2ヶ月分に相当する写で問題ないので、半年間や1年間分の連絡を行う必要もないのです。

また、収入証明書類の提出から借り入れアップの審査まで、それほど時間を使うこともありません。

アイフルでは、30分以内で審査が終わることも多いです。

総量規制の影響を受けずに借り入れアップする方法

アイフルでは計画返済支援制度の導入も行っています。こちらを利用するだけで、実は「総量規制対象外」でカードローン利用することが可能となるのです。

総量規制とは

年収の3分の1以上で貸付を行わないという規制です。

銀行は総量規制の対象とはなっていませんが、サラリーマン金融などのノンバンク系は対象となっています。

つまり、年収300万円の人が100万円以上の借金をする場合、「計画返済支援のカードローン、銀行カードローン」のどちらかを選択する必要があります。

計画返済支援制度とは

サラリーマン金融が中心となって対応している制度です。

計画返済支援制度には、「借換・おまとめ」といった2種類のカードローンが存在します。こちらを選択して、現在の返済状況を安全なものに変えるというのが、計画返済支援制度の狙いでもあります。

アイフルの計画返済支援制度は満足度も高い!

アイフルで契約できる計画返済支援制度のカードローンは、以下のカードローン2種となっています。

  • 借換:かりかえMAX
  • おまとめ:おまとめMAX

借換は1件のカードローン、おまとめは2件以上(複数)のカードローンに対応しているので、現在の借入件数が多く返済に困っている・・・という場合は、「おまとめMAX」で契約するようにします。

アイフルの計画返済支援制度に則ったカードローンは、「金利が低い、融資額が多い」ことで有名です。

総量規制対象外の金融商品でもあるので、人によっては「100万円~200万円の範囲」で借入されている人もいます。

このような借入の余裕があるので、借り入れアップについても審査が厳しくありません。金利が高く返済が辛い・・・という人は借り入れアップも狙って、アイフルと相談されてみることをオススメします。

【参考ページはこちら】
増額をするならアイフルがおすすめ!

新着記事
ページトップへ