> > 審査結果の出る時間は?アイフルは他と比べて素早いことが判明!

審査結果の出る時間は?アイフルは他と比べて素早いことが判明!

アイフルは他のサラリーマン金融と比べると、審査結果が素早く出るので時間を無駄にしません。

そのため、サラリーマン、OL、主婦といった方々がアイフルを良く利用しています。

審査結果は、サラリーマン金融全体では最短60分以内とされています。

ですが、アイフルでは最短30分以内となっているので、時間に余裕がない人でもカードローン契約が難しくないでしょう。

そんなアイフルでは、さらに素早く審査を受けるテクニックもあるので、有名なテクニックを1つずつ案内していこうと思います。

銀行カードローンと比較すると非常に審査が早い

アイフルのカードローン審査結果は、「最短30分以内」に出ると言われています。

最短というのは、あくまでも審査を申込んだ人に問題が見当たらない場合のことです。また、最短でなければ審査結果が出るまで、かなりの時間がかかるという意味でもありません。

実際に、アイフルでは「即日融資」も正確という評価が多いです。なので、当日中に審査結果を出すのが難しい・・・という人は少ないと思って問題ないでしょう。

アイフルと他の金融業者の審査時間に関しては、以下のような違いがあります。

中々アイフル並に早い審査を行っている業者は、多く見つかるようで見つからないというのが比較した際の結論です。

業者 審査時間
アイフル 最短30分以内
サラリーマン金融全体 最短60分以内
銀行全体 最短60分以内、もしくは1日以内

アイフルの審査結果がすぐに出る理由

サラリーマン金融と比較しても、アイフルの審査結果は早いことが今では知られています。

ですが、どうしてアイフルは他より審査結果がすぐに出るのか?、という疑問を覚えている人もおられるでしょう。

アイフルが素早く審査結果を出せる理由ですが、「ノウハウ」に基づく対応が素早いために、アイフルは他より素早く審査結果を出せると言われています。

ノウハウとは

ノウハウは、金融業者の場合では「対応力」を主に言います。

アイフルは他の金融業者より「利用者が多い」ことでも有名です。そのため、他の金融業者より様々な人に対して審査を行っているので、自然と今では対応力の高い業者となりました。

そのため、カードローン審査においても、素早い対応を行えるようになったのです。

また、アイフルは「借金が多い人」でも審査に通りやすいという一面があります。

つまり、審査上で「ふるいにかける相手が少ない」ので、スムーズに審査に通りやすいとも考えられるのです。

銀行の場合、アイフルとは違い「ふるいにかけることが多い」ため、微妙に問題が見当たる人物では審査時間が延びてしまいやすくなります。

審査結果がすぐに出る場合は裏がある?

アイフル以外で審査結果がすぐに出る業者を探してみると、「アイフル以上」の業者を見つけることがあります。

ですが、アイフルと比較すると危険度の高い業者の可能性があるので、利用についてはあまりオススメできません。

審査結果がすぐに出る業者の場合、以下のような裏があると思って利用を検討したほうが良いでしょう。

  • まともな審査を行っていない
  • 潰れかかっている業者

審査というのは、全金融業者で「正常に行っている」か定かではありません。

とりあえず新規顧客獲得を行いたいため、まともな審査を行っていない業者も存在します。このような業者を利用してしまうと、「お金を借り過ぎてしまう」こともあるので注意してください。

また、「潰れかかっている業者」で契約してしまうこともあります。

このような業者は潰れてしまうと後始末が大変です。場合によっては、返済を終えた後に契約を終了させることができず、長く「契約情報が残ってしまう」というトラブルに遭遇してしまいます。

審査結果がすぐに出る業者を利用する際は、これらに注意して利用するか検討したほうが良いでしょう。

アイフルで審査結果がすぐに出る人物

審査結果というのは、最短30分以内とあった場合では「10分以内」で出ることもあります。

特に問題が見つからない相手であれば、10分以内で審査結果が出るということが多いのです。逆に問題が多く見つかる相手の場合、アイフルでも審査に長い時間がかかってしまうこともあります。

アイフル以外でも、「プロミス、モビット」といった大手のサラリーマン金融で素早い審査結果が出ることもあるのです。
(⇒アイフル、レイク、プロミスを徹底比較

現代ではWEB審査を通じてカードローン審査を行えます。

WEB審査とは

インターネットを通じて、ブラウザ上でカードローン審査を受けられるサービスです。

WEB審査でも、審査完了後に契約書を交わす必要がありますので、一部の業者以外では、WEBのみで審査が完了するというわけではありません。

大手サラリーマン金融であれば、それほど珍しい審査対応というわけではありません。審査結果が素早いからといって、それほど不安になる必要はないのです。

アイフルで審査結果がすぐに出ない人物

アイフルは審査が甘いことで有名ですが、そんなアイフルでも審査が素早く出ない人もいます。

このような審査結果となった場合、申込そのものに問題があるか、申込者自身に問題があると考えたほうが良いでしょう。

申込そのものに問題があるケースは以下のとおりです。

  • 申込の際の記入欄に空欄が目立つ
  • 申込内容が申込者の情報と食い違っている

申込者に問題があるケースは以下のとおりです。

  • すでに借り過ぎている
  • 金融トラブルを起こしている

どちらのケースにも言えることですが、「問題点を直さない」でいるとカードローン審査は進展しません。

WEB審査で申込をされている場合、「問題点の洗いなおし」をしてもらえますので、指示に従って正確な情報を入力するようにしましょう。

アイフルの審査結果を最短より短くするテクニック

アイフルの審査結果が出るまでの時間は、最短30分以内よりさらに短い時間にすることも可能です。

例えば、サラリーマン金融のカードローン審査で利用できる仮審査を利用すると効果的です。

仮審査とは

本審査が通常のカードローン審査、仮審査は本審査前に自主的に受けられる審査のことです。

少ない項目でカードローン申込を行い、短時間で「借入可能」かを教えていただけるサービスです。サラリーマン金融であれば、対応していない業者はほとんど存在しません。

このテクニックは、「サラリーマン」など忙しくて中々カードローン審査を受けられない人向けのテクニックです。

というのも、仮審査を受けておくと「本審査の審査時間も短くなる」からです。

仮審査ですでに「年収・借入希望額」を元にして審査が行われています。なので、本審査ではその部分の審査がカットされた状態で、審査を続行できるようになるのです。

大手サラリーマン金融であれば、本審査の際に仮審査で作成した申込者情報をそのまま使うこともできます。情報の記入に関しても短時間で済むため、時間をほとんど無駄にしないで申込が可能となるのです。

肝心の審査結果ですが、アイフルであれば最短10分以内も可能という人が多いでしょう。

自分に合ったプランを選択することも大事!

カードローンは、サラリーマン金融では「通常のカードローン」が良く選ばれています。

ですが、通常のカードローンは融資限度額が高いため、実はカードローンの種類では審査が厳しい部類なのです。

また、カードローンは「好きなものを選択」しても問題ありません。

下記のようなカードローンがアイフルでは用意されているので、安易に通常のカードローンを選ばないようにするだけでも、審査結果がさらに早くなることがあります。

  • 高齢者に最適:シニアプラン
  • 女性に最適:女性用カードローン(レディースアイフル)
  • 少額利用に最適:目的別ローン

このようなカードローンが用意されているのですが、「融資限度額は100万円以内」となっているため、将来的に大きな借入を予定されている人とは相性が良くありません。

あくまでも、「高齢者、女性、少額利用」を希望している人向けのカードローンです。

完済情報が多いほど信用されやすくなる

カードローンも、他のローンと同じで「信用情報」を元にして審査を行っています。

信用情報とは

現在までの借入実績・返済実績に関する情報です。

簡単にまとめると、信用情報は「ローンをされていて返済に問題ない人」であれば、信用が高まっていく仕組みとなっています。

ただ注意点があります。それは、利用を継続しているだけでは、信用情報は高まっていかない仕組みになっている点です。

例えば、以下のような利用をされていても、あまり信用情報は貯まっていきません。

  • ローン件数が無駄に多い
  • 返済が疎らで安定しない
  • 借金の契約が継続中となっている

借金の契約というのは、「契約者本人が解除の意思を示す」ことで解除となります。

つまり、借金が0円となっても契約を解除しない限りは、「借金あり」という扱いになるのです。借金の契約は、「契約先に電話で連絡を入れる」だけで解除可能です。

意外と知られていないようで、契約件数が残ったままで新規のローンが組めない・・・という人もいます。

返済を正確に行うだけでも評価される?

借金返済は、「安定している」ことが重要です。

そのため、借金返済が不安定な状況では信用情報の評価が下がってしまうのです。

借金返済が不安定になってしまうケースでは、以下のようなケースがあるので注意しましょう。

  • 複数の業者でローン契約を結んでいる
  • 計画的にローン利用をしていない
  • 収入そのものが不安定

借金というのは「自己管理」が大事なので、できる限り借り過ぎないように工夫しましょう。

例えば、複数の業者でローン契約を結んでいるのであれば、「アイフルで一本化」するというのも賢明です。アイフルでは、そのような悩みであっても相談に乗ってくれるので、一人でローンの悩みを抱え込むというのは良くありません。

カードローンの契約不履行は業者が最も嫌う行為

返済が苦しくなると、人によっては返済そのものを諦めてしまう人もいます。

カードローン契約を行っているが、返済そのものは途絶してしまっている状況になってしまうと、業者からは「契約不履行」として扱われるので気をつけたほうが良いです。

契約不履行の状態では、「借入先に迷惑をかけている」状態が長く続いてしまうこともあります。

契約不履行のまま連絡を入れずに放置される人もいるのですが、契約不履行を放置されていると、最終的には以下のような対応を受けてしまうので気をつけましょう。

  • 一括返済を求められる
  • 裁判を起こされる

このような状況に陥った場合でも、「マナーを守って連絡を入れる」ようにしましょう。

アイフルであれば、利息なしの返済に応じてくれるケースもありますし、一括返済を求めないように配慮してくれることもあります。
(⇒アイフルの利息はどのくらい?

「まったく連絡を入れないまま」では、マナー不足を指摘されるだけでなく、将来的にサラリーマン金融などを使うことが難しくなる・・・こともあります。

ブラックリスト入りしてしまうと他では借りられない

「業者に迷惑をかけた人物」のことをブラックと言い、ブラックとしてリスト入りしてしまうことを、「ブラックリスト入り」と言います。

ブラックとは

業者に対して「金銭的な迷惑をかけた人」を主にブラックと言います。

ブラックリスト入りしてしまうと、個人信用情報機関という信用情報を取り扱っている機関で、契約者の氏名が登録されてしまうので注意しなければいけません。

ブラックの扱いを受けている状態では、以下のようなペナルティが発生します。

  • 一定の期間(10年以内)でローン契約を行えなくなる
  • 金融業者全体でブラックと扱われる
  • 個人の信用が重要な職業(※)に就けなくなる

※主に公的な職業のこと

中々ペナルティは解除されないので、ブラックリスト入りしてしまうと、新規のカードローン審査でも通らなくなってしまいます。

アイフルでも、ブラックに対しては厳しい審査を行っているので、ブラックになると借りられないという噂は本当のことです。

印象を良くしようとして失敗するケースに注意しよう

個人信用情報機関を通じて、アイフルなどの金融業者は審査を行っています。

そのため、以下のような申込をされても、アイフルといった金融業者では高い評価につながりません。

  • 年収・借金でウソの申告
  • 個人情報でウソの申告

現代のカードローンでは、「ウソの情報」というのはすぐにバレてしまいます。時間にして、数分で信用情報はチェックされると思っておいたほうが良いでしょう。

また、ウソの情報が多く見つかった場合ですが、ペナルティを課せられることもありますので、申込そのものが難しくなることもあります。

主なペナルティでは以下のようなペナルティがあります。

  • 審査結果が出るまでに時間がかかる
  • 審査そのものを行ってもらえない

業者で管理している情報は共有されていることもある

審査結果が遅い金融業者を利用している人の中には、「審査結果が早い業者でも申込をしている」ケースがあります。

ですが、今では「業者間で情報の共有を図っている」ので注意してください。

例えば、以下のような申込内容が見られると、自然と業者側も審査を避けるようになります。

  • A社、B社で申込内容の違いが目立つ
  • A社、B社で借入希望額が非常に大きい

アイフルでも、審査結果が出るまでに申込者の現況については調べています。

共有されている信用情報も多いため、アイフルだけでカードローン申込を行っているように見せかける・・・というのは難しいでしょう。

このような評価については、「業者側のみで管理している情報」となります。つまり、申込者に公開される情報ではないため、審査結果が面白くない場合は、このような評価が行われている可能性も想定したほうが良いでしょう。

また、このような状況となってしまった場合、「1週間以上で申込を控える」と元の状態に戻ることもあります。

お金は使い過ぎだけでなく急な借入もNG

他のサラリーマン金融ですでに契約している場合ですが、アイフルで契約をする際は、「控えめな金額」で申請したほうが良いです。

その理由ですが、「借入が急に多くなる」という状況を金融業者は好ましく思っていないからです。

総量規制を意識して、「借りられる範囲」でカードローン申込をされると、審査結果も素早く通知される場合が多いです。

総量規制とは

2010年以降から目立って適用されるようになった規制で、年収の3分の1以上の貸付は、ノンバンク系では認められないとなりました。

そのため、サラリーマン金融・街金・個人の金融業者では、年収をベースにして貸付を行うようになったのです。

つまり、年収300万円の人は100万円以上借りられないのです。

総量規制については業者のほうでも案内がされています。ですが、人によっては「まだ借りられる」ということで、大きな借入希望額を設定されてしまう人がいるのです。

借入希望額にこだわりすぎると、複数のカードローン契約では簡単に「パンク(過剰な借入)」になってしまいやすいです。

借入をする際は、審査結果のことも考えて控えめに行う・・・というのが、アイフルのカードローンでも理想となります。

【参考ページはこちら】
比較すれば分かる!アイフルが選ばれる理由

新着記事
ページトップへ