> > アイフルはコツさえ知っていれば増額できるって知ってました?

アイフルはコツさえ知っていれば増額できるって知ってました?

アイフルだけでなく増額できるチャンスがあるのであれば、積極的にそのチャンスをものにしたい!と思っている人は多いです。これは年齢や性別は一切関係ありません。

人によっては自分の信頼度を正確に評価して欲しいので、増額できるのであれば増額を・・・という人もいますし、人によっては単純に増額されれば利用限度が大きくなるので・・・という理由で増額を考えている人もいます。

ただ、これらの人は悪意があるのではなく、これからの生計のためにお金が必要という点で共通点が存在しています。

しかし、単純に増額できるから増額してと連絡をしても、アイフルや他のサラリーマン金融では増額をしてくれません。どこかで増額をしてもらえる人とそうでない人に分類されてしまうのです。(こちらもご参考に→アイフルでは増額体験している人が多い?

利用者にしてみれば不公平を唱えたくなる対応ですが、もしかするとその不公平は簡単な利用から発生しているかも知れません。今回の案内では、どうすればアイフルといったサラリーマン金融で増額できるのかについて着目し案内していきます。

カードローンが増額される理由

あまりサラリーマン金融は積極的に案内をしていませんが、サラリーマン金融側にしてみると、「誰でもいいので増額させてくれないかな」と思っています。

ですが、これについては堪えてそのような態度を見せないように努めています。その理由ですが、カードローン増額というのは、場合によってはカードローン利用者にとっての諸刃の剣となってしまうからです。

実際に、2000年から2009年にかけて多重債務者に陥ってしまったカードローン契約者は多かったのです。その理由が、「あまり正確な審査を行っていないサラリーマン金融が存在したから」となっていたので、増額はしたいけれど簡単にはできない状態になっています。

なので、ある程度の信用度になっている契約者に対しては、サラリーマン金融側もメールなどで、「増額できるのですがどうされますか?」というメールを送信されているのです。

増額そのものは非常に難易度の高い対応ではありません。重要なのは、利用者の返済履歴と長期に渡ってどれほどの信用度を保っているのか・・・となっているのです。

つまり、安易に業者選びをカードローン審査の甘さだけで決めるようにしないほうが良いというわけです。長く使い当然のように増額してもらいましょう。

過去のカードローン契約者

前述でも触れましたが、現在のカードローン契約者と過去のカードローン契約者は、契約者である部分を除くとまったくの別物になっているのです。

過去においては、カードローン契約者というのは悪いイメージをもたれるのを我慢して使っている人となります。実際にサラリーマン金融でカードローン契約をする・・・というのは、借金苦に自分から陥っているのと変わらない評価を受けやすかったのです。

特に厳しかったのが銀行です。その為、多くのカードローン契約者はアイフルのような審査が甘いサラリーマン金融を利用していました。

しかし、過去から現在にかけて変化が訪れます。それは、サラリーマン金融のグレーゾーン金利の見直しです。今では賃借契約の改正として知られているのですが、お金の借入において金利は定まっている時代となりました。

具体的には、29%前後であった金利が今では18%前後になっているのです。わかりやすく銀行やサラリーマン金融で比較をすると、下記のような金利差となっています。

  • 銀行の金利:4.0~14.5%が平均的に多い
  • サラ金の金利:4.0~18.0%が平均的に多い
  • その他の金利:5.0~18.0%が平均的に多い

サラ金とは、サラリーマン金融の略称です。他にも消費者金融やノンバンク系と言われている金融業者は、基本的にインターネットではサラリーマン金融のことを意味しています。

アイフルなら増額できる理由

インターネットを使ってアイフルといった大手サラリーマン金融を調べていると、大手サラリーマン金融ほど審査が甘く増額できるチャンスが多いという評価が目立っています。

その理由は非常に種類が豊富となっているのですが、重要なのはノウハウとされています。今では銀行でもサラリーマン金融と提携している銀行があるのもそのためです。

ノウハウとは、今までに培ってきたカードローン審査の方法であり、高まってきたブランド力などのことです。大手サラリーマン金融では、下記のような金融業者が特に審査が甘いとされています。

金融業者名 サービスの特長
アイフル 平均的に審査が甘いことで有名。増額検討のチャンスが多いので若い男女から高く評価されている
プロミス 特殊な職業で就労されていても審査してもらえる。且つ、特にカードローン契約者が多いことでも知られているので人気も高い
レイク レイクは今では株式会社新生銀行レイクとなっているので、正確にはサラリーマン金融ではなく銀行。男女に関係なく低収入者でも利用できるのがサービスでは最大の特長とされている
アコム 手堅い職業に就いている場合には審査が激甘になることで有名。また、初回借入は少ないものの安心して使える業者として、クチコミなどの影響で契約者が増加傾向にある

上記を見ると、アイフルも他のサラリーマン金融も比較するとサービスにおいては大差ないというのがわかるものです。

しかし、アイフルでは今までに増額検討に力を入れているため、他のサラリーマン金融と比較するとカードローン契約だけでなく、カードローン増額についても甘い審査をしてくれるとなっているのです。
(⇒アイフルで増枠するまでどれくらいかかる?

近年では、サラリーマン金融も銀行のように借入限度額を減らす形で審査を甘くするようになってきました。つまり、将来性を考えると増額審査の甘さというのは重要になってくるのです。

ネットに存在する曖昧な噂

アイフルはカードローンに関する噂が多いことでも知られているという特徴があります。しかし、インターネットに置かれている情報は、なにも正しい情報ばかりではなかったりします。

下記のような噂については、根も葉もない噂なので安易に信じてしまわないように注意しましょう。

  • アイフルは初回から100万円以上でも借りられる
  • アイフルはブラックでも借りられるサラリーマン金融
  • カードローンの増額審査は他社利用で甘くなる
  • アイフルなら1ヶ月で増額審査の対象としてくれる
  • アイフルは他にも使い勝手の良いカードローン業者を案内してくれる

このような噂については全て曖昧な情報を元ネタとしているため、あまり信用できる情報ではなかったりします。

特に問題なのは、ブラックリスト入りしている人でもアイフルは利用できるというものです。このような対応については、大手サラリーマン金融では対応していないので、カードローン利用をされている人であれば、ほとんどの人が知っている情報であったりします。

今では、個人信用情報機関(CICなど)が存在しているので、ものの数分で個人情報から信用情報までが確認できるようになっています。つまり、ブラックリスト入りしているのを偽ってもバレるようになっているのです。

なぜこのような得にもならない情報が存在するのか?については、下記のような理由があって存在している場合が多いので注意しましょう。

1.ヤミ金融を使わせる目的:特に多い目的はこちらです。ヤミ金融はそのまま勧誘をしても使ってもらえないので、わざと有名なカードローン業者をワンクッションさせておき、次いで自分の業者を利用させるなどの手口が有名です。
2.今では情報更新してない:過去に運営者がいたブログでは、放置されているために古い情報が残っているという可能性もあります。情報というのは常に最新のものが置かれているという訳ではないのです。

増額できる人とできない人の差

カードローンを1年間以上使っているのに、カードローン増額審査を受けたことがないという人は、なにかしらのペナルティを受けているので、カードローン増額審査の対象者となっていない可能性が高いです。

また、カードローンに関する情報は個人情報を多く含んでいるので、カードローン業者側は一切を教えてはいけないというルールが存在します。

なので、後から電話などで「増額審査されないのですが?」と質問されたり、もしくは「増額審査の条件はどのようになっていますか?」と質問されても正確な対応をしてもらえないようになっています。

主に電話連絡では・・・「申し訳ございませんが、そのような情報についてはご案内できないとなっております。会社で随時対応となっておりますので、お待ちいただくようにお願い申し上げます」と返されるケースが多いです。

ただ、これではずっと待ちぼうけとなってしまい、アイフルなどであっても増額審査されないままとなってしまいますので、せめて下記のような増額される人とされない人の差については知っておきましょう。

増額されやすい人は下記のような条件を満たしている場合が多いです。

  • 毎月で安定した返済を行っている
  • 他社でカードローン契約を結んでいない
  • 他にキャッシング、クレジットカードなどを使っていない
  • 信用情報に問題なく年齢も全体の利用者より若い
  • 電話連絡での印象が良い

増額されにくい人は下記のようなペナルティを受けている場合が多いです。

  • 遅延損害金が発生しており返済が滞納となっている
  • 契約の約款に沿った利用をされていない
  • 他のサラリーマン金融ですでに多く借りている
  • クレヒスを積んでいない上に年齢も全体の利用者より若くない
  • ブラックリスト入りするような金融事故を起こしている

カードローンとペナルティ

あまり認知されていませんが、カードローンは利用によってペナルティが発生するようになっています。軽いものであればいいのですが、重いペナルティではカードローン利用制限がかかるようになっています。

また、ペナルティ扱いを受けているカードローン契約者については、カードローン業者から案内が来ないようになっているので、いきなり利用制限を受ける流れとなっています。

具体的なペナルティでは以下のようなものが有名です。

  • カードローン利用限度額引き下げ
  • 新規でカードローン契約を結べなくなる
  • 金融事故の情報が登録されてしまう
  • 信用情報を失いブラックリスト入りしてしまう
  • カードローン以外のローンも契約が結べなくなる

このようなペナルティがあるのですが、基本的に3ヶ月程度で解除されるようになっています。ペナルティが現在発生しているか確認する方法ですが、一般的には個人信用情報機関にアクセスをして登録情報を確認するという方法が存在します。

個人信用情報機関とは、CICなどの有名な個人信用情報を取り扱っている機関の総称です。

一般的に本人か機関に加盟している業者であれば開示が可能となっているので、本人の情報については本人から申請があれば、郵送という形で届けてくれるようになっています。

この情報については、銀行やサラリーマン金融だけでなく、信販会社も利用されますので、カードローンやキャッシングローン、クレジットカード契約の際には必ず用いられるようになっています。

クレジットヒストリーを作る

今ではクレヒスと略されて用いられていることが多いクレジットヒストリーですが、自分の信用度を意図的に高めていく場合には知っておく必要があるテクニックとなっていて、人によってはクレジットヒストリーなしではローン契約も出来ないようになっているのです。

また、どのようなケースでクレヒスが高まっていくのかというと、前述した個人信用情報機関で情報が登録された場合です。

登録される情報は、主に金融機関の全てでローンをしている場合に発生するとなっています。つまり、ローン契約後の返済までが情報として登録されているのです。

逆に言うと、プリベイトカードのようなカードを用いて支払などをしていても、情報については登録されないようになっています。時折、プリベイトカードでもクレヒスは上がるという情報がありますが、根も葉もない噂レベルの情報なので、安易に信用しないようにしておきましょう。

以下が、クレヒスを上げるテクニックで有名なものです。

  • ローン契約:ローン契約されている場合にはクレヒスが返済ごとに高まっていきます
  • クレジットカード支払い:クレジットカードでリボルビング払いで1回払い以上を選択でもクレヒスが上がります
  • ローンの随時返済:ローンで随時返済をしている場合で完済をされると、素早くクレヒスが高まる場合があります

クレジットヒストリーと年齢

前述の案内では、クレジットヒストリーと年齢について触れていませんでしたが、非常に関係の濃い部分に年齢との関係があるので注意してください。

簡単に案内すると、高年齢ではクレジットヒストリーを上げるのが難しいとされています。その理由ですが、クレジットカード契約を結ぶのが困難になるからです。

10万円や20万円の安いクレジット枠のクレジットカードでも問題ないので、クレジットヒストリーを高めていきたいという人は、出来るだけ若い内にクレジットカード契約を結んでおくようにしましょう。

というのも、クレジットカードは年齢によってはまったく審査が通らないようになっているからです。楽天クレジットカードのように、審査が激甘と言われているものでは別なのですが、それ以外のクレジットカードではインターネットで言われているような甘さではありません。

ものによっては、30代からはクレジットヒストリーがないのであれば、契約上の審査を行っていないようなケースまであるのです。年収や職業だけでカードを持てる時代ではなくなっているというわけです。

増額と相性が良い金融業者一覧

アイフルを含めた増額審査を適度に行ってくれている業者についてですが、サラリーマン金融では有名な業者が存在しますので、ピックアップしたものを下記にまとめてあります。

カードローンそのものが不安という人でも、下記のような丁寧なアドバイスで未経験者でも利用しやすい業者であれば安心して利用できるので、業者はどこでもいい・・・という気分で決めてしまわないように注意してください。

アイフル
サービス項目名 内容
利用限度額 1000~500万円
審査時間 最短30分以内
金利(実質年率) 4.5~18.0%
ネット対応 対応可
担保・保証人 不要
収入証明書 原則50万円まで不要

アイフルは1000円からでも借入可能となっているので、あまり大きなお金を借りないでも良いという人にも向いています。また、指定時間にカードが届くというサービス、即日融資に対応となっているので、他のサラリーマン金融よりサービスは充実している特徴もあります。

プロミス
サービス項目名 内容
利用限度額 1~500万円
審査時間 最短30分以内
金利(実質年率) 4.5~17.8%
ネット対応 対応可
担保・保証人 不要
収入証明書 原則50万円まで不要

プロミスというと30日間無利息サービスがあるのが大きいでしょう。他では対応していない可能性もあるので、無駄に利息のない状態で返済を短期で終えたいという場合はプロミスを選択すると良いです。また、WEB契約の場合には即日融資にも対応してくれます。

アコム
サービス項目名 内容
利用限度額 1~500万円
審査時間 最短30分以内
金利(実質年率) 4.7~18.0%
ネット対応 対応可
担保・保証人 不要
収入証明書 原則50万円まで不要

アコムは昔からスピード審査(最短30分以内)で有名なサラリーマン金融です。即日融資に対応しているので使いやすくなっているのですが、近年ではパートやアルバイト(※学生含む)でも審査に通りやすいという評価を受けています。

【参考ページはこちら】
アイフルで即日融資を申込みたい!

新着記事
ページトップへ