> > 転職後に融資額が下がることも!?アイフルの限度額見直しとは

転職後に融資額が下がることも!?アイフルの限度額見直しとは

アイフルを申し込んで、希望通りの限度額になった方おめでとうございます!でもその限度額、実はずっと維持されるわけではありません。

あるタイミングで限度額は見直され、下がってしまう事もあるのです。転職、他社利用状況、年齢、あらゆる要素が限度額を下げてしまう原因になり得ます。

ただし、転職が必ずマイナス要素になるというわけでもありません。アイフルの限度額見直しのタイミング、限度額が変わってしまうケースを教えます!

転職で融資額が下がる!?それは収入の安定性が不安視される為

転職で融資額が下がってしまう、限度額が下がってしまうことがあります。それは、申し込み時と転職後で収入の安定性が変わってくるためです。
(⇒アイフルで借入できる職業とは?

新規で申し込みをして審査を受けて限度額が決定しますよね。多くの要因はありますが、中でも収入、勤続年数によって今の限度額が設定されたと言っても過言ではありません。

転職をすれば収入も変わります。勤続年数もゼロになるわけですから、これからの収入に対して不安視されてしまう場合があるわけです。

もし、今の限度額に対して収入への不安の方が大きくなってしまえば、返済能力に不安があるという事で限度額を下げられてしまう可能性があります。

ただし、転職がマイナス要因となって必ず限度額が下げられるとは限りません

限度額が見直されるタイミングが来た時に、利用状況、収入をチェックして限度額が見合ったものかどうかが判断されます。

転職をすると収入が変動することで返済が不安視されてしまい
限度額が下がってしまう可能性がある

転職をすることは特に珍しい事ではありません。転職をすることで収入がアップすることも当然あるわけですよね。

ただ、やはりその収入を維持できるかどうかが重要なポイントとなってきます。

その判断をするにはアイフルです。転職先の状況、雇用形態など、総合的な判断が行われます。

転職時はアイフルに連絡が必要!収入は貸し手にとって大切な要素

転職をしたことが融資限度額を決めるにあたってマイナスになると思えば、特に転職の連絡は不要ではないかと思うかもしれませんね。

ですが、転職時は必ずアイフルに連絡をしておかなければいけません。収入が変わってしまうからという理由もありますが、それだけではありません。

アイフル申し込み時には、勤務先の住所、連絡先を記載していますよね?あなたの登録データには、勤務先の情報も登録されているわけです。そのデータを変更する必要もあるわけです。

アイフルが勤務先に連絡をすることは審査時の在籍確認ぐらいですが、返済が滞るなどどうしても契約者本人と連絡を取る必要が出た場合は電話が来る可能性もあります。

そのとき、勤務先が変わっていればアイフルも困ってしまいますよね。あなたの所在が不明という事で、利用停止になる可能性もゼロではありません。

転職時には、速やかにアイフルに連絡するようにしておきましょう。

収入が変わったら気をつけて!総量規制の影響があるかも

転職をした際は、勤続年数がリセットされてゼロからスタートされるという点でも

アイフルは消費者金融ですから、総量規制の対象となります。収入の3分の1を超えた限度額設定は出来ないというものですね。

転職や会社の状況で収入が変動すれば、総量規制による上限金額も変わってきます。収入が減った場合、今の限度額が法的にアウトになっている可能性もあるのです。

限度額100万円で利用していたとします。転職をしたことで年収300万円を切ってしまったとしたら、総量規制によって今の限度額利用が出来ないことになってしまいます。

総量規制を超えない範囲で利用できるよう、利用限度額が調整されるのです。

ただし、すでに借入をしている金額が総量規制を超えている分はすぐに返済する必要はなく、今のペースで返済を続けることが可能です。

その代り、返済金額が収入に見合った限度額を下回るまで新規の借入をすることはできません。

収入が変わったら、今の限度額がそのまま利用できるかどうか確認する必要がありますね。

契約更新時が限度額見直しのタイミング!利用停止もある!?

アイフルの限度額見直しが行われるタイミングは決まっています。それは契約更新時です。

アイフルの契約期間は5年間ですから、基本的には5年ごとに自動審査が行われることになっていますね。

この自動審査時に、収入、他社借入状況、アイフルの利用実績などをチェックして、引き続き利用しても問題ないかどうかが判断されるわけです。

このとき、今の限度額では返済が厳しくなる恐れがあると判断されれば限度額が下げられてしまうわけですね。

そして、ただ限度額が下げられるだけで済めば良いのですが、あまりにも不安要素が大きくなれば利用停止になってしまう可能性もあります

アイフルの限度額は最初の設定がずっと続くわけではなく、契約更新時の審査で変動することがあるということは知っておきましょう。
(⇒アイフルの借入額はどうやって決まる?

限度額見直しで不安要素になるポイント3つをチェック

限度額見直しのときに下がってしまうかもしれない!?そんなとき、当然不安要素となってしまうポイントがあるわけです。

何が不安要素とされるのかを知ることで、対策することも可能です。しっかりとチェックしておきましょう。

不安要素とされるポイントとして以下の点が挙げられます。

  • 収入が不安定になっている
  • 本人の所在が不明である
  • 他社借入が増えている

勤務先の状態・業界の状況が変わって収入が減ってしまった、今後の収入が不安視されると言った場合は不安要素だと判断される場合があります。

転職で勤続年数が短くなってしまっていれば、それも不安要素の1つであると判断されることがあるのです。

また、本人の所在が不明となっていれば限度額が下がるだけではなく、利用停止になってしまいます。

どこにいるか分からない人にお金を貸すというのは、そのまま逃げられてしまうリスクがありますからね。

ですから、自宅住所、携帯電話番号、自宅電話番号、勤務先の電話番号に変更があった際はアイフルへ連絡をしておく必要があるのです。

自分の所在を明らかにしておく、連絡が取れるようにしておくというのは重要なんですね。

あとは、他社借入が増えているかどうかも重要です。他社借入が増えていれば、総量規制の金額に達している可能性もあります。

総量規制ギリギリの限度額では返済能力が不安だと判断されて、限度額が引き下げられてしまうかもしれません。

借入が増えていれば、毎月の返済金額もそれなりに大きな金額になってきますからね。アイフルの返済が滞ってしまう恐れがあるのです。

限度額見直し時には収入、他社借入状況がチェックされる
これらに問題が無く、自身の所在を明らかにしてくことが重要

限度額が下がってしまわないように、他社借入は増やさないように注意し、自身の連絡先変更時には速やかにアイフルに伝えておくように注意しておきましょう。

【参考ページはこちら】
アイフルで借りるまでの流れとは

新着記事
ページトップへ