> > 自宅への書類郵送は避けたい!アイフルでそんな借り方は可能?

自宅への書類郵送は避けたい!アイフルでそんな借り方は可能?

自分がカードローンを利用していることを周りに言いふらしたい…そんな人は、ほとんどいないといってもいいでしょう。

むしろどちらかと言えばかくしておきたい、自分だけの秘密にしておきたい方の方が多いのではないでしょうか。

特に知られたくないのは家族や職場の人といった、毎日顔を合わせる人たち。

でも、誰にも知られずにお金を借りる…そんな都合のいいことって出来るのかちょっと不安ですよね。

大手の消費者金融のひとつである「アイフル」では、そのような借り方は可能なのでしょうか?

家族バレの原因のひとつが「自宅への郵送物」!

カードローンを利用している…というのは、なんとなく後ろめたさもあり、家族にバレたくない!という人は多いでしょう。

最近はお金を貸す側も利用者のニーズにこたえるべく、できるだけ家族にばれないようなお金の借り方や契約方法を提案しているところが増えてきました。

家族に内緒で利用していたのに、カードローンでお金を借りていることがバレた!となってしまう理由のひとつが「自宅への郵送物」なんです。

特に昔ははがきなどでダイレクトメールを送られることがあったり、自宅に連絡があったりとバレてしまう機会も多かったようです。

最近では郵送物いっさいなしで借りられるものも!

「誰にもバレずにお金を借りたい」という流れを受け、最近では郵送物が一切送られてこないタイプのカードローンも増えてきました。

ただ、会社によってはある…というくらいなので、まだまだ自宅に郵送物が来てしまうケースは多いです。

特に、「カードローン専用カード」はどうしても自宅に届けなければならないものですよね。

これがないとお金を借りることが出来ませんから…。

自宅への郵送物なしで借りる、この一番のネックが「カードローン用のカード」といえるでしょう。

申込時の自宅への郵送物が届かないようにするポイントは「契約方法」

そもそも、自宅への郵便物が届かないようにするために気をつけるポイントは申し込みではなく、契約時です。(こちらもご参考に→アイフルから自宅への書類郵送は避けたい!

アイフルの場合、契約方法によってお金を借りるために必要なカード(カードローン専用カードなどということもあります)が

どのような形で手元に来るのかが変わってくるからなんですね。

ただ契約方法だけ気をつければ、申し込み方法はなんでもOKなのか?というとそうではないのが難しいところ。

「この申し込み方法なら契約方法はこの中から選べます」といった形のため、自分が利用を考えている商品はどの契約方法に対応しているのか、事前にきちんとチェックしておきましょう。

アイフルで自宅への郵送物なしで借りられる商品はある?

それでは、アイフルでは自宅への郵送物ナシで契約をすることが出来るカードローンはあるのでしょうか?

アイフルには一般的なキャッシング(カードローン)から、おまとめローンや事業性のローンといったものまでカバーしており

商品がとっても豊富なのも特徴のひとつ。それらすべての商品について調べてみました。

一般的なカードローン商品はもちろんOK!

アイフルにおける一般的なカードローン商品といえるのが「キャッシングローン」です。

こちらでは自宅へのカードローン用カードの郵送を避けることが可能です。

契約方法を「アイフル店頭」もしくは「てまいらず」にすればOKです。

「てまいらず」とは、アイフルの無人の自動契約機で、電話にてオペレーターの方と話しながら申し込みから契約、カード発行までが行えます。

申し込み自体はインターネットや電話など方法は問いません。

利用限度額の設定が高めですが、年齢や年収に条件があり、かつ初めてアイフルを利用する方限定でしか利用ができないカードローン

「ファーストプレミアムカードローン」でも自宅へのカード郵送ナシで契約することが出来ます。

「キャッシングローン」と同様に、店舗あるいは自動契約機の「てまいらず」にて契約することが条件となります。

おまとめローンやなど、他のローンでも問題なし

アイフルのおまとめローンである「かりかえMAX」「おまとめMAX」の両方についても、店頭での契約が可能です。

加えて、事業性資金としても利用することが出来る「事業サポートプラン」や、

お金の使いみちが明確に決まっている場合に利用できる「目的別ローン」についても店頭の契約が出来ますので、契約に関する書類が自宅に郵送される心配はありません。

(ただ、事業サポートプランと目的別ローンはカードローンではありませんので、そもそもカードが発行されることはありません)

逆に店頭利用が出来ないのが「ワンぽちっと。」

アイフルの商品の中で唯一といっていい、店頭での契約が不可能なのが「ワンぽちっと。」という商品です。

この商品はカードローンなのですが、利用限度額が最高で10万円とかなり控えめな設定である分、審査が甘く手続きも簡単という

非常にお手軽なプチカードローンといった位置付けになっているんです。

しかしこの手続きが簡単、という点が逆にネックとなっている部分もあります。

申し込みはインターネットからのみで、電話などでは受け付けていません。

運転免許証などの本人確認書類はメールにて提出OKというかなりの手軽さなのですが、その後の契約もネット上でしか行えないんです。

窓口で契約することが出来ないため、必ず自宅に郵送という形でカードが送られてきます。

これは自宅への郵送物ナシ、という条件には当てはまらないので、アイフルで唯一避けたほうがいいカードローン商品といえるでしょう。

確実に自分が受け取れるならOK、という人なら…

「自宅に郵送物が来るのは、自分以外の人が受け取る可能性があるから」

自宅への郵送物がイヤ!という理由の9割はこれではないかと思います。

実際、多くのカードローンにおいてWEB上で契約、あるいは電話や郵送で契約を行った場合、自宅に書留という形でカードが届くことになります。

でもアイフルなら書留とは違う、もうひとつの方法で確実に自分だけがカードを受け取ることが出来るんです!

その方法とは「配達時間えらべーる」。

書留ではなく、「宅配便」でカードを届けてくれるんです。

宅配便と言えば、曜日や時間指定が可能ですよね。もちろん「配達時間えらべーる」でも届け日や時間帯の指定が可能!

「確実に自分がいる日・時間帯」を指定することが出来るんです。

選べる時間帯は

  • 午前中
  • 12時-14時
  • 14時-16時
  • 16時-18時
  • 18時-20時
  • 19時-21時

の、一般的な宅配便と同じなので指定しやすいのではないでしょうか?

契約が完了した時間によって、指定できる配達日の最速が翌日になるか翌々日になるか変わります。

そのボーダーは「15時」。できるだけ早く借りたいなら、15時までに契約を完了させましょう。

でも時間帯を選べるだけじゃ心配…。その気持ちよーくわかります!

「配達時間えらべーる」はそこにプラスして、確実に自分しか受け取ることが出来ない仕組みがあるんです。

佐川急便の「受取人確認配達サービス」を利用しているため、本人かどうか確認できないと渡すことが出来ないんです。

どうすれば本人と確認できるのか?といいますと、アイフルに申し込む際に「本人確認書類」が必要になったように、

受け取るにも本人確認書類(運転免許証・パスポート・健康保険証)を配達員さんに提示しなければいけません。

  • 自分が確実に受け取れることが出来る時間帯
  • 本人だと証明できる書類

この2つの条件があるので自分が家にいない時間にカードが届いていた!なんてことにはなりません。

確実に自分の手元に届くので「自宅への郵送物や嫌だ!でも店舗にいく時間もない」という方なら一考の余地アリではないでしょうか。

ただ、「配達時間えらべーる」を利用することが出来る商品は「キャッシングローン」で「ネット契約」を指定した場合のみです。

アイフルの中でも一番ベーシックといえる商品なので多くの人はこちらを利用すると思うので問題はないと思いますが

「ファーストプレミアムカードローン」を利用したい方にとっては検討が必要になるでしょう。

自宅に郵便物ナシだけじゃない、店舗・契約機での手続きの魅力

自宅に郵送物が来ないようにしたいから、アイフルの窓口や「てまいらず」にて契約を行う。

もちろんこれも大きなメリットですが、店舗や契約機の利用はそれだけではとどまらない様々なメリットがあります。

その場でカードを発行してくれるのですぐ借りられる!

すぐにでも利用したいという方には願ったりかなったりなことではないでしょうか?

ネット契約は非常に手間がかからず便利なのですが、どうしてもカードが手元に届くまでにタイムラグがあるのがネックです。

「配達時間えらべーる」にしても少なくとも翌日以降、時間が合わなければ週末までムリ…なんてことだってありえます。

それまでは振込キャッシングでしのぐにしても、銀行の営業時間内しか振込が出来ませんから夕方や夜の急な出費には対応できません。

でもアイフルの窓口、あるいは自動契約機の「てまいらず」で契約すればその場でカードを発行してくれます。

カードさえあれば銀行が閉まっている夜間でもコンビニなどの提携ATMからお金を借りられますので、いつお金が必要になっても安心です!

申し込みから契約までがスピーディに完了

店舗や「てまいらず」では契約だけではなく、申し込みも行うことが出来ます。

場合によっては収入を証明する書類(給与明細書など)が必要にはなってしまいますが、基本的には運転免許証か健康保険証があれば申し込みが行えます。

審査も最短で30分で完了しますから、ずーっと待っていないといけない…ということもありません。

待っている間に契約に関する書類や注意事項が記載された書類などを読んでおけば時間つぶしにもなりますね。

審査に可決すればそのまま契約書に必要事項を記入して提出するだけ。

契約が完了すればすぐにカードが発行されて利用できるようになります。

早ければ1時間もあれば申し込みからカード発行まで完了するのではないでしょうか?

アイフルの窓口(店舗)は朝10時から夜6時までなので、仕事帰りに契約するのはきつい…という方も多いと思います。

土日や祝日は窓口もお休みなのもネックですね。

そんなときは自動契約機の「てまいらず」での申し込みがおすすめです。

こちらは平日だけでなく土曜日・祝日も朝9時から夜9時の12時間営業!仕事帰りにも寄れますし、土日などの仕事が休みの日にゆっくり契約しにいくことも出来ますよ。

仕事に行く前にインターネットで申し込みをしておき、契約だけ「てまいらず」で仕事帰りに行う、なんてスマートな借り方もいいですね。

ネックなのは近くにあるかどうか

スピードと高い利便性を求めるなら非常におすすめな店舗・または自動契約機での契約ですがネックなのはその場所。

少ないなんてことは絶対にありませんが、地域によってはなかなか近くにはない…という方もいるでしょう。

ネット契約はどこにいてもスマートフォンやパソコンさえあれば簡単に手続きが出来ますが、わざわざ足を運ばなければならない点もネックのひとつ。

郵送物が家に届かないようにするためなら多少の苦労もいとわない!という気持ちでいないとちょっと大変かもしれませんね。

意外な落とし穴!利用中に自宅に郵送物が届くケース

契約が終わってカードを手に入れたら安心…。

そう思っているのは実は、甘い!甘すぎます!!

カードを家族にばれずに手元におけたのもつかの間!?別のルートから家族にカードローンを利用していることがバレてしまうこともあるんです。

そう、それは「自分が知らないうちに届いていたカードローン関連の郵便物」!

カードだけではなく、自分がカードローンを利用することによって届くかもしれない郵便物があるんです。

そして、こういった郵便物からカードローン利用がバレてしまうケースはとっても多いのでかなり気をつけなければいけないところなんですね。

社名が入っていないのでまだごまかせる!

ただ、アイフルから届く郵便物について封筒など差出人名に「アイフル」の文字は入っていません。

なのでもし家族に「よくわからない会社から届いてるけどこれ何?」と聞かれても

「前にでかけた時にアンケートに答えたやつかな?」とか

「よくわからないダイレクトメールだと思う」と答えれば家族が気にする確率もかなり低くなるのではないでしょうか。

よほどオープンな家庭であれば勝手に中身を見てしまう…なんてこともあるかもしれませんが、

封筒を見られても「アイフル」とはわからないので、その点はまだセーフかな?と思います。

ちなみに差出人は「AIセンター」となっているようです。

これでは一見「アイフル」かどうかなんてわからないのでごまかしやすく安心(?)ですね。

どういったときに郵便物が送られてくるの?

何よりも気になるのは、「どういったことをすれば郵便物が自宅に送られてくるのか」ですよね。

アイフルの「よくある質問」にも掲載されているのですが、

  • 返済が遅れている場合(督促状)
  • 郵便物の発送を希望した場合(ダイレクトメールなど)
  • 一部の提携先でお金の借り入れ、及び返済を行った場合
  • その他、アイフルが郵便物を送付することが必要と判断した場合

以上の4つのケースにて郵便物が送られてくる可能性があります。

とはいえ、自分で郵便物が送られてくることを防ぐことが出来るケースも中には含まれています。

例えば一番最初の「返済が遅れている場合」ですね。

これは1日2日といった、返済日を過ぎてすぐに督促状が発行されるわけではありません。

最初は携帯電話などの連絡先に「返済日までに返済が行えていません」といった旨の連絡がいきます。

しかしその連絡を無視したり、連絡を受けて「支払います」といってもそのまま放置しているといった場合やむを得ず督促状を自宅に郵送する形となるんです。

返済に間に合わなさそう…と思ったらまずはすぐ連絡をしましょう。

そうすることで返済についての相談が出来ますし、きちんとこの日までにこの金額を支払います、と事前に言っておけばアイフル側も安心です。

もちろん延滞はいけないことですが、払えないからと放っておくのと事前に連絡するのでは全く印象が変わってきますよね。

きちんと期日までに返済するのはもちろんですが、万が一間に合わない場合は事前に連絡をすることで未然に防ぐことが出来るケースです。

ダイレクトメールなどの発送については、会員サイトの設定などで変更することが出来ます。

「希望しない」にしておけば自宅に郵便物が送られてくることはありません。

念のため、契約が完了したら一度会員サイトで自分の情報がどうなっているか確認し、自宅への郵便物が来ないようにきっちりと設定をしておきましょう。

一番注意しなければいけないのは「利用明細」!

カードローン利用中に自宅に送られてくる郵送物として一番多いのが「利用明細」です。

利用明細は全ての借り入れや返済などを行った際に発行されますが、その場で発行されるタイプと後日自宅に郵送されるタイプがあるんです。

つまり、バレたくなければ自宅へ利用明細が郵送されない借り入れ方法、及び返済方法を選ばなければならない、ということなんですね!

…とはいえ、利用していたら勝手に利用明細書が送られてくる、ということはありません。

アイフルでは会員ページなどで「利用明細書の送付」を希望するかどうか設定することが出来るようになっているからなんです。

ここで注意点がひとつ。「利用明細書の郵送を不可」にした場合、一部の借り入れ方法や返済方法が利用不可になってしまいます。

どの方法が利用不可になるのか、表にまとめました。

まずは借り入れの場合です。

種類 送付可能な場合 送付不可な場合
アイフルATM 利用可能 利用可能
振込キャッシング 利用可能 利用不可
提携ATM 利用可能 利用可能

この表で見ると、自宅への郵便物を避けたい場合振込キャッシングでお金を借りることは出来ない、ということになります。

カードが届くまでお金を借りないか、契約方法を考えなければいけないでしょう。

そして返済の場合はこうなります。

種類 送付可能な場合 送付不可な場合
アイフルATM 利用可能 利用可能
振込 領収書発行せず 領収書発行せず
提携ATM 利用可能 利用可能
アイフル店頭窓口 利用可能 利用可能
郵送 利用可能 領収書を発送
(利用できるが郵便物あり)

借り入れと違い、全ての方法で利用が可能、かつ選ぶことが出来る種類も増えています。

ただし郵送での返済(基本これを選ぶことはないと思いますが)の場合、領収書が必ず発送されますので絶対に避けましょう。

借り入れでは利用が不可となっていた振込での返済は、領収書がそもそも発行されないシステムなので返済には問題なく利用が出来ます。

契約方法と利用方法に気をつければ十分家族バレなしで利用可能!

気をつけなければ家族にバレてしまうポイントはいくつかありますが、いずれもとっても難しいものではないと思います。(こちらもご参考に→アイフルは家族にばれる心配ない?

契約方法を考えること、そしてお金を借りる際に特定の方法を利用しないこと。

そして、自宅にダイレクトメールなどの郵送物が来ないように設定をしておくこと。

もちろん、利用の際には延滞などせずきちんと期日までに返済を行うこと。

この4つをしっかりと頭に入れておけば、簡単に家族にカードローンの利用がばれる心配はありません。

もうバレることもないだろう…と気を抜いてきたころにバレてしまった!なんてこともあります。

決して気を抜くな!とは言いませんが、抑えるべきところはきちんと抑えて快適に利用したいものですね。

【参考ページはこちら】
アイフルで即日借りる手続きガイド

新着記事
ページトップへ