> > ブラック可能って本当?アイフルの審査を理解して上手に借りよう

ブラック可能って本当?アイフルの審査を理解して上手に借りよう

生活していれば誰でも自分の支払い能力を超えたようなお金が必要になることがあり、対応を迫られることがあります。

そういう場合に一般的に取り得る方法は、家族や親類縁者を頼るかあるいは金融機関から借入れをするしかありません。

しかし色々な経緯からどこの金融機関に行っても貸してくれない状態になっている人たちがいて、大変困った状況になります。

ところがアイフルならこういう場合でも貸してくれる可能性があるのです。諦める必要はありません。

アイフルは独立系!審査も独自色が強く他で無理でも可能性あり

実は消費者金融業界ではアイフルは大手消費者金融であるにもかかわらず意外に審査が緩いと言われていて狙い目なのです。(こちらもご参考に→アイフルの審査基準とは?

他ではどこも貸してくれなかったという人でもアイフルに相談したところ金額は小さかったが貸してくれたという話はよく聞きます。

特に冒頭のようにどこも審査に通してくれないようなブラックと呼ばれる人であっても借りられたというケースもあります。

アイフルという消費者金融はこのように他の大手消費者金融とは一線を画すような業者だと言って良いかもしれません。

アイフルが独立系と言われるのはなぜ?

アイフルのことをちょっと調べてみた人は知っていると思いますが、アイフルは独立系の消費者金融と言われています。

この独立系という所は何を表しているのでしょう。そんなことは気にせず読み飛ばすかもしれませんがアイフルを知るには重要です。

それを知るには他の大手消費者金融を見ればわかります。他の大手消費者金融は軒並み大手銀行の系列子会社になっています。

しかしアイフルは現在も大手銀行の傘下に入ることなく、まさに独立の経営を保っていてこの点で独立系と言われています。

なぜ他の大手消費者金融は銀行の傘下になったかというと、貸金業の改正で商売がしにくくなったことに原因があります。

この影響で消費者金融の大部分は経営が傾き、銀行は提携していた消費者金融の倒産を防ぐために子会社化したのです。

アイフルは経営危機に陥り現在経営再建中

この貸金業法の改正は当然のことながらアイフルの経営にも大きな影響を及ぼすことになり、経営は傾くことになりました。

しかもこの後アイフルでは無理な取り立てを行っていたことが発覚して営業停止になり更に首を絞めてしまいました。

このためアイフルでは経営を立て直すために、大幅な業務の見直しを迫られ、業務を絞り込んで再建を図ることになります。

しかし不祥事を起こすとそれを踏み台に業務は健全になることが多くアイフルも以後健全な業務を行うようになりました。

アイフルの場合現在も経営再建中と言って良い状況ですが、ここ数年は業績も改善してCMもよく見かけるようになりました。

しかし経営というものはそう簡単に再建できるものではないため、まだまだ気を緩める事ができるような状況ではありません。

融資を受けるためには審査に通らなければならない

金融機関はお金を貸して利息を利益にします。しかいよくわかっていると思いますが、誰にでも貸してくれるわけではありません。

貸して回収できなければ逆に損失につながってしまうわけですから、貸す前には必ず審査が行われることになります。

アイフルでもこの事情は全く同じで、審査は緩いと言われていたとしても、審査が行われないという事では決してありません。

審査というのは金融機関が内部に持っている審査基準で行われます。これは外部には公表されず共用されることもありません。

どのような人がブラックとして扱われるかは、実はこの審査基準に左右されることになり、金融機関の考え方次第です。

したがってブラックといっても一律に駄目という事ではなくて、細かい部分においては扱いに差が出てくることになります。

ブラックというのはどういうことなのか

では実際のブラックというのはどのような状態なのでしょうか。単に貸してくれない人ではよくわからないと思いませんか。

以前は信用情報中にブラックリストがあると言われたのですが、実際にはそんなリストは存在せず普通に個人の情報があるだけです。

ブラックと判断される原因の一つ目はかつて借入れしていたローンの返済に支障が出て延滞してしまった場合が挙げられます。

次に考えられる原因は電気料金や電話料金といった各種料金の滞納があり最近では携帯電話料金の滞納が原因として目立っています。

もう一つは支払いに行き詰ってしまって債務整理に至った場合で、この場合は長期のブラックを覚悟しなければならなくなります。

ここまでは金融ブラックと呼ばれるものですが、もう一つ申込みに落とされただけでも短期間申込ブラックという状況になります。
(⇒ブラックでもOK?審査が甘めのアイフル

ブラックの種類と期間

種類 原因 期間
金融ブラック ローンの支払い遅延
各種支払いの遅延
5年間
金融ブラック 債務整理 10年間
申込ブラック ローンの申込みに落ちる 6か月を超えない期間

ブラックと考えるかどうかは金融機関の考え方次第

しかしこれらの情報が信用情報にあったとしてもそれをどう取り扱うかは金融機関の審査基準の中身次第という事になります。

ですから過去にローンの支払いが遅延したとしてそれを問題視すれば通りませんが、問題視しなければ通るという事なのです。

そこでブラックと言うのは多くの金融機関が共通してお金を貸すことに不安を覚える状態と言って良いと思います。

しかし数は少ないとしても不安の感じ方が違うために貸してもよいと判断する金融機関が存在しても全くおかしな事ではありません。

したがってブラックという状態であったとしても、融資は全く駄目というような状態ではないという事を理解しておきましょう。

つまり金融機関の条件さえ満たしていれば、他では評価が低くなることであっても、融資される事もあるという事です。

アイフルは独立系ゆえに独自審査が行いやすい

金融機関といっても銀行というのは昔から硬い業種で、銀行員は硬い職業の代表と考えられ、それは現在でも変わっていません。

このためその銀行の系列子会社の場合には、このイメージを壊すような事はできず、ある程度型に嵌ってしまう事は避けられません。

したがってこういった系列子会社の大手消費者金融ではブラックに対して貸すというような事はなかなかできるものではありません。

ですから、独自色はなかなか出すことができず、現在の大手消費者金融は審査結果もある程度似てくることになります。

しかしアイフルは先ほど説明したように、系列子会社ではなく独立系の消費者金融で審査でも自由度は大変大きくなっています。

このため審査結果にもその自由度が反映されて、ブラックであっても場合によっては審査に通ることが出てくることになります。

絶対大丈夫な審査は無い!自分の状況の冷静な判断が必要

審査は悪い表現で言えば、ローンの申込者から金融機関にとって都合のよい人を選別するために行われると言っても良いでしょう。

このようなものですから、どうしても金融機関の意に沿わないような人が出てくることはあり、審査に通らない人は必ずいます。

もちろんこれはブラックであろうがなかろうが、同じことがいえ、誰であっても絶対安心という事はできないものです。

緩いとして評判が高い審査であっても、やはりその審査基準に合わないような人は通らないという事は覚えておきましょう。

アイフルなら誰でも通るというわけではない

この話はここで論じているアイフルについても全く同じで、アイフルの審査は緩いと言われていても通らない人は必ず出てきます。

口コミ情報などの緩いという情報は、一般的にそう考えている人が多いというだけで、自分にも当てはまる情報では無いのです。

確かにアイフルではブラックの人が通ったというケースがあるという事は良く知られていますが、それはそういう情報にすぎません。

これに対して、ブラックでないのに通らなかったというケースがあることも忘れてはいけません。これもやはり情報なのです。

つまり審査が緩いかどうかというのはあくまで一般的に流通している情報であって、参考程度と考えなければなりません。

実際には審査基準が他と少し違っていて通る人と通らない人の違いがあるだけと考えたほうが実態に合っているのかもしれません。

審査では何が行われているのか

ではローンの審査というのは何が行われているのかを考えてみましょう。簡単に纏めると、

  • 返済能力
  • 信用力

という事になります。したがってまず行われるのは返済能力についての審査です。

貸しても返済してもらえなければ、金融機関としては不良債権になってしまいますから、返済能力というのは大変重要です。

次に行われるのが信用力の審査です。これは過去のお付き合いの状況や信用情報が参照され問題がないかどうかを調べます。

もし信用情報に問題があれば金融機関は貸したくないと考えます。大きな問題の場合どこも貸したくなくなりブラックになるのです。

ブラックになるような問題がある場合にはそこで審査を終わるか、通す可能性がある場合には厳重な審査が行われる事になります。

アイフルの場合であれば返済能力がある場合、過去に問題があってもその後の状況を見つつ融資するかどうかを決めています。

まずは現在の自分の状態を考えてみよう

そこでアイフルを申込むにしても最初に自分の状態を考えてみましょう。まずブラックになってから暫く時間が経過していますか。

ブラックになった直後という事になると、いくらアイフルであったとしても、そう簡単に審査を通すことはできません。

ある程度期間が経過していると仮定して、その間各種支払いなどに滞りは出ていないでしょうかよく思い出してみてください。

もちろんその間に支払いが滞ったということになると、ブラックになった当時と変わらないと判断されてしまいます。

もう一つはしっかりした安定収入があるかどうかということです。再度返済に滞るようではアイフルも貸せません。

返済していくためには安定収入は欠かせません。これらの点について自分なりに判断してみて問題はないかどうか考えてみましょう。

要点をまとめておきます。

  • ブラックになってから暫く時間が経過しているか
  • その間支払いなどの問題はないか
  • 現在安定収入があるか

審査に通ることが返済できるという事ではない

ただし審査が通るだけを目的にしているのであればそれでよいですが、審査に通ったとしても安心できないのがローンです。

要するにアイフルが審査に通すという事が、返済していけるという事にはならないのです。返済はまた別の問題なのです。

たとえば十分大きな収入があったとしても、それに輪をかけるような大きな支出があったらどういうことになるでしょうか。

収入しか見ていないと分かりませんが支出も考慮すると自分が返済できるのかできないのかがよく見えてくるのです。

そこで参考になるのが家計簿や小遣い帳のようなものです。これらを見て月々の返済の余裕があるのかどうかを判断します。

返済の余裕がないのであれば、再度ブラックの烙印を押されるのは目に見えていますから、借り入れは勧められません。

申込む前に返済計画を立ててみることも大切

返済できそうなぐらい余裕があるのであれば、それを確実に判断するために返済計画というものを作ってみるようにしましょう。

まずはアイフルのホームページにある返済シミュレーションを使って返済期間を計算してみましょう。すぐに計算できます。

人によってはこの返済シミュレーションをすること自体が返済計画であると勘違いする人がいますが、そうではありません。

期間が分かったら、過去の家計簿などを参考にして、返済期間の収入と支出を各月ごとにできるだけ正確に予想してください。

そこまで予想できたらその差額を計算して月々の余裕額を出します。この余裕額が返済に回せる金額になります。

この返済可能額が期間中返済額を上回っている必要があります。足りない月があれば返済が滞る可能性が出てくるわけです。

返済可能なのかどうかを見極めよう

このようにして融資を受けた場合に返済可能かどうかを見極めることができるようになります。結果はいかがでしたでしょうか。

返済しても余裕があるのであれば問題はないのですが、返済できないような月がある場合にはどうしたらよいのでしょう。

そこでさらに家計簿が重要になるのですが、支出の中から節約できる部分を探してみましょう。不要不急の支出はないでしょうか。

自分では必要と考えていても、他の人には不要と思われるものはたくあんあるので、探せないときには誰かに相談しましょう。

あまりに無理な節約というのも問題があって、返済途中で破綻してしまいかねないので、そのあたりは十分考慮が必要です。

どうしても返済できるだけの節約ができないのであれば、自分の首を絞める事になるので融資を受ける事は諦めなければなりません。

なぜブラックになってしまうのか?自分を見つめなおそう

ここまで読んでくるとアイフルならブラックでも借りられると単純に考えてしまう人がいるかもしれませんが楽観はできません。

ブラックの場合にはやはり審査は厳しいことはアイフルであっても変わることはありません。あくまで可能性があるという事です。

ブラックであった人というのは再度同じことになる確率は、普通の人がブラックになる確率よりも高いことが分かっています。

折角借り入れができたとしても、再度返済に行き詰ってしまったら、またしばらく借り入れできなくなってしまいます。

問題はブラックになってしまったこと

ここで問題の本質は何なのかを考えてみましょう。問題になるのはなぜブラックになってしまったのかという本当の理由です。

ブラックというのはそう簡単にはなりません。金融業界でもブラックにならないようにいろいろと配慮している面もあるのです。

それにもかかわらずブラックになってしまうというのはやむを得ない事情がある場合もありますが油断があったとしか言えません。

なんとなくそういうことになってしまったという人もいますが、なんとなくではブラックにはなりません、やはり理由があるのです。

先ほども言ったように一度ブラックになった人というのは、それを繰り返す傾向があるのです。なんとなくでは説明できませんね。

したがって一度ブラックになった人、あるいは現在もブラックという人の借入れは十分注意しなければならないのです。

再度ブラックにならないようにしなければならない

このため借り入れにあたってはこれを十分考慮したうえで再度ブラックにならないためにはどうすれば良いのかが重要になります。

そんなの気持ちの持ち方次第で何とかなると考える人もいますが、それができないから以前ブラックになった事を思い出しましょう。

こういうことは気分だけで何とかなるというような精神論では対応はできないという事をよく理解しなければなりません。

そこでまず必要なのは自分が何故ブラックになってしまったのかの原因というものを突き止めることです。

正しい原因を追究して、それに対する正しい対策というものを行なう事によってはじめてブラックへの対応ができるのです。

ブラックになった原因を追究する

では原因はどのように追及していけばよいのでしょうか。これにはコツが必要なのでよく理解して実行してください。

原因の追及は単に返済できなくなったという表面的な理由ではなく深層の理由を探ることが意味ある追求と考えてください。

表面的な理由からまずは何故返済に行き詰ってしまったのかを考えることが必要です。そこで一段階深い理由が分かります。

その理由には収入が少なくなったとか、支出が増えたとか人によって様々なものが考えられます。

しかしそこで終わってはいけません。さらに深層に向かって、なぜそういう原因に至ったのかの原因を追究します。

これを続けることによって自分がブラックに至った深層の理由に行きつくことができるようになります。

場合によっては自分が精神的に弱い部分があったり、性格的な問題が浮き彫りになって来ることもよくあることです。

原因に対する対策を考える

さて原因がわかったところで次に行わなければならないのが原因に対する対策です。対策がなければまた同じことを繰り返します。

今度は原因が分かっているため、的確な対策を立てることができるはずです。もちろん原因にもよるので各自考える必要があります。

原因が精神的なものとか性格的なものにある場合には、自分だけで対策するというのはかなり難しいと考えられます。

そういう場合にはまずは心療内科に行って治療やカウンセリングを受けて、自分の弱い部分を相談してみましょう。

これによって改善できれば借り入れも可能でしょう。場合によっては誰かに管理してもらって借り入れする事も視野に入れましょう。

自分で原因と対策を考えられない場合

ここまでは自分で原因と対策を追求できる人の話です。しかし場合によっては自分ではそういった分析ができない人も存在します。

そういう場合も、どうしても借り入れが必要だという場合には、自分だけではなく、誰かに手伝ってもらい原因を追究しましょう。

誰かに説明していくことによって自分でも整理することができ、原因の追究ができる可能性もあるので相談することは大切です。

手伝ってくれる人が見つかったら、様々な方向から原因を考えてみるようにしましょう。思わぬ原因が出てくるかもしれません。

対策の検討でも、自分だけで考えるよりも有効な対策案が出てくる可能性もあるので良い相談相手を探すようにしましょう。

対策がない場合には再度の借り入れはしてはいけない

原因によっては対策ができない場合もあります。例えば病気で収入が減っているという場合病気が治らなければ対策はできません。

対策不能かあるいは対策のために非常に長期間を要するような場合には、借入れすることはお勧めできません。

そのような原因がある場合には、借り入れしたとしてもブラックになることは目に見えていますから、非常に危ないのです。

原因に対して対策が可能になるまでは、借り入れするのは見合わせるしかありません。焦りは禁物です。

それまでの間は、収入の範囲で節約しながら生活することが基本です。無理な借り入れは自分が困ることになるだけです。

借り入れの前に行なうべきこと!借りない方法を考えてみよう

最近ではカードローンと言う物ができてお金を借りるハードルが下がって、安易に借り入れをしてしまう事が多くなりました。

その反作用として増えてきているのがブラックになる人の割合といってもよいのではないかと考えることもできます。

しかしよく考えてみれば多くの家庭では今でもカードローンなどは利用せずに生活しているというのも事実なのです。

要は借金しなくてもよい人たちもいるのです。借金は必要な時もありますが、しなくてもよい借金というものもあるのです。

ブラックは一定期間経過するまでは借り入れはお勧めしない

まずブラックを考えてみましょう。ブラックの場合アイフルのように場合によっては融資してくれるような金融機関はあります。

しかし本来は繰り返さないためにもブラックの間に借り入れすることはあまりお勧めできることでは無いと考えるべきです。

ブラックというのは金融機関に迷惑をかけます。さらに言えばそのお金の元になっている預金者にも迷惑をかけます。

したがってブラックというのはそういった事に対して再度同じことにならないように反省するための期間と言えるです。

最初に表で示した通りブラックは永遠には続きません、長くても10年です。その間を有意義に使うことが重要です。

先ほど言ったように借金しなくて生活はできるのです。そういった生活習慣を身に付ける期間だと考えればわかりやすいでしょう。

借り入れを考える前に行わなければならないことがある

そうはいってもお金が必要になることは誰にでもあり中には自分でやりくりできない場合も出てくることはあります。

こうした場合に、比較的簡単に借入れする手段が提供され、それに乗って安易に借入れしてしまう人も大勢います。

しかし安易な判断は良い結果を生みません。まずは借り入れしないで良い方法を考えるという習慣を付けることが重要なのです。

ブラックなのかどうかは別にしても必要性の低い借金をするのは利息を無駄遣いしているということをまず考えましょう。

そこでお金が必要になった場合に安易に借入れを考える前に昔は皆が行っていたことですが是非行って欲しいことが有ります。

場合によっては借り入れの必要がなくなる可能性もあるので、自分だけではなく家族も巻き込んで行ってみてください。

行なうべきことは次の2点です。

  • 無駄を排除すること
  • 収入に見合う生活をすること

生活上の無駄を見つけよう

ここでは何度も登場していますが、まずは家計簿や小遣い帳を見てみましょう。無駄な部分は必ず存在しています。

たとえば自分の趣味に使っているようなお金は、他の人から見れば無駄以外の何物でもありません。緊急の場合は切りましょう。

家族で徹底的に無駄な部分をたたき出してみてください。余裕ができたらまた趣味にお金をかけるのもよいでしょう。

電気代やガス代も検討して節約方法を考えてみてください。こまめにスイッチを切るのもよく行われる方法です。

不要不急なものはもちろん徹底的に支出を見直すことが必要です。家族の協力が不可欠ですから、よく話し合ってください。

自分や家族だけでは判断ができないなら節約について友人などに相談してみることも見方を変える意味で大変重要です。

生活レベルを落とすことも考える必要がある

さて生活の見直しで必要なお金は捻出できたでしょうか。捻出できれば借り入れを行わなくてもよいという事になります。

そう簡単には捻出できないという人もいると思います。しかしまだ借入れ前にやることはあるのです。

そういう人の場合によく見られるのが自分の収入と生活レベルが釣り合っていないというもので、そもそも無理があるのです。

そこでこの収入と生活レベルに対して対策を行なうことになります。要はこの2つを釣り合ったものにするわけです。

収入はバブル崩壊後かなり下がったという人が多いと思いますが、生活レベルは維持しようとしてこういう現象になっています。

そこでここで思い切って収入内で生活できるようにこの際生活レベルを下げましょう。それが現在の自分であることを認めましょう。

どうしてもお金が必要でアイフルの審査に通りそうにない場合

これだけやってもどうしてもお金が必要で、しかもアイフルの審査には通りそうもない場合にはどういう対応が考えられるでしょう。

もちろん返済能力は伴っていると仮定します。返済能力がなければ、借入れできたとしても、すぐにまた返済できなくなります。

そういう場合には銀行はもとより大手消費者金融ではブラックということがあるので、申込んだとしても融資を受けるのは無理です。

しかしながら消費者金融には様々な業者が存在しています。その中には審査基準が大変ユニークなものになっている所もあります。

最近ではブラック対応という消費者金融も現れてきていて、ブラックだからと言って全く借りられないものではなくなりました。

ブラックだけれどもどうしても借り入れが必要だという場合にはそういった業者に当たってみることも必要ではないでしょうか。

お金が必要だが返済の見込みが立たない場合

次に返済能力もないという人について考えてみましょう。もちろんこういう人がお金を借りたらすぐにまた行き詰ります。

当然ですが、こういう人の場合は、どのような理由があろうと、結果は目に見えているわけですから、借り入れをしてはいけません。

そこで考え方としては借り入れとは別の方向で考えることが必要という事になります。つまり借り入れは諦めてください。

そこでまずは役所に行って生活に行き詰ってしまっているという事で相談してみることから始めてください。

色々なアドバイスがもらえますが、必要があれば生活保護の受給を勧められることも出て来ますので、検討してみてください。

日本人は生活保護の受給をあまり好みませんが、無理に借入れしてブラックになって周囲に迷惑をかけるよりもずっと良い選択です。

【参考ページはこちら】
アイフルはブラックでも借りられるの?

新着記事
ページトップへ