> > アイフルの限度額を増やしたい人必読!増枠で有利な利用も可能

アイフルの限度額を増やしたい人必読!増枠で有利な利用も可能

カードローンの利用者であればわかりますが、カードローンで利用できる金額には利用者ごとの限度額が存在しています。

カードローンの説明資料には何百万円までと景気の良い話が見られますが、それは最高額で利用者の限度額はずっと少なくなります。

勿論その額で満足している人もいますが、そのうちに利用額が増えて自分の限度額に不満を持つようになる人は大勢います。

アイフルの利用者にももう少し増やしたいと考える人は少なくありませんが、実はこれは増額してもらうことができるのです。

そこでアイフルで限度額の増額はどのように行えばよいのかを紹介していきましょう。

利用限度額は増額できる!アイフルで増額を利用する方法

もちろん増額というのは誰にでも認められるようなものではありません。そんなことをしたら増額希望が殺到してしまうでしょう。

増額するためのハードルは意外に高く、増額する希望があるのであれば、利用開始時から利用方法に注意する必要があるのです。

このようなお金のやり取りを考える場合もっとも重要になるのは、信用というものでこれはアイフルとのお付き合いで決まります。

信用してもらうためには、アイフルとのお付き合いを深めていくことが大切で一朝一夕ではできることではありません。

利用限度額では足りないという場合もある

カードローンの限度額には2種類あって貸出限度額というのがそのカードローンの最大貸出額、利用限度額が利用者の限度額です。
(⇒アイフルの借入額はどうやって決まる?

この利用限度額というのは申込時の審査で利用者それぞれに決められます。しかしこの金額が問題で多くの利用者が不満を抱きます。

これは多くの利用者が自分なりに想像していた金額よりもかなり低い額になるのが普通で、これに落胆する為と言って良いでしょう。

多くの人の場合自分の収入の金額から考えますが、そこに信用という概念を入れて考える人は少なく、そこにギャップがあるのです。

自分の評価に不満を抱き、場合によってはこんな少ない限度額では足りないと考える人も、そう少ない数ではないのかもしれません。

ですが、冷静に考えてみてください。この金額こそが利用者を見るアイフルの目であって、自分が考えるほど評価は高くないのです。

足りない場合には利用限度額を増枠してもらうことができる

しかし先ほども説明したように利用限度額というのはいつまでも固定という事ではありません。あくまでお付き合い次第なのです。

お付き合いを深めていけば増枠(増額)してもらう事も可能です。アイフルとしても沢山借りて貰ったほうが得になるのです。

足りないという人の場合には、増額を希望して必要な金額まで利用限度額を増額して貰えばよいのです。難しいことではありません。

ただし、そのためにはそうできるだけの条件を満たすことが必要です。つまりお付き合いによって信用を作るという事になります。

ただ信用ができても何もしなければいつまでたっても増額はできません。アイフルに対して増額の意志を示すことが必要です。

それが増額の申込みという事になります。この申込みを行う事によってアイフルは増額に向けて動き出してくれるわけです。

アイフルの場合の増額を申し込む方法

利用限度額の増額の申し込み方法というのはカードローンごとに様々な方法が用意されていて中には電話だけという場合もあります。

しかし最近ではインターネット経由の申込方法を用意しているところが多く、アイフルもインターネットの会員ページから行えます。

これはパソコン、携帯、スマホの3種類の方法が提供されていますから、自分の利用しやすい方法を選ぶことができます。

これらの3種類のデバイスを利用して会員サービスページに入り、必要情報を入力してアイフルに対して送信すれば良いだけです。

申込み情報の送信後はアイフル側の作業という事になり、利用者のほうは特に何かを行う必要はありません。

暫くすればアイフル側からこれからの利用限度額についての連絡が来るので、以後は増額された利用限度額で利用する事ができます。

増額希望が50万円を超える場合は要注意

最初の申込時にも要求されたかもしれませんが、利用限度額が50万円を超えた場合には収入を証明する書類が必要になります。

また他社の借り入れがあり、利用限度額が合計100万円を超える場合にも、同じように収入を証明する書類が必要になります。

アイフルは消費者金融ですから、貸金業法によって管理されることになります。これによって様々な影響が出てきます。

特に利用者に影響が出るのが総量規制と呼ばれる規定で、この規定により融資できる上限が規制されることになります。

この規定に従えば、すべての消費者金融からの借り入れは年収の3分の1を超えることができなくなるのです。

ただしこれには例外規定があり、これがここで説明した50万円と100万円でこれ以上は年収を証明する必要があるのです。

増額は一気には進まない

ただし増額が認められたとしても、例えば30万円がいきなり100万円になるようなことはありません。一気には進まないのです。

利用者の希望がいくらなのかは分かりませんが、なかなか希望通りという事にはならないと考えておいたほうが良いでしょう。

これはお付き合いというものを考えれば分かると思いますが、お付き合いは徐々に深まるもので一気に深まるわけではないからです。

したがって利用限度額もその深まりに比例して徐々に増えていくというわけです。通常は1回あたり10万円程度と考えましょう。

自分ではもう大幅な増額があってもよい筈だと考えてしまう人もいますが、金融機関とのおつきあいはそういうものではありません。

焦っても一気に進むものではない以上、もう少しおおらかに考えて利用限度額もじっくり増やすものだという視点を持ちましょう。

利用限度額の増額イメージ

申込時   20万円

  ↓

増額1回目 30万円

  ↓

増額2回目 40万円

  ↓

・・・

 

収入による上限以上には増額できない

しかしこの信用による上限のほかにももう一つ利用者ごとには大きな上限額が存在していることを忘れてはいけません。

これは先ほど説明した総量規制によるもので、要するにお付き合いの度合いに関係なく自分の年収の3分の1が法的な上限です。

したがってさらに大きな金額を希望する場合には、アイフルとのおつきあいを深めるだけでは不十分なことがわかると思います。

法的な縛りは破ることはできませんから、アイフルとお付き合いをするのと同時に自分の収入自体を増やすことも必要です。

もちろん無理をして一時的になんとか収入を増やすという方法もあるかもしれませんが、無理はそうそう続きません。

返済のことも考えると、無理をせず安定的な収入になるように長い時間をかけて増やしていくことがよい方法だと思います。

増額には審査がある!?通るために満たすべき条件とは何か

ここまでの話では収入の話はありますが、お付き合いさえ深めていけば誰でも増額に応じてくれるように思われるかもしれません。

しかし話はそう甘いものではないのです。その理由はお付き合いだけが信用にかかわっているわけではないためです。

アイフルが利用者が増額してもよいと思う程度に信用が上がってきていると判断することが必要なのです。

増額の申込みが行われた場合、アイフルはそういった点を考慮して増額できるかどうかを判断することになります。

誰でも増額できるわけではないことに注意

こういうようなわけで、利用限度額の増額を希望したからと言って誰もが増額できると言うわけでは決してないのです。

信用が足りないと判断すれば、利用者が利用限度額の増額を希望していたとしても、増額してもらうことはできません。(こちらもご参考に→アイフルで増額するには信用が必要?

したがって、増額を申込んでわくわくしながら待っている場合であっても、うまく増額できるとは限りません。

新しく増額された利用限度額の連絡だと思っていたところが、実際には増額のお断りの連絡かもしれないという事です。

増額してもらうには審査通過が必要になる

では増額できるかどうかの判断はアイフルの内部ではどのように行われているのでしょうか。次にその点を探っていきましょう。

実は増額という場合も、最初の申し込み時と同じように審査が行われているのです。増額してもよいかの審査というわけです。

審査は最初の申し込み時に終わっているだろうと考えている人もいるかもしれませんが、そうではありません。

金融機関というのは契約を変更するような話の場合には、その都度審査を行なうことが普通なのです。増額もその一つです。

この審査に通らなければアイフルのほうは契約内容を変更するようなことはしてくれません。すべては審査結果次第です。

したがってこの場合には利用限度額は増額されず、それまで通りの利用限度額で利用を続けることになります。

増額審査はどのようなことが行われるのか

ではこの増額審査ではいったいどのような審査が行われているのでしょうか。さぞ厳しい審査が行われていそうですよね。

しかし拍子抜けするかもしれませんが、特別変わったような審査が行われているわけではまったくないのです。

要するに審査内容というのは申込時に行われる審査と基本的には同じなのです。もちろんその間項目が増えている可能性はあります。

では増額なんて判断できないのではと思ってしまいますが、そうではありません。利用者の方が変わっているからです。

利用者の方は利用中に信用が上がっている可能性があり収入も増えている可能性もあるのです。要は条件が変わってきている訳です。

信用や収入が上がってきているのであれば同じ審査を行っても評価が上がり、利用限度額の算定も変わって来ることになります。

増額審査に通るための条件とは何か

では増額審査に通るためににはどのような条件が必要なのでしょう。利用者はどのような事を心掛けなければならないのでしょうか。

実は難しいことは何もないのです。お付き合いを深め信用を付けるためには普通に利用しているだけで良いのです。

普通に使うというのは借りては返すという利用をある程度の頻度で繰り返すような適正利用のことを指します。

もちろん短期間ではアイフルも判断できませんから、ある程度の期間にわたって適正利用できることを示さなければなりません。

金融機関によって違いますがアイフルの場合で言えば増額できるだけの信用が付く為には、最短でも6か月が必要と言われています。

この間適正利用に努めることができれば、アイフルにおいては増額可能となる程度のお付き合いという事になるわけです。

アイフルの利用限度額増額の条件

  • 適正利用をしているか
  • 6か月以上の利用実績があるか

増額審査で増額されるとは限らない

ただし、信用というものは増える要素だけとは限りません。お付き合いで増えたとしても他では減っている可能性もあるのです。

トータルで考えれば信用は増えている場合もあるかもしれませんが、差し引き減ってしまっている可能性もないとは言えません。

では信用というものが増額審査の過程で減っていると判断されてしまったらいったいどういう事になるのでしょうか。

信用が増えたら利用限度額は増額するのですから、逆を考えればわかりますね。つまり利用限度額は減額されるのです。

実際に増額を目的に増額審査を申し込んだとしても、逆に減額されてしまう事例というのは少ないことではないのです。

要するにこのような場合には審査を伴うようなことをしてはいけなかったのです。増額の申し込みはしないほうがよかった訳です。

自分の状況を考えて増額を申し込もう

こういう場合自分の状況というのは自分が最もよく知っているので、本人としては増額できると思っているはずです。

しかし利用者というのは視野が狭くなっている可能性があるのです。アイフルならアイフルに関連する事だけを考えるのが普通です。

ところがアイフル側はもっと広い視野で審査をします。アイフル以外の支払いについても調べることになります。

そこで支払いが滞っているようなことがある場合には、信用はがた落ちです。増額審査など通るわけはありません。

本来は自分で状況の把握はできているはずです。しかしその状況というものをしっかり有効に使えなければ何の役にも立ちません。

何かを行なおうというときには、自分の持っている情報というものを有効に利用できるようにしてください。

増額は必要が無くてもしておこう!増額で有利なことがある

通常カードローンの利用者はできればもっとたくさん借りたいものだと考えて、利用限度額の増額を希望するものです。

しかし利用者には様々な考え方を持っている人がいるため、中には今の利用限度額で十分と考えている人もいるのです。

こういう人は当然増額の申込みなどもしようとは考えません。条件を満たそうが満たすまいが関係ないのです。

増額についての利用者個人の考え方は自由ですから問題はないのですが、増額できるのにしないというのは実は大きな損失なのです。

増額の条件を満たしていても増額を申し込まない人もいる

先ほども説明したように利用限度額の増額には一定の条件を満たしていなければ増額審査には通るような事はありません。

この一定の条件というのはアイフルの場合で言えば6か月以上の適正利用という事になり、満たすのはそれほど難しくはありません。

したがって実際には現在の増額希望者よりも多くの人が利用限度額の増額を申し込む事が可能なはずと言えるのです。

しかし申込みができるのと実際に申し込むのとは差があり、申込みを行っていない人も相当数存在する筈なのです。

ただし、条件を満たしているのですから増額の申込みさえすれば利用限度額の増額が認められる可能性は高いはずです。

増額したくてもできない人から見ればなんとも歯がゆく見えるかもしれませんが、実際にそういう人も存在しているのです。

増額審査で決められるのは利用限度額だけではない

ではなぜ増額を申し込まないことが損失につながってしまうのかということについて考えていくことにしましょう。

先ほど増額のための審査というのはカードローンの最初の申込時の審査と同じものだという事を説明しました。

利用限度額はこの審査で算定されるという事は知っていると思います。これは返済能力や信用力をもとにして計算されます。

しかし審査で決まるのはこの利用限度額だけではありません。金利も審査によって決定されることを忘れてはいけません。

融資額には貸出限度額という上限があり各利用者の利用限度額はこの貸出限度額の範囲内で増額されます。

同じように金利の場合にも最低金利と最高金利の間に大きな差があり、各利用者の金利はこの間で決定されることになります。

審査で決定される項目

項目 設定される範囲
利用限度額 貸出限度額(アイフルの場合:500万円)
金利 アイフルの場合:4.5%~18.0%

金利と利用限度額は連動している

多くのカードローンの説明を読むとこの利用限度額と金利は審査によって独立に決められるような印象を受けます。

しかし実はこの2つの値というのは関連性があるのです。要するにほぼ連動して決められるという事になっているのです。

利用限度額が少ない場合は信用が小さいという事ですから、金利はリスクを考えて大きな値が設定されることになります。

逆の場合には信用が大きくなり、利用限度額も大きく、金利はリスクが小さくなる分小さな値が設定されることになります。

要するに利用限度額と金利というのは反比例する関係になっている事が分ります。通常は利用限度額が決まれば金利も決まるのです。

したがって利用限度額が増額になるという事は、金利は反比例という事ですから、低くなるという事になります。

利用金額が同じでも金利が違えば利息が違ってくる

金利が低くなるという事は実際にはどのような効果として現れてくるのでしょうか。それを説明して行くことにします。

お金を借りたら元本のほかに利息を支払う必要があります。この利息は金利によって計算されることになるのです。

したがって金利が低くなれば同じ金額を借入れしたとしても、支払う利息は少なくて済むということになるのです。

そこで利用限度額を増額した場合としない場合を比較してみましょう。

10万円を1か月借りることを考えてみましょう。金利は増額前は年利15%、増額後は年利10%になったとします。

増額なし

10万円(元本) × 15%(金利) × 30/365(一か月分) = 1233円

増額あり

10万円(元本) × 10%(金利) × 30/365(一か月分) =  822円

となり利息は400円以上の差になって現れることになります。つまり増額したほうがお得という事がよくわかります。

増額が必要なくても金利が下がることは見逃してはいけない

したがって増額が必要あろうがなかろうが、この金利が下がることを見逃すのは大変もったいないことになるのです。

お金の話というのはいかにお得にできるかという事を常に考える事が重要で、知らず知らず損になっていることがあるのです。

増額の申込みによって場合によっては減額される可能性がある人は増額の申し込みは勧めませんが、そうでなければお勧めなのです。

よく自分の状況がどうなっているかという事を的確に判断できるようにして、お得になることは積極的に活用してください。

カードローンを選ぶ際に少しでも有利なものをということで探すような人は増額についても真剣に考えてみましょう。

増額できるだけの条件を満たしている場合は増額を申し込もう

そこでカードローンを借り入れする場合には利用開始の時点から常に利用限度額の増額を意識して利用を考えるようにしましょう。

増額の条件をいつも頭の片隅に置いて、何かの支払いにおいても、信用が無くなるようなことをしないようにすることが重要です。

そして利用限度額の増額の条件を満たしたら、増額の必要性を考えたりしていないで遠慮せずに増額を申し込みましょう。

カードローンを利用しているのですから、有利な利用方法を追求したとしても誰も文句を言うようなことは有りません。

アイフルのほうも増額できる人に対しては増額してもらってさらにお付き合いを深めて行くことを望んでいるはずです。

増額を遠慮するのはたいへんおかしな話です。遠慮せずに自分の権利だと思って、条件を満たす場合には増額してください。

増額できない場合がある?こういう利用方法はしてはいけない

ただし状況によっては自分では増額できると判断したとしても、実際には増額に応じてもらえない可能性があるのです。

これは適正利用をして各種支払いなどにも問題なく行われていたとしても、審査に落ちることがあるという事になります。

実は信用が損なわれるというのはこういうところだけではなく、この他にも思わぬところで信用を失ってしまうことがあるためです。

自分ではよいと思ってやっていることが実は足を引っ張ることが有るのです。安易な判断が増額の道を閉ざすことになります。

条件を満たしていてもやってはいけないことがある

カードローンの利用限度額の増額で条件を満たしていたのになぜ増額できないのかわからないという人が結構います。

しかし断られるからには必ずそこには理由というものがあります。自分が気が付いていないだけなのです。

実は幾ら利用限度額の増額のための条件を満たしていたとしても、金融機関とのお付き合い上やってはいけないことがあるのです。

要するに金融機関が嫌がり、利用者の信用を疑わせるようなことは審査上プラスに評価されるようなことはないのです。

ではこういった金融機関が嫌がり、利用者の評価を下げてしまうような事は具体的にはどのような問題なののでしょうか。

それは返済能力を損なうような事です。収入が減るというような事ではなく、利用者の意志で行なわれる場合最悪の結果を生みます。

金融機関は他の金融機関の利用を嫌う

返済能力を損なうというのは減収以外にどういうものが考えられるのかというと、返済の件数が増えるという事があります。

要するに他社のカードローンの利用を始めてしまい返済がその分増えることを金融機関は大変嫌うことがよく知られています。

もちろん他の要因でも返済能力に影響するようなことは様々ありますが、他社利用というのは自分の意志が働いている点で重大です。

したがって評価においては他社利用という場合がもっとも下げる要因になるのです。信用がた落ちという事です。

もともと最初の申し込み時点では返済能力があっても他社を利用している場合にはその件数によって断る金融機関は多いのです。

したがって他社利用を始める場合は信用を大きく落とすという覚悟を持たないと、あとで後悔することになります。

他社の利用は返済能力に大きく影響する

では他社の利用を始めた場合の影響を考えてみましょう。簡単に考えている人がいますが、大きな影響があります。

最も大きな影響は返済額が増えるという事です。これまでアイフル1件だったものが2件になったらその分負担は増えます。

当然ですが、利用者の返済能力という点ではその分評価は下がらざるを得ませんし、返済が行き詰る可能性は増えることになります。

審査においてはこれだけであっても利用限度額の減額が検討されてもおかしな話ではありません。大変大きな問題なのです。

年収が少ない場合には、他社分が増えますからその分総量規制の限度額に近づく事になることも忘れてはいけません。

増額できると判断されたとしても、上限が近いですから、総量規制に阻まれて大した増額はできなくなってしまいます。

利用に問題がなかったとしても他社の利用はマイナス評価になる

収入が多く他社の利用の上にさらにアイフルで増額しても利用には問題がないと判断できたとしても審査では問題は大きいのです。

金融機関とのお付き合いは要するに信用次第です。自分の意志で他社の利用を決めたことは影響しないはずがありません。

他社からの借り入れをしているという事はアイフルにとってはあまり面白いことではありません。お付き合い上疑惑を生むわけです。

それだけで利用者に対する評価は大きなマイナスという事になります。この点については利用者は安易に考え過ぎなのです。

したがって影響は利用者が考える以上に深刻でアイフルの見る信用というのは大きく下がるという事になってしまいます。

増額を念頭に置くのであれば、他社の利用が絶対にやってはいけないことだという事を忘れないようにしてください。

審査次第では評価が下がって利用限度額の減額につながる

信用が下がってしまったところで増額の申込みをしたら、信用が下がってしまった分、審査は不利な方向に動きます。

さてその上に適正利用で作り上げてきた信用というものを合わせて考えてみたらどうなるでしょう。下がった分を補えるでしょうか。

実は他社利用のマイナス評価の破壊力はすさまじいものがあります。6か月程度の適正利用では補うことはとてもできません。

利用限度額というのは説明したように信用で決まりますから、大きく信用を損なって返済能力も減ってしまえば結果は明らかです。

審査の結果は利用限度額の減額という事になるでしょう。したがってこういう場合増額の審査には申込まないのが正解です。

自分ではそれほど重大なこととは思わず安易に他社利用をしたことが、とんでもない結果をもたらすことになるわけです。

他社利用を勧める記事は損失につながることになる

ところが最近インターネット上には増額を調べようとすると、他社利用を勧める記事をよく見かけるようになりました。

これは読者を誘導する典型的な形態の記事ですが、増額の欠点を並べて、それで他社の利用に誘導する手法をとっています。

確かに他社を利用すれば、増額よりも簡単に利用額を増やすことができるかもしれません。誘惑にかられる人もいるでしょう。

しかし記事を読んでも金利についてまで考察しているものは存在していません。増額のメリットは隠されているのです。

得か損かそんなことは関係ないというなら問題はありませんが、有利に借りたいのであれば時間はかかっても増額を目指しましょう。

金融機関とは長いお付き合いで信用を作ることができ将来的に有利な借り入れができるようになるということを忘れてはいけません。

【参考ページはこちら】
アイフルで追加融資を受けるための条件とは?

新着記事
ページトップへ