> > 銀行にも負けない!便利なアイフルの即日融資サービスとは?

銀行にも負けない!便利なアイフルの即日融資サービスとは?

近年、銀行では個人向けの融資が充実してきており、法人以外にも非常に多くの顧客を抱える事になりました。

元々銀行の方が消費者金融よりもイメージ的に優れている部分があり、個人ユーザーも消費者金融よりも銀行を使うケースが増えました。

しかし、アイフルなど一部の大手消費者金融は、銀行にも負けない独自のサービス等を用いる事により、銀行に引けを取らない人気を誇ります。

特に、アイフルでは即日融資などのスピード面でのアドバンテージがあるとされます。その内容について詳しく説明していきます。(こちらもご参考に→アイフルで即日融資をするには?

まだまだ人気!アイフルの充実した個人向け融資方法について

個人向け融資の花形と言えば、やはりカードローンでしょう。カードローンはカード一枚あれば、いつでもお金を借りる事ができます。

しかも用途は自由なので、いざという時に現金が足りない場合も補う事が出来るので、多くの利用希望者が存在します。

では、アイフルのカードローンに該当する方法を表にまとめてみましょう。

サービス名 限度額 金利 特徴
キャッシングローン 最大500万円 4.5%?18.0% 用途自由なカードローン
わんポチッと。 最大10万円 18.0% 書類レスで利用できるお手軽カードローン
ファーストプレミアム・カードローン 最大500万円 4.5%?9.5% 十分な年収がある人向けのカードローン

アイフルではこの方法以外にも5つもの方法が用意されていて、自分の状況に合わせて使い分ける事も可能です。

しかしカードローンで現金を借りるとしたらこの3つの方法に絞られ、標準的なカードローン、小額融資、高収入の方向けとニーズに合わせて選べます。

ただ、他社と比較できるスタンダードなカードローンというと『キャッシングローン』が該当しますので、それを頭に入れて次は銀行カードローンについて見ていきましょう。

その人気も納得?銀行カードローンの充実した条件!

銀行カードローンは銀行の数だけ用意されていますが、融資となるとやはり人気の借入先は限られています。
(⇒アイフルと銀行カードローンの違いとは?

そこで今回は、銀行カードローンの中でも一際人気のある3つの銀行の条件を記載していきます。

銀行名 限度額 金利
みずほ銀行 最大1000万円 4.0%?14.0%
楽天銀行 最大500万円 4.9%?14.5%
オリックス銀行 最大800万円 3.0%?17.8%

この3行は預金口座の使いやすさだけでなく、こうしたカードローンのような融資にも力を入れています。

自分が使っている銀行がカードローンも便利だと分かると、やっぱり知らない業者よりも優先して使いやすいですよね。

銀行カードローンのメリットは多いですが、やはり目立つのはすでに自社の口座を持っている人が使いやすい点です。

銀行は預金と融資以外でも投資などでも商品を展開しており、全てを自社で利用してもらえるような環境を整えています。

これこそが融資のみしか扱っていない消費者金融との大きな差であり、銀行と消費者金融の違いはこれだけに留まりません。

低金利な銀行にも負けない?アイフルの強みはどこにあるのか

アイフルのキャッシングローンと銀行各社のカードローンを比較すると、どうしても顕著な違いが出てきて、特に以下の点では銀行に軍配が上がります。

  • 低金利で少ない負担で借りられる
  • 十分な限度額であらゆる用途をカバーする

つまりは『銀行の方がアイフルよりも金利と限度額で勝るケースが多い』という事で、融資の基礎で優れている分銀行が人気となりやすいのです。

ですが、アイフルにも銀行に負けていない点があり、特に『融資全体のスピード感』については見逃せないと言えます。

  • 即日融資がより受けやすい
  • 審査基準が簡単になっている
  • 即日融資を希望しなくても相当早い

こうしたアイフルの強みというのは、全て融資全体の早さに直結しており、お急ぎの方にとってはどれも見逃せません。

アイフルの良い所を知ってから利用を開始したい…そう願う人の為に、この一つ一つの早さについて説明していきましょう。

例え現時点で銀行カードローンの方が良いと思っている人も、アイフルとの住み分けが出来ている事を確認しておいて下さい。

消費者金融と言えば即日融資!アイフル本来の強さを活かそう

即日融資という言葉を作り、それを実践する事で多くの顧客にその利便性を提供してきたのが消費者金融です。

アイフルはそんな消費者金融の一つとして有名ですが、近年では銀行も即日融資を提供していないわけではありません。

銀行は低金利な上に即日融資も出来るようになってからさらに人気を盤石のものとしましたが、やはりアイフルなどの消費者金融の即日融資の方が、便利な部分を残しています。

例えば、多くの銀行には出来なくてアイフルには出来る即日融資の形としては、以下のようなものがあります。

  • 無人契約機での即日融資と即日のカード発行
  • ネットと無人機の組み合わせでも利用できる

銀行の即日融資は大抵がネット申し込みからの振り込み融資となりますが、アイフルはその方法に加えてさらに柔軟に対応してくれます。

即日融資を受けたいと思っても制限の多い銀行より、場合によってはアイフルの方が便利である事をもっと詳しく見ていきましょう。

即日融資はただ単にその日に借りられるというわけではなく、どのようにしてその日に、そして便利に借りられるかを大事にして下さい。

お金もカードもその日に!アイフルの無人契約機を使いこなす

消費者金融での融資利用と言えば、銀行と違って『無人契約機』が全国各地に多数設置されている事が挙げられます。

アイフルでは『てまいらず』と呼ばれる無人契約電話BOXが設置されていて、その電話の案内に従うだけで簡単に契約ができます。

そしてこのアイフルのてまいらず、即日融資だけでなくカードも即日発行できるというのが非常に大きな強みなのです。

通常の、例えば銀行カードローンの即日融資の形については以下の通りです。

インターネットから融資に申し込む

その日に審査を終えて指定口座にお金を振り込みで融資

カード到着は後日(長ければ一週間以上かかることも)

しかしアイフルのてまいらずで融資を受ける場合、大きく形が異なります。

アイフルの無人契約機に向かう

電話に従って申し込みを行う

審査に通過したらその場でカード発行

カードはその日から使えるのでATMからお金を借りられる

即日融資をカード発行も含めてそう表現する場合、銀行カードローンよりもアイフルのカードローンの方が、より本来の即日融資の形に近いと言えるでしょう。

ネットからも簡単に!アイフルは柔軟に即日融資の方法が選べる

元々インターネットからの融資を提供したのは消費者金融からと言われており、銀行と同じようにネット申し込み&即日振り込みはアイフルでももちろん可能です。

しかし、アイフルの場合は無人契約機からカードが発行する事も可能な為、ネットを組み合わせた即日融資と即日発行が出来るのです。
(⇒アイフルの契約に関するおすすめ記事

その手順は非常に簡単で、ネット申し込みが出来る人なら迷う事はありません。

インターネットからアイフルへ申し込み

カードの受け取り方法を店舗に指定

無事に審査に通ったらカードを受け取りに行き、最短即日発行

このようにカードの受け取り方法が変わるだけであり、近くに店舗があるなら「昼休みにネットから申し込んで、仕事帰りにカードを取りにいく」という事もできるわけです。

さらに「とりあえず振り込みで即日融資を受けて、カードもその日に受け取りにいく」という事もできます。

アイフルはこうした風に即日融資の受け方を柔軟に変更する事が出来、気軽に相談する事が可能となっています。

カードの即日発行、そして自分に合わせた融資とカードの受け取り方が出来るというのは、銀行には無い強みなのです。

審査が緩いのはメリット?アイフルの簡単審査も早さに関係!

アイフルの二つ目の利点ですが、『融資審査の基準が緩い』という部分も実は見逃せません。

審査の基準が緩いというのは、言い換えると『融資審査に通過してお金を借りやすい』という事になりますね。

この点を融資の早さとして活かす場合、以下の二点についてはきちんと理解しておく必要があります。

  • 審査が緩い方が融資が早くなるのか?
  • 多少融資が難しい状態でも即日融資が出来るのか?

消費者金融は全体的に融資審査が緩い為にほぼ同様の傾向がありますが、中でもアイフルは特に消費者金融としての傾向が強いと言われています。

例えば大手消費者金融のほぼ全ては大手銀行の傘下に加わっているのに対し、アイフルだけは銀行と組んでいるわけではありません。

そうした点からもアイフルの独自性の強さが窺えますし、消費者金融を知る事はアイフルを知る事に直結します。

審査の緩さという消費者金融に良くある特徴が、どんな形でアイフルに影響を与えるのか一緒に確認していきましょう。

簡単審査ならすぐ終わる?アイフルで即日融資が成立しやすい理由

審査基準と即日融資がなかなか=で繋がらない人も多いと思いますが、これには難しい理論があるわけではありません。

銀行は概ね審査が厳しい為に疑問などが残れば慎重な審査の為に時間を取ったりしますが、審査が緩いアイフルなら融資のOKが出やすく手間取りにくいため、審査の早さにも繋がっています。

例えば審査基準が厳しい場合、以下のような事態が起きやすくなります。

  • 融資が出来るかどうか微妙なら上の指示を仰ぐ
  • 不明点があれば電話連絡を取ってから判断する
  • 別途書類の追加提出を希望してくる

このいずれにも共通する点としては、『普通の融資審査よりも手間と時間が必要になる』という事ですね。

しかし基準が緩い場合は多くの人が審査でOKを出してもらえるので、当然余計な事をせずにスムーズに借りられるわけです。

インターネットなどから空き時間に即日融資を申し込んでも、別途連絡が必要になればなかなか返答が出来ずに後日になる…こうした状態が、厳しい融資審査では起こり得るのです。

審査が緩いと確実に借りられるだけでなく、『確実かつすぐに借りやすい』という事に繋がるのは覚えておきましょう。

誰でもOKじゃない?簡単審査でもすぐに借りられないケース

アイフルは銀行に比べると、多くの人が融資を受けられる程度の審査基準にはなっていますが、それで勘違いする人がたまにいます。

アイフルの審査は簡単ですぐに終わりますが、誰にでも融資を実行しているわけではなく、すぐに貸してくれるというわけでもありません。

例えば融資を受ける事が難しいような以下の人は、即日融資どころかそもそもお金を借りる事もシビアになります。

  • ブラックリストに登録されている人
  • すでに複数の金融業者から借り入れている人
  • 債権整理をした人

特にブラックリストと呼ばれる状態は自分では気づいていない事も多く、アイフルに申し込めばすぐに借りられると勘違いして、時間がかかったり借りられなかったりします。

なので簡単審査のアイフルでも即日融資が厳しい場合、融資を諦めるか中小消費者金融に頼るという手があります。

中小消費者金融はアイフルに比べて規模が小さめの消費者金融であり、以下のような特徴を持ち合わせます。

  • 金利や限度額では劣る
  • 即日融資が受けにくい会社が多い
  • ブラックリストでも借りられる事がある

メインで使うには厳しいのですが、アイフルでは借りられない時の保険として覚えておくと良いでしょう。

即日融資じゃないのに早い!?アイフルのカード発行の仕組み

アイフルでは即日融資が銀行よりも大きく優れていると再三申し上げて参りましたが、即日融資じゃない場合はどうでしょうか?

即日融資というのは自分が希望しない限りは受ける事ができず、例え即日融資が良くとも何も言わなければ通常融資となります。

そうなるとお金を借りられるのは後日ですが、銀行カードローンの場合はどうでしょうか?

銀行のカードローンは先に申し上げたように、発行まで時間がかかるというのが通例です。

カードが発行されて手元に届くまで一週間はかかると思う方が良く、即日融資じゃなくても良いけど早い方が良いという人は、若干もどかしいかもしれません。

アイフルでの利用においても、カード発行の方法は以下の二通りです。

  • 無人契約機での発行
  • 郵送

無人機での発行は即日融資にも対応していますが、郵送ではさすがに即日発行というわけにはいきません。

しかし、アイフルのカードローンは例え即日でなかったとしても、銀行に比べて劇的に早い発行となります。

その発行の早さ、そして注意点を今から説明していきます。

アイフルの郵送は最短翌日!通常融資も迅速だった

アイフルで郵送にてカードローンを受け取る場合、どれくらいの早さになるのでしょうか?

なんと、アイフルで郵送をお願いした場合、最短で翌日の午前中にはカードを受け取る事が可能です。

カードの郵送までの流れをざっと説明します。

ネットからアイフルに申し込み

審査結果が出て入会手続きの際に配達時間を設定

最短で翌日の午前中にカードが届く

このように、アイフルでの融資の早さは即日融資以外でも発揮されており、融資が必要になるまで3日くらいあるなら焦る必要はありません。

また、翌日の午前中以降も選ぶ事が出来るので急がないなら翌々日以降にしたり、仕事から帰ってから受け取れるように夜遅くにも設定できます。

この事から、急ぎでは無いけど時間はきっちり選びたいユーザーにもアイフルは向いており、カード受け取りでの不在を無くしやすいです。

家族が居るのでなるべく自分が受け取りたいなど、この配達時間が選べるサービスは即日融資希望者以外にも魅力的なのです。

郵送に例外はつきもの?カード配達の注意点について

アイフルは翌日にはカードが受け取れるのですが、こうした素早い受け取りを実現するには例外というものも存在します。

こうした事を知らないと受け取りが遅れて計画にズレが生じるので、カード配達を希望するなら必ず事前にチェックしておきましょう。

  • 15時以降の手続き
  • 非営業日に申し込む
  • 届け先が離島など配達が遅れやすい場所にある

普段から通販などを使っていると宅配便が遅れたという経験はあるかもしれませんが、アイフルのカードローンでもそれと共通している部分があります。

また、アイフルでは15時以降の申し込みとなると、必ず翌々日からしか指定できない事に注意しましょう。

そもそも融資審査は営業時間に受ける必要があり、それを無視したかのような時間に申し込めば最短でも翌日に審査が開始されます。

そして審査が開始された日の翌日…つまり申し込んだ翌々日になってしまうのは当然の事で、余裕を持った申し込みが翌日配送に繋がるのです。

正直なところ翌々日にカード到着でも十分早いのですが、急ぎの人にとってはそんな事を考える余裕なんて無いかもしれません。

それが嫌なら申し込み時間、営業日や自分の住んでいる場所を把握し、最速で届けてもらえるようにアイフルに申請しましょう。

銀行はまだまだ遅い?すぐに借りたいならやっぱりアイフル!

ここまでに説明した三点の特徴により、アイフルはすぐに融資を受けられる土壌がしっかりと整っている事がご理解いただけたと思います。

となると銀行の融資は遅いの?という疑問が浮かび上がってきそうなので、銀行カードローンの融資までの早さについてまとめましょう。

  • 銀行カードローンでも即日融資と発行が出来る所もある
  • 消費者金融に比較すると即日発行できる設備が少ない
  • 審査が厳しい事で時間がかかりやすいのは事実

大手銀行が消費者金融を取り込んでそのノウハウから即日融資を出来るようにしたものの、やはり審査の厳しさが今でも響いているという感じでしょうか。

また、アイフルはほぼ全国に即日発行が可能な設備を展開しているものの、銀行の似たような設備は一部の大銀行が一部の店舗にだけ置いているに過ぎません。

インターネットの時代なのでカードの発行にこだわらないなら良いかもしれませんが、カードもすぐに欲しい人にとっては、銀行はまだまだ遅いと言わざるを得ないでしょう。

金利は高く限度額でも劣っている消費者金融が銀行と住み分けられているのには、こうした違いがある事を覚えておきましょう。

とにかく即日融資と即日のカード発行が大事というのなら、アイフルの優先的な利用を検討してみて下さい。

遅くても良いなら銀行カードローンが良い3つの理由

早さに関してはほぼ完璧にアイフルの方が銀行より上ですが、もしもこの融資までの早さが重要でない場合、どうでしょうか?

融資において早さが最重要では無い場合、銀行カードローンの方が何かと便利に使える部分が多くなってきます。

銀行カードローンを優先すべき理由としては、以下のような点が浮上してくるでしょう。

  • 低金利で負担が少なく借りられる
  • 総量規制が無いので年収による限度額制限が無い
  • キャッシュカードと一緒にする事が出来る場合がある

やはり銀行カードローンを優先する理由として最大のものと言えば、多くの人が低金利を挙げているでしょう。

例としてはアイフルのキャッシングローンが最大で18%の金利に対し、みずほ銀行のカードローンは最大でも14%です。

ほとんどの銀行は最大でも15%前後となっている為、10万円などの少額融資を受ける場合は銀行がかなりお得です。

短期間の融資利用では分からないかもしれませんが、長期間の融資利用となると金利負担の差が顕著に出てきます。

金利は借りている回数と期間が増えるほど負担に影響するので、将来の融資計画も視野に入れたカードローン選びも大切なのです。

【参考ページはこちら】
どうして人気?アイフルが借りやすい理由

新着記事
ページトップへ