> > 銀行振込を活用しよう!アイフル活用の2つのテクニック

銀行振込を活用しよう!アイフル活用の2つのテクニック

アイフル利用においては借入にも返済にも銀行振り込みを利用する事が可能で、もちろん他の方法でも利用はできます。

銀行振り込みというと手数料や営業時間の都合もあり、カードローンが進化した現代では時代遅れの方法にも見えてしまいますね。

ですが銀行振り込みも利用の仕方によっては非常に便利で、アイフルは元々便利ですが、さらに手放せない存在になる事があります。

銀行振り込みも要は使い方なので、アイフルからさらに便利に借りたり返したりしたい場合、銀行振り込みの使い方を見直しましょう。

振り込み融資もお手の物!アイフルは連絡一つで融資を実行可能

アイフルと言えばカードローンであり、実際に多くの人が使っているのがこの方法です。

カードローンでの融資方法はやはり対応ATMに向かっての現金引き出しであり、対応ATMの多さもあってかなり便利です。

ですが、アイフルのカードローンはわざわざカードを使わなくても、銀行振り込みにて融資を受ける事が可能です。

その方法はとても簡単なので、サッと説明をしておきましょう。

アイフルのサイト若しくは電話にて振り込みを依頼

営業時間内なら即時実行

銀行口座から引き出せば現金融資が完了

この通り非常に簡単で、要はアイフルに対して「私の口座に振り込み融資をお願いします」と言うだけでOKです。

特にインターネットからの振り込み依頼に対応しているのは、スマホ全盛期の現代では要チェックです。

スマホなら電車などでの移動中、或は仕事の休憩時間内でも十分できますので、忙しい人でも利用できるでしょう。

この時点で「もしかして銀行振り込みって便利かも?」と感じる人も出てきたのでは無いでしょうか。

返済も振り込みでOK!アイフルへの返済としても使えます

アイフルのカードローンは振り込みでも借りられる…つまりは無理にカードを使わなくても融資が可能ですが、返済ではどうでしょうか?

実はアイフルへの返済方法としては銀行振り込みも用意されており、こちらも難しい操作は必要ありません。

振り込みの融資と同様に、振り込みで返済するまでを見ていきましょう。

アイフルへの振込先を電話やネット等で確認する

振込先に対して期日通りに振り込みを行う

振り込み返済を継続するなら以下この繰り返しでOK

普段から銀行振り込みを利用したショッピングや支払を行っている場合、この方法というのはそんなに難しくありません。

ようはアイフルへの返済を振り込みにて支払うだけであり、支払先がはっきりしていれば迷うような事ではありません。

ただ、近年では電子マネーやクレジットカードの普及により、昔ほど銀行振り込みでの支払を行わなくなりましたよね?

なので、比較的若い世代の方は銀行振り込みをあまり使わない為、事前に振り込みの操作マニュアルを読んでおく事を推奨します。

あまり使わなくなったとはいえ、一生のうちに一度も使わないなんて事は考えにくいですからね。

銀行振り込みは不要?それとも必要?融資で役立つ機会を考える

ここまでの説明だと「銀行振り込みって便利だからアイフルの利用時はこれで良く無い?」と思うかもしれません。

ですが、アイフルには他にも便利な借入や返済の方法があり、むしろ銀行振り込みは影が薄い事が多いです。

  • 専用ATMでの利用
  • 提携ATMでの利用
  • 口座引き落とし(返済のみ)
  • 店舗での利用(返済のみ)

こうした方法はATMの多さや手間の少なさにより、どうしてもいくつかの操作や手数料が必要になる銀行振り込みと比較して、多くの人が優先して利用します。
(⇒銀行ATMを使ったアイフルの借入

それならやっぱり銀行振り込みは不要…と思うのですが、それも違います。

どんな方法でも使い方次第で変わるものですが、アイフルでの銀行振り込みは、返済でも借入でも使い方によって便利になります。

特に以下の状況では、銀行振り込みが非常に活きてくると言えるでしょう。

  • 借入の手数料と手間をを節約したい時
  • 返済の手数料と時間を節約したい時

これだけでは実際にどのように使えば良いのか分からないのも銀行振り込みの欠点と言えますので、これより詳しく、そして分かりやすく詳細を説明していきます。

ATMの意外な欠点?融資を受ける時に目立つ手数料の存在

アイフルの専用ATMからお金を借り入れる場合は良いのですが、実は提携ATMの場合、融資利用に応じて手数料が発生するのはご存知ですか?

借入額 手数料
1万円以下 108円
1万円以上 216円

ATMの利用手数料はいつでもお金が借りられるカードローンの利点と比較したら、さほど大きな数値には感じないかもしれません。

しかし実際問題として、一切手数料がかからないのと手数料が逐一発生する利用法だと、どちらが精神的な負担に関しても軽いかは一目瞭然です。

逆に言えば手数料が発生する事で使い過ぎ防止にはなるものの、手数料が発生するという実質負担に比較すると、メリットと断言するにはやや厳しいですね。

それならアイフルのATMで使えば良い…というのは、主に都心などの便利の良い場所にお住まいの方の意見です。

アイフルは全国どこでも申し込みが出来ますので、アイフルのATMがなかなか見つからない地方ユーザーも居ます。

こうした手数料問題を解決する一つの方法が、銀行振り込みでの融資なのです。

振り込み手数料は無料?融資方法の使い分けで負担を軽減!

銀行振り込みというと手数料が発生するのが基本であり、そうなるとアイフルからの振り込み融資も手数料が別途取られそうですよね。

ですが、アイフルに対して振り込み融資を依頼した場合、その振り込み手数料というのを私たちが負担する必要はありません。

アイフル側には確かに手数料が発生しているのかもしれませんが、それを顧客に対して要求する事はありません。

また、こうした手数料を節約する上でのもう一つのポイントが、『普段の口座利用手数料がかからない銀行を選ぶ』という事です。

例えば地銀などの多くの銀行口座は平日の夕方くらいまでは自社ATMは無料で使えますが、コンビニなどのATMでは常に手数料が取られます。

しかし、一部のコンビニなら常に無料、他の提携ATMなら月に何回かは利用手数料無料の銀行口座を使えば、口座の利用手数料も0円にできます。

なので、アイフルで手数料0円の融資を受けるなら、以下の二つを守るべきです。

  • 提携ATMしか使えないなら振り込みにて融資を依頼する
  • 現金を引き出したいなら手数料がかからない口座を用意しておく

幸い、口座開設ならどんな銀行ても大抵無料なので、自分の用途に合って尚且つ手数料がかからない口座を一つは用意しておきましょう。

引き落としのお金が足りない人へ振り込み融資を推奨する理由

さらに、こうした振り込み融資というのは、特定の用途の場合はより有用性が増すと言えます。

それは、『光熱費などの引き落としが足りない場合に融資を受ける』ケースですね。

また、こうした『残高不足』と呼ばれるケースは他にもあります。

  • 銀行振り込みで買い物する際に使用する口座にお金が無い
  • デビットカードの支払いが残高不足で行えない

このような咄嗟の残高不足に対応する為に、ATMからお金を借りて入金する場合は若干手間になります。

対応ATMに向かう

カードで融資を受ける

引き出したお金を引き落とし口座に入れる

しかし、振り込み融資でこうした場合に対応するとこうなります。

引き落とし口座に振り込み融資を依頼する

振り込まれたら引き落としを待つだけ

このように、無駄なお金の移動という手間を無くす事が出来るのも振り込み融資ならではである…これを覚えておくと効率的にアイフルが使えるでしょう。

返済でも手数料が必須!?金利負担以外の出費とは?

お金を借りる時にはATM手数料がかかる…これはまだ分かるにしても、『お金を返す時にもATM手数料がかかる』と言われたら、どう思いますか?

「お金を返す時は利息も取られているのに、ATMの手数料まで取られると気が重い…」そんな風に感じるのも無理は無いでしょう。

尚、この発生する手数料に関しては借入時と同じ金額であり、1万円以内かどうかで負担が変わります。

例えば借り入れの場合はいざという時にしか使わないとなると、借入で発生する手数料は年間で1000円もいかない人が多いです。

しかし返済に関しては分割して払う事がほとんどで、毎回ATM手数料を取られているとしたら、どうですか?

☆毎月2万円を6回に分けて返済した
→ATM利用手数料は1296円
☆毎月5000円を10回に分けて返済した
→ATM利用手数料は1080円

こうして見ると結構な負担である事が分かり、さらにここに利用手数料も加えられるとなると、より出費に頭を痛める事になるでしょう。

そしてこの負担が気になる人へのおすすめ返済方法も、銀行振込となるのです。

鍵はネットバンク?振り込み返済の負担を軽減する方法

まず最初に言っておきたいのですが、私たちが銀行振込を行う場合、多くの口座は普通に振り込み手数料が発生しますし、それではお得にはなりません。

ですがそれらは支店を持つ通常の銀行の場合であり、今回のように負担を軽減して返済していく場合、とあるタイプの銀行を使う事になります。

振り込み手数料がかからない銀行で多いのは、ネットバンクと呼ばれるインターネット専業銀行に多い特徴です。

ネットバンクでも完全に何度も手数料無料ではありませんが、普通の銀行に比べると条件としては簡単な場合が多いです。

  • 特定の振込先のみ何度でも無料
  • 一ヶ月のうちに規定の回数内のみ無料
  • 一定額以上の預金がある場合に規定の回数が無料

どれも凄く難しいというわけでは無く、ネットバンクをメインに使っている人なら簡単に満たす事ができますね。

ネットバンクならネット経由で振り込みができますので、操作の手間という意味で言えばATMとあまり変わりません。

ATMと変わらないのに手数料の負担が無くなるのなら、この返済方法は非常に有用性が高くなりますよね?

銀行振り込みというのは、昔の面倒さを克服しているサービスも増えてきているのです。

時間も節約可能?銀行振り込みで返済する場合の隠れた利点

振り込み返済はネットバンクと組み合わせる事で、大きく便利になるのはご理解いただけたと思います。

しかし、実は銀行振り込みによる返済は手数料の面だけでなく、時間の節約になるのもご存知でしたか?

これもネットバンクの操作が必要になるものの、以下の特徴を返済に活かす事ができます。

  • ネットに接続できる端末があればいつでも操作できる
  • 振り込みは大体15時までだがそれ以降は翌営業日に予約できる
  • わざわざATMに行かなくても振り込みは可能

例えば普段のお仕事が忙しい場合に、昼休憩を利用して返済するのにわざわざATMに向かうのは、負担が大きい事だと思います。

ですが最近の携帯電話はどれもインターネットに接続が可能で、そうしたモバイル端末でもネットバンクは操作が出来ます。

だから仕事の合間を縫った返済でも時間を取りませんし、もちろん使う口座によっては手数料もありません。

さらに、営業時間外の夜中でも振り込みだけ指定しておけば、翌日の営業時間に振り込みが完了します。

なので家に帰ってからとりあえず振り込みの予約だけをしておけば、貴重な時間を圧迫する事もありません。

手数料だけでなく時間も節約したいなら、こうしたネットバンクでの振り込み返済は是非考慮してみるべきです。

便利になるかは本人次第?融資に活かせない振り込み利用の例

融資の利用にて軽視される事も多い銀行振り込みですが、こうして使い方を工夫するだけで大きく便利になりますね。

要はどんな方法であっても工夫次第であり、本人が気付くか調べるかで全然違うという事になります。

しかしそれは裏を返せば、『融資での銀行振り込みも使い方が悪いと普通に不便になってしまう』という事になりますね。

特に以下のような場合、銀行振り込みを使ったがゆえにアイフルが不便になってしまう可能性があります。

  • わざわざATMから振り込み返済を行う
  • 手数料が高い振り込み方法で返済を行う

こうした利用の仕方というのは、先ほどおすすめした借り方と返し方に逆行する方法であり、こうなるくらいなら別の方法がまだ良いです。

仮にこうした悪い使い方をしてしまった場合、一体どのような結果になってしまうのでしょうか?

賢くアイフルを使うなら悪例も見ておくと勉強になるので、一緒に確認をしておきましょう。

悪い方法を知る事で、さらなる有効活用の道に繋がる事もあるのですから。

銀行振り込みの意味が無い?ATMでの振り込みは何故ダメなのか

融資の振り込み返済というのは、インターネット上から行う事で真価を発揮すると言っても過言ではありません。

ですが、そもそも銀行振り込みというのはATMからしか出来ず、今でもATMからの振り込み返済というのは出来ないわけではありません。

では、その手順を見てみましょう。

振り込みが出来るATMへ向かう

振り込み先を指定して返済を実行

振り込みが実行されて返済完了

この手順にて気になるのは以下の二点です。

  • わざわざ銀行振り込みが出来るATMに行かないといけない
  • ATMからの返済はネット経由よりも高い

これですでに答えは出ましたね。

ATMから振り込みを行う場合手数料も損ですが、そもそもATMまでの移動時間もかかるので、時間もお金も結局は損をしてしまい、それなら提携ATMからの直接返済の方がまだお得です。

ATMからの銀行振り込みは提携ATMからの返済に、全ての面で劣る事になり得ると言っても過言ではないのです。

手数料は良く見よう!振り込みは方法によって負担が違います

ATMからの銀行振り込みは、手間がかかるだけでなく手数料もかさむ…そう記載しましたよね?

ですが銀行振り込みの方法というのは他にも存在しており、窓口などを使うと非常に高く付くのはご存知でしたか?

銀行振り込みでは主にインターネットバンキング、ATM、窓口から実行する事が可能です。そしてネットが一番安く、一番高いのは窓口からの送金となります。

例えばとある有名な地方銀行で、他行あてに3万円以上振り込みを行う場合の手数料を比較してみましょう。

振り込み方法 手数料
インターネットバンキング 324円
ATM 648円
窓口 864円

インターネットバンキングで利用しても手数料がかかる事には目を閉じるとしても、窓口の高さというのはかなりのものです。

窓口の方が詐欺防止や分からない場合に教えてくれたりと確かに至れり尽くせりかもしれませんが、それでも毎回800円以上取られるというのは見過ごせない人が大半です。

銀行振り込みは必ずしもお得に融資が使えるわけではなく、工夫の上で初めてお得になるという事を忘れてはいけません。

振り込みの鍵は口座?手数料がかからない口座を用意しよう!

これで融資利用に関する振り込み利用のコツを全て説明してきましたが、今日から実践できるという方法はありましたか?

最後に今回のまとめをしておくとしたら、以下のようになります。

  • 振り込みの負担は銀行口座により大きく変わる
  • 融資を受ける場合は引き出し手数料が無い口座が便利
  • 返済をする場合は振り込み手数料がかからない口座がお得

こうした事実から分かる事は、『振り込みで借りる場合も返す場合も、口座の手数料が鍵を握っている』という事です。

アイフル自体は便利な金融業者ではあるものの、やはり利用に際して手数料が必要なケースはあり、それはこちらの工夫で補う事ができます。

その為に用意しておきたいのは、現金引き出しも振り込みも手数料を抑える事ができる口座であり、特にネット専業銀行系がおすすめです。

メインに使う口座としても便利ですが、他にメインに使っている口座が既にある場合、融資利用のみの口座として作るのも良いです。

また、一部の消費者金融は推奨している銀行口座があり、対応した口座を持つ事で同じく様々な手数料を削減できます。

アイフルには推奨された銀行口座は特にありませんので、上記の通り『振り込みと引き出しの手数料が安いネット専業銀行』の口座を作るのも節約への第一歩となります。

【参考ページはこちら】
アイフルの利用が可能な銀行はどこ?提携ATM完全網羅

新着記事
ページトップへ