> > なにか知ってる?アイフルがカバーする銀行カードローンの弱点

なにか知ってる?アイフルがカバーする銀行カードローンの弱点

消費者金融と銀行のカードローンを比較したとき、どうしても金利が目に入ってしまいますよね?

やっぱり借りるなら低金利の方が魅力的ですし、そちらを選ぶのが理想でしょう。この点は否定できない重要なポイントです。

しかし、銀行カードローンにも弱点はあります。その弱点が借入先を選ぶときのネックになることも少なくありません。

では、銀行カードローンによくある「諦めざるを得ない弱点」とは何でしょう?そして、それは消費者金融で解決できるものなのでしょうか。

大手消費者金融で唯一銀行系ではない「アイフル」がカバーしている事例をもとに、銀行カードローンの弱点を探ってみましょう。(こちらもご参考に→アイフルは銀行カードローンよりメリットある?

銀行や信金のカードローンは「営業区域限定商品」が大多数

銀行にもいくつかの種類があります。その種類によって、カードローンの対象顧客が異なっているのはご存知でしょうか。

全国対応している銀行はごく一部でしかない

全国各地、特に大都市圏や中核都市に支店を置くメガバンクや都市銀行は、カードローンも全国対応です。

また、有人店舗を一店も持たないネット専業銀行も、その情報通信網を活かした全国対応を行なっています。

地方銀行のカードローンはエリア限定が多い

一方、地方銀行や第二地銀のカードローンは殆どが営業エリア内に在住かお勤めの方を対象としています。

地方銀行は支店も特定地域周辺に集中して置かれますし、カードローン以外の事業でも取引されているのは殆どが地元の皆さんなんですね。

中にはカードローンの全国対応をしている地方銀行もありますが、トータルで見るとごくわずかです。

信用金庫は地域限定でしか営業できない

「銀行カードローン」の中には信用金庫も含まれます。しかし、信用金庫は法律上、地域限定でしか営業できません。

そのため、カードローンも「営業エリア内にお住まいかお勤めの方」と申込条件に明記されているものが殆どです。

エリア限定か判断するのが難しいカードローンもある

全国各地の銀行カードローン案内を数多く見ている筆者ですが、その商品が地域限定であることをなかなか判断できないものもあります。

年齢やお勤めなどの申込条件欄に記載があれば、すぐに「あ、エリア限定なんだ」と理解できるのですが、そこに記載のない銀行もあるんですね。

その場合、申込みフォームに注意書きがあったり、住所の都道府県選択ができなかったりして気づくので、結構な時間を使ってガッカリすることも…。

アイフルは全国対応の大手消費者金融

アイフルは全国に店舗や自動契約機を設置していますので、お住まいやお勤めの地域を気にすることなくスムーズに申請手続きを開始することが可能です。

また、ネットや電話で全ての手続きも行なえるので、近くにアイフルの設備がなくても大丈夫。振込融資や口座振替も活用できます。

本州や九州の銀行カードローンはエリアチェックを忘れずに

北海道や沖縄などでは問題ないように思われるのですが、本州や九州ではこの境界線が非常に厄介なんです。

中には「○○県のうち、△△市」という市町村限定のケースもありますから、申込み前にしっかりチェックをしましょう。

返済に使う預金口座を持っていないとダメ!

銀行カードローンでは、多くがその銀行の普通(または総合)預金口座を持っていることが条件となっています。

ただ「ウチと取引がないからダメ」というのではありませんよ。その口座をカードローンの取引で利用するためなんです。

多くの銀行カードローンは返済方法が「口座引落し」

これらの殆どは毎月の定例返済が口座引落としです。毎月決められた日に届出た口座から引き落とす仕組みは確実な回収方法ですよね。

そのため、予め口座を持っていない方はカードローン契約を結ぶ前までに新規開設をしなければいけません。

消費者金融に「預金」という取引はない

これに対し、消費者金融は独自の口座がありませんから、特定の銀行口座を持っている必要はありません。

アイフルの場合はどの銀行口座でも返済用に指定することができます。また、定例返済は口座引落しだけではありません。

    『アイフルの定例返済方法』

  • 口座振込み(手数料発生)
  • アイフルの店舗・専用ATM(手数料無料)
  • 提携先ATM(手数料発生)
  • コンビニ端末(LoppiかFamiポート。手数料発生)
  • 口座振替(手数料無料)

やはり手数料はない方がいいですから、アイフルの店舗か専用ATM、あるいはお手持ちの口座から引落しをしてもらうのが理想的でしょう。

いずれにしても、「この銀行の口座でなければダメ」ということではありませんから、急ぐ時でも安心ですね。

カード到着まで使えない!?即日融資が不可能なものも多い

新規申込みで急ぐ方にはこの点が一番の問題になるでしょう。申込みから利用開始までに1~2週間を要するものもあります。

そもそも即日融資を対象としておらず、契約手続きは本支店の窓口で行なうものや、本契約手続きを郵送で扱うものもあるんですよ。

カード到着まで利用できないものも少なくない

これらの商品はカードが郵送されるまで1~2週間利用できません。内容が魅力的でも時間的に使えない惜しいカードローンも沢山あります。

  • 「ネットやFAXで契約完了」
  • 「登録口座のキャッシュカードにローン機能をプラス」
  • 「登録口座への振込み融資」

などのスピード対応をしてくれるカードローンも多いので、銀行カードローン全てが遅いとは言えません。

数日の間に融資を希望される方は、取引のある銀行の対応を公式サイトで調べるか電話で問い合わせることをお勧めします。

アイフルはスピード重視!最短即日振り込みも可能

アイフルに限った話ではありませんが、消費者金融はスピード融資が最大の魅力。即日~翌日融資は当たり前の世界です。

今回はアイフルを事例として取り上げていますので、アイフルが行なっているスピード融資の手続き方法をご紹介しましょう。

  • 当日の振込融資(平日午後2時10分締め切り)
  • 店頭窓口での契約(平日午後6時まで営業)
  • 自動契約機での契約(土日祝日も午後9時まで稼動)
当日の振込融資はネットや電話での手続きが可能。もちろん、新規申込みで審査通過した方は本契約手続きと同時の依頼も可能です。

振込口座は返済についてお話したのと同様、どこの銀行でも問題ありません。一番便利な銀行口座を指定することで楽にキャッシングできますよ。

有人店舗は経営の合理化や事業の見直しで縮小傾向にありますが、無人契約機は業界有数の規模を誇る台数が稼動しています。

自動契約機は大都市だけでなく、全国の主要都市周辺にも設置されているので、多くの方が出かけられる範囲にあると考えていいでしょう。

アイフルの成約率は約45%!審査の厳しさも要注意

最後に挙げる銀行カードローンの弱点は成約率、すなわち「借りやすさ」です。昔ほどではないにしても、審査の厳しさは残っています。

銀行系消費者金融の成約率は銀行の方針で決まる?

銀行カードローンそのものの成約率は公表されている資料がないため数字をご紹介することはできませんが、参考になるものは存在します。
(⇒銀行カードローンとアイフルの違いは?

アイフル以外の大手消費者金融会社は銀行のグループまたは子会社になっています。そのうち、アコムとプロミスが成約率を公表しています。

年月 アコム
(東京三菱UFJ銀行系)
プロミス
(SMFGグループ)
アイフル
(非銀行系)
2012年3月 45.1% 37.0% 29.9%
2013年3月 46.4% 40.7% 38.0%
2014年3月 48.3% 39.6% 45.0%
2015年3月 47.3% 41.1% 45.0%

プロミスは40%前後を行ったり来たりしています。対照的に三菱東京UFJ系のアコムは45%を超えていますね。

ここから銀行グループ全体の方針を窺うと、三菱東京UFJは積極的だが三井住友は4割前後をキープする方針と解釈できます。

さて、銀行のカードローンはどうなのかという話に移りますが、この数字を上回ることはないと見ていいでしょう。

銀行カードローンは専業主婦も申込可能

上記3社は専業主婦を申込みの対象外にしています。一方で銀行カードローンの多くは専業主婦も申込めるようになっています。

つまり、審査対象者にズレが生じているんですね。全く同じ顧客層ではないため、成約率にも差が出てくるのは間違いありません。

それだけ銀行カードローンの成約率は低くなっていると考えることができるわけです。顧客層が広がれば審査に落ちる人も増えますからね…。

アイフルは右肩上がりで成約率が上昇中

では、銀行系ではないアイフルはどうなのか。30→38→45→45と右肩上がりで成約率がアップしていますよね。

2012~2013年は消費者金融の過渡期でした。金利の改正や過払い金返還で、融資できる財力を確保し難かったとでも言いましょうか。

それが2014~2015年と45%まで急上昇しています。つまり、積極的に融資するだけの営業力が戻っていると考えられるわけです。

アイフルは依然として厳しい経営を続けている最中ですが、積極的な融資による増益を狙っているとも言われています。

今後の成約率がどう変化するかに注目ですが、約半数の成約率があると考えれば、審査に不安な方も安心できるのではないでしょうか。

金利だけではないカードローンの選び方

最初にお話ししたとおり、カードローンは金利が低いに越したことはありません。それだけ支払う利息が少なくて済みますからね。(こちらもご参考に→アイフルの利息はどのくらい?

しかし、これまで見てきたように金利は良くても時間的に間に合わなかったり、用意する物が整わなかったりというネックも存在します。

取引銀行のカードローンを調べて意にそぐわないものだったときは、アイフルなどの消費者金融も検討されてみるといいですよ。

【参考ページはこちら】
アイフルでお金を借りるまでの流れとは

新着記事
ページトップへ