> > アイフルは在籍確認が不要?職場の電話が無しになる事例も公開!

アイフルは在籍確認が不要?職場の電話が無しになる事例も公開!

在籍確認というのは、アイフル以外の大手サラリーマン金融で行っています。なので、サラリーマン金融は在籍確認無しというわけではありません。

ただ、近年ではアイフルでもそうですが、職場の電話について詳細の相談が可能になっています。つまり、限りなく職場の電話を無しにする方法もあるのです。

知らないでカードローン審査を受けていると、このようなオトクな情報も知らないまま・・・という事もあります。なので、アイフルで使える便利なテクニックを今回は学んでいってください。

在籍確認を完全に無しにするのは不可能!

アイフルの在籍確認に関する情報で、アイフルは「在籍確認が無い!」という案内を見かけます。

ですが、銀行やサラリーマン金融で法律が施工されているので、法律上で在籍確認は必須となっています。これはアイフル以外でも同じなので、安易にこのようなオトクな情報を信用しないほうが良いです。

また、どうして在籍確認無しという点でアピールされているのか?というと、「アイフルは審査が甘い」からです。

一般的なカードローン業者というのは、「サラリーマン以外は審査で通りにくい」という難点が存在します。ですが、そのような要素はアイフルにはありません。

アイフルは今も昔も、「安定した収入のある人」であればカードローン審査で細かいことを聞かれないからです。ただ、在籍確認は他の業者と同じで行っているので注意してください。

アイフルの在籍確認は、前述以外では下記のような面で特徴のある対応となっています。

1.素早い在籍確認電話

サラリーマン金融で在籍確認を受けた場合、「素早く終了する」と思っている人が多いです。しかし、実際は長ければ5分以上もかかる在籍確認は多く存在します。

アイフルの場合、この点で特に優れているので在籍確認の対応は非常に楽でしょう。アイフルは、時間にして2・3分もあれば在籍確認が終わるようになっています。

つまり、スピーディーな対応を希望しているのであれば、サラリーマン金融ではアイフル一択となるのです。

2.性別を意識して同性のスタッフが電話をかけてくれる

意外と対応しているサラリーマン金融が多いようで、性別を意識した電話サービスというのは少ないです。大抵のサラリーマン金融では、「男性から電話がかかってくる」ようになっています。

アイフルの場合、「同性から電話がかかってくる」ので、職場の同僚や上司に疑われずに電話を行える点が優れています。また、個人名で電話がかかってくるので、業者からの電話であることがバレずに済みます。

電話対応で考えるとアイフルが一番利用しやすい

前述した通り、在籍確認の電話対応についてはアイフルが一番という評価が目立ちます。

電話対応するスタッフがわずかに違うだけ・・・なのに、どうしてアイフルはこれほど評価されているのか?という疑問もあるでしょう。

その理由ですが、アイフルは専門のスタッフがアドバイスをしてくれるため、カードローン初心者にとっては嬉しいサービスが多いからです。

主に以下のような点で悩んでいる人は、アイフルのカードローンと相性が良いとされています。

  • 通常より大きな借入を希望したい人
  • 複数のカードローンをまとめたい人
  • 女性専門の職業で勤務されている人

在籍確認の電話では、「借入について不安がある人」の相談を行う電話でもあります。

なので、通常とは違って「カードローン申込者が長電話を行う」場合であっても、アイフルは協力的に対応してくれるのです。

このようなサービスは、アイフル以外の金融業者でも行っている・・・と思われているところがあります。しかし、アイフル以外はそれほど詳細の相談に乗れるわけではありません。

というのも、電話対応がマニュアル化しているため、場合によっては相談窓口(電話先)に微妙な違いまであるからです。銀行カードローンの場合、特に顕著な対応が見られることもあります。

女性専門の職業で勤務されている人について補足しますが、主に女性専門のナイトワークが該当します。

「お水関連の職業」は、サラリーマン金融でも審査が厳しくなりやすいです。しかし、アイフルではレディースカードローンで、そのような職業の人向けのサービスも展開しています。

他の業者では、「審査対象でない」場合が多いので注意してください。なるべくナイトワークに関するカードローン相談は、アイフルで受けておいたほうが賢いです。

アイフルの在籍確認で勘違いされている情報一覧

インターネットでアイフルの在籍確認について調べていると、勘違いされている人のクチコミなどを見かけることがあります。

特に多い勘違いが、アイフルであれば在籍確認不要というものです。重要なことですが、アイフルといったサラリーマン金融でも、在籍確認不要というわけではありません。

人によっては、「2度目のカードローン利用」をされる人もいます。これは、一度キャッシングでお世話になっていた人が、継続利用という形で再度キャッシングのお世話になるケースが該当します。

そのような人が、過去に利用していたアイフルのカードローンで在籍確認不要となることがあるため、その対応を勘違いされて不要というふうに判断しているだけです。

なので、「新規でカードローン申込をする人」は、どうしても在籍確認が必須となるのです。(こちらもご参考に→アイフルでカードローンを契約したい方へ

在籍確認について、相談次第で変化する点は以下のようになっています。もし在籍確認に関して不安がある人は、良ければ先に下記について学んでおいてから、申込をするようにしてください。

  • 指定時間で在籍確認を受けられるようになる
  • 指定の曜日で在籍確認を受けられるようになる
  • なるべく長時間の連絡にならないよう工夫してくれる

このようなサービスがアイフルであれば対応可能です。

また、どうしても在籍確認が難しい場合、「代替案を出してくれる」サービスも存在します。

ただ、下記のような特殊な相手でない限り対応不可なので、一般の人も含めて広範囲に対応しているわけではありません。

  • 個人の電話対応が厳しい職場の場合は別の方法で在籍確認
  • 職場の同僚や上司から疑われている場合、他の相手を通じて在籍確認
  • 個人事業主の場合、書類による詳細の審査で対応してくれる場合がある

アイフルとしては、「職場の電話を通じて本人確認をしたい」と考えています。なので、上記のような在籍確認を簡略化するサービスでは、審査に落ちやすい場合もあるので注意しておいたほうがよいでしょう。

アイフルは事前に相談できるのも魅力的

前述しましたが、アイフルは事前に専門のスタッフと相談できるという面で、他のサラリーマン金融より優れています。

事前に相談できる人は非常に多いのがアイフルの魅力です。

ただ、事前に相談できると言っても限度はあるので、極端に長時間で相談できるわけではないです。

主に以下のような相談では、早い段階で在籍確認に進んでしまうでしょう。

  • 要望が非常に多い相手で要望に応えるのが難しいと判断された場合
  • 基準を大幅に超える借入希望額で相談された場合
  • お使いみちが借金返済などネガティブな要件であった場合
  • 同じような質問で再三に渡り相談してくる相手
  • 過去にアイフルとの間でトラブルがあった相手からの相談

このような要望では、「返済能力を疑われる」場合が多いです。サラリーマン金融は銀行より対応が甘いと言われていますが、さすがに返済の意志が弱い相手では厳しい措置を取ることもあります。

さらに、このような対応を繰り返している相手・・・と判断されると、さらに対応は厳しいものになります。相談内容によっては、「ブラック」になることもあるので注意しましょう。

ブラックとは、金融業者のほうで「問題の多い人物」と判断された人物のことです。

インターネットでは、「ブラックリスト入り」という形で良く見かけることがあります。ブラックもブラックリスト入りも同じ意味なので、特に違いなどはないと思って問題ないでしょう。

ブラック扱いされるようになった人物は、「不定期でお金の貸し借りが厳しくなりやすい」です。

業者側に些細な迷惑をかける程度は問題ないのですが、業者側から注意を受けブラック扱いされるのは問題です。

このブラックという扱いは、業者側から指定を受けるようになっても、「一切、連絡されない」という特徴があります。つまり、自己管理が正確でない場合にブラックとなりやすいケースが多いのです。

サラリーマン金融は全体的に、カードローン審査前の相談を嫌がりません。

ですが、ブラックという判断を同時に行うかどうかで悩んでもいます。過度の相談は、なるべく控えておいたほうが安全にカードローン審査を受けられる・・・と、思っておいたほうが良いでしょう。

カードローン審査次第で対応が厳しくなりやすい

在籍確認のちょっとした豆知識ですが、在籍確認が通常より長い場合は「審査が良い方向に進んでいない」という証拠です。

実際に、カードローン審査時間が長い場合、高確率で審査落ちしてしまう人が多いため、審査時間についての理解も重要と言われています。

ただ、これだけでは審査時間が長い場合に苦悩するだけです。

なので、下記の審査時間を短くするテクニックについても学んでおきましょう。

  • 借入希望額を小さなものにする
  • 返済可能な借入は審査前に完済しておく
  • 電話対応は素早く対応し終了させるように心がける

このような対応をされているだけでも、職場にかかってくる在籍確認の電話時間は短くなります。

なぜ、このような対応だけで審査時間が短くなるのか?に関しては、下記の詳細説明を参考にしてください。

・借入希望額が小さいと審査はスピーディーになる

アイフルでも実施されていますが、「少額の借入」にもサラリーマン金融は対応しています。また、特に細かい条件をクリアすることもなく、少額というだけで審査時間が短くなりやすいです。

アイフル以外でも使えるテクニックなので、これからカードローンを持ちたい人は必須のテクニックでしょう。金額としては20万円以内が好ましいと言われています。

・先に完済しておくだけで借金の件数が減った状態になる

あまり知られていませんが、サラリーマン金融でも「個人信用情報」を利用してカードローン審査を行っています。そのため、借入件数などで嘘をついてもバレるようになっています。

逆に、「良い評価に値する情報」も登録されていきますので、なるべく借入件数は減らしておいたほうが良いのです。もし、返済で遅延しているものがある場合は、早い段階で返済してみましょう。

業者としても「信用できる人物」として、良い評価の登録を随時で行ってくれます。たかが借入件数1件分の評価かも知れませんが、信用において有効なテクニックとして有名です。

・電話対応がしっかりしているほど評価は高まる

電話対応というのは、在籍確認以外でも細かく行ってくる場合が多いです。サラリーマン金融全体では、借入に関する相談で多くなる場合が多いでしょう。

なるべく素早く対応されるようにすると、それだけでも「信用のできる人物」として評価されます。人によっては曖昧な対応をされる人もいるため、対比で良いという評価が付きやすいわけです。

何気ない行動も評価の対象となっているので、対応があまりにも杜撰な場合、カードローン審査がまったく進まないこともあります。

厳しい審査を回避するためのテクニック集

カードローン審査は、借入希望額や現状の借入状況によって、審査が厳しいものになることもあります。

ですが、厳しい審査を柔和なものに変化させることは不可能ではないので、今回は使えるテクニックとして案内を行わせていただきます。

まず、下記について理解した上で、テクニックを使うように心がけてください。

  • 事前に返済計画の打ち合わせを行っておく必要がある
  • 審査の際に必要書類を用意する旨を打ち明けておく
  • 業者が要求する行動に対して嫌がらない

これだけでもアイフルをはじめとして、サラリーマン金融の審査に関する対応は柔和なものになりやすいです。

返済計画というのは、「実際の収入を前提にしてどれほどの金額で返済できるのか」という連絡です。借りる側であっても、このような相談は可能なので、なるべく忘れないようにしておいたほうが良いです。

次に必要書類についてですが、人によっては「収入証明書の提出を求められる」こともあります。用意にはそれほどの時間がかかりませんので、嫌がらないようにしておいたほうが良いです。

基本的に収入証明書として求められる書類は、下記の書類のどれか1枚である場合が多いでしょう。人にもよりますが、すでに用意が済んでいる人も多いような簡素な証明書でもあります。

  • 直近2ヶ月分の給与明細書
  • 確定申告書
  • 納税証明書

確定申告書、納税証明書については「転職などをされた人」に対して、求められることが多い証明書です。

パートやアルバイトの場合、「直近2ヶ月分の給与明細書」を提出するだけで、収入の証明になる場合が多いです。この対応は、アイフル以外のサラリーマン金融でも同じとなっています。

最後に業者が要求する行動についてですが、人によっては「保証人が必要」というケースで求められます。

保証人になってくれる人(配偶者など)がいる場合、実は在籍確認も無しとなりやすいです。配偶者などがいると、すでに在籍確認が済んでいるケースもあるので、かなり便利なテクニックであったりします。

派遣社員の場合は在籍確認を限りなく無しにできる!

ここまで在籍確認を短くする方法について案内してきました。

ですが、限りなく在籍確認を短くする方法もあれば、完全に無しに近い状況にするのも可能な職業が存在します。

その職業は「派遣会社で登録されている人」が該当します。

他の職業とは違い、派遣会社には「研修期間」があります。つまり、研修期間中に給与が発生しているのであれば、その間に在籍確認を終了させておけるのです。

派遣会社によりますが、電話対応などを個人で行っていい場合もあります。そのような場合は、在籍確認を直接本人が受け取れるので、「誰にも知られないで在籍確認を進められる」わけです。

意外と知られていませんが、昔から利用されているテクニックなので、アイフルのみ対応していないということもありません。

ただ、「給与の発生が大前提」なので、派遣社員として登録を済ませてから、すぐに在籍確認を限りなく無しにできる・・・というわけではありません。

できる限り優位な状態で審査を受けよう

カードローン審査で在籍確認をなるべく短くする、もしくは無しにする方法について案内しました。

ですが、そもそも在籍確認が曖昧な状態で審査を受けたいという人もいるでしょう。そのような人は、なるべく下記のような方法で優位に立つことをオススメします。

1.WEB完結型でカードローン契約を完了させる

サラリーマン金融のモビットで対応しているサービスです。WEB完結型なので、書類や電話が発生しないという強みがあり、審査そのものも短時間で完了するようになっています。

アイフルの在籍確認では、どうしても詳細の条件で一致しない・・・という人は検討を進めてみてください。ただ、モビットはアイフルより審査が厳しいです。

なので、総合的な評価としては「アイフルのほうが初心者のカードローンでは最適」という結論になります。無駄を省くことを前提に考えている人は、モビット一択という感じです。

2.クレジットカードのショッピング枠で審査を受ける

審査が曖昧で、且つ職場の電話などを意識していないカードでは、クレジットカードのローン審査が存在します。クレジットカードは、ショッピング枠のみであれば本人確認の電話のみ必須となっています。
(⇒アイフルからの電話確認についてもっと詳しく

ただ、「3日~12日ほど審査に時間がかかる」ので、審査時間はカードローンのほうが圧倒的に短いでしょう。クレジットカードは、限度額も厳しいため30万円以上で審査に通る人も少ないです。

「少額の利用のみ検討中、カードは商品の購入のみで利用」という人は、クレジットカード一択で問題無いという感じです。

職場の電話のみこだわった場合でも、限りないほど申込者には申請テクニックが存在します。

ただ、「過剰に対応されている」場合は評価も下がりやすいので注意してください。例えば、「落ちてすぐに同じ業者で審査を受ける」のはNGです。

テクニックはあくまでもテクニックなので、過信せずに申込の際に利用してください。

そして、自分に合ったカードローン、クレジットカードが見つかれば、詳細について案内させていただいた者として幸いで御座います。

【参考ページはこちら】
どうして人気?アイフルが借りやすい理由とは

新着記事
ページトップへ