> > アイフルの利用で申し込みブラックにならない為の2つの掟

アイフルの利用で申し込みブラックにならない為の2つの掟

申し込みブラックという言葉をご存知ですか?これは簡単に説明するなら『融資の申し込みだけでもブラックリストになる事がある』という事です。

「ブラックリストって返済に遅れた人以外関係無いんじゃないの?」と思っていた人からすると、思わず融資利用も躊躇しそうですよね。

特にアイフルなどは非常に規模が大きく初心者向きと言われているのに、申し込みでもブラックになる事があるとすると、初心者の方の不安を煽りますね。

アイフル利用でも申し込みブラックになる可能性は確かにありますが、せめて詳細については理解をしておきましょう。(こちらもご参考に→こんな人は借りられない?アイフル利用者の条件

アイフル以外でもあり得る?申し込みブラックへの不安とは

先に当たり前の事を述べさせていただきますが、アイフル以外の消費者金融を利用するとしても、申し込みブラックというのにはなり得ます。

申し込みブラックにてネット検索をすると特定の金融業者名が一緒に表示される事がありますが、その業者だけのリスクではありません。

そもそも、どんな融資にも共通する事を考えてみましょう。

金融業者へ融資の『申し込み』を行う

申し込みが受理されると審査が開始される

審査に通過したら融資を受けられる

この流れは例えカードローンや住宅ローンなどプランの違いがあっても、大まかな流れとしては共通しています。

さらに言えば、ちょっとした分割ローンの審査でもそうなる可能性があり、カードローンなどの現金融資を使った事が無い人でも危険性はあります。

だからどんな融資でも申し込みブラックになり得るという事を念頭に置きつつ、このブラックと呼ばれる状態に向き合っていきましょう。

詳しく内容を理解出来れば、どんな融資を使う場合であっても心配事を減らす事が出来ます。

ブラックリストの基本って何?今更聞けない常識を解説!

さて、そもそも『融資でのブラックと呼ばれる状態』について説明をしておきましょう。

正直な所相当有名な話ではありますが、それだけにブラックの一言だけで済ませる媒体も多いので、おさらいとしても見て下さい。

融資におけるブラックというのは『金融事故記録』とも呼べるものです。金融事故とは金融業者に対して著しい損害を与えた者、及び与える可能性がある者だと思って下さい。

金融業者に対して損害…そう聞けば大体想像ができますね。その損害の詳しい内容としては以下の通りです。

  • 融資の返済に遅れた事がある
  • 融資の返済が出来ずに自己破産などの債権整理を行った
  • そうした被害を金融業者に与える可能性が高いと思われる人物

アイフルなどの金融業者の利益は、貸し付けたお金に利息を加えて返済してもらう事で生じます。

貸したお金を返してもらえない場合、これは言うまでもなく契約違反であり、ともすれば会社を倒産に導く事もあり得るわけです。

利息を支払う事に抵抗を抱く方も稀にいますが、お金が欲しい時に足りないのを融通してもらうのが融資の基本ですので、すでにサービスの利用をしていると同じです。

サービスを利用したら対価を払う、これは当然ですよね?

全ては融資申し込みにある申し込みブラックの原因を探る

それではいよいよ、申し込みブラックとは何なのかを詳しく説明していきます。

申し込みブラックというのは、申し込みの仕方が悪くてブラックリストに近い状態になってしまう事です。

ブラックリスト『に近い』と記載したのは、返済の延滞でなってしまうブラックに比べると、幾分か軽度だからです。

そもそも、ブラックリストという言葉が『金融業者記録』の俗称ですし、申し込みブラックというのもブラックリストに似ているから…という理由で付けられたものです。

正式用語ではない都合上、金融業者に直接「私って申し込みブラックですか?」と尋ねてもまず教えてもらえません。

なので申し込みブラックについては自分なりに調べないと分かりませんが、それらについて調べてみると、以下の二点が主な原因だとされています。

  • 連続して審査に落ちてもまだ申し込みを繰り返す
  • 複数の金融業者へ同時に申し込む

何故こうした事が申し込みブラックに繋がってしまうのか、予想はできますか?

予想が出来た人も出来ない人も、これから詳しく理由について説明していくので、申し込みブラックを回避する為にも確認していきましょう。

審査落ちがマイナスになる理由は信用情報機関にあった!?

融資審査に落ちた場合、融資に関する知識が乏しいと「また別の会社に申し込むかな」と思うだけかもしれません。

その判断自体は間違っているとも言えないのですが、審査落ちを軽視してしまうと、『信用情報機関』に蓄積された情報に泣きを見る事になるでしょう。

信用情報機関とは、融資利用に関わる個人情報を保管している機関です。アイフルの場合は主に『JICC』と呼ばれる場所の情報を参照しますが、そこも合わせて三つの機関が存在します。

信用情報機関は消費者金融系、銀行系、クレジット系と分かれており、詳しくは以下の通りです。

  • JICC(消費者金融系)
  • KSC(銀行系)
  • CIC(クレジット系)

消費者金融なら消費者金融系の利用状況を見る…というわけですが、例えば銀行と提携していた場合、銀行の情報も見る事ができます。

それに重度の金融事故者…つまりブラックリストの場合は三社とも共有する事が可能であり、不都合な情報については隠せないくらいに思って良いでしょう。

ここで申し込みブラックの事に戻りますが、こうした審査落ちの情報は一見すると事故者とは思えませんし、事実として事故だと断定されるわけではありません。

ただし、それは適度な回数のみです。融資審査に落ちた記録が多すぎた場合、皆さんが懸念している状態になってしまうのです。

審査に落ちるとさらに不利に?申し込みブラックの落とし穴を知る

まずは、融資審査に落ちたという事実について良く考えてみましょう。融資審査に落ちる理由というのは、以下のようなものが主にあります。

  • 年収があまりにも少ない
  • 日雇いなど仕事が安定していない
  • 別の会社でも返済に遅れた事がある

こうした情報を確認して「この人は返済が出来なさそう」と思ったからこそ、審査落ちが発生してしまうのは分かると思います。

つまり審査落ちという事実が残っていると、他の金融業者もそれを見る事が出来て「この人は審査に落ちる理由があった」と考えますよね?

仮にそうした審査落ちの事実がいくつも記載されていた場合、それはすでに「今から融資審査をするまでも無く問題が多い」と判断してもおかしくはありません。

これこそが申し込みブラックの正体であり、『融資審査に落ちすぎてすでに審査すらしてもらえない』という厳しい現実を迎えた事になるのです。

「まだ審査に落ちただけで金融業者に損害は与えていないのに…」と理不尽に思うかもしれませんが、先に説明した事を思い出しましょう。

まだ融資の延滞をしていなくとも、『これから延滞する可能性が高い人』に対して警戒するのは、会社を経営するなら心配するのも当然です。

こうした理由で申し込みブラックになった場合、自分自身に問題があるというのもある程度は理解しましょう。

何回までOK?申し込みブラックにならない審査落ち回数

『何度も』融資審査に落ちると所謂申し込みブラックになってしまいますが、そうなると回数が少ないと問題は無いのでしょうか?

これははっきりとは言えませんが、一定数以下ならまだ他の金融業者に申し込んでも希望はある…という感じなのです。

例えばすでに10社近い審査落ちがあると確実に申し込みブラックですが、今さっき1社だけ申し込んで落ちたとしましょう。

1社だけしか審査に落ちていない場合、金融業者も「相性が悪かったのかな?」と思うケースが多いです。

というのも、金融業者というのはそれぞれ審査基準が違い、重要視している事が違います。以下は一例です。

  • 特に年収を大事にしているケース
  • 何よりも安定した職業かどうかを見ている
  • 在籍確認時の対応に力を入れている

この例で言えば、仕事は正社員で安定していても収入が少ない場合、収入が大事な金融業者の審査を受けると落ちる事もあるでしょう。

そうした可能性も考慮しつつ、実際に自社で審査した時に問題が無いなら貸した方が利益になるから…と考えるのですね。

実際にどれくらいの回数までかと言うと、私たちは3という数字を区切りにする事が多い為に、印象的な問題からも3社以降は危ないと言われています。

ただしこの審査落ちの回数における審査基準もそれぞれ違うので、あくまで参考までにして下さい。

欲張った同時申し込みがブラックリストに繋がるのは本当?

そしてもう一つの理由となる『複数の金融業者への申し込み』ですが、これに関しては先に説明した事から何となく予想できるかもしれません。

ただ、「一社だけに申し込んで借りられないと困るから、複数滑り止めとして申し込んでおこう!」と考える人が多いです。

しかしそれこそが問題で、金融業者は同時に申し込みを行ったという事実も確認する事が出来るので審査に落ちやすく、そしてブラックになる可能性もあるのです。

これも金融業者側の視点で考えると分かりますが、複数同時に申し込んだ場合、「うちで貸さなくても他所が貸すかもしれないし、貸したら借り過ぎ返せないかもしれない」と考えます。

それに何より、アイフルで借りたいなら総量規制の問題もあり、より一層借りにくくなっています。

・総量規制とは
総量規制は消費者金融系の金融業者に発生する制限で、最大でも年収の三分の一までしか融資を受けられません。年収300万円なら、最大で100万円のカードローンしか作れないわけです。

同時に申し込んだ結果総量規制をオーバーしているようなら、同時申し込みがむしろ仇になってしまう事も十分あるわけですね。

とはいえ、例外が無いわけでもありません。

複数同時合格も?それでも同時申し込みが推奨できない理由

融資審査は先に説明したように、それぞれ審査基準が違っており、その基準は私たちには分かりません。

なので複数申し込みであったとしても、複数同時に審査に通過し、アイフルやその他消費者金融のカードローンを同時に発行する事はできます。

しかし同時申し込みは審査落ちしやすい上に、審査に通っても実はあまり恩恵がありません。

  • 消費者金融には総量規制があるので一枚一枚の枠が小さい
  • 限度額が低いと一枚あたりの金利が高くなりやすい
  • カードローンは使い分けをしてもうまみがあまり無い

総量規制で120万までしか借りられず、三社同時に借りるとしたら40万円ずつみたいな感じになる事があります。

それでも一応は融資総額が120万円になるものの、金利は限度額が高いほど下がるので、それぞれで最大の18%まで取られる事になります。

本来、限度額が100万円を超えていれば最大でも15%までしか取れないとなると、一社から120万円借りる方が魅力的ですね。

そもそもリアルタイムでこちらの申し込み状況を記録するのが信用情報機関ですので、同時審査落ちの可能性が高い事を考えると、リスクが大きくリターンがあまりにも小さいと言えます。

それなのに、何故今でも同時申し込みをする人が居るのでしょうか?

ネットの情報も程々に!同時申し込み推奨は読み流そう

インターネットがあれば融資に関わる情報も簡単に見つけられますが、その分情報の取捨選択が非常に重要となっています。

というのも、インターネット媒体(紙面でも実はさほど変わりませんが)での情報発信は、嘘や間違いも多いのです。

なのてインターネット上には『融資は同時申し込みもアリ!』みたいな感じで教えているサイトもあり、信じるのもほどほどにしないといけません。

というよりも、融資に関わる情報は需要が多い分、本当の情報も嘘の情報も玉石混合状態です。

☆正しい融資情報の例
・法律から引用された情報
・金融業者公式サイトのQ&Aなど
・金利や限度額など数値でのランキング
☆正しいかどうか悩む融資情報の例
・口コミ(正しいと認識するには自分で経験しないと難しい)
・おすすめ度みたいな主観によるランキング
・あまりにも良すぎる条件しか書かない金融業者のサイト

こうして見て、さらに実際に検索してみるとお分かりかもしれませんが、該当するサイトはいくつでも見つかるでしょう。

こうした事もあってインターネットで調べた情報というのは、正しいと思う前にワンクッションを置くべきです。

特に複数同時の融資申し込みは、申し込みブラックが実在する観点から考えると、有用性は甚だ疑問なのです。

申し込みブラックが怖くなくなる一つの揺るぎない事実

申し込みブラックになってしまう主な二つの条件を記載しましたが、やはり申し込みだけでもブラックになる事があるという事実のせいで、息苦しさを感じるかもしれません。

ですが『審査に落ち続けてもまだ申し込む』のと『複数同時に申し込む』という事実から、分かる事があります。

それは、融資の申し込みブラックは意識して回避する事がさほど難しく無いという事です。

例えば先ほど説明した二つの条件について回避する方法を述べるとすると、以下のようになります。

  • 融資審査に二度ほど落ちたら申し込みを見合わせる
  • 融資への申し込みは一社ずつ丁寧に行う

このように、申し込みブラックを回避する方法は極めて簡単、自分の意志一つにて始められる対策となります。

さすがに絶対に融資を受けないと困るほどの状態だと、何度審査落ちしても諦めきれないかもしれませんよね?

そうなった場合はどうしたら…と途方に暮れる必要はありません。

申し込みブラックを回避しつつも実際の融資申し込みにも確実に役立つ、そんなコツをこれよりご紹介いたします。

申し込みブラックが心配な人も、より確実に融資を受けたい人も是非続きを見て下さい。

審査に通れば問題無し!?単純かつ効果的なブラック対策!

申し込みブラックというのは、形はどうあれ『融資審査に落ちる』事でそうなってしまいますね。

ならば簡単に理屈だけを述べると『融資審査に通過』すれば、申し込みブラックを心配する必要は無くなります。

「そもそも審査に通るかどうか分からないから対策のしようも無い…」なんて諦めてはいけません。

融資申し込みに絶対通過する方法は無くても、審査に通過しやすくするコツはたくさんあるのです。

  • 希望限度額は最低限に設定
  • すでに融資を受けているなら先に完済か解約を
  • 相談を先に行っておく

アイフルでカードローンを作る場合、当たり前なのですが希望限度額が多いほど審査が厳しくなり、通過する事が困難になります。

それは逆に言えば、希望額が今の自分にとって必要最低限の場合、審査難易度は限界まで下げられる事を意味します。

特にアイフルの場合、50万円以上の希望額だと収入証明書類の提出が必須になるなど、そこが一つの境目になっているので注意しましょう。

この限度額の設定が一番重要とも言えますが、他の二つも効果はあります。

特に相談をすると審査結果こそ先に分かる事はなくとも、的確なアドバイスが貰えて無駄な申し込みを避ける事も出来るので、遠慮なく話をしましょう。

申し込みブラックは永遠じゃない?その具体的な期間とは

申し込みブラックもそうですが、延滞などによるブラックリストの情報というのは、ずっと残り続けるわけではありません。

一定の期間後には信用情報機関から消去され、ブラックリストというペナルティが無い状態での融資審査を受けられるようになります。

例えばアイフルが見ているJICCの情報の場合、残る期間は以下のようになっています。

  • 申し込みの履歴(半年)
  • 延滞(1年)
  • 任意整理(5年)
  • 自己破産(5年)

申し込みブラックはブラックと形容されているものの、真性のブラックリストとも呼ばれる自己破産などと違って重大な事故記録ではありません。

単なる申し込み履歴が多すぎる状態ですので、半年も経過すればその履歴が消えて、再び普通に融資審査が受けられます。

余談となってしまいますが、通常の申し込み以外にもすでに持っているカードローンの増額申請も半年毎となっています。

アイフルのカードローンは最大で500万円まで限度額が拡張できますが、半年に一回のペースでしか増やせませんから、満額まではかなり長い道のりになります。

なので、融資に関わる手続きは、支障がないのなら半年毎と区切りながら申し込むべきでしょう。

回避しやすくとも申し込みブラックが油断出来ない事情とは?

申し込みブラックというのは確かになってしまうと大変ですが、自分の意志で回避しやすいというのはお教えしました通りです。

そうなると逆に「簡単に回避できるなら心配しなくても良いのでは?」と慢心しそうになりますが、それでは危険です。

何故かと言いますと最初に『どんな融資でも審査がある』と記載したように、アイフルなどのカードローンに申し込まなくとも、融資を受ける機会が私たちの人生では非常に多いのです。

  • クレジットカードのキャッシング枠
  • 家電製品などの分割ローン
  • 携帯電話の本体代

クレジットカードのキャッシング枠は多少シビアですが、分割ローンというのはほとんどの人が通過できます。

しかし他の融資利用状況が悪かったり、職業などに問題があると審査に落ちる事もありますし、こうした審査落ちでも他の融資審査に影響します。

様々な融資を受ける機会が多いという事は、それだけ審査に落ちた場合のリスクも高まるという事です。

「分割ローンなら別に落ちても一括で買えばいいや…」なんて審査落ちを軽く考えていると、本当に必要な時に融資を受けられません。

一回一回の融資審査に対して慎重に、今回お教えしたコツなどを元にしっかりと通るように対策しましょう。

融資審査に落ち続けると大変ですが、審査に通ってしまえばどうという事は無いのですから。

ブラックOKにご注意!甘い言葉の金融業者には裏がある

最後に一つだけ気をつけたいのが「ブラックリストでもOK!」と言われている金融業者についてです。

本来は延滞や自己破産をしてしまった人たち向けの金融業者なのですが、ブラック繋がりという事で申し込みブラックになった人からしても、気になる所でしょう。

しかし、残念ながら自分からブラックOKと言っている金融業者は、大半が闇金融業者と呼ばれる違法業者です。

違法な金融業者を使うとどうなるかは予想しやすいように、高金利や取り立てなどであなたの生活をめちゃくちゃにしてきます。

実際には正規の中小消費者金融でもブラックリストに貸し付けてくれるのですが、そうした業者は自分からブラックOKとは言いません。

どちらかと言うと実際に使った人たちの口コミで有名になった存在で、参考までに企業名を記載しておきます。

  • フクホー
  • アルコシステム
  • スペース

中小消費者金融と言ってもブラックリストOKという事もあり、もしかしたら耳にした事があるかもしれませんね。

アイフルのような大手だとさすがに申し込みブラックでは厳しいですが、本当に融資が必要な場合はこうした業者の事も覚えておくと良いでしょう。

【参考ページはこちら】
アイフルならブラックも借入可能?

新着記事
ページトップへ