> > 銀行引き落としが一番?時間の無い人にお勧めなアイフル返済方法

銀行引き落としが一番?時間の無い人にお勧めなアイフル返済方法

現代人に慢性的に不足している物と言えば、やはり時間ですね。日本は特に時間に厳しく、大人になるほど何をするにしても時間が足りません。

そんな状態でお金にも不足してしまった場合、役に立つのがアイフルなどのカードローンという存在であり、忙しい人でも手軽に融資を受けられます。

しかし時間が無いと最初の借入はともかく、その後の返済についてはミスが生じやすく、一度でも延滞してしまうとそのリスクは侮れません。

そこで、今回は時間に余裕が無い人にもお勧めできるアイフルの返済方法について説明していきます。

アイフルの返済方法は多彩!5つの方法から選んでみよう

アイフルは言わずとしれた大手消費者金融であり、中小消費者金融に比べて以下のような違いがあります。

  • 金利や限度額が中小よりも優れている
  • 借り入れ方法が複数あり自分のプランに合わせて選べる
  • 返済方法が多彩で都合が良い方法にて返せる

どれもなかなか魅力的でアイフルが人気になるのも分かる点ばかりですが、今回注目すべきは3つ目のポイントです。

アイフルでは返済方法が一つだけというわけではなく、5つの方法の中から選ぶ事ができます。

その方法というのは以下のような内容になります。

  • 振り込み
  • アイフルの店舗及び専用ATM
  • 提携ATM
  • コンビニ
  • 口座引き落とし

一部の金融業者は返済方法が1つか2つくらいだったりするのですが、アイフルではこのように返済でも融通が利きます。

ただ、アイフルのような消費者金融ではカードローンによる融資がメインとなりますので、そうなるとどの返済方法を主に使うかは何となく想像できるかもしれません。

カードローンならATMの返済がメジャーとされる理由とは?

アイフルでもカードローンを使うのなら、ATMからの返済が利用イメージとして近いかもしれません。

何故かと言えば、カードローン自体が借入もATMから使う事が多く、借入を受けるなら返済も同じ場所から…とイメージする方が簡単ですね。

実際、ATMからの返済にもメリットがいくつかあります。

  • アイフルの専用ATMなら手数料無料
  • コンビニなどの一部の提携ATMは夜遅くでも利用できる
  • 操作は簡単で画面の案内に従うだけ

こうしたメリットはATMならではと言った感じで、特にアイフルの自社ATMの場合、比較的夜遅くまで使えて手数料もかかりません。

返済を行う場合は支払回数が多いほど都度手数料がかかると損をするので、もしもATMをメインとした返済及び借入利用をするのなら、アイフルのATMを中心に使っていきましょう。

このようにATMからの返済であっても、アイフルなら節約や提携先が多い事もあってかなり使いやすいと言えるでしょう。

しかし、アイフルへの返済にATMばかり使っていると、ちょっとしたミスが起きやすくなるという側面もあります。

どんな返済方法でもミスは起こるものですが、返済方法によってミスの起きやすさが異なるのです。

時間に余裕が無い人は注意を!ATM返済を行う場合の注意点

社会人になると、様々な要因にて時間が欠乏する事は非常に良くあります。

  • 仕事が忙しく連日の残業もある
  • 仕事の合間を縫って勉強をしている
  • 仕事と育児の両立の為に他に時間を割けない

これらはあくまで一例であり、人によってはもっと複雑な事情にて時間が足らず、毎日他の事がろくに出来ない…なんて悩みは誰にでもあるでしょう。

その場合に注意したいのが、その忙しい日々に『融資の返済』が加わる事です。融資自体を使うなという意味ではありません。

融資を受ける事自体は長い人生においていくらでもあると思いますが、時間が無い人が融資を受けて返済する場合、忙しさが原因で延滞する事が多いです。

特にATMでの返済を行う場合、ATMに向かって操作する事が求められているのは、説明するまでも無いと思います。

ただ、お忙しい方は良く考えて下さい。自分の忙しい日々にATMへ向かって操作する時間が加わると、どう感じますか?

実際はそれくらいの時間なら捻出できる人は多いと思いますが、仕事などで疲れているとつい忘れてしまいそうになりませんか?

もしくは「明日でもいいや…」とずるずる先延ばしにしてしまい、そのまま返済日をスルーしてしまう…これは珍しい事ではありません。

アイフルでもATMを使って返済する場合、こうした懸念があるのです。

時間が無い人はどう返す?アイフル返済で余裕のある方法とは

例え時間に多少の余裕があったとしても、時間はいくらあっても困る事はありませんから、さらに余裕が欲しいと考えませんか?

時間に余裕が無い人はもちろんの事、もっと自分の時間を持ちたいという人にも推奨されている返済方法が、銀行引き落としです。

アイフルの返済でも利用できる銀行引き落としは、返済日に指定口座から自動的に引かれるという方法です。

この銀行引き落としの手間に関しては、以下のようになります。

郵送若しくはアイフルのサイトより返済口座を登録する

登録が終わったら返済日までに必要なお金を入金しておく

返済日が来ると自動的に返済される

最初に口座の登録という手間はあるものの、その登録さえ終われば後は毎月自動的に引き落としがされます。

さらにその手続きもインターネットから行えるようになり、劇的に便利になったと言っても過言ではありません。

アイフルのようにインターネットからの手続きに対応している金融業者なら、口座引き落としの開始も極めて楽である事を覚えておきましょう。

忙しく無い人も便利なアイフルの銀行引き落としの利点

銀行引き落としは基本的に時間が無い人向けの返済方法と言えますが、先ほども書いたように時間に余裕がある人でも便利な特徴があります。

銀行引き落としでの返済の場合、お金を入れておくだけで毎月返済が完了し、引き落とし手数料なるものもかかりません。一番楽かつ効率的な返済方法という側面もあります。

例えばATMからお金を返す場合と比較すると、ATMから返す場合はまずお金を引いてきてから入金となりますが、引き落としなら自分の口座にお金を入れておくだけです。

銀行引き落としというのは、単純にお金の出し入れを少なくしている為に返済が楽であり、手間の少なさ=返済の楽さに繋がっています。

後述にて説明する工夫をする事で、お金の移動を一切意識せずとも自然と完済する事が可能となりますので、うっかりミスを減らしやすいのです。

さらに引き落としのみで返済をする場合、手数料が一切発生しない事もあって、節約しながらの返済も可能です。

提携ATMを使っての返済は非常に便利ですが、一回につき108円か216円発生する事になります。

これが2?3回ならまだしも10回以上続くとそれだけで結構な額となり、引き落としだとそれも無くせます。

楽チンかつお得な返済方法としても注目すべきなのが、アイフルでの銀行引き落としなのです。

口座引き落としを便利に!より返済を確実にする2つのコツ

口座引き落としは返済ミスが無くしやすい…これは揺るぎない事実なのですが、ミスが完全に無くなるわけではありません。

例えば口座に入金していなかった場合は残高不足となり、普通に延滞扱いになる事もあります。

従って、これを回避する為のコツとして二つほど紹介しておきます。

  • 給与振り込みの口座を設定する
  • 貯金用口座に設定しておく

まず給与振り込みの口座についてですが、こちらは前述した『お金の移動を少なくする』という理屈に基づいた方法です。

たまに借金返済用の口座を作ってそちらに振り込んで…とする人がいますが、お金の移動が多いほどミスは起きやすいです。

給与振り込み口座に設定しておけば、最低限の金額を残しておけば返済に窮する事は無くスムーズに返済ができますね。

また、貯金用のお金が潤沢に入った口座を指定しておくのも良いでしょう。貯金用の口座はちょっと…と思うかもしれませんが、良く考えて下さい。

貯金というのは余剰資金を集めておくもので、お金を借りて返済中の余剰資金というのは、返済に割り当てられるべきです。

もちろん全て返済しろとまでは言いませんが、余剰資金がしっかりと集まった口座に設定しておけば、例え入金ミスが起きても返済が滞りません。

貯金は後からゆっくり補填できるので、まずは遅れない事を念頭に置いてはいかがでしょうか?

他の方法もダメじゃない?忙しい人でも併用できる返済方法とは

ここまでの説明で『時間に余裕が無い人は銀行引き落としによる返済が一番である』と伝わったと思います。

時間が無い人だけでなく節約したい人などにも向いているのですが、時間が無い人は銀行引き落とし以外がダメかというと、そうとも言い切れません。

アイフルでの返済方法というのは、銀行引き落とし以外でも忙しい人に対応する事が可能です。

特に銀行引き落としをメインに使いつつ、後半でも説明する任意返済にて他の方法との併用をする事も可能です。

引き落とし以外で比較的忙しい人にも対応できる返済方法は、以下の二つです。

  • コンビニATMからの返済
  • 銀行振り込みによる返済

どちらかの方法を銀行引き落としと併用したり、どちらかの方法でのみ完済まで返済していっても構いません。

あくまでも一番おすすめ出来るのが銀行引き落としではありますが、銀行口座は返済に利用したくない等の事情があるのなら、この二つから検討してみましょう。

それでは、双方の返済方法の特徴についてご説明いたします。これらを確認し、より自分向きな返済スタイルを確立しましょう。

仕事帰りも対応!コンビニATMは気軽に立ち寄れます

アイフルを利用してATMから返す場合、専用ATMの方が手数料の分だけお得と説明しましたよね?

確かに手数料面では提携ATMであるコンビニATMは劣っていますが、専用ATMは市街地などの栄えた場所には多いものの、田舎などでは見かけません。

しかしコンビニATMは田舎でも比較的見かけますし、何より『仕事帰りにでも立ち寄れる営業時間』が最大の魅力です。

忙しい人でも通勤の帰り道なら比較的時間の制約は少なく、コンビニに立ち寄れる時間や立地条件があれば、実は時間的にも大きな負担ではありませんね。

また、コンビニATMは返済だけでなく借入にも使う事ができますので、返すだけじゃなくお金に困ったときでも立ち寄れます。

もちろん対応時間内であれば、借入も返済と同様に行う事ができますので、忙しい人がATMを使って返すならコンビニが一番向いているでしょう。

やはり再三言っているように手数料が最大のネックですが、手数料というのは便利さの代償であると考えると、高いとも言い切れません。

それに返済回数が少ない若しくは借入を使う頻度が低いというのなら、手数料が発生してもさほど痛手とは言えないでしょう。

☆こんな人がコンビニATMでの返済に向きます
・帰り道にコンビニがある
・返済の分割回数が少ない
・手数料は利用料と割り切れる

振り込みは意外と楽?空き時間を上手く使う返済の仕方

次に銀行振り込みによる返済ですが、「振り込みって手数料もかかるし手間も考えるとATMで良く無い?」と考えるでしょう。

確かに『銀行のATMに向かってわざわざ振り込み返済の操作を行う』と考えたら、はっきり言ってATMでの返済に比べて利点は少ないです。

しかし、ネットバンクと空き時間を組み合わせて使う場合、この方法は大きく化けます。

ネットバンクというのはネット上から振り込み指定が出来る銀行口座の事で、空き時間というのは昼休みでも仕事帰りの夜間でも構いません。

この空き時間にネット上からササッと振り込み指定を終わらせておくだけで、振り込みを使った返済が終わります。

仮に夜間で銀行の取引自体が停止している場合でも、返済日の前日までに指定しておけば翌営業日には振り込まれますので、空き時間を使えば良い事には変わりません。

また、これは使っている銀行口座にもよるのですが、振り込み手数料がひと月に特定の回数までなら無料という場合もあります。

振り込み返済は手数料が提携ATMと同じく気になるのですが、こうした手数料がかからない口座の場合、提携ATMよりも勝る部分が多いです。
(⇒提携銀行を活用してアイフル借入をもっと便利に

利用環境に左右されるものの、ネットからの振り込みが出来るのなら、すでに空き時間を使った返済の条件を満たせる事を覚えておきましょう。

☆こんな人が銀行振り込み返済に向いています
・ネットバンクを利用できる人
・スマホなどから空き時間で返済が出来る人
・パソコンを開く事が多い人

任意返済にも落とし穴が?時間がなくても確認したい重要次項

先ほど紹介した振り込みやATMからの返済では、引き落としと違って任意のタイミングで返済する事ができます。

例えば引き落とし返済なら毎月27日なら27日のみに返済する事になりますが、振り込み等なら10日と20日に返済みたいな事もできます。

これも振り込み返済の利点であると言えますが、この返済には見逃す事が多い欠点も存在しています。

例えば「時間が無くて忙しいので、任意返済で先に今月分を払っておこう」と考える人は、意外と多いです。

これは口座引き落としとも併用出来る返し方であり、口座引き落としよりも早めに返したい人などが考えつくアイディアの一つです。

遅れるよりも早い方が良い…この考え方は間違っているわけではなく、心がけとしては大変素晴らしいです。

ですが、任意返済の仕組みについて知らない場合、任意返済を行った事で返済計画に狂いが生じる事があります。

詳しくは今から解説しますが、返済において最も問題視されている延滞にも繋がる事があるのです。

早めに返して何故延滞?と疑問に思うのは当然ですが、それには返済ならではの仕組みが存在していたのです。

すれ違いが起きやすい任意返済と約定返済との違いとは?

任意返済というのはあくまでも約定返済とは異なりますので、任意返済を行ったとて約定を果たしたとはなりません。

約定(やくじょう)返済とは、毎月の決まった返済日に決まった金額を返す事です。任意返済は約定返済との混同はされておらず、仮に任意返済をした後に約定返済に遅れると延滞扱いになります。

任意返済はあくまでも任意と頭に付いているだけあって、もしも融資を受けて約定返済のみでしか返さなかった場合も、咎められる事は絶対にありません。

しかし約定返済の場合は初回に交わされる融資に契約にて規約に書かれている通り、必ず毎月実行しなくてはいけない事です。

返済サイクルによっては35日間の間ならいつでも良いという方法もありますが、銀行引き落としと任意返済を併用している場合、引き落としが最優先です。

尚、この約定返済にも多少の例外が生じる事があり、例えば約定日が訪れる前に任意返済にて完済した場合です。

そもそも返済残高が残っているから約定返済が訪れるわけであり、その残高を事前に払い終わっているのに約定返済が訪れる事はありませんね。

それどころか期日前の完済は金利の節約になりますので、該当する状態になったら残高一括返済を狙ってみましょう。

知って損無しの使い所を見極めた任意返済の極意

このように任意返済は義務では無いので一切利用しない場合でも問題ありませんが、使い方によっては非常に便利です。

任意返済の使いどころとしては、主に以下のような状況です。

  • 返済残高が残り少ない場合の一括返済
  • 引き落とし分には余裕を持たせておいて余った分を随時返済
  • 端数が生じた際にきっちり振り込みで完済

一括返済については前述の通りですが、是非とも意識してもらいたいのが『余ったお金の随時返済』です。

銀行引き落としを設定する場合、多くの人は多少の余裕を持たせた金額に設定します。じゃないと、引き落としが失敗しますよね?

ですが余裕があるのに返済を先延ばしにしている場合、完済するまでの期間が延びてその分利息も取られてしまうのはいただけません。

そこでまずは銀行の引き落としを待ち、そして引き落としの後でも十分な余裕があると感じたら、任意返済で余剰資金を返済に回すのです。

こうする事で無理無く約定返済を守りつつ任意返済も活用できて、ハイペースかつ安全な返済を実現する事もできるというわけなのです。

任意返済はあくまで約定返済の補佐であり優先順位は下である事を忘れずに、活用の場面を見極めてから使いましょう。

結局どれが一番?忙しい人にとって最も効率的な返済方法発表!

銀行引き落としを始めとした『忙しい人向けの融資方法』について言及してきましたが、ご自分にとっての最適な返済方法は見つかりましたか?

融資返済についての知識が深まった事でご自身のみでも判断できるようになった方も多いと思いますが、まだ決めかねている方向けに最もベストな返済方法を記載していきます。

☆出来るだけ返済の手間を省きたい人
返済方法は毎月一回の銀行引き落としのみとし、その上で毎月の返済額を出来るだけ多めに、それでいて何かあっても大丈夫な程度に設定しておく。
☆多少柔軟に返済ができる人
返済方法を銀行引き落としのみにしておきつつ、返済額にはかなり余裕を持たせておき、引き落としが確認できてから追加で返せる分だけを振り込みにて返す。

このようになります。

要は『銀行引き落としのみか+αして柔軟に返していくか』の違いであり、自分の忙しさに応じて変えていくと良いでしょう。

この方法ならアイフル以外の消費者金融及び銀行でも通用しやすいため、仮にアイフル以外での利用を検討している場合でも参考になりますね。

とにかく一番大事なのは返済に遅れないようにしつつ早めに返す事であり、その為の返済方法を考えるとこの方法に行き着くのも自然な事と言えるかもしれません。

時間が無いのは言い訳にならない!?返済延滞での厳しい現実

返済方法についてここまで何度も説明してきたのは、ひとえに『融資の返済には遅れてはならないから』というものです。

返済に遅れた際に金融業者に対して「時間がなくて遅れてしまった」と言い訳する人が居ます。

延滞の常習犯でも無い限り金融業者は咎めたりする事は無いものの、それは「別に遅れても良い」という事に繋がっていません。

なので、忙しい人ほど返済に遅れた場合のリスクを肝に銘じておく必要があるので、最後にそれらを確認しておきましょう。

  • 遅延損害金として余分に返済しなくてはいけなくなる
  • そのまま利用停止になる事もある
  • ブラックリストに登録されると他の融資審査で大きく不利になる

どれも遅れた代償としては無視できませんが、ブラックリストになってしまって他の融資が受けられなくなるというのは気になります。

例えばアイフルで遅れたらアイフルでは借りられないという問題では無く、クレジットカードが作れなかったり、分割ローンが組めなくなったりします。

そうなると予想以上に不便な生活を強いられてしまうので、そうした窮屈さを感じてから後悔しても遅いです。

銀行引き落としがおすすめと今回の記事の結論が出ましたが、返済に遅れなければ方法は問題にならない事も忘れないで下さい。

【参考ページはこちら】
アイフルは提携銀行も多くて便利!

新着記事
ページトップへ