> > 増額は店舗atmからでも可能!アイフルで得する増額テクニック

増額は店舗atmからでも可能!アイフルで得する増額テクニック

カードローンというと、普通に利用しているだけの人は少数派と言われています。現代では、昔のように大きな借入に対応していないため、なるべく普通以上の利用が求められるようになっているのです。

顕著な例では、カードローン契約を行う以前に、増額について詳細をチェックしている人が増えてきています。また、この行為は業者側も推奨している行為でもあるのです。

なので、単純にカードローンを金利などで選ぶのではなく、なるべく記事で紹介されているような判別方法も含めて、業者選びを行ったほうが賢明です。

そもそも増額審査はそれほど多いわけではない

増額審査に関するインターネットの情報は多いです。

昔と違い、昔の半分ほどしかお金が借りられなくなっているからです。増額による対応を試みないと、20万円も借りられないという人までいるのが、現代のカードローンの実情です。

そのようになっているのですが、安易にカードローンは増額が重要と思い込まないようにしましょう。というのも、増額審査にも限りがあるからです。

カードローンに関する審査は、ノンバンク系の金融業者では総量規制に則って行われています。

総量規制は、「借入を年収の3分の1までで」規制する法律です。そのため、年収が多くない限りは極端に多い借入というのは認められません。

例を挙げると、過去では年収300万円の人が200万円借りられたという実例が存在します。しかし、現代のカードローンでは100万円が上限となるため、それ以上は借りられないわけです。

このような仕組みもあるので、「増額審査に良く対応してくれる業者」が優良な業者である・・・とは限らないのです。

なるべくアイフルのように、店舗atmや電話を通じてサービスの良さが評価されている業者を選ぶようにしましょう。

主に増額審査の対象となる人

アイフルは借りやすく、且つカードローン審査も甘いことで有名です。

しかし、そんなカードローン審査が甘いアイフルでも、審査が厳しくなる相手は存在するので、その点は忘れないようにして審査を受けたほうが良いです。

主に下記の条件を満たす人の場合、アイフルのカードローン審査は厳しいものとなりやすいです。

  • 在籍確認が難しい相手
  • 収入証明が難しい相手
  • 住所など個人を特定する属性情報を有していない相手
  • 年齢的にカードローン利用が難しい相手
  • 多重債務でローンそのものが難しい相手
  • 自己破産者のためローン利用が不可となっている相手
  • 過去にアイフルとの間でトラブルを起こしたことがある相手

ここで良くある質問についても案内しておこうと思うのですが、サラリーマン金融は在籍確認を行っていますか?という質問を良く見かけます。

インターネット上であれば、サラリーマン金融の質問でベスト1~3に入るほど、誰もが興味をもっている質問です。

しかし、この回答には「YESもあればNOもある」ので注意してください。アイフルの場合はNOです。

サラリーマン金融はノウハウが非常に豊富なため、業者によっては在籍確認を無しにできる業者も存在するのです。錯綜している回答も多いため、安易にどの業者でもYESだと思わないほうが良いでしょう。

また、増額審査において再度の審査は存在しますか?という質問も存在します。

こちらに関しては、アイフルの場合「YES」となっています。審査が甘いと言われているアイフルですが、全体的に審査を曖昧にしている訳ではありません。
(⇒アイフルのカードローン審査基準

このことを知らずにサラリーマン金融を利用していると、業者によって違う対応にドギマギされることも多くなります。

不安がある人は店舗atmがオススメ

先ほど登場したインターネット上の質問に、「店舗atmを利用することに意味はあるの?」という質問が存在します。

こちらについては、サラリーマン金融全体でYESと言えます。最近では、あまり利用することに価値がないという回答を見かけますが、このような回答には何の根拠もないので信用しないで良いでしょう。

そもそも店舗atmは、「カードローン契約が不明な方向けのサービス」です。

現代のカードローンでは、「インターネット、テレビ窓口、電話からの申込」にも対応しています。そのため、店舗atmは不便・・・と考えている人が多く存在するだけです。

しかし、店舗atmでなければ対応不可というケースもありますので、以下の不安を抱えている人は店舗atmで問題ありません。

  • 今までカードローンを利用したことがない未経験者で不安を抱えている
  • すでにカードローンを利用しているため新規のカードローンが不安
  • 借金に関するトラブルを抱えているために不安

上記の内、どれか1つでも該当する方は店舗atmを利用しましょう。利用してみるとわかりますが、審査が完了するまで詳細のアドバイスについても受けられます。

例えば、atmが設置されている店舗内に置かれているパンフレットを見て、金利優遇などの措置を受けられるのか?聞いてみると良いです。

年齢や性別によって、カードローンというのは有利になる場合が御座います。しかし、店舗atm以外で申込まれる場合、それらについても理解されていると見て、スタッフは何も言ってこないことが多いです。

これはアイフルで行っているカードローン契約、増額などの融資に関する対応でも一緒です。

店舗atmの場合、「直接スタッフと会話できる」ので、自分の中にある悩みを解決するのは簡単です。後、実際に会って人柄を知ってもらえるという強みもあります。

インターネットなどは間接的にカードローン契約を結んでいるため、そのような配慮を行ってもらえない場合が多いです。

金銭的なトラブルに関してもアイフルは相談しやすい

店舗atmのメリットその2ですが、金銭的なトラブルを抱えている場合でも有効な回答をいただけることが多いです。

実際にアイフルの店舗atmを利用した人の中には、以下のような特殊な立場で利用されている人もいます。しかし、アイフルならではの回答と対応で、カードローン契約が可能となっている人も多いのです。

・40代主婦が新規でカードローン契約

あまり知られてはいませんが、主婦もカードローン利用をされる時代です。そのため、40代辺りの主婦はカードローンに高い興味を示していたりします。

しかし、カードローンというのは「負のイメージ」があるため、女性の場合は積極的になりづらい・・・ということも少なくありません。アイフルでは、そんな女性のための特別なカードローン(プラン)も用意しています。

女性用のお使いみちも用意しているので、店舗atmでの相談には意味があるのです。主婦の場合、「5万円以内のカードローン」という特殊な事情で、相談されている人が多いとされています。

・借金苦で悩んでいる30代男性がアイフルでおまとめ相談

借金苦になると借金返済は難しい・・・と沈黙してしまう人が多いです。特に男性と女性では、男性の方が圧倒的に借金苦で悩んでいる人が多い状況となっています。

しかも、誰に相談すれば良いのか?すぐに解決できるのか?という点で悩んでいるため、相談する相手が見つからないケースも多いのです。

しかし、アイフルでは「借金おまとめに関する相談」も引き受けています。おまとめは近年では特に注目されているカードローンでもあるため、店舗atmで相談されている人も多いのです。

これらの悩みと解決に関しては、個人で悩んでいてもまったく解決しません。場合によっては高度な問題にまで発展するからです。

また、返済を統合するおまとめカードローンは、「金利優遇されることも多い」ため、積極的に店舗atmで相談したほうが良いでしょう。

事情によっては、100万円以上の借入についてもおまとめとして対応してくれます。アイフル以外のサラリーマン金融では、あまり積極的ではない場合が多いため、おまとめ全般の問題はアイフルで相談すると良いでしょう。

店舗atmと相性が悪い人はどんな人?

店舗atmのメリットについて案内しました。ですが、逆に「店舗atmを利用しないほうが良い人」もいるので、店舗atmを安易に万能な存在だと思わないほうが良いです。

例えば、若い男女がサッとカードローン契約、カードローン利用をしたいという場合は、なるべくインターネット審査の方が良いです。

その理由ですが、下記のようなメリットが存在するため、店舗atmよりメリットが多いと判断できるからです。

  • あまり通知が来なくなるのでカードローン利用がバレにくい
  • カードローン審査までの時間が非常に短い
  • 簡単な本人確認のみでカードローン審査を終えられる

店舗atmとインターネット審査の大きな違いは、店舗atmのほうが「周囲の人にカードローン利用がバレやすい」点です。

インターネットから審査を受けている場合、自宅で審査を受ける格好になります。つまり、自分からカードローンについて誰かに知らせない限りは、まずバレないままで利用できます。

しかし、店舗atmは「人通りの多い場所に店舗が設置されている」ため、何気なく人に見られる割合が高いのです。

主に店舗atmは、以下のような特定の場所に設置されていることが多いです。

  • 駅前
  • 駅前近くのビル内
  • 人通りが激しい道路の脇

近年では、若い女性さえもカードローン契約者が増えているそうです。契約者が右肩上がりに増え続けている理由は、昔と違い簡単な方法で審査を受けられるようになったからでしょう。

なので、どうしても「人に見られる形を取るのは嫌!」という人は、店舗atmと相性が良くないという結論になります。

女性は店舗atm以外で増額依頼を行うと良い

前述しましたが、若い女性の場合インターネットからの申込者が多いです。

しかし増額依頼に関しては、女性ほどインターネット経由のほうが好ましいという考え方も存在します。

その理由ですが、女性の場合は男性よりもカードローン審査で落ちるリスクが高いからです。

最近はあまり女性がカードローン審査で落ちないという結果も出ています。ですが、サラリーマン金融の場合は、現代でも審査に受かる人はそれほど増えていません。

つまり、店舗atmでは「何度も通う羽目」となりやすいのです。

なので、なるべく店舗atmは使わないほうが良いでしょう。それと、店舗atmで審査に受かった場合、女性はそのまま他の店舗atmを訪問されるケースまであります。

女性によっては、「まだ借りられる」と思ってしまう人が多いわけです。このような考え方も、そもそも落ちやすい故に発生しやすいだけです。

一度、このような考え方をもってしまうと、中々引込みがつかない・・・という女性もいます。

そのため、安易に店舗atmを利用しないほうが良いと言われています。

人にもよりますが、「借りられるのであればどこでも良い」という女性もいます。

しかし、サラリーマン金融の中には悪質な対応を行っている業者も存在します。女性は「すぐに借りたい!」という思いもあり、このような業者に騙されることも多いです。

ですが、インターネットからの審査の場合、基本的に「大手銀行や大手サラリーマン金融」以外では審査対応していないことが多いです。つまり、ネットを通じてカードローン利用されるだけでも、女性の利用では安全度がまったく違うのです。

このようなテクニックの存在は、一部の女性しか知らないという一面も御座います。

これからカードローン審査を検討されている場合は、なるべくネットから審査を受けるようにして、安全に契約を済ませるように工夫しましょう。

主婦も増額審査の対象となっている

近年になって注目されるようになったカードローンに、主婦でも利用できるカードローンがあります。

これは主婦専門のカードローンではないので気をつけてください。

どのようなカードローンなのかというと、「全体的に審査が甘い」カードローンです。銀行やサラリーマン金融に関係なくよく見かけるようになりました。

アイフルの場合では、以下のようにシンプルな審査基準となっています。

  • 満20歳以上69歳未満
  • 年収が安定している人
  • 必要な書類の提出を行える人

この条件は「増額でも適用」されているため、主婦であれば利用したほうが得という場合が多いでしょう。

アイフルからは、「レディースカードローン」という名称で販売されています。通常のカードローンよりも、借りられる金額が小さいため、その点に了承をして利用する必要もあります。

ただ、通常のカードローンでは審査が若干厳しいため、女性の場合はレディースカードローンのほうが都合が良いでしょう。

増額審査に関しても、利用限度額はそれほどUPしません。

ですが、安定して利用されていると確認できる女性であれば、カードローン増額のチャンスがあるわけです。カードローンで増額経験がない・・・という人にもオススメのカードローンとなっています。

無職でもカードローンを継続利用できる理由

インターネットでカードローンについて調べていると、「無職でも借りられるカードローン」が見つかったりします。

ここで注意があるのですが、この無職というキーワードは正確ではないので注意してください。人によっては「無収入でも借りられる?」と勘違いしている人が結構多いです。

アイフルでも、無職の方でも利用できる審査基準が用意されているため、人によっては誤解している人が多いものです。

このようなカードローンは、本当に無職(収入がなく職業もない人)でも借りられるのか?というと、実はカードローン契約できないことになっています。

人によっては驚かれるかも知れませんが、「無職と無収入」は別物とサラリーマン金融が判断しているだけです。

主に無職というのは以下の条件を満たしている無職を指して言っています。なので、安易に誰でも利用できるカードローン・・・と思わないほうが良いです。

  • 就職先が決まっているが収入が未だ無い無職の人
  • 不動産収入など定期的な副収入を得ている無職の人
  • 配偶者の了承を得てカードローンを組める無職の人

これは店舗atmでも、インターネット審査でも審査基準に違いはありません。

また、カードローンというと「無担保・無保証であっても契約可能」ということが今では知られています。ですが、配偶者ありの貸付も用意されているので、保証ありの融資も存在するのです。

ただ、このような多種多様な無職の人が存在していますが、あくまでも審査基準なので審査に絶対に通る人ではありません。

例えば、以下のような問題点を抱えている場合、アイフルであっても審査に通るのは難しいです。

  • 収入よりも返済額が多く返済能力が懸念される人
  • 就職期間が短いため収入が不安定であると判断された人
  • 書類の記入で情報の不備が多く見られる人

注目して欲しい問題点はお金ではなく、カードローン申込時の問題点です。

項目の3番目にある「情報の不備」についてですが、情報の不備というのは情報に誤りが多くある状態、もしくは完全に無記入のままの状態を指します。

アイフルでも、記入に関して「嘘・誤り」が多く見つかると、実はカードローン審査が正しく進みません。

しかも、このようなミスが見られる場合「悪い評価」が付いてしまうので、次回の審査でも落ちやすくなってしまうのです。なので、審査に関しては正確な情報で受ける必要があります。

無職の人では、「以前のお勤め先」をそのまま記入される人が多いです。お勤め先は、「現在のお勤め先で在籍確認も取れること」という決まりが存在します。

アイフルは審査において甘いと言われていますが、このような些細なミスが目立つと審査では高確率で通らなくなってしまうのです。

特殊な立場にあると増額や継続利用が難しくなる

増額審査で通りやすくなるためのテクニックとして、継続利用に関する注意が必要な点についても案内しておきます。

継続利用というのは、最初に利用してから返済を終えて、再度同じ業者のカードローンを再利用することを言います。

カードローンはキャッシングではありませんので、利用を終えても利用可能限度額に余裕があれば、再度の利用を自由に行えるようになっています。

ですが、下記のような使い方をされていると、場合によってはカードローン利用停止処分となるので注意してください。

  • 前回の返済で遅延が存在する状態で継続して利用している
  • 他の業者で契約している状態で継続して利用している
  • 禁止行為を用いた状態で継続して利用している

基本的に銀行やサラリーマン金融に関係なく、上記のような利用は認められないと定まっています。そのため、状況によっては停止処分だけでなく、解約処分を受けることもあります。

これはアイフルでも同じです。返済に関しては「長期の遅延」は絶対に許されません。

他の業者で借入が目立つ場合、「減額対象」としてカードローン利用限度額が減額されやすくなります。これらの対応について、業者はあまり注意を行ってこないので注意が必要です。

最後に禁止行為に関しては、「絶対に行ってはいけない」と定めれているので注意してください。

例えば、「カードローンを契約者以外に譲渡する」行為はいけません。他にも、「ギャンブル目的で利用する」ことも禁止されています。

マナーに関する意識の高さも増額に繋がっている

禁止行為については、「契約約款」に記載されているので、カードローン利用前にチェックしておく必要があります。

当然ですが、これらの行為が度々発覚した場合、将来的に増額依頼を出したとしても審査が進展することはありません。むしろ、利用に関して業者側から厳しい指示を出されることが多くなります。

カードローンは安定して使っているだけで、「1ヶ月間~6ヶ月間」の利用で増額に関する検討が業者で行われやすくなります。(こちらもご参考に→アイフルは電話で増額連絡が来る?

つまり、継続して安定した利用を心がけるだけでも、実を言うとテクニックに相当するのです。安易に増額されるテクニックを過信せず、丁寧に利用するよう心がけるだけでも、アイフルなどの大手であれば正確に評価してくれます。

【参考ページはこちら】
どうしてもアイフルで増額したい方、必見!

新着記事
ページトップへ