> > アイフルがもっと便利に!融資方法使い分けの極意とは?

アイフルがもっと便利に!融資方法使い分けの極意とは?

消費者金融の場合、多くは融資プランを一つか二つ程度しか用意していません。これは、特に中小消費者金融に多い傾向です。

しかし大手消費者金融のアイフルではそうした法則に当てはまらず、非常に豊富な種類の融資プランを用意しています。

もちろん消費者金融なのでカードローンが人気商品となっておりますが、他のプランと使い分けるのが非常に有用性が高くなるのは知っていましたか?

アイフルの融資プランを使い分けるコツと利点を説明していきますので、融資をもっとお得に使いたい方は一緒に確認していきましょう。
(⇒アイフルでお金を借りたい方におすすめ記事

選択肢も豊富!アイフルは8種類の融資方法から選べます

限度額、金利、顧客への対応等々…アイフルでは全てが消費者金融として高次元だからこそ、大手と呼ばれる規模を維持しています。

そんな大手消費者金融のアイフルの目立った特徴と言えば、8種類にもなる融資方法です。これは大手銀行ならともかく、消費者金融では非常に珍しい傾向です。

では、実際にどんな方法が用意されているのかを一覧表にしましたので、ご確認下さい。

サービス名 限度額 金利 特徴
キャッシングローン 最大500万円 4.5%?18.0% 用途自由なカードローン
かりかえMAX 最大500万円 12.0%?17.5% 借り換え専用(初回利用のみ)
おまとめMAX 最大500万円 12.0%?15.0% 借り換え専用
事業サポートプラン(無担保) 最大300万円(個人事業主は250万円) 12.775%?18.000% 無担保で利用出来る事業向け融資
事業サポートプラン(不動産担保) 最大1億円 6.8%?12.0% 不動産を担保に大金を用意できる事業向け融資
わんポチッと。 最大10万円 18.0% 書類レスで利用できるお手軽カードローン
ファーストプレミアム・カードローン 最大500万円 4.5%?9.5% 一定以上の年収がある人向けの高性能カードローン
目的別ローン 最大100万円 9.8%?17.0% 目的によって内容が変わる使い切りのローン

様々な方法が存在してどれを使うか悩ましそうですが、アイフルも消費者金融とあらばメインはやはり決まっています。

消費者金融であるアイフルで最も選ばれる融資方法はコレだ!

アイフルは消費者金融と呼ばれる貸金業者であり、その特徴をまとめると以下の通りです。

  • 主に現金融資を担当
  • 早い手続きと複数の無人契約機
  • 銀行に比べてちょっとだけ高い金利

こうした点を総合すれば、やはり一番人気はカードローンでしょう。

カードローンとは、『融資審査に通過して設定された限度額内であれば、好きなタイミングで好きなだけ借りられる方法』です。

銀行の融資と言えば主に住宅ローンや事業向けの貸付というイメージが強く、特に昔は現金融資を受けられる場所とは想像しにくかったですね。

今では随分と変わったものの、今でも現金融資が得意なのは消費者金融であり、アイフルもカードローンを一番積極的に宣伝しています。

一番宣伝している融資プランが使いにくいはずもなく、カードローンがアイフルの看板商品であるのは間違いないでしょう。

そうなると少し気にかかるのが「アイフルってプランは多いけどカードローン以外はさほど使わないの?」という疑問です。

ただ単にメニューを増やして充実感を出すというのは、飲食店などでも使われている手法ですね。

しかし、そうしたぱっと見だけの工夫ではいつか顧客も離れてしまう事でしょう。

融資方法を使い分けてこそアイフルが真価を発揮する理由とは?

カードローンが一番人気だから、アイフルならカードローンだけをチェックして選べば良い…これは初心者にもありがちな間違いです。

アイフルでそれぞれ用意された方法はその相応しい用途があってこそで、全ての用途でカードローンを使えば済むという話ではありません。

特に個人ユーザーが融資を使うとなるとその用途は常に違う事もあり、毎回その用途に相応しい借入方法を選ぶのが好ましいです。

特に、以下のプランは個人ユーザーなら使い分けの基準が分かりやすく、都度判断をして利用するのが好ましいです。

  • カードローンタイプの融資
  • 目的ローン
  • 借換えタイプの融資

この三種類はどんな融資を受けたいかでどれを使うかはっきりしている分、ちゃんとした説明を受ける事で誰でも使い分ける事ができます。

事業主や法人のユーザーがアイフルを使う事もありますが、やはり消費者金融のメインターゲットは個人であり、個人ユーザーなら使い分けが大事なのは説明通りです。

これらの融資はどんな用途に特に向いており、逆にどんな場合は利用についても注意するべきなのか?

これから融資を使う人、そして今まで何となくで融資を使っていた人は、説明を読んだ後に是非使い分けを意識してみて下さい。

やはりアイフルと言えばコレ?3種類のカードローンの特徴

それではまず、多くの人にとって需要がある『カードローン系の融資』について確認していきましょう。

アイフルでは実はカードローンだけでも3種類あり、それぞれで使い勝手も異なっています。

  • キャッシングローン
  • わんポチッと。
  • ファーストプレミアム・カードローン

最初に記載した融資プランの表を見ていただけるとお分かりになると思いますが、一番使いやすいのは『キャッシングローン』となります。

キャッシングローンは収入がある人なら大抵は申し込める上に、金利や限度額のバランスも良好です。

対して『わんポチッと。』は限度額が少なく、『ファーストプレミアム・カードローン』は十分な収入が無いとなかなか作れません。

制限が少なく、条件的にも申し分ない…こうした点を加味すると、アイフルでカードローンを使うならキャッシングローンを中心に検討しましょう。

もちろん、少額融資で問題なかったりすでに仕事や収入が安定している人の場合、他の2つの融資方法から選んでも問題はありません。

何故なら、カードローンとしての基本的な運用方法、得意分野は概ね同じなのです。

備えに一枚は欲しいカードローンならではの強みとは?

カードローンの主な利用状況について、具体例をいくつか挙げてみます。

  • 夜にいきなり飲み会に誘われて手持ちが無かった時に
  • 出かけ先でずっと欲しかった限定品が見つかった時に
  • 終電を逃してしまってタクシー代が無い時に

あくまでも一例ですが、カードローンは『用途自由のお金を好きな時に引き出せる』という点から、備えとして非常に心強いです。

カード一枚あれば対応ATM(コンビニ等のATMにも対応してます)からいつでも引き出せるという特徴から、こうした強さがあるわけですね。

また、引き出したお金は用途自由というのもポイントであり、何にでも使える現金を引き出せる為に汎用性も高いです。

例えばカード対応の買い物なら手持ちが無くてもクレジットカードが使えるかもしれませんが、未対応の店では現金が便りです。

そしてカードはダメでも現金なら良いという店は非常に多く、カードが使えて現金はダメという店はほぼありません。

クレジットカードをいざという時の備えとして作るより、現金が借りられるカードローンの方が備えとしては強い存在なのです。

器用貧乏も特徴?カードローンの意外な弱点について

いつでも何にでも使える現金が用意できる…そんな万能融資とも言えるカードローンですが、弱点もいくつかあります。

そもそも、全ての状況にも対応出来る融資なんて無いからこそ、アイフルみたいな豊富なプランを用意している金融業者では使い分けが理想なのです。

  • 金利がやや高い
  • ついつい無駄遣いをしやすい
  • カードの破損などが不意に起こると慌てやすい

この中で特に注意したいのが『金利の高さ』です。

アイフルなどの消費者金融のカードローンは簡単に作れて使える場所が良いのですが、金利の高さがあらゆる場合にネックとなります。
(⇒アイフルの利息はどのくらい?

他の要素ならまだしも金利が高いというのは、融資を使うと必ず目に付く問題点となり、実質的な私たちの負担に繋がっています。

これが原因でカードローンというのは『大口の融資』には向いておらず、本当に咄嗟の困った時のみ使うのが理想となります。

場合によってはカードローンで大金を借り入れる事もあると思いますが、この点からカードローンは『器用貧乏』とも言えます。

どんな用途にも使える代わりに、借り入れた時の負担が高い…カードローンはメリットが大きい分デメリットも無視できないのです。

カード無しでも便利?目的ローンであなたに合った融資を受ける

次は『目的ローン』についての紹介となりますが、この目的ローンは少々特殊です。

まずは、目的ローンの用途について記載します。

  • 冠婚葬祭
  • 医療
  • 日常生活
  • レジャー

こうした使い道から何となく「カードローンに似てるなぁ」と思いませんでしたか?

実際の所、この目的ローンというのは『カードが無いカードローン』みたいな特徴があり、用途が豊富で相談によって融資が決定されます。

ただ、カードローンは作ってから目的に応じて使っていくのに対し、目的ローンは目的を決めてから借りる事になります。

つまりは『その目的にのみ使える融資を行う』という事になりますので、後からの予定変更には基本的に応じてくれません。

そうなるとカードが無い分カードローンの劣化版のように感じるかもしれませんが、利点を聞くとその印象は一変するでしょう。

カードローンを安易に選ぶ前に、目的ローンの強みは必ず確認して下さい。

目的で金利も限度額も変わる特殊な融資を使いこなそう!

目的ローンというのは、借入目的によって条件が異なるのが非常に目立つ特徴となっています。

用途 限度額 金利
ブライダル 最大100万円 13.0%?17.0%
出産 最大50万円 9.8%?12.0%
引っ越し 最大50万円 13.0%?17.0%
トラベル 最大50万円 13.0%?17.0%

これらの用途以外でも利用は可能ですが、どれも限度額も金利も異なっているのが驚きですね。

また、全体的な傾向として『カードローンに比べて金利が若干安い』事が挙げられます。

カードローンはつい無駄遣いもしてしまうリスクから金利を高めに設定しているのですが、目的がはっきりしているローンならばそうしたリスクが軽減できるのです。

さらに、目的ローンは相談次第でさらなる用途でも利用が可能になりますので、使い切りの融資でも良いならカードローンとほぼ同じ用途に使っていけます。

カードが不要な人にとっては、目的ローンの方がお得なケースが多いのです。

やはりネック?カードが無い融資の不便さを補うには

カードローンに似た目的ローンにもメリットがあるのはご理解いただけたと思いますが、やはりデメリットが存在しています。

  • カードが無い為追加融資が受けられない
  • 限度額が全体的に控えめ
  • 目的に応じた書類集めが必須

カード無しという事は再三お伝えして参りましたが、これはやはりデメリットであり、カードが無い事で追加の融資が受けにくいのです。

カードローンなら「5万円借りている最中だけど追加でもう1万借りよう」となった場合、限度額が残っていればすぐに用意できます。

しかしカードが無い目的ローンでは、一度融資を受けると後は返済のみとなり、こうした柔軟な使い方はできません。

さらに完済すれば再度融資を受けたい場合、また審査を受ける必要があって時間もかかります。

なので、この弱点を補う為に『カードローンは別に持ち、用途によっては目的ローンにする』というスタイルもあります。

カードローンはいざという時の緊急時に、目的ローンの方がお得な時は目的ローンで…これは意外と賢い使い方だったりします。

多重債務でも安心?借換えローンは最後の解決方法となるか

いよいよこれから『借換えタイプ』の融資について説明していきます。アイフルでは以下のプランが該当しています。

  • かりかえMAX
  • おまとめMAX

借換え系の融資は多重債務者の方を救う為のプランですが、多重債務と呼ばれる状態がどんなものか、ご存知ですか?

多重債務と言うのは、『複数の金融業者からお金を借りていて、毎月複数件の返済を抱える人』の事です。

それで全く問題無いならともかく、多重債務者と呼ばれる人は毎月の返済で生活が圧迫されており、それこそいつ延滞が起きてもおかしくない人を指します。

或は延滞をすでに起こしている人もそう呼ばれますが、延滞をしていた場合はこれからの融資審査が厳しくなります。

なので借換えローンを利用するというのなら、返済が複数件発生し、このままでは厳しくなりそうだと思った時には検討しましょう。

返済に遅れてからでは何もかも遅すぎると言えますから、とにかく早期のうちにアイフルに相談だけでもしてみる事をおすすめします。

多額の残高も安心!借換えは総量規制無しで借りられる

借換えの用途は目的ローン以上に固定されているので説明不要に思えるかもしれませんが、借換えの利点について知っておくと、将来の備えにもなるので見ていきましょう。

  • 総量規制の対象にならないので年収で制限されない
  • 借金をまとめる事で返済日を月に一日のみに出来る
  • ほとんどの場合は金利もお得に

総量規制というのは『消費者金融からの借入は最大でも年収の三分の一までとする』決まり事ですが、借換えの場合はそれも制限されません。

というのも総量規制の例外として『借入を使う人が一方的に有利である場合』というのがあります。借換えは金融業者よりも私たちが確実に得をするから、というのが良く分かりますね。

借換えの事をまたはおまとめローンとも呼びますが、この複数件の返済をおまとめする事で、返済がスムーズになります。

複数の金融業者から借りていると毎月の返済日が複数発生し、口座への入金などが非常に大変です。

そのせいで延滞も起きやすいのですが、それが借り換える事で毎月一日のみとなったら、どうでしょうか?

返済の管理が大幅に楽になるおかげで、完済するまでの負担が大幅に軽減されますので、これだけでも全然違いますね。

その他にも金利も含めて、借換えやおまとめローンは早いうちに実行しておくと、あらゆる面で返済の負担軽減に繋がります。

意味が無い事もある?借換えは条件を絶対に見ておこう!

借換えは私たちが一方的に有利…そう聞くと素晴らしいプランに見えますが、何も考えずに利点が得られるわけではありません。

  • 銀行の借換えと比較するとやや金利が高め
  • 使い方によってはお得にならない
  • そもそも借換えにしか使えない

借換えはおまとめローンとも呼ばれているのは説明通りで、おまとめローンを積極的に宣伝しているのは、銀行に多いですね。

そして銀行のおまとめローンと比較すると、消費者金融の借換えは金利や限度額で劣っている事が多いです。

その分審査に通りやすいという利点もありますが、金利が高いおまとめローンだとお得になる可能性が低いです。

同様に、他社の借入をせっかくまとめたのに毎月の返済額を減らしたりすると逆に返済が長期化してしまい、総支払額が逆に増える事があります。

借換えというのは私たちの返済条件を良くしてくれるのですが、使い方が悪いと台無しになってしまうのです。

融資の利息は早く返すほどお得になるので、借換え後はむしろさらにハイペースに返せるように工夫をしないと、その良さが一切感じられないでしょう。

事業向けって便利?個人向けの融資と何が違うのか

今回は個人向けの融資について解説していきましたが、アイフルには他にも事業向けの融資があるのは、表を見ていただければ分かるでしょう。

  • 事業サポートプラン(無担保)
  • 事業サポートプラン(不動産担保)

事業向けの融資はなかなか使う機会も人も少ないのですが、個人事業主が増えてきた昨今では需要も増えてはいます。

それでは個人向けの融資とは何が違うのか、簡単に触れておきましょう。

  • 事業用途にも使える
  • 総量規制の対象外になる事がある
  • 担保があれば高額融資も可能

実は個人向けの融資というのは、往々にして『事業性資金には使ってはいけない』となっています。

金融業者によっては明記している所もあれば、特に何も記載していない場合もありますが、明記していなくてもダメな場合も存在します。

アイフルの場合は別途事業用の融資があるので分かりやすいですが、つい他の方法を使って補填したくなるかもしれません。

ですが、アイフルで事業資金を借りるなら専用プランを用意している事からも分かるように、そちらを使う方が無難でお得にもなります。

ただ、事業性資金以外の用途なら事業者でも他の融資を使う事ができますので、ある意味事業主ならアイフルでの選択肢はさらに多いとも言えるかもしれませんね。

そんなに大差ない?アイフルの女性向け融資の隠れた特徴

最後に、アイフルの『レディースローン』について説明しておきましょう。

このレディースローンというのは最初の表を見てもらえれば分かるように「そんなプラン無いぞ?」と思う事でしょう。

というのも、アイフルのレディースローンというのは以下の違いが存在するだけであり、それ以外は全て『キャッシングローン』と共通しているのです。

  • 女性専用窓口が利用できる
  • 女性専用の詳細な解説ページがある
特に大きな違いが女性専用窓口として専用のダイヤルが用意されている事で、必ず担当が女性の方となります。これにより、女性の方でも相談しやすくなっているのが利点です。

やはり融資というとまだ男性の方が利用者数が多く、女性が使うには長らく厳しい環境が続いていました。

しかし女性の社会進出に伴って金融業者も女性への対応を改める必要性があり、融資利用の少数派とも言える女性への何らかの優遇を用意しているのです。

アイフルの場合は相談担当が女性になるだけではありますが、元々使いやすいカードローンなので精神的なハードルが下がるだけでも多少違いますね。

女性専用ダイヤルはもちろん無料なので、融資に悩む女性はいつでも気軽に利用してみましょう。

【参考ページはこちら】
女性から人気のアイフル!利用者が多い理由とは

新着記事
ページトップへ