> > 利息が増える?アイフルなら事前に返済額が分かって安心!

利息が増える?アイフルなら事前に返済額が分かって安心!

アイフルなどのカードローンでお金を借りると利息を付けて返済する必要があります。

「利息を付けて」というけど利息は一体いくらなのか疑問に思ったことはありませんか?

アイフルのサイトでは金利4.5%~18.0%と書いてあるけど、実際にはいくら払えばよいのか?いつ払うのか?

不明な点は次々でてきますよね。

アイフルには返済シミュレーションがあるので事前に返済額を確認してから即日借り入れすることができます。

ここでは利息の計算の仕方・アイフルの返済方法・即日借り入れの方法を見ていきますよ。

カードローンの金利は何のために表示してある?金利と利息の関係

アイフルのサイトを見てみると最高融資額や金利の表示がしてありますよね。

アイフル 商品概要
融資額 500万円まで
金利 年4.5%~18.0%
利用対象 20歳以上

利息がいくらなのか計算しようと思ったら金利をみると分かります。

例えば10万円借りようと思ったら利息はいくらになるか説明しておきますね。

10万円の借り入れでは金利は最高金利の年18.0%が適用となるので

10万円×0.18(18%)=18000円

ここで出ていた18000円は年間に支払う利息となります。

つまり1日で負担する利息は18000円÷365日=約49円となります。

10万円の借り入れをすると一日にかかる利息は約49円。

毎月の利息は約1470円となりますよ。

10万円の借り入れで金利年18.0%が適用になるのは何故?

さて、ここで何故10万円の借り入れでは金利が最高金利の年18.0%が適用になるのか疑問に思った人に答えておきますね。
(⇒アイフルの利息を教えて!

アイフルの金利は年4.5%~18.0%となっていますが、具体的にはどうやって決めているのでしょうか?

実は融資額に対応していることが多いです。

もちろん過去の借り入れなどで既にアイフルと信用関係が築けていれば実績に応じて金利は低くなります。

けれど、はじめての借入れであれば小額融資で最高金利が適用となっていますよ。

ちなみに10万円以上の借入れであれば金利年18.0%を超える消費者金融はありません。

融資額 最高金利
10万円未満 年20.0%
10万円以上100万円未満 年18.0%
100万円以上 年15.0%

消費者金融では上記の利息制限法があります。

そのため10万円以上の借入れで最高金利が18.0%を超えるところは違法となります。

また100万円以上の借入れであれば15.0%を超えるところは違法となりますよ。

アイフルでは違法はなく10万円以上100万円未満の借入れであれば最高金利の年18.0%が適用となっていますね。

知らないと損をする?アイフルの利息が増える仕組み

さて、アイフルで10万円借りた時に一日にかかる利息は約49円だという話しに戻りますね。

ここで気を付けたいことは「一日にかかる利息」というコトです。

つまり10万円を一括で翌月返済すると返済総額は101,470円となります。

けれど「一括で返済できない!」という人はもちろんいますよね。

そんな時には毎月返済するかサイクル返済になります。

  • 約定日(毎月)返済
  • 35日サイクル制返済

どちらが利息が増えるか分かりますか?

先ほどの10万円借入れした場合と同様に返済総額を出してみましょう。

アイフルの返済シミュレーションを利用してみると以下の結果が出ます。

返済シミュレーション 約定日返済 35日サイクル制
支払い回数 32回 25回
支払い期間 2年8ヶ月 2年5ヶ月
返済額 4,000円 5,000円
返済総額 126,260円 123,709円

約定日返済を選ぶと返済期間は2年8ヶ月で返済総額は126,260円となり利息は26,260円となります。

35日サイクル制返済を選ぶと返済期間は2年5ヶ月で返済総額は123,709円となり利息は23,709円となります。

先ほどの翌月一括返済では利息は1,470円でしたので比べるとかなり利息の負担が増えますね。

つまり、返済期間が長くなると利息は増えてしまうのです。

そのため繰上げ返済が重要になりますね。お金に余裕ができた時に繰上げ返済をしておくと返済期間が短くなり利息も減りますよ。

徹底比較!返済額が多ければ利息は減る?

シミュレーション結果を更に詳しく見ていきましょう。

約定日返済と35日サイクル制返済では返済額が違いますね。

返済方法 各回の返済額
約定日 4,000円
35日サイクル制 5,000円

そのため返済期間に差が出てきますね。30日で4,000円よりも35日で5,000円返済した方が返済期間が短くなるのです。

その結果、返済額が多い方が返済期間が短くなり利息は減っていますね。

もちろん約定日返済で5,000円返済すると35日で5,000円よりも返済期間は短くなります。

返済シミュレーションでは最低返済金額となっていますので、35日サイクル制では返済額を4,000円にすることはできません。

けれど約定日返済では返済額を5,000円にすることはできます。

  • 返済シミュレーションでは最低返済金額が表示
  • 返済シミュレーションで出た返済額以上の返済は可能

多く返済した分は全て元金に充当されます。 元金に充当されるというコトは残高が早く減りますよね。

そうすると次回の利息も安くなります。

つまり、約定日返済で毎月5,000円ずつ返済の方が利息が少なくなりますよ。

他にも利息が増えることを避けるためには次の返済方法を利用すると良いですね。

  • 余裕がある時には追加で返済
  • 一括返済
追加で返済していくとそれだけ早く完済することができます。

そうすると利息を払う期間も減るので結果的に返済総額も減りますね。

また一括返済を行うとその日までの利息で良いので予定していた利息より安くなりますよ。

利息を減らすために必要なのは計画性!

これまでのことから少しでも返済総額を減らすためにはできるだけ早く完済することが大切ですね。

ポイントは借りる時に返済計画を立てているかどうかですよね。

毎月どのくらいの返済額であれば無理なく返済できるのか、利息はどの位払うコトになるのか見通しをつけておきましょう。

アイフルでお金を借りる時には返済シミュレーションを利用すると参考になりますよ。

  • 早めの返済がポイント
  • 借りる前には返済計画が重要
  • 返済計画には返済シミュレーションが便利

約定日返済が良いのか、35日サイクル制が良いのか給料日も考慮して選ぶ必要がありますね。

ボーナスがある時には積極的に返済に回し早めに完済すると利息が少なく済みます。

そうするとお得に返済することができますね。

誰でも利用できる!アイフルの即日借り入れ

返済額やお得に返済する方法をしっかり頭に入れたら、いよいよ借り入れですね。

即日借り入れを希望するなら「インターネットから申し込み後、フリーダイヤルへ電話」するとスムーズな流れになります。

この方法を取ると優先して審査をしてもらえるので即日融資が可能になります。

審査結果が電話かメールで届くので、可決であればすぐに融資が可能となりますよ。

  • 振込み
  • てまいらず

融資方法は上記の2種類です。

振込みで借り入れを希望するなら銀行営業時間内に申し込みから手続きまで完了しておく必要がありますね。

けれど、「てまいらず」であればカード発行後ATMで借り入れができるので銀行時間外でも即日借り入れが可能になります。

無人契約でんわBOX「てまいらず」でオペレーターに電話

オペレーターの指示に従って申込書・本人確認書類をスキャンで送る

審査

カード発行

アイフルで借り入れするなら返済シミュレーションで返済額をバッチリ確認できます。

返済計画もしっかり立ててから即日借り入れができるので借入後も安心して返済できますね。

【参考ページはこちら】
アイフルは利率推移で借りやすくなった?

新着記事
ページトップへ