> > 知っておきたい!アイフルの審査に通らない人の共通点

知っておきたい!アイフルの審査に通らない人の共通点

これから初めてカードローン審査に申し込みをしようと思っている人!

審査に不安を感じていませんか?

当然ですがカードローンでは審査に通る人・通らない人がいます。

金融機関は審査基準を明確に示してはいませんが、どう言った人が審査に通らないのかといった傾向はあります。

そのため、ここではアイフルにスポットを当てて審査に通らない人の共通点をまとめて見ました。

アイフルの審査基準や審査項目などに焦点を当て審査に通らない原因を紹介しますね。

審査に通らない原因を申込み前に分かっていれば対策を立てることができますよ。

知らないとまずい!アイフルの審査基準

アイフルの貸付対象者は以下のようになっています。

  • 満20歳以上
  • 定期的な収入がある
  • 返済能力がある

この貸付対象者に該当しなければ審査に通らない原因となりますね。

審査に通らない人とならないためには貸付対象者に該当しているのかチェックしておきましょう。

カードローンのルール!利用できるのは満20歳以上

カードローンは借金ですので年齢制限があります。

未成年は原則として両親など法定代理人の同意が無ければ、お金の借入れなどの法律行為をすることができないのです。

そのためアイフルでも利用できるのは20歳以上としています。

  • 未成年は法律行為の禁止
  • 未成年がお金を借りるには法定代理人の同意が必要
  • アイフルの利用は成人してから

それでは上限は何歳までとなっているのか?

アイフルでは69歳までと明記があります。

「70歳になった時点で新たな融資は停止」とも、書いてありますのでここからでも上限は69歳までと考えることができますね。

定期的な収入があれば誰でも申し込める?

定期的な収入と言われると、該当するのかどうか悩みますよね。

「正社員で毎月バッチリ給料をもらっている」と言う人は定期的な収入があると言えます。

けれど「パートやアルバイトで働いているので月々の給料に変動がある」「自営業で定期的な収入かの判断が難しい」

この場合は定期的な収入があると言っていいモノか不安が残りますよね。

アイフルでは以下の状況の人の申し込みを可能としています。

  • 給与所得者
  • 自営業者
  • パート
  • アルバイト
  • 派遣社員
  • 出向社員
  • 嘱託社員
  • 主婦
  • 学生

つまり、何らかの形で継続した収入があれば申し込みできる と言えますね。

専業主婦・年金受給のみ・無職の場合はパートやアルバイトでも良いので働いて収入を得てから申し込みができるようになります。(こちらもご参考に→アイフルを利用できる職業とは?

学生も20歳以上でパートやアルバイトなどの収入が必要となりますよ。

ココまでをまとめると以下の人は審査に通らない人となります。

  • 専業主婦
  • 年金受給のみ
  • 無職

返済能力がある?気になる判断材料とは

返済能力とは毎月どのくらいの返済ができるのかというコトですね。

そこで返済能力の判断材料といえば、年収があげられますね。

他にも独身or既婚、一人暮らしor同居などから、どれだけ返済にお金を回せるかをみていますよ。

みんな知ってる?アイフルが審査でチェックしていること

アイフルの申込みでは以下の内容を入力することになっています。

  • お客様情報
  • 住まいについて
  • 勤め先について
  • 他社の状況

これらの情報がコンピューターによる自動審査によって点数がつけられて審査結果が出ます。

つまり、申込み項目は全て審査対象になるので正確な申告が重要になりますよ。

お客様情報ではどんなことをチェックする?

お客様情報は基本的な内容となります。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別/結婚有無
  • 扶養家族
  • メールアドレス
  • 運転免許証

扶養家族では子どもの人数などの家族構成を答えることになります。

運転免許証はお持ちの場合は免許証の番号を入力することになるので申し込みをする時には手元に免許証が必要です。

番号を申告するのが面倒だと思って「無」を選んでしまうと、後の本人確認書類の時に困るので正直に申告しましょうね。

住まいについてどこまで入力する必要があるの?

住まいについては現在住んでいる所について入力します。そのため単身赴任の場合であれば一人暮らしをしている住所となります。

  • 住所
  • 携帯電話/固定電話
  • 住居/名義人
  • 家賃負担額
  • 入居年月
  • 同居内容

電話は携帯電話か固定電話のどちらか一方が必須となっています。

入居年月が短すぎると審査に通らない原因となる可能性もありますよ。

入居年月は長ければ長いほど引越して住所が分からなくなる可能性が低くなるので審査には有利となります。

勤め先についての情報はどこまで必要?

勤め先の電話番号は在籍確認などでも使われるので間違えることなく入力しましょう。

電話番号の入力ミスがあると在籍確認がつながらず審査に通らない原因となってしまいますよ。

  • 勤務先名
  • 勤務先住所
  • 勤務先電話番号
  • 雇用形態/保険証種別
  • 業種/職種
  • 給料日
  • 入社年月
  • 税込年収
  • その他雇用形態

税込年収は審査ではとても重要な内容ですね。源泉徴収票を見ながら正確に入力したいところですね。

入社年月も短すぎると審査に通らない原因となります。少なくとも半年以上の勤続が必要ですよ。

その他雇用形態では、副業などでここで入力した勤務先以外にも勤務先がある場合の入力欄となります。

該当する人は入力をしておくと年収が2ヶ所分になるので多くなり借入れ金額も多くなる可能性がありますよ。

他社の状況では銀行カードローンも含まれる?

  • 他社利用件数/金額

他社利用件数や金額は総量規制を守るためにも重要な情報となります。

総量規制とは「年収の1/3を超える借入れは出来ない」という決まりですね。

そのため、他社で既に年収の1/3に近い金額の借入れがあると審査に通る可能性は低くなります。

この他社とは消費者金融・信販会社・銀行等での借入れとなりますのでアイフルでは銀行カードローンも含まれることになります。

ただし、信販会社のショッピングは含まれないのでキャッシングのみとなりますよ。

信用情報の共有で過去の借入れも審査に影響!

審査では信用情報が重要となっています。

信用情報とは他社借入れ状況のことで過去の借入れや返済履歴などの情報を言います。

この情報は信用情報機関を照会することで他社でも知ることができます。

そのため過去に延滞や債務整理などの金融事故があったり、以下の状況では審査に通る可能性が低くなります。

  • 金融事故
  • 複数借入れ
  • 申込みブラック

複数借入れとは金融機関によっても違いますが4社以上を示すことが多いです。

既に3社借入れをしている場合には審査に通らない原因となりますよ。

申込みブラックとは短期間のうちに複数の金融機関に申し込むことを言います。

具体的には3ヶ月以内に4社以上の申し込みとなると審査に通らない原因となります。

あなたは大丈夫?アイフルの審査に通らない人の共通点

これまで述べたことをまとめますとアイフルの審査に通らない人は以下の人だと言えます。

  • 専業主婦
  • 収入が年金受給のみ
  • 無職
  • 入居年数が短い
  • 勤続年数が短い
  • 勤務先の電話番号の入力ミス
  • 税込年収が正確でない
  • 他社利用金額が既に年収の1/3に近い
  • 金融事故
  • 既に3社以上から借入れ
  • 短期間に4社以上の申し込み

いかがですか?あなたは該当していませんか?

もし該当しているところがあるなら解消してから申し込みをしましょう。

【参考ページはこちら】
アイフルの審査は甘い?年収200万以下でも審査に通れる?

新着記事
ページトップへ