> > 他社で借入れがある人必見!アイフルで借りる方法

他社で借入れがある人必見!アイフルで借りる方法

お金を借りるところはたくさんあるけど「一か所からしかお金は借りれない」とか思っていませんか?

「今借りているところで設定してある金額までしか借りれない」とか思っていませんか?

そんな風に借入れ先を決めつけていると、もったいないですよ!

実は審査に通ることができれば今以上の金額の借入れができるのです。

そうです!他社で借入れがある人でもアイフルではお金を借りる方法があるのです。

ここでは「他社で既に借入れしているから、もう借りれない…」と悩んでいる方へアイフルでの借り方を紹介しますよ。

他社で借入れがある人も大丈夫!アイフルの借り入れ条件

既に他社で借り入れをしている人でもアイフルで借入れをしているという人はたくさんいます。

ただし、他社で借り入れをしている人がアイフルで借入れをしようと思ったらいくつかの注意点がありますよ。

  • 借入れ金額が年収の1/3を超えていない
  • 借入れ先の件数が少ない

知らないとマズイ!借入れ金額が年収の1/3を超えるとヤバい?

ご存知の通りアイフルは消費者金融ですね。消費者金融は貸金業法が適用となっています。

貸金業法の中には総量規制といって年収の1/3を超えて借入れは出来ないと言った決まりがあります。

そのため借入れ希望金額が年収の1/3を超えていると審査に通らないとなります。

  • アイフルは消費者金融
  • 消費者金融は貸金業法が適用
  • 貸金業法の中に総量規制あり
  • 総量規制のルール「年収の1/3を超える借入れはできない」

この「年収の1/3を超える借入れは出来ない」というルールには他社借入金額を含めた金額になります。

例えば年収300万円の人がアイフルで借入れを希望するなら利用限度額は100万円までとなります。

そこで既に他社で50万円借入れをしているとしましょう。

そうすると利用限度額100万円-他社借り入れ50万円=50万円でアイフルで借りれる最高金額は50万円までとなります。

このルールを知らずに借入希望額100万円で申し込みをすると審査に通る可能性が低くなってしまいますよ。

借入れ先の件数は少ない方が信用が高い!

既に他社から借入れをしている場合には件数にも注目しておきましょう。

アイフルの申し込みが4社目ぐらいになると審査に通る可能性が低くなってしまいます。

アイフルに限らず消費者金融では借入れ件数が多ければ多いほど審査に通る可能性は低くなります。(こちらもご参考に→アイフルの審査基準とは?

例えば1社から100万円借りれる人と10社から10万円ずつ借りて合計100万円借りている人ではどちらが信用が高いと思いますか?

  • 1社から100万円
  • 10社から10万円ずつ借りて合計100万円

答えは1社から100万円借りれる人の方が信用が高いのです。

10社から10万円ずつ借りている人は1社では高額な借入れが出来なかった人と見なされます。

それは消費者金融では小額な借入れの方が審査に通りやすく、高額になればなるほど審査に通るのは難しくなるからですね。

  • 小額な借入れ→審査通りやすい
  • 高額な借入れ→審査通りにくい

では、どうして高額な借入れは審査に通りにくくなるのでしょうか?

なぜなら高額な借入れをするには金融機関から返済能力や信用が求められるからですね。

つまり、高額な借入れができる人というのは返済能力があり、金融機関とも信用関係が築けている人となるのです。

そのため1社から100万円借りれる人というのは金融機関からの信用が高い人と判断され審査に通りやすくなるのです。

知らないとマズイ!他社借入れ情報を誤魔化せない理由

「10社から10万円ずつ」とはいかなくても「複数社からお金を借りている…」こういった人は意外に多いですよね。

これが原因で審査に落ちるのはイヤだから、申告しないでおこうかな?

そんな風に考えていませんか?

けれど、それは止めておきましょう。他社借入れ情報は誤魔化せないようにできているのです。

信用情報機関で個人情報を管理!

消費者金融ではいずれかの信用情報機関に加入しています。

  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)
  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)

消費者金融の場合ではJICCもしくはCICに加入している場合が多いですね。中には両方に加入している金融機関もあります。

貸金業法では申し込みがあると信用情報機関を照会することが決められています。

そして申込んできた人の借入れ履歴などの個人情報をチェックすることになっています。

もちろん照会する時には申し込みをした人の個人情報を登録することになるので、申込みをしたことも他社に分かります。

つまり信用情報機関で個人情報をまとめて管理しているので他社での借入れもバレますね。

ちなみに信用情報機関には以下の情報が登録してあります。

  • 本人を特定するための情報
  • 契約に関する情報
  • 返済状況に関する情報
  • 取引事実に関する情報
  • 申込みに関する情報

申込みから返済状況・取引事実まで把握してあるので誤魔化すことはできませんよ。

要注意!アイフルで借りる時に収入証明書は必要?

他社で借入れをしている人がアイフルでお金を借りるには年収の1/3までしか借入れ出来ないと紹介しましたね。

そして、既に借入れしている金額は信用情報機関で把握できるので誤魔化すことができないことも紹介しました。

これだけ年収や借入金額に対してキッチリしていると年収についても証明書が必要なのかと不安になりますよね。

それではアイフルの借入れで収入証明書は必要なのでしょうか?

アイフルのホームページでは収入証明書については以下のように条件が示してあります。

  • アイフルでの契約金額が50万円以上
  • 他社の借入れとアイフルでの契約金額を合わせると100万円以上

既に他社で借入れがある人は2番目の「他社の借入れとアイフルの契約金額を合わせると100万円以上」に注意しましょう。

例えばアイフルとの契約金額が20万円で考えてみましょう。

1番目の条件では「アイフルでの契約金額が50万円以上」となっています。

そのため20万円では該当しないのでアイフルだけから借入れをする場合では収入証明書は必要ありません。

けれど2番目の条件では「他社借入れとアイフルでの契約金額を合わせると100万円以上」となっています。

つまり既にA社から50万円、B社から30万円借入れをしていて合わせて100万円になる場合では収入証明書が必要となります。

収入証明書には以下のものがありますよ。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 住民税決定通知書
  • 納税通知書
  • 確定申告書
  • 青色申告決算書
  • 収支内訳書
  • 支払調書
  • 所得証明書
  • 年金証書
  • 年金通知書

なんと11種類もありますが、一般的なものと言えば源泉徴収票となりますね。

ちなみに給与明細書を提出する予定であるなら直近の2ヵ月分が必要となります。

「発行年月」「氏名」「勤務先」「総支給額」が明記されている必要があり、手書きの場合には勤務先の社印・社判が必要ですよ。

アイフルの一秒診断を利用して不安解消!

ここまで読んで他社借入れがあると収入証明書が必要になる可能性も高く、審査も通らないかもしれない…なんて思っていませんか?

そんな不安を解消するにはアイフルの一秒診断があります。

一秒と聞くと「ウソっぽい…」なんて思ってしまいがちですが、ホントに待つことなく診断結果が出ます。

しかも 個人を特定する情報の入力は必要ないので気楽に利用できますよ。

  • 年齢
  • 雇用形態
  • 年収
  • 他社借入金額

入力項目はたったの4種類!上記の内容だけなので個人を特定される心配はありませんよね。

ここで重要な項目と言えば、先ほどから出ている年収と他社借入金額ですね。

知らないと審査に落ちる?診断項目で分かること!

診断項目である4つからアイフルは何を見ているのでしょうか?

年齢は20歳以上69歳以下であるかどうかの確認ですね。雇用形態では安定した収入があるかどうかの確認です。

そして年収で借入金額の限度額が分かります。

他社借入金額では年収で分かった利用限度額から差し引いてアイフルでいくら借りれることができるのかが判断できます。

つまり、診断項目に答えるだけで融資可能かどうかの判断ができるのです。

他社借入金額はどこまで?住宅ローンも入る?

診断項目にある他社借入金額はどこまで入るのか気になりませんか?

住宅ローンやマイカーローンを組んでいる人は年収を超えて借入れしている人が多いですよね。

そのため住宅ローンやマイカーローンが含まれるのであれば借入れはムリだとなってしまいます。

実はアイフルの他社借入金額では以下の借入れに限定しています。

  • 消費者金融
  • 信販会社
  • 銀行等

この銀行等の中には住宅ローンやマイカーローンは含まれません。

信販会社でもショッピング分は含まれません。

該当するのは無担保で借りているカードローンやキャッシングとなります。

こういった他社借入金額の入力がある点からアイフルでは他社借入れがあることを理由に審査に通らないというコトはありません。

他社借入件数が2社以内で年収の1/3を超えない金額希望であればアイフルで借りれる可能性はありますよ。

【参考ページはこちら】
他社から借入あってもアイフルで借りられる?

新着記事
ページトップへ