> > 初めてのアイフルは限度額低いって本当?賢く増額して悩み解消!

初めてのアイフルは限度額低いって本当?賢く増額して悩み解消!

カードローン利用で気になるのは「いくらくらいまで借りれるのか?」といったことではないでしょうか?

初めてカードローンを利用する場合には、かならず利用できる“融資限度枠”を金融会社からもらうことになります。

自分が希望するだけの限度枠をもらえれば良いのですが、実は初めてカードローンを利用するときの限度額って人によってまちまちなんです。

そこで今回のレビューでは、初めてカードローンを利用したさいの限度額について考えてみます。

具体的に【アイフル】を取り上げて、“初めてのアイフルでの限度額は?”と、“アイフルで限度額を増やす方法”の2点に注目して見ていきます。

この記事に目を通せば、気になるアイフルの限度額についてすべて分かりますよ!

【アイフル】初めての限度額は?“極度額”と“契約額”は違う!

「アイフルに申し込んだら、どれくらいお金を貸してくれるのかなあ~?」…

アイフルに限らず、どの金融会社のカードローン利用においても、すごく気になる点ですよね?!

だって審査には通ったものの、自分が借りたい金額よりもはるかに少ないお金しか貸してくれなかったらガッカリしてしまうからです。

そこでアイフルのカードローンの“限度額”を考える上で、まず基本となる点からしっかり押さえていきましょうね。

アイフル「極度額」は500万円!でも…極度額はあくまでも目安

アイフルの公式HPを見ると、アイフルの借入極度額は500万円までとなっています。

つまり、アイフルを利用している方なら誰でも原則として500万円までは借りれるということです。

そして、いかに年収が高くても、また個人属性がすごく高くても、アイフルで500万円以上借りることはできません!

なぜなら、アイフルで貸せる限度額が500万円となるからです。

他方で、実際にアイフルを利用した少なくない人が「アイフルの利用極度額は500万円だから、500万円は無理としても半分の250万円くらいは余裕で貸してくれると思った!…でもアイフルで貸してくれたのはたった50万円だった!…どうして!!」といった経験をしています。

そうなんです!アイフルで極度額となる500万円を借りれる人って滅多にいないと言って良いのです。

つまり、

アイフルの利用極度額が500万円というのは、あくまでもアイフルが目一杯融資できる金額の上限なんです。そして、アイフルに申し込んだすべての人が借りれる利用極度額が500万円になるという意味ではないのです。

とは言っても…借入条件さえ十分に満たせば、アイフルで500万円借りるのは可能なんです。そして、極度額500万円借りるためのハードルは、すごく高いと考えておいてください。

では最後にアイフルを含めたそれぞれの極度額の一覧を参考までに紹介しておきましょう。

借入先 限度額(極度額) 金利
アイフル 500万円 年4.5~18.0%
プロミス 500万円 年4.5~17.8%
アコム 500万円 年4.7~18.0%
モビット 800万円 年3.0%~18.0%
株式会社新生銀行レイク 500万円 年4.5~18.0%
三菱東京UFJ銀行 500万円 年4.6~14.6%
三井住友銀行 800万円 年4.0~14.5%
みずほ銀行 1000万円 年4.0~14.0%
楽天銀行 500万円 年4.9~14.5%
オリックス銀行 800万円 年3.0~16.8%

初めての限度額高くする方法ある?人によって限度額異なる

アイフルの公式HP上での限度額500万円は、あくまでもアイフルが貸せる“極度額”であって、実際に利用できる限度額ではないということはまず憶えておいてくださいね。

それでは、実際にアイフルの利用者がお金を借りれる“利用限度額(=契約額)”はどれくらいになるのでしょうか?…

実は「初めてアイフルを利用する人の限度額は○○万円まで。」といった決まりはありません。

つまり、「アイフルでの初めての限度額は人によってまちまちになる!」ということなんです。

では、どんな人だとアイフルでの初めての限度額が高くなるのでしょうか?…

まずひとつ言える事としては、「返済能力の高い人は利用限度額も高くなる。」といったことですね。

アイフルでお金を借りるためには審査に通らなければなりません。

そして、審査で重視されるのが「信用能力」と「返済能力」なんです。

返済能力は、特に利用限度額の決定に大きく影響するのです。

また、一般に「返済能力が高い!」とみなされる人は、正社員や公務員となります。

一方で、「返済能力が低めの人。」とみなされてしまう人としては、フリーアルバイターや日雇い派遣社員、パートで働いている方となります。
(⇒アイフルを利用できる職業とは

アルバイトやパートの人は、収入が少なめで収入の安定さにもやや欠け、かつ雇用についても正社員と比べると不安定であるとの理由で、初めての限度額は低めになってしまう傾向があると言えます。

以下にアイフルで初めての限度額が“高くなる人”と“低くなってしまう人”の違いをまとめておきます。

初めての限度額 条件
初回限度額が高くなる人 ・年収が高い
・収入の安定度が高い
・個人属性が高い
・大企業の正社員や公務員
・30代~40代の働き盛りの年令
初回限度額が低めになってしまう人 ・年収が少ない
・収入の安定度が低い
・個人属性が低い
・アルバイトやパートで働いている
・年令が高め

初回限度額は「年収」と「総量規制」で決まる

初めてアイフルに申し込むときには、「申込書」の記入欄に「融資希望額」を記入する欄があります。

これが初めての利用限度額になります。

しかし、「融資希望額」は、あくまでも“希望額”なので、希望通りの限度額になるとは限りません。

また、カードローンを利用した方の口コミを見ると、「希望額よりも低めの初回限度額にされた!…」といった体験談は割と多いようなんです。

他方で、すでに触れたように、“初めての限度額”に決まった相場はありません。

しかしながら、口コミ情報では、アイフルを含めた消費者金融カードローンでの、初めての利用限度額に関する、ある程度の相場らしきものは認められるのです。

それは初めての限度額としては、だいたい10万円~50万円くらいの範囲内で、たいていは10万円区切りで設定されるようなのです。

もちろん、アイフルに申し込んだすべての人が、この範囲内で必ず初回限度額が決められるとは言い切れません。

ではアイフルでの初めての限度額はいったいどれくらいになるのか?…

それについては、上記で触れた「年収」に加えて、「総量規制」も関係してきます。

総量規制とは、年収の3分の1までしか融資できない規制のことです。

たとえば、年収300万円の人は、100万円までしかアイフルで借りれないということなのです。

そして、初めての限度額を決めるさいにも、「年収」と「総量規制」を考慮します。

が、初回限度額で、いきなり総量規制いっぱいの上限額になることはまずありません。

先の例のように、100万円が総量規制の上限となるような人の場合の初回限度額は、10万円~30万円くらいの範囲内で決まると思われます。

返済能力のアピールで“増額”勝ち取れ!

ここまででは、アイフルに初めて申し込んださいにもらえる利用限度額(=契約額)について見てきました。

結論としては、アイフルでの初回限度額の設定について申込者はなす術がないということになるのです。

つまり、初回限度額については、アイフルから与えられた利用可能枠を粛々と受け入れるしかないのです。

そして、申し込みの時点で初回限度額を増やす方法はないと言って良いのです。

一方で、利用中に初回限度額をふやすことは可能なんです。

その方法とは「増額」なんです!

アイフルなら“増額”はそんなに難しくない

アイフル等の消費者金融カードローンの増額は、銀行カードローンで増額してもらうよりは難しくないと言えます。(こちらもご参考に→アイフルと銀行カードローンの違いは?

なぜなら、一般的に銀行カードローンの審査基準は、消費者金融カードローンの審査よりもハードルが高めなので、増額審査のハードルも高くなると考えられるからです。

アイフルの増額では、普通になにも問題を起こさずに利用し続ければ、増額は可能になります。

増額申請は、利用者の方からアイフルの「会員サービス」を利用してネットで申し込めます。

加えて電話、店頭窓口、郵送といった方法でももちろん増額を受け付けてくれますよ。

しかし、インターネットで増額申請するのが増額されるまでのスピードが一番早くなります。

また、アイフルから“優良顧客”としてみなされると、アイフルから増額のお誘いがメールや電話で届きますよ。

そして、アイフルからのお誘いの場合には、すでに審査もあらかた完了しているケースとなるので、増額してもらえる可能性は高いのです。

それゆえ、増額のお誘いには無条件で迷わずに乗る!のが鉄則と言っても過言ではありませんよ。

増額のお誘いは増額の“絶好のチャンス”と心得ておいてください。

とにかく、アイフルから増額のお知らせがなくても、きちんと借りてきちんと返済した実績を根気強く積み上げれば、増額は誰だって可能なんです。

初回限度額ふやすポイントは“返済実績”

アイフルで初回限度額をふやす増額審査に通るためには、“絶対に外せない条件”というものがあります。

つまり、この絶対条件さえクリアできれば、かんたんに増額審査に落とされてしまうようなことはないと言えます。

また、増額を認められる他の条件をクリアできても、この絶対条件をクリアできない場合には、審査に落とされてしまう確率が高くなります。

その絶対条件とは、返済で絶対に延滞しない!ということなんです。

先にも指摘したように、アイフルの審査では、利用者の「信用能力」と「返済能力」を念入りに調べます。

増額審査においても同様に念入りに調べるのです。

そして、増額審査で「信用能力」を図るモノサシとなるのが、これまでのアイフルでの利用状況、特に“返済履歴”を重視するのです。

過去に返済で遅延したり滞納したことがない人は、「信用能力に上積みあり!」とみなされます。

逆に返済の延滞歴がある人だと「信用力に疑問ある!」と判断されて増額審査に通り難くなります。

また、きちんと返済の約束が守れることは、“返済能力が高い”証拠にもつながります。

以下に増額審査での返済延滞による審査落ちの可能性についてかんけつにまとめておきます。

遅延・滞納の頻度と期間 増額審査への影響の度合
・1~数日間の遅延
・頻度少ない
・審査では明らかにマイナス要因
・審査落ちの決定的要因にはならない可能性あり
・1週間以上の遅延続く
・頻度多い
・増額審査はアウト!
・比較的短期間の滞納
・頻度少ない
・原則として滞納は増額審査NG!
・ただし、1回程度で極めて短期なら情状酌量あるかも?
・長期間の滞納
・頻繁に繰り返す
・100%増額審査落ち
・カードローン利用そのものを停止される可能性大

アイフルの増額審査では、返済の遅延や滞納は絶対にNGですよ!

アイフルで初回限度額ふやせる人ってまじめな人です

アイフルで初めての限度額をふやせる人って、ひと言で言えば、まじめで約束守れる人なんです。

アイフルで“まじめで約束守れる人”とみなされるための条件は以下の通りと思われます。

  • きちんと返済できる人
  • ウソをつかない人
  • 契約内容に違反しない人
  • きちんと連絡取れる人

アイフルの増額審査における、返済履歴の大切さについては、改めてここで指摘する必要はありませんよね?!

“ウソをつかない!”ことも増額審査に通って初回限度額をふやすための大切な条件になります。

たとえば、転職して勤務先が変わったのに、アイフルに個人情報の変更届をしないで放置しておくと、「ウソの個人情報をそのままにした!」とされて信用力にキズがつきます。

増額審査でウソの個人情報が発覚すると審査に通してくれませんよ。

また、契約内容に違反するような行為をする人も増額審査でNGとなります。

さらに、アイフルからの連絡に応じないような人や、連絡先となる携帯電話番号に連絡を入れても出ないような人は、“不誠実で信用できない人”とアイフル側にみなされて増額審査に落とされます。

以上のように、アイフルで初回限度額をふやせるような人って、“当たり前の社会常識をもっている人”とも言えます。

そのことからアイフルで増額してもらって初めての限度額をふやすのはそんなに難しいことではなく、また特別な人しか増額できない訳でもありません。

限度額の頭打ちは“年収の3分の1”まで

アイフルで初めての限度額が低くても、増額をなんどもすれば限度額の枠はどんどん広がります。

しかしながら、増額をなんども繰り返せばアイフルの極度額となる500万円になると考えるのは誤りです。

ここで先に指摘した“総量規制”を思い返してください。

総量規制では、どんなにがんばっても年収の3分の1までしか融資できない、つまり年収の3分の1が増額による限度額の上限となるということなのです。

そのことから、増額によってどんどん限度額の上限を高くしたいのであれば、年収自体をふやす以外に方法はありませんよ!

加えて、年収の3分の1となる利用限度額は、アイフルだけでの借り入れに適用されるものではありません。

他社での借入分やクレジットカードのキャッシング枠の借入分も合計して3分の1としてカウントされます。

年収程度による利用限度額のいちおうの目安としては以下の通りとなります。

年収 増額による限度額上限
100万円の人 約33万円
200万円の人 約66万円
300万円の人 約100万円
500万円の人 約166万円
1000万円の人 約330万円
1500万円の人 約500万円

上記の表に従えば、アイフルの極度額となる500万円まで限度額をふやすには、最低でも年収が1500万円以上ないと無理ということになりますね。

また、必ずしもアイフルを利用しているすべての人が、各々の総量規制による利用限度額の上限まで増額してもらえるとの決まりもルールもありません。

あくまでも各利用者の利用状況によって、どこまで増額できるかが決まると憶えておいてくださいね。

初めての限度額ふやす“コツ”と”落とし穴”~増額は慎重に~

最後にアイフルで初めての限度額をふやす上で、ひとつ憶えておくと良い“コツ”について触れてみます。

また、アイフルでの増額で留意しておきたい“落とし穴”もあるので、この点についてもきちんと触れます。

つまり、増額には限度額をふやすといったメリットとともに、増額できなかった場合のリスクもあるということなんです。

初回限度額ふやすには“増額タイミング”外すな!

初めての限度額をふやす、つまり「増額」には“絶好のタイミング”があるのです。

そして、そのタイミングをしっかり見定めてアイフルの増額に申し込むことが、初回限度額をふやすコツとなります。

では、増額に絶好のタイミングとはどんなときなのでしょうか?…

1つ目は、すでに指摘したように、返済の遅延や滞納のないクリーンな返済実績を十分に積んだときです。

具体的には、6か月くらいはクリーンな返済実績を積んでください。できれば1年あればもっとベストですね。

2つ目は、少しでも年収がふえたときなんです。

年収がふえることは、そのまま「返済能力の上積み」とみなされるので、増額審査では有利になります。

また、アイフルの増額審査では収入証明書の提出が必要となるので、年収は増額審査において返済実績と同じくらい重要視される点と考えてください。

最後の点としては、総量規制とのからみですね。

これもすでに触れたことなんですが、初回限度額をふやすにしても“上限”というものが必ずあります。

この上限は、申込者によって異なります。そして、増額してもらうためには、“上限”までに余裕をもたせておくことが大切なのです。

そのためには、まずアイフルで借りているお金をしっかり返済しておきましょう。

【増額の落とし穴】カードローン利用停止もありうるぞ!

アイフルの増額審査に限らず、他の金融会社の増額審査においても、増額審査に落ちた場合のリスクやデメリットがあります。

そのリスクやデメリットとは、現在の利用限度額を減らされたり、一定期間に亘ってカードローン利用を停止されるといったことなのです。

そんなリスクもあるからこそ、アイフルの増額は慎重に行うことがとても大切になるのです。

アイフルの増額審査においては、いったん現在の限度額を解約するかたちになります。その上で、新規に限度額の契約を結びます。それゆえ、増額申請することは二度目、三度目の限度額を決める審査に申し込むことと同じと考えて良いのです。

そして、そのことから増額審査では、初めての限度額は保証されません。

また、審査結果によっては、初めての限度額よりもさらに低い限度額になってしまう可能性もあります。

加えて、最悪の場合にはカードローン利用そのものを停止されてしまうケースもありますよ。

アイフルで初めての限度額をふやす場合には、かようなリスクも考慮して慎重に増額に申し込んでくださいね。

初回限度額低くても心配無用!利用状況良好なら限度額ふえる

アイフルのみならず、他の金融会社のカードローンでの初めての限度額はおしなべて“低め”におさえられた金額になると考えてください。

具体的には、10~50万円くらいの限度額になるのが一般的と言えますね。

他方で、もし初めての限度額が自分の希望額よりもかなり低くなっても落ち込む必要はありませんよ。

なぜなら、一生この限度額で借り続けなければならない訳ではないからです。

どんなに初めての限度額が低くても、増額を重ねていけばどんどん限度額の枠は広がります。

ただし、限度額の上限は年収の3分の1までとなり、それ以上の増額はありません。

そして、アイフルの増額はそんなに難しくはないのです。

クリーンな返済実績をたくさん積めばまず増額審査は突破できると思います。

一方で、増額審査に落ちた場合には、限度額を減額されたりカードローンが利用できなくなるリスクもあります。

そのことから初めての限度額をふやすための増額には慎重に、かつ審査に通る条件を整えたタイミングを見計らって申し込むことがなによりも大切なこととなります。

【参考ページはこちら】
アイフルでは増額体験してる人が多い?

新着記事
ページトップへ