> > 知っておけば安心!アイフルが会社や自宅に電話するケースとは

知っておけば安心!アイフルが会社や自宅に電話するケースとは

「消費者金融などから電話がかかってきたらカードローンの利用が家族にばれてしまう!」などと気にしている方は多いのではないでしょうか。利用者のほとんどの方が契約の時に本人確認として自宅や会社でローン事業者からの電話連絡を受けているので、また事業者から電話があると困ると思っている方も多いようです。

特にサラ金と呼ばれていたころの消費者金融が返済の取り立てを乱暴に行っていた、というイメージのある方には現在の正規のローン事業者からの電話でも不安を抱いてしまうのかもしません。しかし、貸金業法の改正後消費者金融業界も大きく変わり始めており彼らの電話内容や電話のかけ方なども大きな改善がみられるようになっています。

そこで消費者金融のアイフルを例に挙げて現在のカードローン事業者がどのように電話連絡を行っているかをみていきたいと思います。アイフルがどのような時点、どのような場合、どのような内容で電話をかけるのか、どのようなかけ方をするのか、などを取り上げローン事業者からの電話連絡に上手く対処できる方法を紹介していきましょう。

消費者金融からの電話

消費者金融などの事業者から突然電話がかかってきたら少しびびってしまうかもしれませんね。しかし、電話がかかってくることや電話の内容が予めわかっていれば、別に心配になることも身構えることもなく事業者の担当者と普通に電話で会話ができるのではないでしょうか。
(⇒アイフルの電話連絡についてもっと詳しく

各カードローン事業者によっては電話をかける時期や内容に多少の違いがあると思いますが、業界全体での一般的な電話の取り扱いを知っておくとローンの検討や契約後の利用の際に役立つため、ここではローン事業者が申込者や利用者に電話する一般的な内容や時期ついてみていきましょう。

申込時の電話

消費者金融などのカードローンに個人が申し込むと審査を受けることになりますが、その際に通常2つの電話確認が行われます。どちらも本人確認の目的で行われますが、一つは申込者の自宅や携帯電話に事業者が電話をかける方法です。もう一つは事業者が申込者の勤務先に電話をかける方法です。

前者は最も基本的な電話確認で申込者が本人であること、提示された電話番号が実在するものであるかを確認するために行われています。後者は申込者の本人確認とともに、その方の収入源となっている勤務先が実在しているか、そこで本当に働いているかを確認するために実施されます。

申込者にとっては自宅や会社に電話をかけられるため不安に思う方も少なくないようですが、ローン事業者としては詐欺の被害を回避するために欠かせない確認行為として位置づけています。そのためこの電話確認はほとんどのローン事業者で実施されているわけです。

ただし、ローン事業者が自宅や会社へ電話をかけてくる場合には、会社名をふせ個人名で電話をするという配慮も行っています。また、会社への電話確認をやめて別の方法で会社の在籍確認を行っている事業者もわずかですが存在しています。申込者が会社への電話連絡を回避したい場合にはそうした事業者を検討する必要がありますね。

本人確認の前に審査結果を受ける場合がありますが、その連絡は各ローン事業者での申込方法などによって異なってくるでしょう。例えば、電話で申し込めば電話や携帯メールで結果の連絡を受けることが多く、パソコンなどでは画面上やメールなどで連絡を受けることになっています。審査が長引く時には事業者から電話で新たな質問を受けることもあります。

審査に通過し本人確認が終了すれば、本人確認の際かその後に契約についての簡単な説明が行われます。そして、これが終われば契約前後での事業者からの電話連絡は終了となるでしょう。

ローン利用中の電話

ローンと契約した後の電話連絡はかなり限られてくるのが一般的です。利用における各種サービスの追加や変更についてはメールで、取引の明細などは電子ファイルや郵送で行われるため利用上の細かい点などで電話を受けることは通常ないと考えてよいでしょう。電話がかかってくるケースとしては、増額やおまとめローンなどの案内やPRなどです。

ローン事業者としては、優良な顧客にはもっと借りてほしい、利用してほしいと考えているのでそういった顧客には融資限度額の増額を勧めるために電話をかけることが少なくないようです。突然、事業者からそのようなお誘いの電話がかけられるので驚く方も多いようですが、優良顧客であるが故のお誘いなので心配する必要はありませんね。

増額以外ではおまとめローンなどのお誘いもあるようです。他社に借入れがある方が対象となりますが、信用リスクが低い方には他社のローンを自社で借り換えるように促すための電話がかけられることも多いようです。貸しても安全と思われる方には他社での利用分も自社から借りてほしいというお願いの電話なのです。

そうした電話があるということは信用されているということで、そのサービスを利用できる可能性が高いと思われます。また、そうした提案があるということは何らかのメリット(利息の低減など)も期待できそうです。事業者からの電話ということだけで不審がらずに念のために少しは検討してはどうでしょうか。思いの外の得をすることになるかもしれませんよ。

特別な理由の電話

今までの内容は消費者金融などのローン事業者からの一般的な電話内容ですが、それら以外にもローン事業者が法律に則って必要と判断した場合には利用者の自宅や会社へ電話することがあります。その代表的な例は返済の遅れに対する確認といえるでしょう。

返済の遅れに対する電話連絡のあり方はローン事業者によってかなり差があります。1日遅れただけでも即本人に電話をかける、2~3日遅れても電話をかけない、携帯電話に繋がらない場合は利用者宅の留守電にメッセージを残す、などさまざまの方法で電話確認が行われているようです。

行き過ぎた電話連絡も時にはあるようですが、それを回避するためにはまず利用者側から返済の遅れについて連絡するべきでしょう。現在のローン事業者の多くは事前の返済についての相談には前向きに対応してくれるので、実現可能な返済方法を提案してくれる可能性があります。そういうケースは、まず利用者が電話連絡してみましょう。

アイフルの申込時の電話

今まで一般的なカードローン事業者の電話連絡のあり方をみてきましたが、今度はアイフルでどのような電話連絡が行われているかを確認していきます。まずはローンの申込時における本人確認、在籍確認と審査結果の連絡などを見ていきましょう。

アイフルの本人確認

消費者金融アイフルの申し込みから借入れができるまでの流れは、申し込み→審査→契約→借入れ、といった内容になります。アイフルでの本人確認は契約を締結するまでに行われる確認行為で、本人その者や住居を確認するために携帯電話や自宅の固定電話にかけられます。

申込時に提供する個人情報として携帯電話と自宅の固定電話の記入(入力)欄があり、どちらかは必ず記入しなければならないことになっています。ローン事業者の審査では固定電話を保有しているほうが評価もよくなると考えられているため、保有している場合は面倒がらずに記入しておきましょう。

アイフルから自宅に電話をかける場合は、通常は担当者の個人名で連絡してくるのでアイフルの名前が家族に知られることはないでしょう。また、予め電話に出られる時間帯などを相談しておくとそのように対応してくれることもあります。

そして、どうしても自宅で連絡がつかない場合や連絡されると困る場合、そのことをアイフルに伝えておけば携帯電話に連絡してくれることもあるのでまずは相談してみてはどうでしょうか。もちろん納得のいく理由が必要となるので、端的に説明できる準備をして連絡を取るようにしてください。

勤務先への在籍確認

アイフルでも通常本人確認の後に申込者の勤務先となっている職場の在籍確認を実施しています。同社の担当者が個人名で職場に電話をかけますが、その折ローンの内容について細かな話などをすることは通常ないようです。本人に電話が繋がれば申し込みのお礼をのべて終了というのが一般的で、もし外出しててもかけ直しの電話もないようです。

このような電話のかけ方なので職場の人にアイフルの存在や利用などを知られる心配はほとんどないと思われますが、それでも気になる方はアイフルに相談して電話をかける時間帯や話す内容などついて相談するのがよいでしょう。できるだけ希望に沿った方法で電話をしてもらえる可能性があるはずです。

職場への電話連絡がどうしても困る方はダメもとでやはりアイフルに相談してみてはどうでしょうか。納得のいく理由があれば別の方法に変更してもらえる可能性はあるのでトライしてみて下さい。もしダメならモビットやネットバンクなど、電話連絡なしの在籍確認を実施している事業者を探すしかありませんね。ただし、その事業者はかなり少ないですよ。

審査結果の連絡

アイフルでは電話、店舗、契約ルームやインターネット経由などの多様な申込方法が用意されていますが、審査結果は申込方法によって多少異なってくるようです。パソコンなどのインターネット経由では、審査結果を携帯電話、自宅及び勤務先への電話連絡として希望できますが、メールでの返信も多いようです。

来店や契約ルームで申し込み、そして審査を受けた場合はその場所で審査結果が得られることもありますが、審査に時間がかかるようなケースでは他の方法と同様に電話やメールでの回答ということになるかもしれません。審査の状況には個人差があるのでそのようなケースもあることを考えて申込方法を決めておく必要もあるでしょう。

審査結果が来る前に追加の質問や確認のためにアイフルから電話をかけられることもあります。最近のローン事業者の審査はコンピュータによる自動審査が行われていますが、利用者の負担を軽減するため最小必要限度の質問数となっています。そのため、申込み者によってはさらなる情報が必要となることもあり電話がかけられることがあるのです。

「最短30分の審査回答」などとアイフルでも示していますが、他のローン事業者も含め予想以上に時間がかかることもあると認識しておいたほうがよいでしょう。審査に通るか通らないか、どちらの結果になるかわはわかりませんが、あまり長いようだと万が一のことを考えて別のローンの検討を始める必要があるかもしれませんね。

ローン契約以降の電話連絡

申込時や契約時での電話連絡を除けばアイフルなどのカードローン事業者からそう度々連絡を受けることは通常ありませんが、アイフルでは主に2つの用途で電話が時々かかってくるとみられています。アイフルのホームページではそういった説明はありませんが、ネットの口コミ情報ではみかけられることなので紹介しておきましょう。

融資限度額の増額と結果の連絡

カードローンの利用に慣れてくると借入れの額も少しずつ増え、やがて融資限度額いっぱいまで借りてしまうというようなケースも少なくありません。そうした場合、多くの利用者は限度額の増額を望みその申請を自ら行っています。しかし、アイフルのようにローン事業者の中には利用者に対してその増額を勧めるところもあるのです。

アイフルではaiメール(アイメール) という会員に対する無料のメールサービスがあり、その中で増額可能な限度額を知らせるというサービスを行っています。しかし、それとは別にアイフルの担当者から利用者に直接電話で増額を勧めることも少なくないようです。他のローン事業者でも同じようなことはみられますが、アイフルの場合は積極的なほうかもしれません。

事業者としては安全性が高く利用頻度の多い優良顧客にはもっと借りてもらって収益を伸ばしたいと考えているため、増額申請すると可決される可能性が高いとみられています。今後借入れが増えそうな場合はそうしたお誘いの機会に申請しておくほうがよいかもしれませんね。

増額申請の審査結果はメールか電話により行われますが、特にメール登録していて電話での返信を希望しない場合はメールで回答されるようです。審査結果について直接確認したい方は電話での連絡を希望しておく必要がありますね。

おまとめローンのお誘い

貸金業法改正後、大手消費者金融や都市銀行などはおまとめローンや借り換えローンに力を入れています。業界での競争が厳しくなっており、新規の顧客を獲得するためには他社を利用している顧客を奪い取る手段としてこれらのローン商品は有効のようです。

そのため、ややリスクはともなうもののその可能性のある申込者や利用者に対してアイフルでも積極的にPRしているのです。もちろん、申込時や限度額の増額申請時などに対象となりうる個人におまとめローンなどを紹介しているのですが、そうした時期だけでなくアイフル独自の調査により対象者を選出し電話で勧誘することが多いとみられています。

増額のお誘いもそうですがアイフルからおまとめローンの利用を打診してくることは審査を通過できる可能性が高いため少なくとも検討するべきでしょう。おまとめローンでは他社で借りている金利よりも低い金利のローンに一本化できるというメリットが期待できるため、現状の利息負担をかなり低減できるかもしれません。

ローン事業者からのお誘いでもあるので金利面などでの希望を伝えておけば優遇されるかもしれません。ダメもとで相談してみてはどうでしょうか。なお、審査結果の連絡は通常の審査と同様にメールか電話のどちらかによるものと考えていてよいでしょう。

アイフルの返済の督促

アイフルをはじめとした消費者金融は貸金業法の改正前ではローンの支払いの遅れについてはかなり厳しい取り立てをしていたこともあるようです。時にはニュースで取り上げられるような事件も発生していましたが、現在の正規の消費者金融などでは利用者の自宅を訪ねて返済を乱暴に迫るというような行為はほとんど聞くことはありません。

しかし、返済が遅れてきた場合には電話やメールでしっかり督促を行っています。ローン事業者によってその対応の仕方はさまざまですが、ここではアイフルの督促の仕方とその対応策をみていきましょう。

アイフルの督促の電話

現在、アイフルでも返済の督促のために利用者の自宅や会社を訪問することはありませんが、電話をかけて状況の確認及び督促を行っています。アイフルのホームページにはどの程度の遅れで、どのタイミングでどのように電話連絡するかはまったく記載がないのでネットでの口コミや元社員の情報などでしかその状況を確認することができません。

しかし、現在のアイフルの電話に関する情報が少ないため、他の消費者金融などの情報も含めて督促に関する電話内容の例を紹介しておきます。

  • 貸金業法改正前は電話でもかなり厳しい口調の督促が多かったが、現在ではかなり優し目、紳士的な口調へと変わっている
  • 返済の遅延が長引くにつれ電話をかけてくる間隔が短くなり、2週間以上なるとほぼ毎日がかかってくることがある
  • 担当者によっては電話よりも親展による督促状を頻繁に送付することもある
  • 督促の電話に出ない、遅延の理由を伝えないなどの場合、早い時期から頻繁に電話がかけられ留守電にメッセージが多く残される
  • 電話の内容も返済が遅れるにつれて、いつ返済できそうかという支払い可能な日の話から仕事や収入の内容など込み入った話へ変わっていく
  • 返済をいつまでに返済するという約束の連絡をしたがその期日までに督促の電話がかけられた

上記の情報はネット上に提供されている一部で、その信頼性も検証されたものではありません。そのためアイフルや消費者金融全体を正確に捉えているものではないということを前提に、現在ではこんな感じで電話での督促があるのかと理解してもらえるとよいですね。

電話をかけられる前に電話する!

アイフルでも多少みられることですが、返済が遅れれば遅れるほど電話による督促は多くなるでしょう。また、その際の電話の対応の仕方も徐々に厳しくなっていく可能性があります。そして、返済自体がどんどん困難な状況に陥る可能性が高まっていくでしょう。

そうなる前に返済が困難であることをアイフルで連絡してください。アイフルには会員用の専用ダイヤルで返済に関する相談を受け付けており、返済期日や返済金額を変更するなど実現可能な方法を提案してくれることも少なくないようです。アイフルも返済してもらえないと困るので可能な限り相談に乗ってくれるのではないでしょうか。

そして、予め返済の連絡と相談をしておけば無暗に電話で督促されることも回避できる可能性があるのです。自分一人で悩まず、まずはアイフルに電話を入れて下さい。それでも返済が困難と思われる場合は早めに法律の専門家などに法的な債務整理について相談するのがよいかもしれませんね。

【参考ページはこちら】
アイフルの気になる在籍確認の有無

新着記事
ページトップへ