> > 即日でお金を借りたい人は必見!アイフルなら融資の手続きも楽々

即日でお金を借りたい人は必見!アイフルなら融資の手続きも楽々

アイフルは即日融資に対応しています。しかも、インターネットから楽々手続きが行えるため、どなたでも気楽にカードローン申込が行えるでしょう。

さらにアイフルでは簡易審査も行っています。他のサラリーマン金融と比較しても、サービスの幅ではアイフルが特に評価できます。

そんなアイフルですがデメリットも存在するので、メリット・デメリットについても案内させていただきます。カードローンに不安がある人は、記事を読んで不安の解消もしていただければ幸いです。

カードローン未経験者は自動契約機がオススメ!

サラリーマン金融は、自動契約機を設置している店舗が各地に存在するため、基本的にカードローン申込は自動契約機からで行う流れとなっています。

自動契約機というと、店舗を訪れる際に人に見られることがあるので、あまり好ましくないという考え方もあります。ですが、自動契約機を通じて契約したほうが、納得のいく契約になるのも確かです。

主に以下のような点で自動契約機は優れています。

  • カードローンの商品情報を正確に理解できる
  • 申込用紙の記入でスタッフのサポートを得られる
  • 記入ミスが見つかった際の修正が簡単

自動契約機以外の申込では、「ネット申込、電話申込」が用意されています。

しかし、これらには以下のようなデメリットがあるため、カードローン初心者向きではありません。

1.ネット申込はシステムによる対応が行われるのみ

ネット申込を行う場合、「公式サイトの申込ページ」にアクセスを行う必要があります。ですが、よく知らない人はクリックを繰り返すだけということもあります。

さらに、申込ページではヘルプのみの案内となっているので、どのように記入すればいいのかがわかりづらいです。自動契約機の場合、その点が補完されるため申込で苦労する人は少ないでしょう。
もし、申込ページでミスが見つかっても、「赤文字でヒントを与える」だけとなっています。そのため、不慣れな人にとっては修正が必要な箇所の判別も大変です。

2.電話申込は申込時間が長い

電話申込は、電話にて「スタッフが質問を行う」形で申込が進んでいきます。大変わかりやすい対応だけで申込みできるので、昔から人気の高い申込方法として有名です。

しかし、他の申込者・契約者も電話の利用が多いため、対応が遅れることもあります。

即日融資を受ける場合、「ほんの僅かな遅れもあってはいけない」と判断したほうが良いでしょう。というのも、指定時間内に審査完了とならない場合、融資は即日で行われないからです。

このような背景(デメリット)もあるので、自動契約機のほうが無難にカードローン契約まで進展する場合が多いです。

自動契約機を利用する前に知っておきたいこと

自動契約機についてですが、必ずしも駅前に存在するわけではありません。

道路沿いにも存在しますし、ビル内にテナントとして入っていることもあるのです。

近年では、自動契約機の数もそれほど多くはなくなってきました。

そのため、古い情報を元にして自動契約機を探すのだけは、やめておいたほうが良いです。見つからない場合が多く、時間を無駄にすることが多いので注意してください。

次に、自動契約機が設置されている店舗を訪れる際ですが、以下のものは必ず持っていかなければいけません。

  • 運転免許証など本人確認で必要な書類
  • 筆記用具、印鑑
  • 現在の収入を証明できる書類(※)

※収入の証明は不要となる場合もあります。サラリーマン金融の場合、50万円以内の借入では不要の場合が多いので、先に公式サイトで確認しておいたほうが良いでしょう

自動契約機には筆記用具くらいは用意されているのですが、ペン先が使いづらいケースも多いです。インクの出が悪かったり、破損している部分が見つかるものもあります。

なので、可能であれば自動契約機を利用する前に、筆記用具を自分で用意しておいたほうが無駄が省けます。

最後に本人確認書類についてですが、「運転免許証、健康保険証、パスポート」のどれか1枚を持っていけば問題ありません。

これはアイフル以外でも同じです。

サラリーマン金融であれば、特に大きな借入でない場合は、本人確認書類のみで審査を行ってもらえます。

アイフルはインターネットからも申込可能

近年のサラリーマン金融の中で、アイフルが良く評価されている理由ですが、それはインターネットからで申込が行える点です。

インターネットから申込が可能といっても、初心者にとってはどのようなものなのか不明かと存じます。このような審査は主にネット申込と言われているのですが、ネットに接続されている場合に利用が可能となります。

つまり、「パソコン、携帯、スマートフォン」を所持されていて、インターネット接続環境を用意されていれば問題ないのです。

ただ、以下のような注意点もありますので、自動契約機に比べるとそれほど万能でもありません。

  • カードは郵送、もしくは自動契約機コーナーで受け取る
  • 古い機種には対応していないことが多い
  • ネットの接続障害が発生している場合は利用できない

自動契約機であれば、これらの問題もないので気楽に利用できます。

それと、インターネットでは以下のような意見を見ることもありますが、特に根拠の無い情報なので安易に信用しないほうが良いです。

・ネット審査で金利が優遇される

金利というのは、基本的に優遇されないケースのほうが圧倒的に多いです。なので、インターネット上で見つかる金利優遇は信用しないほうが良いでしょう。

金利優遇されている方もいますが、「借入額が大きい、もしくは信用の高い人物」として評価されているからです。そのような場合、サラリーマン金融は金利優遇を良く検討してくれます。

・ネット審査は最短5分以内

最短5分以内で審査が終わるのでネットは使いやすい・・・という意見もあります。しかし、それは「簡易審査」と言われている審査なので、通常の審査とは別物です。

通常の審査は、どれほど速くても「10分~30分」ほどかかります。サラリーマン金融はアイフルも含めて速い部類なので、最短30分以内というケースが多いでしょう。

参考として他の金融業者の審査時間も案内させていただきますが、他の金融業者では「最短60分~1日以内」というケースが多いです。サラリーマン金融がほぼ最速とみて問題ないでしょう。

自動契約機の場合、アイフルでは審査に時間がかかるという評判も存在します。
(⇒アイフルの審査基準とは?

しかし、不慣れな人(初心者)が自動契約機を利用しているだけであって、アイフルの審査が遅いわけではありません。

不慣れな人にとって、自動契約機で審査を受けていると「緊張が高まりやすい」ため、時間の流れを遅く感じる人もいるというだけです。

インターネット申込は女性の利用者が多い

最近のカードローン事情についてですが、「女性の利用者が軒並み増加傾向」という事情が存在します。

女性というと、カードローンを嫌がっている人が多い・・・というイメージがあります。しかし、とある事情で段々と女性の利用者も増えるようになってきました。

その事情とは、女性用のカードローンが多く誕生するようになったという事情です。

サラリーマン金融は、新規顧客開拓に数年前から取り組むようになってきました。その際に、「女性を前提としたカードローン」も良く売られるようになってきたのです。

有名なカードローンでは「レディースカードローン」が存在します。

一昔前までは、「一部の業者のみ取り扱っていた金融商品」だったのですが、今ではアイフルやプロミスで取り扱われている商品です。

レディースカードローンと、通常のカードローンは別物です。

通常のカードローンは、「融資限度額が高く、男女に関係なく利用できる」カードローンです。

レディースカードローンは通常のものとは違い、「融資限度額が低く、女性に関する目的のみで利用可能」なカードローンです。

女性に関する目的というのは、主に以下のような目的が該当します。

  • 女性専門の職業に就く際にかかる費用
  • 女性特有の悩みで発生する費用

上記の費用を捻出する際に、レディースカードローンが利用できるというわけです。

また、実際にどのような女性が利用されているのか興味がある人は、下記の実例の案内も参考にしてください。

・夜のお仕事に就く場合でもカードローンの利用が可能

銀行やサラリーマン金融というのは、昔に比べると「審査が厳しくなってきている」ため、夜のお仕事に就く場合は審査で通りづらいです。

そのため、そのような職業を専門としたカードローンまで存在していたのです。レディースカードローンは、そのような職業に就いている女性も対象としています。

しかも、アイフルといった大手で対応してくれているため、「安心してお金を借りられる」魅力まであります。レディースカードローンを利用すると、通常より金利が高くなることもありません。

・美容関連の医療を受ける場合でも審査対象となる

女性特有の悩みでカードローン審査に通りにくいものとして、昔から女性を悩ませていた「お使いみち」が存在します。それは、整形など美容に関する医療費用です。

実はあまり美容に関するローンというのは、銀行やサラリーマン金融に関係なく、審査で落ちやすいお使いみちなのです。

近年では、わざわざ信販会社で用意されている、医療ローンを利用している女性も多くいます。レディースカードローンは、そのようなお使いみちにも対応しているため、女性の利用者が増加傾向にあるのです。

しかも、レディースカードローンは「即日融資にも対応」しているので、これからお金が必要という人まで利用しやすいカードローンです。

ただ、「大きな借入」には対応していないので注意してください。融資限度額としては、初回では100万円未満の場合が多いです。

そのため、複数のローンを一本化させる場合は不都合が多いローンでもあります。これから、それほど大きな金額ではないお使いみちで利用する場合に、利用するというのが正しい使い方でしょう。

アイフルで行っている融資には注意が必要!

自動契約機に関連するトラブルでよく見かけるものに、「即日融資の時間」に関係しているトラブルが存在します。

即日融資というのは、必ず即日融資を行いますという約束で成立している融資ではないので、利用の仕方によっては即日融資が発生しません。

即日融資でカードローン利用をされたい場合、以下のような条件についても確認しておく必要があります。

  • 即日融資について業者側が明記している
  • 即日融資の対応可能な営業時間

即日融資で有名な業者というと「モビット」が出てきますが、モビットは「即日融資可能と明記している」サラリーマン金融です。(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)

アイフルは明記していないので、実をいうと即日融資を絶対に行っているわけではありません。

さらに即日融資に関する営業時間の連絡も確認できないため、人によってはアイフルで即日融資を受けられないこともあるのです。

モビットは「14時50分までに審査完了している人」であれば、即日融資の対象になると明記しています。なので、必ず即日融資を受けたい・・・という場合は、アイフルよりモビットのほうがオススメとなるのです。(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)

このようにサラリーマン金融の即日融資は、「業者によって対応が微妙に違う」という特徴があります。

アイフルの場合、「審査完了後に即日で融資を行える」だけです。そのため、審査時間が営業時間上でギリギリの人は、アイフルで即日融資を受けられない可能性が高いです。

アイフルで安定して即日融資を受けられるようにしたい場合は、なるべく下記についても意識して申込をされたほうが良いです。

1.午前中に審査を受ける

自動契約機は9時~21時(※)で営業を行っています。
※地域によって18時で営業終了の店舗も存在する

基本的に、14時を越えて申込を行った場合は、「融資が翌日になりやすい」ので注意してください。これはアイフルだけでなく、他のサラリーマン金融でも同じです。

なので、安定して即日融資を受けたい場合は、午前中に申込完了されているほうが、申込者にとっては都合が良いのです。

審査が長くなってしまった場合でも、サラリーマン金融であれば60分とかからないでしょう。そのため、「遅くても13時までに審査完了」していれば、即日融資の対象となりやすいです。

2.申込の予約を行っておく

あまり知られていませんが、サラリーマン金融でも申込の予約は可能です。予約されていると、対応がスムーズになるため即日融資のチャンスは広がります。

予約は電話・インターネットどちらでも行えますし、これといって予約方法が難しいということもありません。自分にとって都合の良い時間を伝え、問題なければ申込の予約が完了します。

このような対応方法を知っているだけでも、アイフルで即日融資を受けられる可能性が高まります。

ただ「本人確認書類」でもそうですが、審査で必ず用いるものを忘れない心がけも大事です。意外と自動契約機からの契約では、書類などを忘れてしまう人が多いため、契約までの時間にロスが発生しやすかったりします。

在籍確認電話は数分で終わるように配慮されている

インターネットには古い情報が消されずに残っていることも多いです。

特に問題とされている情報は、カードローン審査で発生する在籍確認電話に関する情報でしょう。

在籍確認電話とは、サラリーマン金融が行っている在籍確認の電話です。

銀行やサラリーマン金融で必須とされている確認のため、サラリーマン金融であっても「在籍している会社」に電話がかかってきます。

そんな在籍確認電話ですが、「極端に長い時間」で在籍確認電話に時間を取られる・・・ということはありません。

昔の情報では、「10分~30分」で在籍確認電話が行われるという情報もあります。ですが、アイフルといった大手サラリーマン金融では、「3分以内」に終わる場合が多いので安心してください。

次に、在籍確認電話などの応答で「審査落ちする」という情報も、あまり信憑(しんぴょう)性のない情報なので、気にしないでも問題ありません。

なぜ在籍確認電話を行ってきているのか?というと、「本当に在籍しているか確認する必要がある」からです。

カードローン契約者の中には、「自分以外の情報を使う」人もいます。そんな人もいるため、金融業者は在籍確認電話で本人が電話に出たか?本人が連絡のあった企業に勤めているか?を質問するわけです。

在籍確認電話の連絡も、「申込者の氏名に誤りがないか、電話に出た人が本人かどうか、契約に関する説明」くらいです。特に電話連絡で難しい質問をされるということもありません。

アイフルの即日融資は土日の申込にも対応

現代ではあまり珍しくもありませんが、アイフルも土日の申込に対応しているサラリーマン金融です。

通常では、土日に申込をすると審査完了が平日になるという場合が多いので、人によっては土・日・祝日に申込むのを避ける人もいます。

ですが、現代のカードローン審査では「一時審査・二次審査」で対応が違っているため、土日に申込みされても特に問題ありません。

一次審査は「システムによる判定」となっています。そのため、営業時間内であれば即時にシステムによる審査が完了します。

次に二次審査となりますが、こちらは「人の手による判定」が行われます。在籍確認電話も人の手による判定なのですが、近年では長時間の判定時間を設けていません。

というのも、「判定そのものをマニュアル化」しているからです。

銀行でも同じような対応がとられているため、特に休日では審査が遅くなるということもなくなりました。

ただ、以下のような相手であった場合、審査(判定)に時間がかかることもあります。

  • 深夜の申込
  • 本人の操作ミスなどにより申込が短時間で連続している
  • 問題の多い個人として評価されている

深夜の申込についてですが、基本的にこのようなケースは「当日の午前中に審査完了となる」ので、すぐに審査結果が出るということはありません。

もし、素早く審査結果が出た場合は「審査落ち」の可能性が高いです。というのも、システムによる判定が常に行われているため、システムによって審査落ちとなると、メールが自動的に送られてくるからです。

暇がない場合は仮審査を行っておく

自動契約機のちょっとしたコツとなりますが、別の審査を先に受けておくことで審査時間を短くするというテクニックを案内させていただきます。

その審査方法というのが「仮審査」です。

昔から、銀行やサラリーマン金融で行われていた、「忙しい人向けの審査」です。

仮審査は記入項目の記入を終えていると審査を行ってくれるという、忙しい人にとっては嬉しいサービスです。しかも、素早く審査結果まで教えてもらえます。

仮審査を受けておくことで、本審査(通常の審査)は「書類提出、在籍確認、契約」の3ステップのみとなります。

カードローンは、契約までの審査にかかる時間が特に長いため、このような対応も行ってくれるのです。仮審査であれば、忙しい時間の合間を縫って審査を少しずつ進めることも可能です。

しかも、「審査結果の是非」について間接的に問えるので、審査に自信がない人にもオススメのサービスです。審査を受ける上で、これといって注意点もありません。

アイフルの審査も、「安定した収入がある人」であれば基準を満たしているので、安定した就労状況にある人であれば、審査前に審査落ちになることもないでしょう。

アイフルカードローン商品情報

アイフルカードローンの商品情報を掲載しています。

これからアイフルでカードローン選びを検討されている人は、良ければ下記の情報もお役立てください。

業者名 アイフル
商品名 キャッシングローン(※)
※カードローンと同内容の商品
融資限度額 500万円
金利(年率) 4.5%~18.0%
遅延損害金 20.0%
審査基準 1.満20歳以上69歳以下
2.安定した収入がある方
3.当社基準を満たす方
返済回数(年数) 借入直後最長1~151回(※)
※年数では14年6ヶ月が最長
返済方式 借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
担保・保証人 不要
WEB審査 対応

【参考ページはこちら】
アイフルで即日融資を受けたい人のための情報

新着記事
ページトップへ