> > アイフルは申込が簡単!借りるとき必要な物が少ないのも魅力

アイフルは申込が簡単!借りるとき必要な物が少ないのも魅力

アイフルのカードローン申込で、借りるとき必要な物は他のサラリーマン金融と同じで、それほど多くの書類などが必要となるわけではありません。

しかし、何も知らずに申込みしてしまうと、必須とされる書類の提出を失念してしまうこともあります。人によって、提出しないといけない書類は微妙に違うのです。

そこで、アイフルで借りるときに必要とされている物をまとめました。これからカードローン申込を検討されている人は、良ければ案内を参考にして申込を行ってください。

通常の借入の際に用意しないといけない物

借りるとき必要な物で絶対に必要とされる物もあります。

それは、本人確認が行える書類です。本人確認書類として、そのまま公式サイトでも案内がかかっているのですが、種類が多いためにどれを用意すればいいのか、わからないという人もいます。

サラリーマン金融全体で借りるとき必要な物には大きな違いはありません。これは本人確認書類でも同じです。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート

サラリーマン金融で本人確認書類というと、上記の3点のことを言っています。どれか1枚を提出すれば問題なく審査が始まります。

ただ、これらの書類提出には注意点もあります。特に以下には注意して提出するようにしてください。

1.更新されていない書類は無効となる

運転免許証は更新に関する案内がハガキで届きますので、書類そのものが無効となるケースは稀でしょう。しかし、パスポートのように「頻繁に使わない書類」では、管理がずさんというケースも珍しくありません。

不安な方は、正確に更新されているもの(次の更新日までに余裕があるもの)か、今一度チェックされてから審査を受けたほうが良いでしょう。

2.情報が一致しない場合は無効となる

提出した書類と申込で連絡した内容が一致しない・・・ということもあります。

このようなケースは「引越し・転職」で発生しやすいので注意してください。過去の情報をそのまま用いても、現代のカードローン審査ではすぐにバレてしまいます。

現代では個人信用情報を業者側で共有しているので、「最近の申込と内容が違う」と判断されると、その時点で審査がストップしてしまうのです。

業者からの指摘もありますので、もし誤った内容の本人確認書類を用いている場合は、新しい本人確認書類で再び申込を行ったほうが良いです。

お借入診断の場合は借りるとき必要な物がない

最近では、「お金を借りる前にお借入診断を受ける」という人が増えています。

その理由は、インターネットのみで行える書類を必要としない審査だからです。

審査というのは、「お借入診断・仮審査・本審査」の3種類が用意されています。大手サラリーマン金融であれば、対応していないほうが珍しいでしょう。

大手サラリーマン金融とは、「プロミス・株式会社新生銀行レイク・モビット・アイフル・アコム」のことです。
(⇒アイフルとモビットを徹底比較!

大手はインターネットに対応しているため、全体的にサービス内容が似通っています。全体的に審査の種類については、これといって差がないと思っても問題ありません。

次に審査の内容についてですが、下の表のとおりで審査によって提出する書類は違ってきます。

審査の種類 必要書類 審査時間
お借入診断 なし 10秒以内
仮審査 申込内容により必要 10分以内
本審査 必要 60分以内

あくまでもサラリーマン金融の場合の話です。そのため、銀行などで対応しているカードローン審査では、全体的に書類提出が必須となっていることもあります。

また、お借入診断の審査時間を見ると「10秒以内」と、かなり短時間で審査が終わることがわかります。

かなり速い!と思うかも知れません。ですが、お借入診断の場合は審査が進展しませんので、お借入診断後に本審査を受ける必要があります。

お借入診断はシステムによる自動判定のことです。

最低限の項目(項目数は3、4程度)に記入をするだけで、借入希望額で借りられるかどうかの判定が行われます。しかし、システムによる判定のみなので、人の手による審査は行われていません。

仮審査は人の手による判定です。そのため、仮審査で審査通過となっている場合は審査で落ちる心配がほとんどありません。仮審査を受けていると本審査の審査時間も短縮します。

本審査はシステムによる一次審査、人の手による二次審査の両方を行う審査です。仮審査を行っていない場合、一次審査・二次審査ともに長くなりやすいため、他の審査より審査時間が長めです。

まとめとして、審査時間を短縮するために「間接的に審査を受ける」ことは可能です。ですが、本審査を外して審査を終えるのは、対応していないために不可となっています。

借入について不安、もしくは書類の用意が面倒という人はお借入診断から、審査をスタートさせましょう。

ネットのみで審査を終わらせることが可能なだけでなく、書類の提出なしの状態で、多くの業者で審査を受けることも可能となります。

借入が多い場合は別途必要となる物がある

近年では知られるようになってきていますが、サラリーマン金融は総量規制の対象なので、大きい借入というのは滅多に認められません。

総量規制というのは、借入が年収の3分の1以上にならないよう制限される規制です。そのような規制となっているので、サラリーマン金融では100万円以上借りている人が、今ではあまりいない状態となっています。

そのため、サラリーマン金融で「大金を借りる方法」というのは、インターネットを使ってもあまり出てこない情報であったりします。

そのような状況となっているのですが、なぜか「50万円以上借りられた」という話をよく目にする人もいます。

大金が借りにくくなっている時代なのにどうして?と、思うかも知れません。

このような借入は実をいうと可能です。以下のような方法を駆使することで、借入を50万円以上にすることも可能なのです。

1.配偶者貸付の制度を利用する

サラリーマン金融は、「担保・保証人が不要」となっていますが、あくまでもカードローン審査を受ける上で不要というだけです。

そのため、サラリーマン金融で対応している「配偶者貸付」を利用する場合、配偶者を保証人としてカードローン契約を結ぶことも可能です。

女性の場合、信用が高くなく50万円未満までしか借りられない・・・ということは多いです。配偶者貸付は、そんな小さな借入で制限される人でも、50万円以上借りられる可能性がある借方として、今では利用者の多い借方の1つとなっています。

2.借金に関する支援制度を利用する

サラリーマン金融は、大手であれば「借金の支援制度」も導入されています。そのため、サラリーマン金融で「おまとめローン」が販売されているのです。

おまとめローンは、基本的に「借金を一本化」する際に用いられるローンプランです。支援制度に則って借金しているため、実は「総量規制の対象にならない」仕組みがあります。

つまり、アイフルで用意されているおまとめローン「おまとめMAX」で契約すると、50万円どころか100万円、200万円のローンも可能となるのです。

しかも、おまとめローンはどのサラリーマン金融でも、「金利優遇」を受けられます。金利が0.5%~2.0%で引き下がることもあるため、利息の支払にも余裕が生まれる人も多く、サラリーマン金融でも人気商品の1つとして知られるようになってきました。

3.複数のサラリーマン金融で借りる

あまり好ましい方法ではありませんが、複数のサラリーマン金融で借りるというのも50万円超の借入を行うテクニックです。

ただし注意点もあります。アイフルでもそうですが、サラリーマン金融は「短期間で多数の業者で申込を行っている相手」を、あまり好ましく思っていません。

なので、A社でカードローン申込を行った後、少なくとも1週間は日を空けて、B社でカードローン申込を行ったほうが良いでしょう。

C社、D社の利用を検討している場合も、必ず日を空けて申込むのが、安全なカードローン申込の鉄則となります。

上記のテクニックを駆使することで、50万円以上借りられる可能性もグッ!と引き上がります。これにより、借入に余裕ができたという人もいるでしょう。

しかし、サラリーマン金融では「収入証明書の提出」も必要なので、安易に借り過ぎると手続きが面倒になる・・・ということもあります。

その点に注意して50万円未満で意識的に借りるというのも、サラリーマン金融の賢い使い方でしょう。

収入証明書を求められる意外なケース

借りるとき必要な物は「本人確認書類のみ」というケースが多いです。

確認は、本人の住所や在籍している会社に対して行われるため、それほど書類を多く求められるというケースはほとんどありません。

ですが、以下に該当する場合は複数の書類を求められることもあります。

  • すでに借入が年収と釣り合っていない
  • 借入額は少ないが借入件数が多く審査で悩む相手
  • 過去に金融業者との間でトラブルを起こしている

借りるとき必要な物は、本人確認書類以外では収入証明書があります。収入証明書の提出は、何も借入希望額が大きい場合のみ必要というわけではありません。

「信用が少ない相手」と判定された場合も、業者側から提出を求められるようになります。

そのため、アイフル以外のサラリーマン金融でも、収入証明書の提出を求められた・・・という場合、現在の借入について再チェックしておく必要があります。

「返済で遅延しているものはないか?契約解除せずに放置している借入はないか?」など、現在の借入状況を詳しくチェックしましょう。

収入証明書の提出を求められやすい相手ですが、意識的ではなく「うっかりミス」で求められることが多いだけ・・・というケースも珍しくありません。

たかが借金1件と考える人もいるでしょう。しかし、このようなうっかりミスを放置していると、最終的に「借金そのものが難しくなる」ということもあります。

やはり、早め早めの対応が借金でも大事です。

外国人の借入ではパスポート以外も必要

国内のカードローン利用者というのは、日本人だけではなかったりします。

近年では、国際結婚されている日本人も増えてきているため、外国人の配偶者がカードローン申込みされているケースも多い状況です。

ですが、外国人のカードローン申込は、日本人の申込とは違い提出が必要な書類にも癖があります。

  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 外国人登録証明書
  • 公的証明書類

外国人が借りるとき必要な物ですが、上のような書類が必要とされています。

必要とされています・・・と案内させていただいた理由ですが、「業者によって必要なもの」が違うからです。

例えば、パスポートのみで審査を終えられることもあれば、パスポートと特別永住者証明書が必要・・・というケースもあります。

サラリーマン金融は同じような審査を行っていると思われがちですが、このような意外な面で審査対応は違っています。可能な限り、審査前に外国人であることを明かしておくのも大事でしょう。

過去に銀行などでカードローン審査を受けている場合、そのことを電話などで話されるのも1つの手段です。

パスポートを必要とせず審査に受かる方法

サラリーマン金融の大手は、大手というだけあって意外と便利なサービスを多く提供しています。

例えば、パスポート不要でカードローン審査が可能となるサービスが、今では当たり前のように利用されるようになっているのです。

そのサービスは「ファミリータイプのカードローン」です。

ファミリータイプとは、通常のカードローンとは違い「家族全体で利用することを前提とした」カードローンです。

そのため、「親となる契約者、子となる契約者」に分かれてカードローン契約を行います。カードローン審査を受けるのは、親となる契約者のみです。

この場合は、「親が日本人」であれば通常のカードローン審査と同じ審査を受けられます。子については、契約者としてカードローンの一部が利用できるようになるのです。

同じようなサービスがクレジットカードでも導入されていますが、カードローンの場合は「親にアカウント管理の権限」が存在します。そのため、ネットを通じてアカウントを操作できるのは親だけとなるのです。

カードローンの一部のみ利用したい・・・という場合であれば、ファミリータイプのカードローンを選択するのが無難となります。

補足となりますが、アカウントというのは契約者に対して通知される、「アカウントページの情報」です。

契約者(親)は、こちらを操作することが可能なため、契約者(子)についても一括して管理できます。インターネットのみで操作を完了させられるので、操作に時間がかかるということも余りありません。

借りるとき必要な物は評価に影響しない

昔から言われていますが、カードローン審査は書類を利用して本人確認・収入確認を行っているだけです。

なので、運転免許証・健康保険証など提出する書類によって、審査の評価が大きく変わるということはありません。

ただ、以下のような書類に関しては評価の対象になることもあります。

  • 共済保険
  • 組合保険

借りるとき必要な物で評価される書類は、大きく分けると上記の2枚となります。

なぜ評価されるのか?というと、共済保険は「公務員」であることを証明できる保険で、組合保険は「大手企業勤務」であることを証明できる保険だからです。

このような評価をスコアリング審査と言います。

近年のカードローン審査は、「評価前提で行われている」ため、スコアリング審査では高評価をマークされていると、借入希望額に対して審査が厳しくならないのです。

インターネットのクチコミでも、「公務員なら低金利で100万円以上も可!」というカキコミが見つかります。

これはガセネタではありません。公務員、大手企業のどちらかで勤務されていることを証明できる場合、サラリーマン金融などの金融業者では高評価されやすいのです。

ただ、これらの健康保険証を用意できる方は、「専門の機関」でお金を借りている場合が多いです。

そのため、サラリーマン金融を利用する前提では、あまり大きな借入で審査に通った・・・という話を目にしないのです。

一般的な健康保険証、その他の本人確認書類の場合は「評価は普通」だと思ってください。特に高評価を受けた・・・という話は、あまり見かけることがありません。

借りるとき必要な物で評価に影響を与える物

先ほどの公務員、大手企業勤務の証明以外にも、実は「評価が上がる」書類は存在します。

それは、インターネットで管理されているデータベース上の書類で、なるべく評価されている状態を継続するというものです。

カードローン審査の際、それらの情報は必ずチェックが入った状態で審査が進展します。

インターネットで管理されているデータなので、一般の人は見ることができない・・・と思われていることが多いです。

しかし、「個人信用情報機関」という機関は、本人であることを証明できる場合に、本人の情報に限り開示が可能となっています。

CIC、JICCなどの個人信用情報機関が有名ですが、こちらにインターネットからアクセスし、「情報の開示を申請」されると、現在の評価について詳細をチェックすることが可能です。

情報の開示には手数料がかかります。ですが、現在の借入状況・借入に関する問題点などもチェックできるため、将来的に大きな借入を考えている場合は、早めにチェックしておいたほうが賢明です。

また、サラリーマン金融でもそうですが、個人信用情報はプライバシー保護の観点から教えてもらえません。間違っても、サラリーマン金融などに情報の開示を依頼しないように注意してください。

【参考ページはこちら】
アイフルはネットなら24時間予約可能

新着記事
ページトップへ