> > 絶対お得!アイフルで一万円借りると金利はかなり低い!

絶対お得!アイフルで一万円借りると金利はかなり低い!

「借金は絶対にしてはいけない。借金返済が出来ないようになって大変なことになる」

こういう話を子供の頃によく聞いたという人はいるかもしれません。しかしそれは借金を借りすぎた時の話です。

そしてヤミ金のような業者から借りない限りは、返済はまじめに働いて返済すれば問題ありません。

例えばアイフルで一万円借りるとなった時、金利はいくらで返済金額はどのくらいかご存知でしょうか。

アイフルで一万円を借りた時の金利はごくわずか

例として出しているアイフルで一万円を借りたときについて考えてみましょう。

ここで必要なのは金利、そして返済金額、返済期間がどのくらいかといった情報です。

借入金額は一万円と決まっていますから、その金額でどのくらい返済しないといけないのかを詳しく計算するとどうなるでしょうか。

おおよそですが、返済金額は一万円と300円未満といったところです。ざっくりとした計算でも対して多くないことがわかるでしょう。

おそらくお金を借りたら大変なことになる!と思っている人は疑っていると思うので丁寧に説明していきましょう。

アイフルの返済金額は借入金額によって決まる

まず返済金額です。一万円借りて返済するとき、毎月返済をしなければなりません。

どんなに小さい金額でも、どんなに大きい金額でも基本的に月1回は必ず返済をしないとダメなルールです。

そこで毎月1回ずつ返済をすると一万円の借入の場合、1回の返済金額は5000円になります。

5000円ですから2回でほぼ元金の返済は終わりますが、金利がつきますので完済するときには3回返済することになります。

ただ、特別なルールとしてアイフルでも中途半端な金額、1000円未満の金額は返済しなくていいというルールもあります。

と言っても一万円だと300円位しか金利支払いがないので、支払えないことはないかと思います。

アイフルで借りた時の支払い金利の計算方法とは

では次にアイフルで借りた時の支払い金利の計算方法を考えてみましょう。思った以上に少ないと思うはずです。(こちらもご参考に→アイフルの金利はどのくらい?

まず一万円に金利18%をかけます。これは年利なので1年間借りた場合は1800円払うことになります。

ただ、毎月支払いをするので、それを365で割ります。すると1日おおよそ5円程度になるのです。

この5円を1ヶ月である30日や31日にかけます。すると150円というのがわかるでしょう。

つまり最初の1ヶ月は5000円支払いますが、150円の金利を差し引いて、残りは元金の返済に当てられるということです。

元金は5150円になって、そこからまた金利計算をすることになります。ですので2回目は金利は下がるのです。

だから300円も金利が必要ないというわけです。おそらく消費者金融をあまり知らない人はびっくりしたんじゃないでしょうか。

少額融資の場合はアイフル等の借り入れは本当に便利!

一万円という少額融資の場合は、このように金利支払いに圧迫されるということがほとんどありません。

もちろん数百円でもケチっておきたいという人もいるでしょうが、ほとんどの人は支払えると思います。

ですので思った以上に少額での借入というのは負担が少なく使いやすいというのがわかったかと思います。

ではどういう時にこの小学での融資が有効なのでしょうか。幾つかの例をあげてみましょう。

  • 給料日前に少しだけお金が必要なとき
  • クレジットカードが使えない時
  • 急な飲み会などに誘われた時

これらが有効に利用できるパターンと言えます。

給料日前に少しだけ借りて生活費にあてる!

消費者金融の利用で最も多いと言っても過言ではない使い方が給料日前に借り入れをするというパターンです。

実は消費者金融ではよく生活費のために借り入れをするという人がいるのです。その一つがこのパターンです。

生活費が足りなくなること、ありませんか?そういう時に貯金を使うのもまぁ悪くはありません。

でも貯金に手を付けたくないという人もいるでしょう。そもそもそこまで貯金が多くないという人もいます。

そういう時に給料日の数日前だけ、借入をして利用するのです。そして給料日が来たら一気に返済をします。

こうすれば、金利もほとんど払わなくていいのでアイフルでも繰り上げ返済ができれば使えます。

これなら生活のための品物をその日のうちにたくさん買い込んだりして、次の月やボーナスで調整することが出来るでしょう。

以外に便利な利用方法であり、利用している人からすればメジャーな使い方でしょう。

クレジットカードだよりの人が現金が必要なときに

もう一つの使い方はクレジットカードをメインに支払いをしている人にとっては便利です。

クレジットカードも中にはキャッシングが出来ないものもあります。そういう時にはアイフルなどを使うと便利でしょう。

実は海外ではこういう使われ方をしていると言われています。クレジットカードが日本よりも進んでいますから。

ですのでクレジットカードメインでも使えないところというのがあります。その時の現金として借金を使うのです。

借金をアイフルなどで行って、現金を利用します。引き落としなどにしておけば支払いを忘れることもありません。

クレジットカードをメインに使っている人にしてみれば、意外にこういった使い方をしている人は多いものです。

急な出費でお金が必要な時こそアイフルが一番!

最後は急な出費の時で、これはアイフルなどの消費者金融も最も想定している使われ方の一つです。

アイフルなどの消費者金融は急な出費に備えて一枚持っていてほしいと思っていますが、実際にその方法は使えます。

たとえばよくあるのは飲み会でしょう。飲み会に急に呼ばれた、合コンに急に呼ばれたという時です。

そんな時にお金がないというのはよくあることで、そこでキャッシングを行うことでしのぐのです。

キャッシング自体はお金がないときに使うものではなく、急いでいる時にも使えるものというわけです。

実際に使っている人は次の日にそのまま返済をするということもあります。金利のほうがATM手数料より安かったりします。

最近はATMも長く使えるようになってきましたが、まだまだ大手は対応していない所も多いです。

そういう銀行を使っている場合は長く使えるアイフルを持っておけばいざというときに役立つでしょう。

少額融資と大きな金額の借入を比較してみよう

アイフルのカードを一枚持っていると何かと便利というのはわかるかと思いますが、これは少額融資での話です。

せいぜい10万円くらいまでの借入を想定しているわけですが、じゃあたくさん借り入れをした時の差はどのくらいあるでしょうか。

ここでは一万円借入をした場合と100万円借入をした時の差を調べてみましょう。

表にするとこんな感じになります。

一万円 百万円
金利 18% 15%
一月の利息額 約150円 約1万300円
必要返済期日 3ヶ月 3年と少し

このような差になります。借入をたくさんすればするほど利息額が上がっていくのがわかるでしょう。

一万円借入をしたら利息額は少ないですが、100万円借りればそれだけ利息も増えるのです。

このことをまずわかった上で借入をしないといけません。

借入金額が多い時にはできるだけ金利を少なくしよう

もし借入金額が一万円のような少額ではなくて、100万円や200万円といった金額が必要な場合は金利を少しでも下げましょう。

それだけの金額を借りられるという人はそれなりに信用があると思いますので、アイフルでも金利を交渉すべきです。

アイフルは契約をしてから金利発表というわけではありませんので、契約前に金利をこれくらいでと言うべきでしょう。
(⇒アイフルで契約したい方におすすめ

たくさんの借入をする人ほど、金利1%が響いてきます。例えば100万円借入をするなら15%の金利なら15万円の利息が年間発生します。

しかし10%なら10万円になりますし5%なら5万円です。15万円とはかなりの差になるでしょう。

だからこそまずはたくさん借入をして交渉すべきです。それはアイフルも話を聞いてくれるはずです。

一万円くらいなら金利が高い・低いは関係ない!

一万円借入をするという例を出してきましたが、一万円の借り入れだと意外に返済は楽だとわかったでしょう。

10万円くらいまではかなり楽なのですが、はっきり言ってこれくらいの少額融資だと金利はほとんど関係ありません。

たくさん借入をするときには0.1%でも安い金利を求めたほうが有利ですが、少額融資はそれよりも使えるかどうかです。

審査に通って借入ができるかどうかのほうが重要で、それが出来るのはどちらかと言うとアイフルの方です。

アイフルには少額融資用の商品がある!

なぜここまで一万円の借り入れのような少額融資はアイフルがいいというかは理由がちゃんとあります。

理由なく勧めることはないのですが、結論から言えばアイフルには少額融資用の商品があるのです。

ワンポチっとという名前のカードローンなのですが、10万円までの借入ならこちらのほうがいいでしょう。

  • 借入金額は10万円まで
  • 原則として収入証明書の提出はなし
  • 必要書類は携帯・スマホで写真を撮って送るだけ

このように手軽に借入をすることが出来るカードローンなのです。だからこそアイフルのほうがいいというわけです。

借入金額10万円ですから、十分少額融資を考えている人には多いくらいの限度額です。

そして収入証明書は必要ありません。ちゃんとパート・アルバイトや勤務している人なら求められないでしょう。

ただ、収入証明書が必要ないからといって申し込んでも無職の人や専業主婦の人は収入がないので厳しいでしょう。

その後カードローンが送られてくる前に必要書類が必要になりますが、それは写メにして送るだけでOKです。

写メで送るだけでOKなんて、今までのカードローンではありえなかったかもしれませんが、時代の流れなのです。

このような便利な商品があるからこそアイフルなのです。アイフルは少額融資のお客さんも来てほしいと思っています。

金利だけで決めたら銀行系カードローンが一番だが…

よく消費者金融や銀行系カードローンのスレッドで話が盛り上がるのは金利です。金利が低い業者について盛り上がります。

それ自体はおかしなことでも何でもないのですが、金利だけに注目していても仕方ありません。

結局は借入を出来なければ意味がありませんし、ましてや少額融資の人は金利よりも重要な事があります。

金利はたくさん借入をしている人にとっては重要です。しかし少額融資の人は借りやすさのほうが大切でしょう。

つまりどこで借り入れができるか?いつまで借り入れができるか?即日融資は出来るかなどです。

アイフルはその点をちゃんとクリアしています。中小の業者などであれば出来ないこともあるでしょう。

例えばですが銀行系カードローンは即日融資が出来ないところもたくさんあります。信用金庫なども難しいでしょう。

そしてどこでも使えるか?というとATM自体は多いけれども、使える時間が短いというデメリットも有ります。

振込も使えるのでいつでもどこでも利用はできますが、やはりコンビニ利用などでは圧倒的にアイフルの方が上でしょう。

金利は確かに銀行系カードローンの方が低くて、返済も楽かもしれませんが、少額融資の人にはそんなに意味はありません。

一万円だけでも借りたら最後、ダメになってしまうと考えている人もアイフルのことを見なおしたんじゃないでしょうか。

ヤミ金じゃないので一万円借りても十分返済できるし、便利な生活が待っているのですから。

【参考ページはこちら】
銀行にも負けない!アイフルの即日融資サービス

新着記事
ページトップへ