> > このようにアイフルの審査、会社への電話、増額申請は行われる!

このようにアイフルの審査、会社への電話、増額申請は行われる!

カードローンの名前もすっかり定着し身近な存在になってきた今日この頃ですが、それでも具体的な内容や手続きなどがよくわからず申し込みをためらっている方も多いのではないでしょうか。どんな人なら利用できるのか、定職に就いていないと利用できないのか、収入はいくら必要なのか、手続きはどうするのか、など様々な疑問も持っておられるようです。

消費者金融として知名度の高いアイフルに対しても同じような疑問を感じている方は少なくないようですが、その中でもとくに審査の内容と評価、本人確認としての会社への電話確認、融資限度額の増額申請とその評価などに対する関心が高く質問も多くなっています。

ここではカードローンを利用する上で最も関心の高い或いは疑問に思われそうなその3つの項目を取り上げ、アイフルを例にしてその内容を紹介することにしましょう。

アイフルの手続きで多い悩みとは

カードローンを利用するためアイフルに申し込まれる方はたくさんいるのですが、ローンを利用できるまでの流れや手続きがよくわからず悩まれる方も時々おられるようです。そうした方々の申込時や利用時でのさまざまな疑問をここで簡単にみていきましょう。
(⇒アイフルで契約したい方におすすめ

質問の内容は大きく、申込時の質問、利用中の質問、返済に関する質問、セキュリティおよびその他の質問の4つに分かれます。ここでは前3つの内容について紹介していきます。

申込時の質問

アイフルへの質問では申し込む時の手続きやローンの内容に関する事柄が多くなっており、簡単に分類すると次のようになります。

  • ローンの基本特性
  • プライバシーの保護や配慮
  • 利用環境、利便性
  • 利用上のメリット、有利な点
  • 手続き
  • 本人確認

ローンの基本特性については、いつカードが届くか、借入したお金は何に使えるか、いくらまで借りられるか、どんな人が利用できるか、融資利率はいくらか、保証人は必要か、など商品の概要を問う内容となっています。プライバシーの保護などは、郵便物はどのように送られるのか、会社や自宅へ電話がかけられるのか、といったプライバシーにかかわる質問です。

利用環境などは店舗やATMの場所や数に関する問い合わせで、利用上のメリットはATM手数料の有無に関する質問となっています。手続きに関する質問では、必要書類の種類、住所、申込方法やインターネットの利用方法などに関する問い合わせが多いようです。本人確認はアイフルからの自宅や会社への電話の有無に関する質問です。

利用中の質問

次いで多いのが利用中に関する質問です。その内容を分類すると次のような内容になります。

  • ローンの利用上の登録・変更
  • 増額申請
  • 利用停止
  • 会員サービスの利用
  • 詐欺・悪徳事業者の情報
  • カード
  • 利用手数料

ローンの利用方法の登録・変更とは振込口座の登録や変更、住所、勤務先や氏名の変更をどのように行ったらよいかというような質問です。増額申請は融資限度額の増額ができるか、どのような手続きを取ればよいかの問い合わせです。利用停止というのは急にカードが使えなくなったことに対する質問などが該当します。

員サービスの利用会については、会員ページにログインできない理由、会員サービスの種類、aiメールの内容や登録方法などに対する質問などがあります。また、詐欺・悪徳事業者の情報とはアイフルとよく似た会社名を名乗る事業者からの連絡に関する問い合わせなどです。

カードに関しては、破損、紛失や盗難の場合の対処の仕方についての質問があります。利用手数料は振り込みや提携先CD/ATMで借入れや返済をする場合の手数料について質問するものです。

返済に関する質問

アイフルで3番目に多い質問は返済に関するものです。契約前に知っていたほうがよい内容もあるのでこの機会にしっかり確認しておくとよいでしょう。質問内容を簡単に分類すると次のように示すことができます。

  • 返済に関する基本内容
  • 返済の遅れ
  • 督促
  • 返済での会員サービス
  • 利用店舗の廃店

返済に関する基本内容では、返済方法の種類や返済場所、一括返済の可否、返済額の変更や確認の仕方、返済期日の確認と変更、返済口座の設定の仕方などに関する質問があります。返済の遅れに関しては、急に返済ができなくなる場合の対処の仕方を尋ねるものなどがあります。

督促とは返済が遅れた場合に自宅や勤務先に督促にやってくるのかという質問などです。返済での会員サービスについては、借入残高の確認などどのような返済に役立つサービスがあるのか、というような問い合わせです。利用店舗の廃店とは文字通り利用していた店舗が廃店となった場合振込入金口座がどうなるのかといった質問です。

以上のような問い合わせが多くなっていますが、その答えは「よくある質問」コーナーでQ&A形式で示されているので申し込む前には確認して疑問点をなくしておきましょう。そうすることでローンを利用するまで気づきにくい問題点を早く把握することができ、上手にローンを活用していくこともできるのです。

アイフルの審査はどんな感じ?

今までアイフルへのさまざまな質問をみてきましたが、その中でも最も多い部類に入る審査について確認していきます。どのように審査を受けるのか、審査の内容はどのようなものか、審査結果はどのように連絡されるのか、といった点を紹介していきましょう。

審査の手続きや受け方

アイフルなどの大手消費者金融の審査は、申込者が申込時に提供した年収、勤務先や借入額などの情報、信用情報機関からの信用情報や本人確認などによって行われます。審査の手続きの仕方や受け方は申込方法によって異なり、その申込方法は大きく、インターネット経由、店舗・契約ルームと電話の3つに分けられます。

インターネット経由ではPCや携帯電話からアイフルのホームページにアクセスして申し込みのページで手続きを始めます。画面で要求される申込者の属性情報、年収などの収入に関わる情報を入力できれば手続きは完了できます。この方法は24時間好きな時に手続きができる反面、どのように回答してよいかわからない点があると時間がかかることもあります。

店舗・契約ルームの場合は、その場所へ行って手続きをするという手間や時間的な制約がありますが、担当者や電話のオペレーターと会話しながら進められるので、わからない点を確認しながら手続きできるというメリットがあります。申込者の提供情報はインターネット経由と同じですが、書面や画面での問われる点以外について口頭でアピールすることが可能です。

電話では初めてのお客専用と女性専用の電話を利用して申し込みができます。どちらもオペレーターと会話しながら手続きを進めるので先の店舗・契約ルームと同様のメリットが得られるとともに、こちらの場合は電話なので来店せずにできるというメリットもあります。PCの操作が苦手な方や申込手続が分かりにくいと感じる方にピッタリかもしれません。

審査の内容とは

アイフルの審査は基本的に、申込時に提供した個人情報、信用情報と本人確認などで行われます。申込時の個人情報については、住所、生年月日、性別、家族などの属性情報、勤務先名、職業、雇用形態、保険証の種類、税込年収、他社での借入件数・借入残高などの収入と支出に関わる情報が評価の対象となっています。

ここで提供した基本情報のいくつかはアイフルでも確認するため、あやふやな情報を入力したりすると間違いが判明して信用を落とすことになりかねません。必要な資料を準備して申し込みを進めることが審査通過の第一歩として認識しておく必要があります。

信用情報はアイフルが信用情報機関から独自に入手するものなので、申込者が直接的に提供するものではありません。その信用情報には申込者がクレジットカードやカードローンなどの取引履歴、返済遅延、長期滞納や債務整理などの情報が含まれており、アイフルはそれらの情報に対して独自の評価を行うのです。

特に返済遅延、長期滞納や債務整理などの信用事故情報の確認と評価に重点が置かれ、長期滞納や債務整理などがあるとそれだけで審査に落とされることもあるのです。過去の取引に対する評価となりますが、申し込み前後の各種支払いは遅れずに確実に返済しておくことが重要となるでしょう。

本人確認は、アイフルの担当者が申込者の自宅や会社などへ電話をかけることで行われます。電話では個人名でかけられローンについての細かい話はなく、申込者につながるか、会社で働いているかが分かればそれで審査は終わります。

家族や会社の人にばれないかと心配する方もおられますが、個人名を使ってプライバシーに配慮した電話対応が行われるので他の人に知られるようなことはほとんどないといえるでしょう。

審査結果の連絡

審査結果の連絡は申込方法によって若干異なりますが、基本的にはメールか電話での回答となります。早い方では審査結果は最短30分で得られ、手続きをはじめてからでも1時間程度で審査回答が得られることもあるようですが、申込者個人の状況によって審査が長引くことも少なくないようです。

審査が長引く場合の理由は公表されていませんが、審査判定が難しいケースで新たな情報も必要となりそのための情報収集で時間が取られることもあるようです。口コミ情報をみると審査結果の回答が遅い場合には審査に落とされるケースも少なくないので、期待して単純に待っているよりも他のローンの検討を始めておいたほうがよいかもしれませんね。

会社などへの電話連絡

本人確認のところで少し触れましたが、会社への電話連絡を心配されている方が少なくありません。アイフルのホームページには本人確認のために自宅や会社に電話することがあると示されていますが、具体的な内容については見当たりません。ここではネットの口コミなどを参考にその方法について紹介していきましょう。

ただし、100%実施されるかどうかを判断することは難しく、申込者の事情などにより電話以外の方法による確認に変更してもらえる可能性はないとはいえないでしょう。そのように別の方法を希望する方は事前にアイフルへ相談したらよいですね。

アイフルの在籍確認

消費者金融が申込者の会社へ電話して本人確認することを在籍確認と呼ぶこともあります。それは収入を得ている働き場所が本物であるのか、記述された会社で本人が働いているのかを電話で確認する行為といえます。具体的にはアイフルの担当者が申込者の勤め先へ電話し本人に繋がればそれで終了となることが多いようです。

もし本人が席を外していたり外出中であったりしても再度かけ直されるようなことはなく、本人がその会社に居るということが判断できればそれでOKということになります。つまり、不在でも「あいにく、○○はただいま外出しております。」などと応えられれば、その○○氏はその会社に在籍していることが判断でき、それで確認できたとして終了できるわけです。

このように確認行為としては非常に単純ですが、電話の発信者としてアイフルという会社名を使用せず担当者が個人名を使ってプライバシーに配慮した電話をかけることが基本となっています。そのため、この在籍確認の電話で職場の人がアイフルへの申し込みや利用などに関して気づく可能性は極めて低いといえるでしょう。

在籍確認を上手く終わらすには

しかし、これでも不安に思う方はアイフルへ連絡して電話の時間や内容について相談してみてはどうでしょうか。アイフルでどの程度対応してくれるかは不明ですが、アイフルの顧客対応も向上してきているといわれているのでダメもとで頼んでみるべきです。

アイフルの誰が、何日に、何時ごろに、電話をしてくるのか、といった基本情報を確認するとともに、どのような個人名を使うのか、家族や友人などといった人物設定はどうするのか、どんな名目で電話をかけることにするのか、といった気になる内容を確認したり決めたりすると安心できるのではないでしょう。

もしそうした相談や依頼への対応ができない、悪いようなら申し込みを見直した方がよいかもしれませんね。その程度のサービスもできないなら顧客重視のカードローン事業者とはいえないので、利用する側もローンの評価をしっかり行う必要があるでしょう。

どうしても在籍確認が嫌な場合

勤務先への電話がどうしても困るという方も中にはおられます。職場での私用電話を極端に嫌がる、個人の電話を不審に思う上司がいる、など特殊な職場で働いている場合では電話による在籍確認をどうしても回避したいと思うかもしれませんね。こうした場合にはとりあえずアイフルに相談してみて下さい。

納得のいく理由があれば担当者の判断で別の方法に変えてもらえるかもしれません。また、申込者から直近の給料明細書や健康保険証などの書類の提出などの方法に変更してもらえないか積極的に提案してみるのもよいでしょう。

もしそれでもダメな場合はアイフルを諦め、電話連絡なしの在籍確認を実施しているローン事業者を探すしかありませんね。数的にはかなり少ないですがモビットやセブン銀行などがあります。もちろん融資条件やサービス全般の内容が異なるので、自分の借入ニーズに照らして選定してくださいね。

利用限度額を増額するには?

アイフルとの契約後で利用者の最も関心の高い事柄として利用限度額の増額がその一つとして挙げられるのではないでしょうか。カードローンの利用にも慣れてくると次第に借入れが増加していく傾向があり、限度額の増額を望む方は少なくありません。その限度額の増額をアイフルではどのように行っているのかを確認していきましょう。

増額申請の方法

利用限度額はアイフルが勝手に額をアップさせるものではなく、原則的には利用者自身が申請し審査を受けることによって初めて増額が可能となります。最もお手軽な申込方法はアイフルのホームページにある会員メニューを利用して申し込むやり方でしょう。インターネット経由で申請できるので自分の都合のよい時に申請できとても便利です。

それ以外の申し込みでは、店頭窓口や契約ルームなど店舗施設に行っての手続きや、会員専用ダイヤルまたは女性専用ダイヤルからの手続も可能となっています。とにかく待っていても増額されるわけではないので自ら申請しないといけないということを覚えておきましょう。

しかし、ネットの情報ではアイフルが独自に限度額を上げることもあるという情報もみられます。真実であるか定かではありませんが、できれば契約時に確認しておいたほうがよいでしょう。アイフルでの利用限度額は他の信用取引に影響を及ぼすこともあるのでローン側が勝手に増額することには注意しておいたほうがよいでしょう。

どのタイミングで増額申請する?

利用者の中には限度額を増額してほしいと思いながらいつ申請してよいかわからず、なかなか実行できない方もおられるようです。アイフルでも特にいつからできるとか、いつがベストの増額申請時期だとかの情報は公表していません。しかし、アイフルからの限度額の増額についてのお誘いはあります。

会員サービスのaiメールのサービスの中には「限度額の増額可能案内」があり増額の可能性を知らせてきます。また、アイフルの担当者から直接限度額の増額を促す電話がかけられることもよくあります。こうしたローン事業者からの案内が増額するタイミングとして最も有力といえるかもしれません。

なぜなら通常ローン事業者が何の調査もなく利用者に増額を案内することはないので、増額の額にもよりますが増額審査を通過できる可能性が高いと考えられるからです。もちろん、無理に増額する必要はまったくないので、ローンをあまり利用する予定がない、借入れを増やす予定がない、というのであれば逆に増額すべきではありません。

借入れが増える可能性が高いから増額する、借入れる機会が当面増えそうにないから増額はしない、と考えるのが原則といえるでしょう。それでも万が一の時に備えたいという思いがあるなら一定額を増額しておくのも悪い選択とはいえないでしょうね。

増額の審査は難しい?

利用限度額を増額する際にも審査を受けることになります。内容的には契約時の審査で確認した個人情報(属性、収入・支出に関わる情報)の変更点を含め、借入金額が年収の3分の1まである点、契約時点からの返済や借入れの状況などが主な審査対象となります。

アイフルも含めカードローンの増額審査の難易度は比較的甘いといわれており、特に増額案内や増額のお誘いがあった場合には審査に通りやすいといわれています。そのため、あまり増額審査のことを難しく思う必要はないですが、転職して年収が大きく下がった、他の信用取引でつい最近事故を起こした、というような場合は難しくなるでしょう。

また、総量規制の点で借入金額が年収の3分の1に近づいている場合や、アイフルでの利用で借入れが少ない、つまり、利用頻度や借入実績が少ない場合なども審査に落とされる可能性が高いとみられています。もし増額申請する時にそうした点で心当たりがあるならできるだけ改善した後に行うほうがよいでしょうね。

【参考ページはこちら】
アイフルのカードローンは増額の在籍確認不要?

新着記事
ページトップへ