> > アイフルの審査結果や限度額の連絡は契約と増額の時では違うのか

アイフルの審査結果や限度額の連絡は契約と増額の時では違うのか

カードローンを利用する際に消費者個人が特に気にしている点として、審査と利用限度額が挙げられるのではないでしょうか。どのような審査があり、難しいのか、通りやすいのか、といった疑問や不安を多くの方が持っているといわれています。

また、同時に希望する額が借りられるのか、いくらまでなら貸してくれるのか、という限度額の大きさについても同様といえるでしょう。さらに、限度額はそのまま一定ということではなく増額の機会も得られる可能性があるため、いつ増額できるのか、審査はどうなるのか、審査結果はどのように行われるのかといった増額に関する質問も少なくないようです。

アイフルに申し込む方や利用している方もはやはり審査と利用限度額の設定についての疑問や不安を持っていることが多いようです。そこでアイフルが審査や利用限度額の設定をどのように行い、どのように連絡しているのかといった点に関して契約時と増額時に分けて紹介していきましょう。

アイフルの審査と限度額の現状

大手消費者金融の一角を占めるアイフルでの審査と利用限度額の内容をみていきます。どのような手続きがあり、どのような審査が行われているのかを確認するとともに限度額がどのように設定されるのかを紹介していきましょう。
(⇒アイフルの借入額はどうやって決まる?

審査の手続きと内容

アイフルの契約時の審査は、申し込む際に提供する個人情報、信用情報機関から入手した信用情報と本人確認情報などによって行われます。信用情報に関して申込者は特に何もする必要はありませんが、個人情報については申込時に申込書や申込画面での質問に答えるという作業を行います。

個人情報に関する具体的な内容は、申込者の生年月日、結婚の有無、扶養家族、年収、勤務先、入社年月日、業種・職種、運転免許証の有無、住居、家賃、雇用形態、保険証の種類、借入件数、借入額、などとなっています。つまり、収入と支出に大きく関わる要素が質問され、その返済能力が評価されるわけです。

本人確認はアイフルから申込者の携帯電話、自宅や会社への電話連絡により行われるもので簡単な説明や確認だけで済むあまり手間のかからないものです。まず、アイフルの店舗以外からの申し込みを行うと登録した携帯電話番号などにアイフルの担当者から電話がかかってきます。そこで簡単な説明が行われて最初の本人確認は終了となります。

次は会社への電話による在籍確認が実施されます。担当者が個人名で申込者の会社へ電話して、登録した会社に勤務しているという実態を確認するものですが、通常は本人に電話が繋がればそれで確認は終了となる単純な行為です。電話では細かいローンの内容や契約の話などは普通行われないので、職場の人から怪しまれることもないでしょう。
(⇒アイフルのカードローンは電話確認ある?

利用限度額の設定

利用限度額の設定は審査が通過した後その額が伝えられます。申し込む時に希望限度額を登録(入力)するのですが、審査次第では希望通りにいかず、少なくなったり逆に多くなったりすることもあります。アイフルとしては査定した申込者の信用取引における信用力と返済能力に基づき貸せるだけの金額を提示しているということなのです。

限度額の回答とともに融資金利も提示されることになるので、それを踏まえて契約するか否かの最終的な判断をする必要があります。いくら限度額が満足するものでも想定していた金利よりもはるかに高い場合は利息の負担が重くなり過ぎて利用できない可能性もあるでしょう。

逆に金利が低く提示されても限度額が少ないようでは借入れとして役に立たないということになるかもしれません。もしどちらかでも納得できないなら契約を考え直すことも重要なはずです。また、ダメもとでアイフルに電話や店舗で直談判してその借入条件を少しでも見直してもらえるように交渉するということも必要なのではないでしょうか。

契約時の審査結果と限度額の連絡

急ぎの借入れが必要な方などは審査結果や利用限度額の連絡が一刻も早く来ないかと待っていますよね。そのため、それらの連絡はローン利用者にとって非常に重要であり、申込時の最大の関心事の一つといえるわけです。ここではアイフルの審査や限度額の連絡のあり方や早さなどを紹介しておきましょう。

審査結果などの連絡

アイフルでの申込方法は、PC・携帯電話を利用したインターネット経由の方法、店舗・契約ルームなど来店による方法、専用電話による方法があります。審査は各々の申込方法に対応して行われますが、審査結果や限度額の連絡は電話、メールと口頭などにより行われます。

インターネット経由や電話での申し込みの場合は電話かメールで、店舗では口頭、契約ルームではオペレーターからの電話などで伝えられることになります。しかし、審査に時間がかかり過ぎる場合は、店舗や契約ルームでも電話やメールでの回答ということになるかもしれません。

申し込み時の審査で当日中に合否の判定が下されないケースもあり、その場合はアイフルの担当者から電話で質問などによる情報収集が行われることもあります。その場合でも連絡は電話かメールのどちらかで行われることになります。なお、利用限度額の通知は審査通過の連絡の時に行われます。

審査結果の回答時間は?

審査の結果が出るまでの時間は申込者ごとの状況やその時の混み具合によってかなりばらつきが出ることもありますが、アイフルでは最短30分で審査が完了できると公表しています。アイフルなどの大手消費者金融や都市銀行などではコンピュータを利用した自動審査システムを導入しているため、審査判定を高速で処理することができるのです。

そのため手続きの内容を理解して審査の質問項目を素早く入力していけば、手続きから審査の結果を得るまでに1時間ほどで完了できるのです。しかし、手続きの内容が理解できなかったり、質問に答えるための個人情報(年収や勤務先の情報など)を探したり集めたりすることになるととても1時間で終わることはできないでしょう。

したがって、審査結果を早く得るためには申込者がその手続きを早く終了させることが不可欠であり、そのためには質問に答えるための情報を前もって用意しておくことが欠かせないのです。また、必要な情報を揃えてから入力作業をしたほうが効率的に行えてより時間短縮に繋がるでしょう。

しかし、アイフルだけではないですが、個人の状況によっては審査に数日かかるというようなこともあります。どのような理由かは公表されていませんが、審査の判定が難しく新たな情報が必要となる場合などはその分だけ時間がかかってしまうのでしょう。

ネットでの口コミでは数日遅れたとか、1週間ほどかかったという情報も見られるので、そうした事態も覚悟しておいたほうがよいかもしれませんね。あまり長引くと困る方は客用の専用フリーダイヤルで相談するのがよいでしょう。もしそれでも連絡の目処がたたないなら他のローンの検討を始めたほうがよいかもしれませんね。

業界の審査回答

参考までにカードローン業界の審査回答などに関する状況を紹介しておきましょう。

事業者 金利 利用限度額 審査回答時間 当日融資
アイフル 4.5%~18.0% 0.1万円~500万円 最短30分 可能
アコム 4.7%~18.0% 1万円~500万円 最短30分 可能
プロミス 4.5%~17.8% 500万円まで 最短30分 可能※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
レイク 4.5%~18.0% 1万円~500万円 時間は不明(大手消費者金融と同等?) 可能
中央リテール(おまとめローン) 10.95~13.0% 500万円まで 最短2時間 最短1日
三井住友銀行 4.0%~14.5% 10万円~800万円 最短30分 可能
千葉銀行 4.3%~14.8% 30万円~500万円 即日回答可 最短5営業日
楽天銀行 4.9%~14.5% 1万円~500万円 最短当日~2営業日 可能
オリエントコーポレーション 4.5%~18.0% 1万円~500万円 最短25分 可能

アイフルを含めた大手消費者金融、大手都市銀行や大手信販会社の審査回答は最短で30分ほどとしているところが多く業界では最速といえるでしょう。これらの事業者ではその審査スピードを活かして当日中の借入れを可能にしているところも少なくありません。急ぎの融資を希望する方にはピッタリの事業者かもしれませんね。

中小の消費者金融では大手と比べ審査の自動化が進んでいないところも多く、大手よりは審査時間がかかるところが少なくありません。ただし、申込者が来店して申し込む場合などではその場で審査結果を伝え当日の借入れにも対応しているところもあります。

地方銀行や信用金庫などでは大手事業者よりも審査や融資に時間がかかるケースが多くみられます。大手消費者金融に審査を委託しているところもありますが、手続きから審査の判定までの業務処理が大手と比べると時間がかかっているようです。借入条件などは大手とあまり差がないので、急がれない方は身近な金融機関を利用するのもよいでしょうね。

限度額を増額する時の審査と連絡

カードローンの便利さを体験すると借入れが増えていく方も少なくありませんが、やがて利用限度額いっぱいまで借りてしまいその増額を希望する方も多いようです。そういう方々のためにアイフルではホームページから増額申請ができるようになっています。

しかし、利用者の方の中には限度額の増額に関する知識をもっておらず、どのように申請してよいのか、増額の審査はあるのか、増額の決定までにどのくらいの時間がかかるかなどを把握していない方が少なくないのです。ここではアイフルの増額の申請方法、審査内容や審査結果の連絡を簡単に紹介しておきましょう。

限度額の増額申請はどうするの?

アイフルは増額の案内メールでだしたり電話で増額を勧めたりしていますが、増額を決め申請するのは基本的に利用者本人です。申し込みの方法として、インターネット経由でアイフルのサイトにアクセスし会員ページから増額申請するという方法が最もポピュラーといえるでしょう。

他には店舗や契約ルームまで出向いて申し込む方法や、会員専用ダイヤルや女性専用ダイヤルから行う方法あります。増額の審査などについて詳しく知りたい方や相談したい方は店舗施設や専用ダイヤルなどで申し込んで確認及び相談しながら手続きを進めるのがよいかもしれませんね。

増額時の審査の内容

増額時の審査も契約時の審査も評価対象としては利用者の信用力と返済力という基本の部分は変わらないでしょう。ただし、契約時点の内容に比べ増額しようとした時点の内容が大きく低下するようなことがあれば、増額どころか減額されることもあるので注意が必要です。内容にあまり変化がないようなら増額での評価にほとんど影響しないでしょう。

増額時の審査で異なる点は、総量規制にかからないか、契約後の借入れと返済が適正であるか、借入れの実績が十分であるか、といった点が加えられます。アイフルは消費者金融なので利用者の借入総額がその年収の3分の1を超えると融資できなくなります。また、申請者がローンの返済で遅れがちであるような場合厳しく評価されることになります。

そして、借入れの実績が少ない人に増額を認めても利用されない可能性が高いため、こういったケースの評価も厳しくなる傾向があります。契約時の審査内容に加え、これらの3つの点が重視されるので増額を申請する前には少しでも改善しておきたいせすね。

増額審査の結果連絡

利用者が増額審査のために費やす時間は契約時とほとんど同じか少ないとみられていますが、審査結果が出るまでの時間は契約時よりもやや長いと思っておいたほうがよいでしょう。ネットの情報では契約時と同様30分ほどで審査の結果が得られるという情報もありますが、逆に数日かかったという口コミもみられます。

アイフルは増額審査の回答時間については公表していませんが、増額時の総量規制の点、利用状況、返済状況などの審査の評価が契約時より難しいためも時間もかかりやすいと推察されます。そのため、たとえ契約時には審査回答が1時間にも満たなかったとしても増額時では即日回答できないということも十分に考えられます。

あまり短時間の回答を期待して借入れの予定を組んでしまうと大きな変更を余儀なくされることになりかねません。急がれる方は電話や店頭で申し込み審査結果がいつごろになりそうか予め確認しておいたほうがよいでしょうね。

契約時と増額時の注意点

アイフルの契約時と増額時の審査、審査結果の連絡やその回答時間などについてみてきましたが、ここではそれらに関係した特に注意しておきたい点をいくつか紹介しておきましょう。

契約時の特に注意したい点

○審査結果の最短30分は参考としてみる!
先に確認したとおり契約時では手続きをはじめて審査結果が得られるまで1時間、審査結果だけなら最短30分というスピード手続き・審査が実現されています。しかし、この30分などは必要な情報が揃った状態で手続きが順調に進むことを前提とし審査の受付も混んでおらず、審査の判定上の特殊な問題もないような場合に達成される時間と推察されます。

確かにコンピュータによる自動審査なので必要な情報を入力すれば瞬時に判定が出るはずでしょうが、それほど多くない情報で判定しているため当然合否のグレーゾーンがでてくることも想定されます。そうした場合には新たな情報が必要となり、そのために審査時間が長引くことも予想されるわけです。

このようなことから審査に数日かかっても不思議ではなく、また単に審査が混んでいるために30分以上かかることも珍しいことではないのです。したがって、あまり短時間を期待して借入れの予定を組んでしまうと大きくあてが外れることになりかねません。急がれる方は事前にアイフルへ連絡して審査回答の見通しを確認しておく必要がありますね。

○必要書類を揃えて申し込む!
また、運転免許証や収入証明書などの必要書類を用意できなければ、審査通過しても契約締結が遅れることになるので、結果としてカードの発行や振り込み(が可能であること)の連絡も遅くなってしまいます。収入、健康保険証や勤務先に関わる情報なども含め必要な書類は申し込む前に揃え、その上で手続きに入ることをオススメします。

増額時の特に注意したい点

○審査の受付時間にもご注意!
契約時と同様に増額時でも審査には受付時間があります。アイフルの場合契約時の申し込みが21時以降になると翌日の受付となってしまうので、増額の審査の開始が遅れてしまいます。できるだけ日中の早い時間帯に申し込みを行い翌日の受付にずれこまないように注意したいですね。

○アイフルからのお誘いに乗ることも重要
増額審査で最も合格しやすいパターンは、アイフルからの増額のお誘いに乗って申請するのが最も合格しやすい方法とみられています。アイフルなどのローン事業者は利用者に増額を勧める場合、予め予備審査をしてその通過者に増額の案内を出しているといわれています。

つまり、案内を受けている人は信用状況や利用状況に関して既に事前審査をパスしているとみられるので、個人の情報(収入、勤務先、家族構成など)などが契約時とあまり変わらなければ増額審査は通過しやすいと考えられるわけです。そして、その個人情報に大きな変化がないなら審査自体も短時間で終了し、審査結果の連絡も早くもらえる可能性があるわけです。

それに対して、アイフルからのお誘いとは関係なく増額を申請すると、アイフルではその時点から信用状況や利用状況の情報を収集し審査にかける必要があり、その分だけ前者の場合よりも審査結果の連絡が遅くなる可能性が高くなります。

利用者としては避けようのないことですが、増額の意志があるときにアイフルからお誘いがあるならそれに乗ったほうが審査通過の可能性や連絡の早さの点で得といえるかもしれませんね。

【参考ページはこちら】
アイフルの融資金額を増やしたい!

新着記事
ページトップへ