> > 自宅にも連絡が?アイフルの確認電話に関わる3つの真実

自宅にも連絡が?アイフルの確認電話に関わる3つの真実

融資に申し込んだ場合、申込先の金融業者から電話がかかってくる事があります。これは何も不思議な事ではないかもしれません。

しかし、金融業者が自分の家に電話をかけてくる…こうして記載すると、少し不安になるという人も多いのではないでしょうか?

これは融資に対する一般的なイメージとして良くある事ではありますが、正しい認識をしているかどうかで言えば、正しいと断言はできません。

アイフルでも同じように自宅に電話はあるのか?そして実際に金融業者からの電話とはどんな意味合いがあるのか、正しいイメージを持ちましょう。

アイフルへ申請必須の情報一覧から分かる事とは?

融資に申し込む際に、こちらの情報を一切開示せずに借りられる事はまずありません。

言い方は悪いのですが、こちらの情報をきちんと知らせないと借りたお金の持ち逃げも容易になってしまい、融資というビジネスはまず成立しません。

とはいえ、自分の全てを何から何まで伝えないといけないわけでは無く、アイフルへ伝える情報は『融資に必須の情報のみ』となります。

  • 住所
  • 生年月日
  • 職業
  • 年収
  • 他社借入額
  • 電話番号

お金を借りる事はどんな事かをイメージするとお分かりになりますが、こうした情報は全て『お金を返す能力はあるかどうか?』という一点に集約できます。

職業が無職なら年収は無い事がほとんどで、年収が無ければお金を借りても返せません。理屈としては非常に簡単なんです。

そしてアイフルに融資申し込みする場合も電話番号は必須要項であり、連絡が取れない人にお金を貸し付けるわけがありません。

お金を借りられて音信不通というのは今でもあり得る事であり、最低限初期段階で連絡がつかないとお話にならないのです。

電話がかかるのは当然?電話番号を聞くアイフルの意図

電話番号をアイフルに知らせるというのは、当然『アイフルから電話がかかる可能性がある』という事になりますね。

例えばネットが発達した今では、多くの企業でメール問い合わせが可能になりましたね。

しかしメールアドレスと併せて電話番号の明記も必須な企業が多く、メールで聞いたけど返事は電話から…という事は珍しくありません。

メールでの返信を希望してもやむを得ない場合は電話がかかる事から、アイフルも電話という方法で私たちにコンタクトを取る事があるのです。

しかし友達というわけではありませんから、暇つぶしのような理由でかかる事はまず無く、かかってくるのは主に以下のような状況です。

  • 正しい電話番号かどうかの確認
  • サービスの勧誘
  • 在籍確認電話
  • 返済を延滞した場合

どれもアイフルからかかる理由としては真っ当なものであり、かかってきた場合に「かけてくるな!」と文句を言うのはお門違いです。

ただ、勧誘などは仮に出れなかったとしてもしつこくかけてくる可能性は低く、こちらが応じなくてもさほど問題にはありません。

となると、この中で私たちが出ないといけない電話連絡というのは、必然的に絞られてきますね。

アイフルは自宅にかけてくる?不安な人教える3つの要素

アイフルからの電話連絡がかかせないものとしては、やはり『電話番号の確認』が顕著だと思います。

そして特に気になる…有り体にいえばかけてほしくない連絡先というのが、自宅への電話番号ですね。

自宅に電話機が設置されている場合、もしもご家族との同居をしていると他の家族が出る事があります。

家族に対して内緒で融資を受けたいという人は多く、そうなると自宅に「アイフルですけど」なんてかけられてはたまったものではありません。

確かに一昔前の融資の法律が緩かった頃は、多くの消費者金融が家族だろうと関係なく連絡して取り立てをしていたので、今でも不安になるのは消費者金融の自業自得です。

しかし時代は変わりまして、アイフルのような大手消費者金融は目立つ分、業界の模範とならないといけません。

なので、現代のアイフルからの確認電話というのは以下の3つのポイントを見ると分かるように、安全に生まれ変わっています。

  • 自宅よりも在籍確認の方が重要
  • 電話は相談次第で大きく減らせる
  • そもそも自宅の電話は記入不要?

アイフルの確認電話のポイントは以上ですが、ここから先は一つずつ詳しく説明していきますので、まだ確認電話に対して不安があるなら是非ご一読下さい。

必須なのは在籍確認のみ?確認電話の気になる優先順位

アイフルの電話確認というのは、先ほども話したように非常に大事な段階です。

しかし、確認電話にも種類と優先順位があり、アイフルにとっての最優先は自宅への電話ではありません。

アイフルにとって最も重要な確認電話とは、勤め先への在籍確認となります。

在籍確認の意味とは『勤め先に電話をして、本当に勤務をしているかどうかを確かめる』というものです。

在籍確認の受け方は簡単で、特殊な事はありません。

申し込みに際して職場の電話番号を正しく記入

もしも都合が悪い時間などがあれば事前に打ち合わせ可能

職場に電話がかかってくるので確認が取れたらOK

これにより会社が実在しているかどうか、そしてその会社にきちんと通勤しているかが判明しますので、アイフルにとってどれだけ大事なのかが分かると思います。

余談ですが、勤め先が安定した大企業や公務員ほど有利になりますが、こうした確認がある以上は職場の偽装は絶対に止めましょう。

当たり前ですが、偽装が発覚すると即刻審査落ちが確定します。

在籍確認が取れないとどうなる?確認電話が重要な理由

在籍確認が普通に突破できれば融資はもう目の前ですが、もしもこの在籍確認が取れない場合はどうなる?と疑問に思う人もいらっしゃるかと思います。

在籍確認が取れない状況なんて想像しにくいですが、実は以下のような場合は在籍確認が失敗する事もあります。

  • プライバシーを優先して社員名を控える場合
  • 個人宛の電話は完全に禁止となっている場合
  • 個人事業主など一人の仕事で会社に通わない場合

実は一番目と二番目のような対応をする会社が増加しており、個人情報保護法の観点から、これらを糾弾する事も難しいです。

そして事情はどうあれ電話による在籍確認が取れない場合、勤務実態と給与の双方が存在しないと判断されて、審査落ちになる事が多いです。

とはいえそれまでの審査で問題ない人の場合、何故在籍確認が取れなかった再度電話してくる事があるので、事前に電話での在籍確認が難しいのを伝えるか、後から相談しましょう。

そして同じような理由で、個人事業主はアイフルなどの消費者金融から融資を受けにくくなっています。

仮に法人なら他の社員も居るおかげで会社の実態が掴めるものの、個人事業主の場合は社員もオフィスも存在しないので、極端な話で言えば無職と判別が難しいのです。

しかし個人事業主が融資を受けられないわけではなく、その場合は確定申告書などの提出で事業実態を把握するという対応に変わる場合もあります。

在籍確認が取れない事は厳しい事に変わりはありませんが、自分で決めつける前に何でもアイフルに聞いておきましょう。

プライバシーの心配無し!アイフルの在籍確認は安全です

ここまでの説明では、まだ在籍確認にありがちな不安を解消できていないかもしれません。

それは「そもそも在籍確認がかかってきた時、他の社員が取ったらアウトでは?」というものです。

自宅にかけられると家族にバレて、職場にかけられると同僚にバレる…こうなると神経を使いますよね?

実はアイフルの在籍確認はプライバシー保護を重要視しており、本人以外が電話に出た場合はアイフルだと名乗る事はありません。本人以外が応対しても原則として心配無用です。

例えば実際に申し込んだあなたではなく、会社の受付担当の人が電話を取ったとしましょう。アイフル側はなんて言うと思いますか?

「アイフルです」なんて言う事は無く、「○○(担当者氏名)と申しますが、●●(申込者名)さんいらっしゃいますか?」という具合になります。

なので仮に他の人が取ったとしても、個人的な友人程度にしか思わないでしょうし、後から「保険の外交員だった」など何でも言い訳可能です。

さらに詳しくは後述で説明しますが、在籍確認というのは別の方法ににて代用する事もできないわけではありません。

自宅よりも在籍確認が重要、そしてその在籍確認もプライバシー面で安心できるのは、さすがアイフルといったところでしょう。

電話は減らせる?アイフルとの相談で出来る事を確認!

電話確認というのは、メールや郵便などの方法よりも多くの事が分かるわけですから、今でも連絡手段として残っているのです。

だからアイフルは私たちに電話をしてくるのですが、電話が重要であると同時に、嫌がる人が多い事もアイフルは承知しています。

顧客が嫌がる事を放置しているだけではいつか廃れてしまうのは明白であり、顧客満足度が高いアイフルはそれに対しても真摯に向き合っています。

というのも、アイフルは事前に相談をする事で、可能な限り電話による連絡を減らす事が可能となっています。

例えば、以下の二つは事前の相談により電話連絡を他の方法に切り替える事もできます。

  • 申し込みの確認など電話以外でも問題なく行える連絡
  • 在籍確認

申し込みの確認などはともかく、先ほどあれほど大事だと話した在籍確認が無くせるなんて、少し驚きかもしれませんね。

でも詳細を聞くと「なるほど」と頷ける方法にて確認をしてくれますので、これらの方法を希望するならこれから記載するようにアイフルに相談してみましょう。

ただし、絶対に言う通りになるわけではありませんから、あまり無茶な要求をしないようにして下さいね。

メール等で代用可能?簡単な連絡を内緒で受け取る方法とは

アイフルはインターネット周りの整備もきちんとしており、今ではネットのみで融資を受ける事も不可能では無くなりました。

当然メールなどでも連絡ができるわけであり、逆にメールにてアイフルが連絡してくる事があっても不思議ではありません。

なので、アイフルに可能な限りメールでの連絡を優先するようにお願いしておけば、ほとんどメールにて連絡を受け取れます。

電話に比べるとメールは内緒で受け取りやすく、どんな内容の連絡がメールに切り替わるか挙げていきます。

  • 申し込み時の確認
  • 金利の優遇などサービス面でのお知らせ
  • 増額などのお誘い
  • 返済の延滞時の連絡

大体はこれらの連絡がメールに切り替えられるため、アイフルから電話がかかる可能性を大きく減らす事が可能というわけです。

ただし一つ注意点として、メールでの連絡で返事をアイフル側が希望していた場合でも、こちらが返答をしないと電話に切り替えてくる可能性があります。

特に延滞に関してはアイフル側からすると放置はできず、可能な限り迅速な返事が必要となります。

電話が嫌で他の方法にしてもらえても、自分の行動次第で台無しになるという事は肝に銘じておきましょう。

大事なはずの在籍確認を無くす為に必要な一つの行動とは?

アイフルから私たちへの電話として重要なのは、先ほども話したように在籍確認となります。(こちらもご参考に→アイフルからの在籍確認を避けたい!

在籍確認が実行できない場合は融資を断られても仕方ないのですが、全ての人が在籍確認を取れるわけではありません。

そんな時でも在籍確認が取れない限り貸せないというのは変わらないものの、その方法まで固定とは限りません。

在籍確認というのはそもそも、何をどうやって確認しているかを考えてみて下さい。

在籍確認というのは、職場に電話する事で仕事と収入の有無を確認する事です。つまり仕事と収入が確認出来る書類などがあれば、在籍確認の大まかな代用ができます。

在籍確認で見ている仕事と収入の証明に関してですが、それらは以下のような書類で確認が出来るでしょう。

☆仕事の証明になる書類
・社員証
・社会保険証(勤務先の詳細が書かれている物)
・事業内容確認書(個人事業主の場合等)
☆収入の証明になる書類
・給与明細
・賞与明細(給与明細とセット)
・源泉徴収票
・確定申告書

書類の準備が大変になるものの、何らかの事情で在籍確認が難しい場合、これで無くせると思うと妥当ですね。

確認電話の究極の回避方法は電話無しにする事だった!?

このように申し込みの確認や在籍確認は電話での連絡を無くせるものの、まだ一つ、大きな心配事を残していますよね?

それは『自宅への確認電話』です。自宅にかける理由は本人確認及び電話が実際に置かれているかどうかのチェックです。

これは一見して回避しようがない…と思うかもしれませんが、落ち着いて考えて下さい。何か一つ、重大な見落としがありませんか?

自宅への確認電話を回避する究極的な方法として、そもそも『自宅電話無し』と申請するという事も可能なのです。

「そんな事出来るの?」とまだ不安な方は、良くアイフルへの申し込み用紙や入力フォームを良く見て下さい。

確かに電話番号が必要と書いてありますし、複数の番号を所持しているのなら全て記載する事もできます。

ただし、そこには『自宅の固定電話が必須である』という事も『自宅の電話があれば絶対にそちらを書く』という事も書かれていませんね。

そう、自宅の固定電話以外を所有している場合、自宅の電話はわざわざ知らせる必要もありませんし、そうすれば当然自宅への電話連絡はありません。

盲点とも言える事実でしたが、比較的真面目な方が多い日本人だと、つい電話番号が複数あると素直に全て書いてしまいがちなのです。

電話番号は一つあれば良し?自宅以外の対応連絡先とは

自宅の電話番号を記入する必要はありませんが、逆に言えば『自宅以外の電話を一つでも所有していないと、結局は自宅の電話番号を記入するしかない』という事になります。

そして自宅以外の記入できる電話番号としては、以下のような種類が代替案として思い浮かぶでしょう。

  • 携帯電話番号
  • IP電話
  • オフィスなどの番号

まず一番の候補となり得るのが『携帯電話の番号』です。日本では携帯電話の所有率が高く、早ければ小学生からすでに持っているケースも珍しく無いです。

また、似たような仕組みの番号として『IP電話の番号』も記入する事ができる場合があります。

IP電話とはインターネットの回線を利用した電話であり、110番など緊急連絡先にかけられないものの、回線が安定していると導入と維持のコストが極めて安いです。

そしてもしもオフィスなどを別途用意できる事業主なら、そちらの電話番号を記入するのも良いでしょう。

ただし自宅と兼用などでは意味が無くなりますので、やはり携帯電話を一つは契約しておくのが、仕事でも融資への申し込みでも便利になるでしょう。

このように、自宅以外の電話番号の用意は決して難しくないのです。

あれば良い?自宅電話を記入する事で得られるメリットについて

こうして見ると、「自宅電話の番号は書かない方が面倒が少なくて良い事ばかりじゃないの?」と思うかもしれませんね。

しかし、以下の場合は自宅の電話番号も、あれば記入しておくと良い事があります。

  • 一人暮らしの場合
  • 他の家族に利用を知られても支障がない場合
  • 確実に自宅の電話には自分が出られる

つまりは自宅の電話番号を記入する事で起きる問題が気にならない人であり、携帯などの他に自宅電話の番号を書くと何が違うのでしょうか?

それは、『ちょっとだけ融資審査で有利になる』という事です。

「何で固定電話があると審査に有利になるの?」と思うかもしれませんが、それには理由があります。

  • 固定電話があると引っ越しによる夜逃げのリスクが低い
  • 固定電話を維持できる程度の余裕がある
  • 固定電話の番号取得は財産の一つにも数えられる

アイフルなどの消費者金融は『いかにその人が安定しているか』という事を見ますので、固定電話はその証の一つにもなるわけですね。

ただし、固定電話が無いから落ちた…というほど大きな影響は無く、若干有利くらいに考えておいて下さい。

電話はあるけど回避は簡単!アイフルの自宅電話に関するまとめ

アイフルの自宅への電話及び確認の電話に関する事を今回は記述していきましたが、総括をしておきましょう。

  • アイフルは自宅の電話に確認の連絡をする
  • アイフルは基本的に融資がバレないように配慮してくれる
  • 自宅への電話は簡単に無くせる

以上にようになりますね。

やはり今回注目したいのは『自宅の電話番号はあっても無くても良い』という事であり、携帯電話が一つでもあればもう心配は無用です。

在籍確認の電話を無くすのはそれなりに大変なのですが、自宅への電話は申告しないだけでOKなので、非常に楽ですね。

また、自宅の電話にかけられても良いけど、普段の連絡は携帯の方が受け取りやすいというのならそれも相談できます。

アイフルは基本的に柔軟な対応が嬉しい金融業者なので、どんな方法をメインに連絡を取りたいかと伝えると、最大限配慮してくれます。

基本はアイフルのサイトなどに書かれている範囲での対応ではあるものの、実際は相談する事でこちらに合わせた変則的な対応もしてくれます。

もちろんそれにあぐらをかくのはよろしく無いですが、無理の無い範囲で真剣に相談すれば、アイフルはきっと良い答えを提示してくれるでしょう。

自分が出なくても良かった!?確認電話で一番大事な事

では、最後に確認電話の応対に関する意外な豆知識を解説して終わりたいと思います。

確認電話というのはそもそも本人確認の意味合いが大きいと書きましたが、それ自体は間違ってはいません。

しかし、アイフルからの確認電話というのは、何も本人が出ないと終わらないというわけでは無いのです。

確認電話で本当に確認している事を、もう一度二点ほど挙げます。

  • 申込者が本当にそこに住んでいるか(自宅電話への確認)
  • 申込者が本当にそこに勤めているか(在籍確認)

仮に在籍確認の場合、もしも電話を取るべきあなたが席を外していた場合、電話を受けた人が「●●は今席を外しています」と答えてくれると思います。

これは一見して本人確認失敗に見えますが、この電話で少なくとも「この人は今この会社に勤務している」と分かりますよね?

そしてこれは自宅への確認電話でも同じで、奥さんが電話を取ったとして「今はちょっと出かけています」などの反応でも、同様の事が分かります。

なので意外に思えるかもしれませんが、確認電話のほとんどは本人が出ずとも終わっている事があり、確認電話なんて無かったと後からコメントする人も居るのです。

内緒で借りる場合でもこうして秘密裏に、そして本人が出ずとも素早く終えてくれるというのは、まさに熟練の消費者金融ならではの対応力の高さと言えますね。

【参考ページはこちら】
借金が家族にばれないか心配な時はアイフルへ

新着記事
ページトップへ