> > 条件・利息・返済額…アイフルで50万円借りる際に必要な情報集

条件・利息・返済額…アイフルで50万円借りる際に必要な情報集

アイフルから50万円を借りる。この1つの契約に関して、皆さんはどれ位の知識や情報を持っているでしょうか?

パッとみた感じでは「50万円くらいたいしたことないんじゃないか?」と思われる方も多いでしょう。では、実際はどうなのでしょう。

条件は?利息は?月々の返済額やトータルの支払い総額は?これら諸々の情報をご紹介します。

年収はいくら必要?アイフルから50万円借りる為の条件

アイフルから50万円借りる為に必要な条件。ここでお話するのは最低限のものです。少なくともこれだけはクリアしていなければいけないことをお伝えしましょう。

年収は150万円が最低ライン

アイフルが消費者金融なのはご存知でしょう。では、消費者金融から50万円借りるには、3倍である150万円以上の年収が必要なのは知っていますか?

消費者金融は申込者の年収を審査した上で、3分の1を超える貸し付けをしてはいけないことになっているんです。これを『総量規制』といいます。

その為、アイフルから50万円借りるには最低でも税込150万円以上の年収が必要となるんですね。

他の消費者金融から借りていたらより多くの収入が必要

法改正の頃にローンと無縁だった20代前半の皆さんに向けて、もう少し総量規制の説明をしておきましょう。

すでにアイフル以外の消費者金融から融資を受けている場合、必要な年収はより多くなります。例えばこんな風に…。

  • 消費者金融A社と限度額30万円のカードローン契約をしている→必要年収は80万円の3倍で240万円。
  • クレジットカードで10万円のキャッシング枠がある→必要年収は60万円の3倍で180万円。

消費者金融からの借り入れは3倍の年収が必要というわけですね。これは最低限の額なので、それよりも多くの収入が求められることは多々あります。

年収を手取り年額と勘違いしてはいけない!

年収の話でひとつ重要な補足をしておかなければいけません。それは、「年収は税込みで」ということ。

『税込み年収』とは、何も差し引かれていない純粋な収入のことを言います。所得税も健康保険料も引かれる前の金額です。

税込み年収は源泉徴収票などの収入証明書類を見ればすぐに解りますし、自分で収入を少なく申告する必要は全くありません。

毎月の手取り額を12倍するだけでは審査を不利にするだけなので、きちんと書類を見て申告をしましょう。

50万円が境目となる「収入証明書」の提出

次は申込みの際に必要な書類です。身分証明書は金額に関係なく必ず提出をしなければいけません。

一方、収入証明は50万円を境に法的な提出義務が異なります。単純に言うと…

  • アイフルとの契約額が50万円を超えるとき
  • 他社との借り入れ合計が100万円を超えるとき

のどちらかに該当するときは提出が必須です。両方とも「超えるとき」なので、50万や100万ジャストは含みません。

アイフルで有効な収入証明書とは

ただし、アイフルが任意で提出を求めることは可能ですし、それを拒否して契約することはできません。

いずれにしても先述の通り正しい金額の申告には欠かせないので、収入証明書は手元に用意しておくべきでしょう。

ちなみに、アイフルで有効になっている収入証明書類は次のものとなっています。
(⇒アイフルは増額する時も確定申告書でOK?

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 住民税決定通知書
  • 所得証明書(役場で発行してもらえます)
  • 給与明細書(直近2ヶ月分、手書き部分があるときは社印が押してあるもの)

「希望が50万円なら提出不要」と思わずに準備をしておきたいものです。もちろん、申告する数字は書類と同じでなければいけませんよ!

毎月の返済額は必ずチェック!アイフルへの返済方法

アイフルから50万円借りるための最低限の条件と申込み時に必要な収入証明書類についてはご理解いただけたでしょうか。

次は実際に借りた後のお話しです。毎月の返済額と返済方法について説明をしていきましょう。

アイフルには2つの返済パターンがある

アイフルへの返済は、次のどちらかで行なうことができます。

  • 35日おきのサイクル方式
  • 毎月同じ日の約定日方式

サイクル方式はカード入金やアイフルの口座に振り込む方法。期限は最後の支払日から35日後となるので、お給料日を必ずまたぐ設計になっています。

約定日方式は毎月同じ日付に口座からの引落しで返済する方法。引落し日は自分が指定する金融機関によって異なります。

注目して欲しいのは2つのパターンの最低返済金額です。50万円までの借入額と最低返済金額を表にしてみますので、ご覧下さい。

借入残高 サイクル制返済額 約定日制返済額
~10万円 5,000円 4,000円
~20万円 9,000円 8,000円
~30万円 13,000円 11,000円
~40万円 13,000円 11,000円
~50万円 15,000円 13,000円

アイフルは借入残高に応じて返済額が決まるので、限度額が50万でも借入額が減れば毎月の最低返済額も少なくなっていきます。

両者の差は千円か2千円ですが、20万を超えていれば1万円以上の返済が必要です。返済可能かも含めた、無理のない計画が必要ですね。

ちなみに、口座引落しには別途手続きが必要です。公式サイト内の会員専用ページや店頭窓口、郵送などを利用した手続き方法があります。

利息総額は?アイフルで50万円借りた場合のシミュレーション

最後はアイフルから50万円を借りたときに発生する利息のシミュレーションです。計算してみないと解らない利息総額、是非ご覧下さい。

アイフルの金利は?限度額50万円なら年18.0%と考えるべし

アイフルの公式サイトを見ると、金利が「年4.5%~18.0%」と記載されています。

では、限度額50万円の場合は何%なのか…。まず年18.0%からスタートすると考えておきましょう。

消費者金融は法律に基づいて金利上限を守らなければいけません。その制限で、50万円は年18.0%が最高金利となっているんです。

多くの消費者金融はほぼ上限に近い金利で融資をしています。アイフルも例外ではなく、年18.0%と考えておくのが無難です。

毎月の返済額で利息総額は大きく変わる!

それでは、利息総額をシミュレートしてみましょう。返済について3パターン用意してみましたので、その差を感じ取って下さい。

【計算例】
①約定日制で毎月(30日ごと)口座引落しのみで支払った場合
②提携ATMで30日ごとに15,000円支払った場合
③提携ATMで30日ごとに20,000円支払った場合

では、計算結果です。

パターン 返済回数 利息総額+ATM手数料
95回 約313,000円
48回 約201,000円
32回 約137,000円

口座振替される金額に任せていると、完済までに約8年、支払う利息も30万円近くにのぼります。

一方、毎月15,000円や20,000円と一定額を返済し続ければ、グッと支払う利息(とATM手数料)は減らすことができます。

毎月5,000円多く返済するだけで約64,000円の差が出るんですね!返せるときは頑張って返す。これこそ利息を抑える鉄則であるのが良く解るでしょう。

50万円借りるのは容易なことではない!

返済にかかる回数(年月)や支払う利息などを見ても、50万円借りるということがどれほど大きなことなのかお解りいただけたのではないでしょうか。

これだけの支払いを必要とするわけですから、アイフルとしても相当な信用がなければ50万円の限度額を与えるのは不安でしょう。

「限度額50万。」容易く見えても実際は容易ではない契約金額だということを理解して、計画的な利用を心がけなければいけませんね。

【参考ページはこちら】
アイフルの借入額はどうやって決まる?

新着記事
ページトップへ