> > アイフルとの契約もこれで安心!これが審査内容と対策だ

アイフルとの契約もこれで安心!これが審査内容と対策だ

最近では銀行、信用金庫や信販会社など多様な金融関係の会社がカードローン業界に参入していて消費者にとってはカードローンの利用も身近なものになってきましたね。「お金が足りない時はカードローンで借りたらいいかな?!」と思い始めている方も少なくないのではないでしょうか。

しかし、実際にはアイフルなどのローン事業者に申し込んでも必ず契約できてお金が借りられるというわけにはいかないですよね。なぜなら契約するためにはローン事業者の審査に通過しなければならず、その審査通過がそんなに簡単とはいえないからです。

特に初めてローンに申し込む方にとってはどんな審査かよくわからないため不安に思っている方も多いでしょう。そこで大手消費者金融であるアイフルを取り上げ、ローン審査の内容がどのようなものなのか、どのような対策を取っていけば契約に結び付くのか、といったことを紹介していきましょう。

アイフルの審査はどんな感じ?

カードローン事業者の審査内容は事業者ごとに異なりますが、アイフルなどの大手消費者金融や銀行などの金融機関では基本的な内容はそれほど大きな違いはないと考えられます。そのためアイフルの審査内容を確認しておけば、他の大手消費者金融や大手都市銀行の審査を受ける際にも役立つでしょう。

ここではアイフルの審査がどのような内容になっているか、審査がどのように行われているかを簡単に紹介していきましょう。

審査の構成要素とは

アイフルで審査といわれるものは、実際の契約の判定に関係しない「1秒診断」、契約の判定に直接かかわる「申込者が提供する個人情報」、「アイフルが行う申込者の信用情報」と「アイフルが行う申込者の本人確認」という内容になります。

最初の1秒診断は申込者などがそのローンに合格できるか否かを簡易に判定してくれる診断システムで、ローンとの契約には影響しません。ただ、その診断で合格できればそのローンの本審査でも合格できる確率が高いと考えられるため申し込みを迷っている場合にはその合否の結果により申込みへのよい動機づけになるかもしれませんね。

この予備診断或いは簡易診断と呼ばれる審査システムは多くのローン事業者で導入されつつありますが、中小の消費者金融などではまだ取り入れていないところも多いです。ただし、導入していないからといって本審査とは全く関係がないため何ら心配する必要はないのです。

申込者が提供する個人情報

申込者がローンの審査として自覚するのがこの個人情報の提供です。アイフルなどの大手ローン事業者では申込時にさまざまな個人情報を確認しますが、その内容が審査対象となっているわけです。申込者の氏名、年齢、生年月日、住所などの基本情報は当然ですが、それに加えて申込者の収入や支出に関わる要素について確認されるのです。

ここでの審査の目的は収入と支出の内容をみることによってどれだけの返済できる能力があるかを確認しようとするもので、「返済できる力=収入-支出」を明らかにすることなのです。そのため、基本情報以外に勤務先、入社年月、業種・職種、会社規模、雇用形態、保険証の種類、年収、借入残高・借入件数、結婚、電話の種類、扶養家族なども確認されます。

確認内容は直接金額に関わらない点もありますが、間接的に影響するものを審査対象に含め評価しようとしているのです。その具体的な評価方法ですが、大手ローン事業者はコンピュータを利用した自動審査システムで審査を行っていて、その方法はスコアリング方式と呼ばれています。

その方式は上記に挙げた確認要素の回答に対して点数をつけ、その合計点で合否を判定するという方式の審査です。そのため、申込み者がアイフルのサイトの申し込み画面の入力項目を埋めてしまえば、それだけでその個人情報に対する審査結果が瞬時に判定されるのです。

もちろん、審査全体の評価はここでの個人情報だけでなく、次の信用情報の評価も加えられて行われるので、前者の評価がよくても後者の評価が悪ければ審査に落ちることも珍しくはありません。また、その逆も当然あるわけです。

申込者の信用情報

お金の貸手は、借手がお金を貸すに値する信用があるかどうかという点を大変重視しています。つまり、申込者の信用力を重視しており、その信用力は個人が信用取引した結果である信用情報により評価されているのです。具体体的には、ローン事業者はローンに申し込みがあるとその人の信用情報を信用情報機関から入手して評価するのです。

評価する対象は信用取引履歴、返済遅延、長期滞納や債務整理などで、それらの内容により信用面での審査結果が下されるというわけです。特に長期滞納や債務整理の内容によってはそれだけで不合格、つまり契約できないと判定することもあるほど、それに対する信用力の評価は厳しく行われるのです。

5年ほどの間に返済がよく遅れていた、長期の滞納があった、通常の支払いができなかったなどの実績がある人はカードローンの利用が容易でなくなっているということを自覚して対策をたてる必要があるでしょうね。

申込者の本人確認

アイフルが行う本人確認は大きくに2つあります。一つはアイフルが申し込みを受けた後に申込者本人に電話をかけることと、申込者から運転免許証などの書類を提出してもらうことです。そして、もう一つはアイフルから申込者の会社へ在籍確認として電話をかけることです。

前者は申込者が本人そのものであるか、提出された個人情報の氏名や電話に間違いがないかを確かめるもので、本人が電話に出て運転免許証などが提出されればそれで審査はOKという単純なものです。最近は、申込者に成りすました詐欺も増えているので、このようなローン事業者の確認行為は一般的になっているといえるでしょうね。

電話による会社への在籍確認は、申込者の収入源となっている会社に本当に働いているかを確認するためのものですが、その確認行為は単純なものです。アイフルの担当者が個人名で申込者の会社に電話をして本人がでれば、細かいローンの内容などを話すことなく契約の謝意などを伝えて終わるというのが普通のようです。

申込者が外出中や席を外していても本人がその会社に存在していることが分かればそれで終了となります。このような方法を取るので、職場の人にはローン事業者から電話がかかってきたと知れることはありません。それでも気になる方は別の方法を取れないかアイフルに相談してみるのもよいかもしれません。

アイフルの審査の難易度は?

アイフルなどの審査の内容はだいたい理解できたと思いますが、みなさんが最も関心をもっている点は審査の難易度ではないでしょうか。アイフルの審査は他のローン事業者と比べて難しいのか、それとも甘いのか、といった点が当然気になるはずです。ここではアイフルを含めたカードローン業界の審査の難易度について紹介しましょう。

業界全体の審査の難易度の傾向

どのローン事業者の審査が甘い或いは難しいと判断できる客観的な情報は存在していないため、難易度のランク付けを正確にすることは不可能といってよいでしょう。ただし、ネット上に流通している利用者の口コミ、ローン情報サイトの独自の調査やローン事業者の公表データなどを利用すれば参考程度の難易度の傾向なら示すことはできるでしょう。

例えば、審査通過が困難な順序をローン事業者のグループごとに示すと、銀行・信用金庫大手消費者金融・信販会社中小消費者金融、という順番を想定することができます。もちろん、事業者ごとに審査の難易度は異なるため、ある銀行は消費者金融よりも審査が甘いということもあり個別の評価を欠かすわけにいかないでしょう。

個別の評価にあたっては、新規契約率の高さ、口コミ情報の比較、ローン情報サイトでのランクの高さ、金利の高さ、契約者数の伸び、広告宣伝費の増加、利用対象者の範囲の広さ、などのデータの値がよい、高い、大きいほど審査は甘めと考えることができます。

気になるローン事業者の審査の難易度については、そのようなデータ確認し他社と比較して相対的な位置づけや難易度の感度を掴んでみてはどうでしょうか。ただし、多少手間がかかるし正確とはいい難いので口コミ情報などを少し参考にする程度でよいかもしれませんね。

アイフルの審査の難易度

アイフルを含めた大手消費者金融は新規契約率のデータを公表しているので、最も客観的なデータに基づき審査の難易度を比較できるといえるでしょう。この新規契約率とはローンへの申込件数に対する契約件数の割合といっていいでしょう。つまり、申し込んでどれだけ審査に通ったかを表すデータと言い換えることができるのです。

2014年3月末時点のアコム、アイフル、プロミスの新規契約率は、48.3%、44.2%、40.5%、という順番になっています。つまり、アイフルは大手では2番目に審査が甘く通りやすいとデータ上から判断できるわけです。このことからアイフルの審査の難易度は銀行・信用金庫などよりも低く、大手消費者金融の中でも低いほうであると考えられます。
(⇒アイフルカードローンと他社の比較

そして、中小の消費者金融よりは難易度が高い、審査が厳しめという位置づけになるでしょう。つまり、中小消費者金融を除けばアイフルの審査は甘いほうであるといえるかもしれません。もちろん、新規契約率の数値だけで判断できることではないので、口コミ情報やランキング情報なども含めて評価する必要はありますね。

金融機関の傾向

金融機関の審査の難易度を判断するのが最も厄介かもしれません。その理由は、銀行や信用金庫など金融機関の数が多く難易度も大きくばらついていると考えられるからです。そのため、金融機関を一括りで考えていると誤った判断、選定をする恐れがあるので注意すべきです。

金融機関は今まで担保主義、保証人主義の融資を本業としてきたため、カードローンのような無担保・無保証人の融資事業の審査も本業の影響を受けて厳しくなっているケースが少なくないといわれています。しかし、金融機関でも消費者金融などと提携してカードローン事業を強化しているところとそうでないとことでは審査の難易度に差があるようです。

例えば、自社のグループに消費者金融を有する大手都市銀行の中には審査をその消費者金融に大きく依存しているところがあります。そこでの審査は従来の銀行基準のレベルではなく消費者金融、カードローン事業としての審査レベルになっているという情報がネットで見られます。

逆に地方の金融機関などあまり消費者金融などとの連携を取っていないところでは従来の銀行基準の審査レベルで行われている可能性があり、大手都市銀行よりも審査が厳しくなっているケースが少なくないようです。もちろん、各金融機関により難易度の違いが小さくないので目当てのところを個別にチェックするしかありません。

評価の方法としては、今まで見てきたとおり金利の高さ、広告宣伝の強化や利用対象者の広さなどが参考になるかもしれません。時間があればそうした点と口コミ情報、情報サイトのランク情報などを参考に評価するしかないでしょう。

審査内容に対する対策

カードローン業界の審査内容を既に概観しましたが、本人確認を除き返済能力や信用力の審査では過去の情報が主要な対象となっています。つまり、過去の状態のことを評価される場合現時点では対策の取りようがない、ということになってしまいます。

しかし、まったく何もできないわけではなく、またすべて過去のことだけ評価されるとは限らないので、可能な対策方法を考えていきましょう。

返済能力面での対策

申込時点では対策の打ちようはないですが、カードローンに申し込もうと考えだしたときからは次のようなことに取り組むとよいでしょう。

  • 年収のアップへ
  • 無用な転職の回避
  • 借入件数と借入額の削減
  • 住居の見直しなど

返済能力を改善する、向上させるためには収入を増やすか支出を減らすかのどちらか、或いは両方ということになります。もちろん両方できるほうがよいに決まっていますが、特に短期間で改善するには多くを望まずできることから始めるのがよいでしょう。

まず、収入をアップさせることが重要ですが転職して給料のよい企業に勤めないと大きな効果は望めないでしょう。カードローンを利用するために転職するというのは本末転倒ということになるので、自分のキャリア形成などを踏まえてよい機会があればトライしてみてはどうでしょうか。

しかし、失敗すれば大きなリスクとなるので安易な転職だけは避けたほうがよいですね。カードローン業界では多少低くても安定した収入に対してよい評価を行う傾向があるので、給料が多いい時もあれば少なくなる時もあるというような収入額が不安定になる職業や離職率の高い企業への転職は止めておいたほうが賢明でしょう。

転職よりもむしろ昇進・昇格を目指す、残業を進んで行うなどで少しでも企業に貢献し給料のアップを目指すほうが賢い選択といえるかもしれませんね。

申し込み前で特に効果が出る対策は借入件数と借入額の削減することです。申込者の借入件数が多いと、今後他社での借入れが増加するのではないかとアイフルでも心配し評価を下げてしまうこともあるのです。借入額の多さは直接的に返済能力を下げるため一定額以上あると審査通過が難しくなっていくでしょう。

そのため、申し込む前にできるだけ借入件数と借入額を減らしておくべきなのです。もしできないようならアイフルの借り換えローンなどの利用で相談すると前向きの評価をしてくれるかもしれませんね。

最後は住居の見直しなどによる支出の削減です。もし高めの借家に住んでいるようなら低めの借家に変え、家賃の支出額を削減するというのも有効でしょう。年収に釣り合わない家賃の借家に住んでいるような場合評価に影響することもあるので、生活水準に適した住居を選ぶことが望ましいわけです。

住居費用はアイフルの審査対象項目に入っていますので、生活に大幅な影響が出ない範囲で変更を考えるのは悪いことではないはずです。

信用力の向上

信用力は信用情報で審査されるため返済能力の改善より難しいといってよいでしょう。過去に起こした信用事故は取り消せないなので改善の使用がありませんが、少なくとも申し込み前後からはクレジットカードの支払いや携帯電話の料金の支払いなどで遅延や滞納を発生させないように返済管理を徹底するべきです。

申し込み前後での信用事故は審査に大きく影響すると考えられるため、起こせば致命傷となると認識しておいたほうがいいかもしれません。特に払えるのにうっかり忘れて遅れたというようなことがないように注意しなければならず、ケースによっては自動引き落としなどにより返済管理の負担を軽減させることも必要でしょう。

アイフルの審査に通過してローンを利用するようになっても返済管理は重要なので申し込む前から支払いに対する意識を強めておくことは決して無駄にはなりませんよ。

本人確認での評価の向上

本人確認では申込者本人への電話確認、運転免許証などによる書類での確認と勤務先への在籍確認となりますが、いずれも難しいことではないのでアイフルからの求めに素早く丁寧に対応できることを心がけるとよいでしょう。本人への電話では携帯電話よりも固定電話のほうが評価はよいといわれているので、自宅にあれば必ず電話番号を記しておきましょう。

また、申込者の中には電話による在籍確認を強く拒む方もおられますが、明確な理由なしに拒むと審査に影響することもあるので注意しておきましょう。別の方法を依頼するにしても、何故電話をかけられると困るかという理由をはっきり伝え丁寧に相談するべきです。適切な内容であればアイフルでも考慮してくれる可能性はあるでしょう。

審査で気を付けておきたい点

アイフルの審査の内容、難易度や対策などについて概観してきましたが、最後に特に注意しておきたい点をいくつか紹介しておきます。

難易度をあまり気にし過ぎない!

カードローン事業者の審査に通らないとお金を借りることができないため、ローン審査の難易度を過度に気にする方もおられますが、あまり気にし過ぎてもどうしようもありません。そもそも正確な難易度を把握することは不可能に近いことなので、申込者自身で多くの時間をかけても得られる成果は決して大きなものにはならないでしょう。

もし目当てのローンの審査が気になるなら申し込む前に審査に通りそうか直接そのローン事業者に相談するほうが時間を有意義に使える可能性があります。もちろん、ローン事業者から申し込む前に審査の合否ついて明確な回答がもらえるはずはありませんが、それでもある程度の合否の感触を得られることはないとはいえません。

担当者にもよるでしょうが、例えば「ちょっと難しそうですね。」「審査通過する可能性は十分あるでしょう。」「微妙で何とも言えないですね」などと回答しれもらえるかもしれません。もちろん、まったく回答してもらえない可能性はありますが、利用者の獲得のためのサービスとして何らかの有益な情報を提供してくれることもあるのではないでしょうか。

また、担当者に相談や質問する時には単に審査に通る、通らないという点を確認するだけでなく、どういう点が厳しいのか、どの部分が評価を下げるのか、といった重要な評価ポイントを探るようにしてください。もし少しでもヒントを得られるなら次のローン審査に活かしていくこともできるでしょう。

ただし、あまりしつこく聞くと嫌がられ印象が悪くなると意味がないので質問数や質問時間を考えて行うように心がけてくださいね。

審査が甘い場合のデメリット

審査の甘いローンを探すこと自体は悪くはないのですが、審査の甘いといことで不利益を被ることもあるので注意が必要です。例えば、審査の甘いローンでは融資金利が高くなっている傾向が見られます。その理由は、審査を甘くすると信用リスクの高い人への貸出が増え、結果として貸倒れる率が高くなるからです。

多く貸倒れるということは大きな損失になるのでローン事業全体の利益が減少します。利益が減少すると事業が成り立たなくなる可能性がでてくるため金利を高くして利益を補う必要がでてくるわけです。こうした理由で審査が最も甘いといわれる中小消費者金融の金利は業界で最も高くなっているのです。

審査に通ることを優先し過ぎて金利などの借入条件を十分に検討せずに契約してしまうと利息の負担が大きくなり過ぎて返済に困窮していくこともあるでしょう。審査の難易度に注意するのはよいですが、借入条件や利用環境が自分の許容範囲であるかどうかをよく考えて申し込みを考えてほしいですね。

中小消費者金融の審査が甘いとお話ししましたが、審査の甘さを強くアピールする事業者の中には闇金などの悪徳業者も存在しているので要注意です。「金融ブラックでも審査通過できますよ!」などと罠を張って待ち構えているかもしれません。特に直接電話やメールで事業者からアプローチしてくるところには気をつけるべきでしょう。

自分で見つけた事業者でもあっても、連絡先の所在に間違いないか、業務実態があるか、ホームページは持っているか、固定電話はあるか、貸金事業登録をしているか、操業年数は長いか、などローン事業者の調査も必要です。特に聞いたことも見たこともない事業者のチェックを疎かにしないよう心がけてください。

簡易診断を利用する!

審査の内容のところで簡易診断のことを簡単に紹介しましたが、申し込む前には利用しておきましょう。アイフルでは「1秒審査」と命名されているものですが、年齢、雇用形態、年収と他社借入金額の4つの項目を入力すると契約の可能性が瞬時に回答されます。

もし診断して「可能」という結果がでたら、返済能力面ではほぼ問題がないと考えることができます。もし審査に落ちるようなことがあれば、信用力の面で問題があったと推定でき、今後の対策に多少なりとも活かすことができるでしょう。

また、複数のローンの簡易診断を受けて結果に差がでるなら審査の難易度をみるのに役立つこともあるでしょう。もしアイフルは可能と出てアコムとプロミスでは不可能とでれば、アイフルが他よりも審査が甘いと評価することもできるわけです。

もちろん審査項目が同じでないので審査の判定レベルに差があり十分な信頼性があるとはいえませんが、どうしても審査の甘い事業者を優先して申し込みたい場合には確認の手段として利用してみるのもよいかもしれませんね。

【参考ページはこちら】
アイフルの審査時間は短くて便利!

新着記事
ページトップへ