> > 案内が来ないと難しい?アイフルで増額できた人の特徴とは

案内が来ないと難しい?アイフルで増額できた人の特徴とは

借り入れは取引件数を少なくするのがコツです。同じ金額を借りるのでも、1社からと複数社からとでは与える信用(イメージ)が違ってきます。

そこで登場するのが『限度額の増額』。新たに他の所から借りるのではなく、既に契約している所で限度額を上げてもらえば借入件数が増えずに済みます。

アイフルでも増額ができますが、その為には優良なお客様になる必要があります。といっても、何か特別難しいことをする必要はありません。

では、アイフルで増額できる人の特徴をご紹介しましょう。どういう人が優良なお客様と思われるのか、ちょっと考えてみませんか?

目に見える実績を積む!最低半年は返済に遅れない

アイフルでは半年以上、正常な取引をしている顧客へ増額の案内をすることがあります。

そう、最低半年は実際にアイフルと取引をしていなければいけないんです。データでは判らない信用を積み上げる期間と考えれば納得ですね。

案内が来る人は返済期限を1日も遅らせたりしない

『正常な取引』と言っても、私達がすることは借りると返すの2点だけ。そして、借りる際に異常な取引は発生しないので、重要なのは返す方です。

返済期日に遅れることなく、約束通りに支払いをする。この単純な行動が信用につながることは知っておきたいですね。

アイフルから増額案内が来る人は1日たりとも期限に遅れないという共通点があります。「金銭管理ができている人」と評価されているとも言えますね。

半年経っても案内が来ない人もいる

しかし、中にはきちんと支払いはしていても増額案内が来ない人がいます。それはお勤めの状況や年収から、これ以上は貸せないと判断された人です。

ご存知の通り、消費者金融会社であるアイフルは個人への融資を年収の1/3以内に抑えなければいけないことになっています。

つまり、学生さんでアルバイトをしている方や主婦でパート勤めをされている方など、年収が多くない方へは案内を出せない場合もあるわけです。
(⇒アイフルを利用できる職業とは?

半年の信用はスタートラインに過ぎない

「最低半年の取引でアイフルからの信用を得る」。これはあくまでも『増額のスタートラインに立つための資格』のようなものです。

ここからよ~いドン!で増額のゴールテープを切れる人と途中で脱落する人に分かれていくと考えましょう。

それでは、案内が来た人といつまで待っても来ない人に分けて、それぞれに増額できた人の特徴を見ていくことにします。

アイフルからの案内を受けて増額できた人の特徴

アイフルからの増額案内を受け取った人は、それだけで一歩前進していることになりますが、まだ確定ではありません。

申請をして、アイフルの審査に通れば増額が決まります。増額審査は新規と同じかそれ以上の条件をクリアしていることが求められます。

以前よりも借り入れ状況が悪化していないこと

ここで審査に通る人の共通点として、今までアイフルが把握していたよりも借り入れ状況が悪化していないことが挙げられます。

他社借入額や取引件数など、返済能力を問われる事柄が申請前と変わっていないか良くなっていると、審査にも通りやすくなるわけですね。

アイフルでも信用情報を使って契約の見直しが行われています。しかし、それは3ヶ月に一度のペースで、常に最新の状況を把握しているとは限りません。

案内を出した後で一気に状況が悪化し、その後増額申請をしてきたなんていうケースもあります。

増額できる人はアイフルとの取引だけでなく、他社との取引も問題なしと認められることが必要なんですね。

属性が悪くなる転職や転居をしていない

定期的な見直しをしていると言っても、全てを見通す能力がアイフルにあるわけではありません。

中には転職して正社員から派遣社員になった人もいるでしょうし、無職になったことを届け出なかった人もいます。

他社との取引で申込書に新たな情報を記載していれば、アイフルも信用情報で気づけますが、そうでない場合は見つける材料がないんですね。

そこへ増額申請が来て審査をしてみたら転職していたり年収が減っていたりしていることが判明する。当然増額はされません…。

お勤め先が変わっていないことや、アルバイトから正社員になったなどの属性アップをしていることも、増額にたどり着くための条件と言えます。

そもそも転職や転居は会員ページなどで随時登録変更をしなければいけない項目なので、それをしていないだけで悪影響ですが…。

アイフルからの案内で無事に増額できた人のまとめ

結局のところ、アイフルでの増額は今までと同じかそれよりも良い状況にある人が受けられる傾向にあると考えられます。

  • 転職をしていないことで信用キープ
  • 他社借入の件数や金額が悪化していない
  • 収入が減っていない

など、アイフルが把握している状況と同じかそれよりも良好になっていることが大切なんですね。

案内が来なくても増額できる人はいる!

アイフルから案内が来なければ増額は不可能なのか。半年以上きちんと返済期日も守ってきたし、他社からの借り入れもしていないのだが…。

そんな方にもチャンスはあります。自分から増額申請をすることもできるので、案内が来なくてもアピールはできますよ。

状況が好転しているなら増額審査通過も夢ではない

例えば大学生が卒業して就職した。フリーターから正規雇用に転身した。パート主婦だったけど準社員扱いになって収入も増えたなどが好例です。

アイフルへの届け出は随時…という話は先にしたので繰り返しませんが、状況が良くなっていることの変更は胸を張って行なっておきましょう。

きちんとした取引をしているのに増額案内が来ないのは、これ以上は貸せないと判断されている可能性が高いからにほかなりません。

それが就職や転職、昇格や昇給などで改善されれば、案内がなくても審査に通ることは充分可能です。

つまり、案内がなくても増額できる人というのは、「アイフルが知っている状況よりも確実に良くなっている人」なんですね。

言葉を変えれば現状維持での申請は危険だということになります。「案内をしない=現状では今の金額が限界」という認識を覆す何かが必要です。

属性アップ・年収アップを証明書類で提出できる

自分からアタックする場合、増額しても大丈夫だと思われるような何かが必要。その何かの一例が「証明書類」です。

基本的に50万円までは提出不要な収入証明書を自ら提出することで収入のアップを確実に証明できる。

正規雇用になったり昇進したりといった属性のアップも健康保険証や給与明細書の提出で証明できる。

これらの「目で見てわかる証明」が有力な材料になることも覚えておきましょう。自己申告だけよりもずっと説得力が増しますからね。

今の状況で大丈夫?増額申請はリスクも考え慎重に

アイフルで増額ができる人の特徴を簡単にご紹介していきました。考えてみれば当たり前のことばかりですが、カードローンとはそういうものです。
(⇒知っておくべきアイフルの増枠方法

ごく当たり前のことを当たり前にできてさえいれば、信用もついていくしより良い取引をすることもできる世界なんですね。

今の自分で審査に通るか見極める力は重要!

仮にアイフルから案内が来たとしても、必ず把握されている申告内容と他社取引などの項目を振り返ってみて下さい。

  • 収入証明の提出を求められても大丈夫?
  • 他社借入を数ヶ月以内に増やしたりしていない?
  • 在籍確認をされても「辞めてますよ」などと言われない?
最低でも状況維持、できれば状況が好転していることが望ましいです。以前よりも悪くなっていたら増額は見合わせておくのが最善策です。

増額「審査」に落ちた場合、増額できないだけではなく今まであった限度額が減ってしまうおそれもありますから、慎重に状況を判断しましょう。

【参考ページはこちら】
アイフルの増額審査に通るために守るべきルール

新着記事
ページトップへ