> > 【アイフル口座振替のお悩み】銀行引き落とし時間は何時?

【アイフル口座振替のお悩み】銀行引き落とし時間は何時?

アイフルへの返済を口座振替でやっているとき、引き落とし時間が何時なのか、気になった経験はありませんか?

トリビア的な疑問でもありますが、真剣なお悩みとなる場合もありえます。

「引き落とし当日に残高が不足していた場合、何時の時点でアウトになるのか?」

引き落としに失敗したらもちろん「滞納」なのですから、これは単なるトリビアでは済まないポイントですよね…。

引き落とし当日の何時がデッドラインで、残高の不足時にはどうしたらいいのか、よくあるお悩みに対し、お答えしていきます。

当日の残高不足で焦った経験のある方はもちろん、口座振替でアイフル返済中の方は、知っていて損のない話ですよ。

朝9時の想定がベスト!アイフルへの返済金は前日までに入金を

口座振替で返済をやっているとき、当日の何時に引き落としがされているのでしょうか?

一つの目安時間をご紹介しておきます。

朝9時。この時間までに返済用のお金を口座に入れておくことをオススメします。

  • 返済日に引き落としがされるのは確実
  • 営業開始時に引き落とされるつもりでいればOK

時間までは正確にわからなかったとしても、引き落としがされる日付ならわかりますね。

そして、引き落としがされる日、その銀行の営業時間中に必ず引き落としがされるのは、間違いありません。

ということは、引き落とし当日、その銀行の営業時間が始まるまでに、口座にお金を用意しておけば確実と言えますね。

最悪、営業時間が始まると同時に、引き落としがされると思っておくのです。

実際にはもう少し余裕があるかもしれませんが、朝一でされても問題ない状態にしておきましょう。

それで、銀行の一般的な営業時間といえば?

営業開始 営業終了
9時 15時

金融機関によって微妙に違うかもしれませんが、だいだい朝9時から昼の15時までの営業が一般的ですよね。

ですので、朝9時。この時間をデッドラインとして、口座にお金を用意しておきたいところです。

前日までの入金が無難

何事も想定外の事態はあるものです。できれば、余裕を持って行動したいですよね。

できることなら、引き落とし当日の朝9時ギリギリで入金するより、引き落とし前日に入金しておけば無難です。

  • 前日ならATMなどで簡単に入金可能
  • 引き落としができないと、滞納になることも

前日に返済金を口座に入れておくなら、銀行の営業時間中、普通にATMで入金しておけばOKですよね。

最近はネットバンキングサービスなどもありますが、深夜早朝にお金を動かすのはえてして面倒なもの。

前日までに用意しておけば話は単純です。

もし、当日になってバタバタしているうちに、引き落としのタイミングを逃してしまうと…?

アイフルへの返済を口座振替でやっているなら、引き落としミスは最悪の場合、滞納と判定されることもあり得ます。

こういう事情からも、当日ギリギリの入金よりは、前日までに用意しておく方が無難と言えます。

当日朝9時を想定の上、前日までには入金を終わらせておきましょう。

当日入金は間に合うか!?当日の不足はアイフルへの連絡がベター

アイフルへの返済を口座振替でやるなら、「前日までに口座へ入金」が理想です。

が、理想通りにいかないこともありますよね。

忙しい毎日、気付けば今日が引き落としの返済日で、そして…残高が足りないっ!

すでに返済日の当日を残高不足で迎えてしまった場合、どうしたらいいのでしょうか?

  • とにかく急いで入金する?
  • アイフルに連絡する?

アナタなら、どちらを選びますか?

口座振替で返済している以上、「急いで入金!」を選びそうになりますが、まずはアイフルへの連絡をオススメします。

困ったときはアイフルに相談を

先にも触れた通り、返済ミスは滞納と判定される可能性があります。

お金を借りる上で、「滞納歴」がつくのは、たとえ短期でも非常にマイナス。できれば、確実な方法を取りましょう。

そんなときにオススメなのが、「アイフルへの相談」です。

  • サポート体制は万全
  • 返済の意志がある利用者への対応は柔軟

大手サービスのアイフルは、利用者へのサポート体制は万全です。利用者用の問い合わせ番号があります。

これを利用しない手はありません。

返済に関する緊急のお悩みであっても、相談は可能。引き落とし当日の残高不足にはどうしたらいいか、指示を受けましょう。

ちなみに、アイフルへの返済は、複数の方法で可能です。

  • ATM
  • 振込
  • 店舗窓口

口座振替だけがアイフルへの返済方法ではないのです。

アイフルに相談することで、今回は別の方法で返済を受け付けてもらえる可能性はあります。

また、引き落としに間に合う時間帯であれば、口座への入金を指示されるかもしれません。

いずれにせよ、滞納になるかもしれない事態ですから、アイフルと相談しながら対応を決めるのが確実です。

自己判断の当日入金は微妙?

先ほどはあまりオススメしなかった「当日入金」。

「別にこれでいいのでは?」と、思える方もおられると思います。

  • そういう口コミを見かけた
  • 自分が前に当日入金でうまくいった

もちろん、当日入金でうまくいく例もあります。要は、引き落としのタイミングに間に合えばいいのですから。

また、引き落とし回数も一回と決まっているとは限りません。

引き落としのタイミング 判定
朝9時のみ 一度の不足で返済ミスに
9時・12時・15時 どこかで引き落とせればセーフ

あくまで例ですが、上記のように、引き落としの方法も一通りではありません。

一日一回の引き落としのみで判定されることもあれば、何回かの引き落としを実行してくれる場合もあります。

引き落としの実行時間や回数によっては、当日入金で対応できる例もあるでしょう。

ただし、当日の引き落としがどのような形になるか、正確に知らずに行う当日入金はギャンブルです。

当日入金に賭けるより、普通にアイフルに連絡して相談した方が、確実ではあります。

アイフルなら対応も柔軟です。困ったときは、一声かけて相談してみるのがベターです。

当日、何時の引き落としでも平気に!振替のトラブル防止策2つ

先にご紹介した通り、引き落とし当日に残高が不足していても、なんとかなることはなるのです。

これはアイフルが大手のサービスで、サポート体制も万全であることも大きいですね。

しかし、せっかくの口座振替です。

返済を自動でやれるという楽な方法なのですから、引き落としが近くなってから慌てずに済むようにしたいと思いませんか?

引き落としの前日になって残高の確認・必要があれば入金…というのも、ちょっと行き当たりばったりですね。

当日の引き落とし時間はもちろん、前日になっても余裕でいられる、そんな方法はないものでしょうか?

二つほど、方法をご紹介します。

  • 残高の定期確認
  • 口座への定期的な入金

どちらも当たり前のような方法ですが、非常に有効です。

残高の確認が基本

基本は、残高の確認ですね。定期的に確認するようにしましょう。

  • 月に一度は必ず確認
  • 日付を決めておくといい

月に一度は、必ず口座残高を確認する癖をつければ、残高不足に気づくことができます。

日付を決めておくといいです。何か自分にとって意味のある日付を選ぶといいでしょう。

  • 誕生日と同じ日付
  • 給料日
  • 月初め・月末日

毎月、残高を確認する日を決めておけば、残高不足に早く気づくことができます。

残高が一定以下になったら、必ず入金する癖をつけましょう。

これで、引き落とし直前になっての残高不足で、バタバタする必要がなくなります。

残高の確認くらいは、インターネットからできることも増えています。そのようなサービスも活用してみましょう。

機械的に入金するのもアリ

もう一つは、少し手抜きのような方法ですが、同じく有効な方法です。

一定の間隔で、機械的にお金を入金しておけばいいのです。

  • 口座の残高が不足しないよう、機械的に入金
  • 引き落としに支障がない額の用意を

どういうことかといえば、たとえば「2か月おきに10万円ずつ入金する」というような方法です。

残高を定期的に確認し、不足していたら入金する…という方法に比べると、少しテキトーな方法ですね(笑)。

しかし、いちいち残高を確認するのがどうしても面倒なら、コチラの方法がいいかもしれませんね。

「最低限、これくらいの金額をいれておけば、返済は大丈夫」という金額さえわかれば、簡単です。

あとはその金額を一定のペースで入金すればいいだけ。

「2か月に1回」というペースなら、偶数月か奇数月かのどちらかを入金月としておけば、習慣にするのも簡単です。

以上のような方法を使えば、アイフルの口座振替もより便利、より安全な方法になってくれます。

当日になって「引き落としは何時なんだ!?」と大慌てする必要もなくなります。ぜひ活用ください。

確実な返済が可能に!口座振替の3つのポイントまとめ

口座振替でアイフルに返済しているとき、当日に残高が不足していたらどうなるのか?

この疑問を始め、口座振替での返済でありがちなお悩み、役立つコツをご紹介してきました。

ご紹介してきた3つのポイントを、最後にまとめます。

ポイント オススメの対応
当日の引き落とし時間 朝一の想定がベスト
当日の残高不足への対応 アイフルに相談を
振替ミスを確実に防ぐコツ 定期的な残高の確認・入金

口座振替を選べば、あとは勝手に返済をやってくれるため、返済への意識が薄くなりがちです。

しかし、口座振替も完璧な方法ではないことがわかりますね。

いくら自動で返済をやってくれるとしても、口座にお金がなければどうにもなりません。

口座振替は手間が少ないだけで、一定額を毎月返済している点は、他の方法と同じです。

  • 不足時の緊急対応は知っておくと安心
  • 毎月の返済額は、責任を持って用意したい

お金は何時までに用意しておくのがよくて、当日、すでに不足していたらどうしたらいいのか。

すでにご紹介してきた通りです。

返済日になって慌てなくてもいいよう、日頃から返済金を用意しておくとさらに安心。

上記ポイントを押さえれば、口座振替で確実に返済でき、アイフルの利用がさらに便利になってくれます。

アイフルはせっかくの便利なサービスです。ぜひポイントを押さえ、上手に使ってください。

【参考ページはこちら】
アイフルの返済は銀行引き落としがいちばん?

新着記事
ページトップへ