> > 要チェック!アイフルで再融資してもらえない人はこんな人たち

要チェック!アイフルで再融資してもらえない人はこんな人たち

アイフルに限らず、どこの消費者金融でも再融資という制度があります。

例えば、現状は最高でも50万円しか借りられないのを、再融資するとさらにそれに上乗せして借りられるようになるのです。

できるなら、できだけ多く借りたいと誰もが思っていますから、是非活用したいですよね。

しかし、注意しなければならないのは、誰でも再融資してもらえるわけではない、ということです。

以下では、再融資について詳しく知り、アイフルではどんな人たちが再融資してもらえないのかを見てみましょう。

再融資とは何かを正しく理解することが重要

上に簡単な例を挙げましたが、まず再融資についてちゃんと理解することが大事です。

何か行動を起こす際にそれに対する正確な理解がどうしても必要です。

また、再融資という言葉はいろんなシーンで使われますから、アイフルでの再融資とは一体どのような意味なのかきちんと理解しておきましょう。

アイフルでの再融資は限度額の引き上げのこと

再融資を広い意味で捉えると、同一の顧客に対して金融機関が再度の融資をすること という意味になります。

例えば、会社が銀行からすでに1000万円借りているとします。

その同じ会社に銀行が運転資金としてさらに1000万円貸すこと、これが再融資です。

では、アイフルからの再融資とはいったいどういう意味なのでしょうか?

例えば、Aさんがアイフルから10万円を借りているとします。

このAさんにさらにアイフルが10万円を貸すことすべてを再融資というのでしょうか?

広い意味で言えばそうでしょう。

しかし、注意しなければならないのはアイフルが個人の顧客と締結している金銭消費貸借は一定の極度額が設定されているもの だということです。

極度額という言葉が難しければ、利用限度額と言い換えても良いでしょう。

つまり、アイフルは顧客と金銭消費貸借を結ぶ際、利用限度額を設けて、その枠内では自由に貸し借りができるようにしている、ということです。

上に挙げた例でいえば、利用限度額が10万円であれば、現状で10万円借りていて、さらに10万円借りたいと思えば、利用限度額を超えます。

ですから、さらにアイフルに利用限度額の引き上げの申込をしなければならないのです。

これがアイフルでの「再融資」ということです。

もし、もともと利用限度額が30万円であれば、現状で10万円借りていて、さらに10万円借りるにはアイフルの審査などは必要ありません。

30万円までは自由に借入が可能なのです。

つまり、アイフルでいうところの「再融資」は必要ありません。

まとめますと、「再融資」という言葉にはかなり広い意味が含まれますが、ここでいう再融資は

アイフルとの金銭消費貸借の利用限度額を増額すること

といって良いでしょう。

再融資できない人【その1】取引期間があまりに短い人

さて、気になるのはどんな人がアイフルから再融資してもらえないのか、ということですよね。

実はこれは別にアイフルに限ったことではありませんが、まず重要なのは取引期間です。

最初の審査と再融資の際の審査が大きく異なるのは、すでにアイフルとの取引がある、ということです。

これはアイフルにとっては貴重な審査資料です。

この資料にもとづいて、この人は本当に再融資をしても大丈夫な人なのかが審査されるわけです。

具体的には

  • 借りたらきちんと返済してきたか
  • 返済はギリギリか、それとも前もって返済しているか
  • もし返済が遅れていたとしたら、それはどの程度か?一日二日?それともそれ以上か?

といったことがチェックされます。

そして、これらのことをある程度正確に把握するためには一定期間の資料が必要です。

たった1ヶ月ばかりの資料ではその人の借入や返済の傾向について審査することは難しいのです。

一般的には最低でも最初の審査から半年の期間は必要であろうと言われています。

逆にいえば、その期間が半年に満たなければ、再融資の審査を申込んでも通らない可能性が高いので、もう少し待ったほうが良い、ということになります。

再融資できない人【その2】他社からの借入がある人

さて、もう一つ確実に再融資が難しい人たちがいます。

それは他からの借入をしている人たちです。

他社からの借入がある人はなぜ借りられないのか?

考えてみればわかることですが、すでにアイフルから借りていて、その上他社からも借りている、そんな人がアイフルの再融資を申込む意図はどこにあるのでしょうか?

多くの場合、他社からの借金を返済しきれないため、アイフルでさらに借金を重ねてその場をしのごうという意図が見えます。(こちらもご参考に→アイフルでお金を借りたい方におすすめ

では、アイフルとしてはそんな「自転車操業」をしているような人に再融資ができるでしょうか?

答えは否、と言わざるを得ません。

ただでさえ、借金を重ねているのに、その上、利用限度額を引き上げれば、アイフルでさらに返せない借金を重ねることは目に見えています。

アイフルとしてもそんな貸し倒れのリスクのある融資はしません。

他社からの借入があれば絶対に借りられないのか?

再融資の審査基準はアイフルによって公開されていませんから、具体的に何社からの借入があれば再融資は無理なのかはっきりしたことは言えません。

一般的に言えば、1社だけならまだ可能性はありますが、2社以上になると可能性は再融資してもらえる可能性は限りなく少なくなるということです。

もし、すでに他からの借入があるなら、そこからの借入を完全に返済してから、アイフルでの再融資を検討してみましょう。

目指したいのはアイフルが「再融資したい」と思える顧客

アイフルからの再融資に関して言えば、自分の側から申込むこともできますが、良く聞くのはアイフルから再融資の申し出がなされることがある ということです。

では、どうしたアイフルからこうした申し出がなされるのでしょうか?

アイフルの視点から見てみると、見えてくるものがある

アイフルの会社としての利益は顧客からの金利ですから、できるだけ多くの顧客に融資することが目的です。

しかし、誰かれ構わず融資すれば貸し倒れのリスクを負うことになります。

それで重要なのは、できるだけ信頼できる顧客にたくさん借りてもらう、ということです。

新規顧客を開拓することも必要ですが、取引がない以上、実際にどんな顧客なのか分かりません。

この点、アイフルにとって最も手っ取り早いのはすでに取引履歴があり、信頼できると思われる顧客です。

新規顧客を探すより、そうした顧客に再融資するほうがリスクが低く、しかも会社としての利益も上がる、ということなのです。

アイフルからの再融資の勧誘があったら優良顧客の証

もちろん、再融資の申し出がアイフルからあったからといって、絶対に再融資しなければならないわけではありません。

しかし、仮に再融資しないとしても、これはこれで喜ばしいことです。

それだけアイフルから高く評価されているわけです。

もし、必要があれば、いつでも再融資してもらえると言ってよいでしょう。

結論として大事なことは、再融資をするかしないかに関わりなく、ちゃんと借りたものはきちんと返す このサイクルを繰り返すことなのです。

【参考ページはこちら】
アイフルで増額する時の審査時間をチェック!

新着記事
ページトップへ