> > アイフルを使いたい専業主婦なら読んでおくべきコラム

アイフルを使いたい専業主婦なら読んでおくべきコラム

アイフルを使いたい!そう思っている人は多いと思います。専業主婦だろうが、学生だろうがやはり有名業者ですから。

有名な消費者金融のほうが無名な業者よりもきっといいと思うのは当たり前で、使えるなら誰もが使いたいはずです。

しかし専業主婦は総量規制の問題も会ってなかなか使えない…これが現状であるかもしれません。

とはいえ一切アイフルを使えないか?というとそうではありません。こうすればできる!という方法をお教えします。

なぜ専業主婦はアイフルを使えない?その理由とは

アイフルを使えない理由というのは最初にも書いている通り、専業主婦の場合は総量規制の問題が大きいでしょう。

総量規制とはなにか?そもそも知らない人も若い人なら多いかもしれませんが、一種の法律・ルールなのです。

消費者金融も銀行系カードローンもなんでも好きな様に貸し出ししているわけではありません。(こちらもご参考に→アイフルと銀行カードローンの違いとは?

ルールを守らないといけないのです。でなければ営業ができなくなるので、総量規制をしっかり守っています。

というわけで専業主婦の人や学生の人は収入がないので借りられない、という結論になるわけです。

総量規制が導入される前は専業主婦もよく借りていた

実は総量規制が導入されたのはつい最近のことです。歴史としてはさほど古くはないのです。

この総量規制が導入される前はどうだったか?というと、自由に専業主婦も学生も使えていました。

それこそアイフルだって貸出をしていましたし、プロミスやレイクのような大手も貸出をしていました。

それは違法でも何でもなかったからです。だから借入を30万円50万円、中には100万円を超えてしていた人もいました。

それだけのお金を借りる事ができるというのはみんなすごい信用があったわけではありません。

単純にみんなその時は夫や友達から借りたりして返済費用を工面するなどしていたようです。

つまり昔から当然のように専業主婦も学生も、収入のない人は借りていたのが総量規制で急に借りられなくなったのです。

アイフルを使うために総量規制をうまく切り抜ける方法は?

ある意味この歴史が一つのポイントになっていて、アイフルを専業主婦で借りるにはポイントではないでしょうか。

アイフルは専業主婦でも借りることが出来るように実はなっているのです。それはホームページを見てもわかります。

専業主婦の場合、無職や年金受給者も同じですが働ければ借り入れができるようになると書かれています。(こちらもご参考に→生活受給者や年金生活者のアイフル借入

これはQ&Aのところに書かれていますから間違いありません。専業主婦も働けばOKということなのです。

働ければいいということは逆に言えばどういう仕事でも収入さえあれば借り入れが可能ということでもあります。

借り入れが可能になるには当然それなりに収入も必要ですが、さほどハードル自体は高くないのです。

総量規制から専業主婦に必要な収入を計算してみる

では実際に具体的な金額というのを計算してみましょう。専業主婦はどのくらい収入があればいいのでしょうか。

はっきりと「この金額から」ということはアイフルには書かれていません。つまり年収制限はないということです。

とは言え年収制限がなくてもある程度の収入は必要になります。簡単に表にまとめてみましょう。

年収100万円 年収150万円 年収200万円
30万円借入 50万円借入 60万円借入

このように言えるでしょう。これは借入で総量規制から考えられる借入枠を計算したものです。

つまり30万円借入をするためには100万円、厳密には90万円の収入があれば十分ということです。

90万円というと月に8万円弱の収入でOKなので、パート・アルバイトでも十分でしょう。

さらに20万円という少額の借り入れでいいなら60万円の収入があればいいので、月5万円の収入でOKということになります。

こう考えると専業主婦が借り入れをするためのハードルは、意外に低いということがわかるでしょう。

専業主婦はパート以外にも借りる方法はない?

「パートは無理ではないけれども、働くことが出来ない」という環境の人もいるでしょう。

赤ちゃんがいて一人にできない場合や、周りの理解がないときはパートすら難しいかもしれません。

また働きたくない!という人もいるかもしれません。ただ、働かないと借り入れが出来ないのはアイフルも明言しています。

ですので借入のためには専業主婦は働く必要があります。とはいえやり方はパート・アルバイトだけではないのです。

  • 正社員で働く
  • 自営業者として働く
  • 派遣社員等で一時的に働く

やり方は多数ありますが、実践的に使えそうな3つの方法をご紹介します。

これらの方法ならまず専業主婦の人もアイフルで借りられるようになりますので、オススメです。

正社員になるか、正社員時代に契約をしておく

まず一つ目が正社員になることです。パート・アルバイトを中心に語っていますが、正社員のほうがなおのこといいでしょう。

正社員のほうが圧倒的に信用されますから、正社員になれるのであればそちらのほうがいいでしょう。

とは言え実際には正社員になるのは難しいでしょう。ですから正社員のうちに契約をするという方法もあります。

つまりたいていの人は結婚して専業主婦になる前に何らかの仕事をしているでしょう。その時に正社員の人も多いはずです。

そういった人たちは正社員の身分にあるうちに、アイフルで申込みをしておけばいいというわけです。

今、専業主婦になるかもしれないと思っている女性は今のうちに作っておくことをおすすめします。

専業主婦になってからと正社員のうちに申し込みをするのでは、天と地ほどの差があるのですから。

株やFX、ネイルなどで自営業者として登録する

次に使える方法として、専業主婦をやめて自営業者になるという方法があります。

当然ながら自営業者になればそのまま借り入れが可能というわけではなく、収入が必要になります。

収入が必要なので、何らかのビジネスをしなければなりませんが、なんでも好きなことをすればいいでしょう。

例えばよくあるのがネイルです。ネイルをしている人がマンションで開業するということがあります。

こういう時にネイルを友人や知り合いにやってあげて売上を上げるという事もできます。

他にも株取引や不動産での収入、その他にもFXなどを使うということが専業主婦でも出来るでしょう。

その際、ほとんどの人は個人でやっていますが、それを会社として行うようにするのです。

それによって働いて収入があるというようにアイフルから見られるようになるというわけです。

個人事業はハードルが低く、だれでも行うことができるので、パート・アルバイトが嫌だという人にもオススメです。

一時的に派遣等で働き、その間にアイフルを利用する

最後の一つがパート・アルバイト、派遣などなんでもいいのですが一時的に行うことです。

一時的と言ってもおおよそ半年くらいは働いておいた方がいいでしょう。その間にアイフルの契約を済ませてしまうのです。

そもそもパート・アルバイトというと、長く働くということを前提に考えてしまいがちです。

だからこそ「パート・アルバイトは嫌だな」と思う人が多いのです。しかし長く考えないようにします。

その短い間かもしれませんが、働いているという状況でアイフルに申し込みをするのです。

これなら長くパートで働くのは嫌だなと思っている人でも、出来ると思います。

後は派遣のように期限が決まっているときなどにも有効です。派遣でも働いている間ならアイフルは借りられます。

アイフルを使えなければ銀行系カードローンは使える?

アイフルの使い方としては専業主婦ではなく、どこかで収入を得るようにすればいいというのは説明の通りです。

ですのでさほどアイフルを借りるまでのハードルというのは高くはないと思います。

しかしそれでもすぐに借りたいというのであれば銀行系カードローンを使おうとする人もいるでしょう。

確かに銀行系カードローンは総量規制の対象外で、年収規制がないところはメリットです。

使おうと思えば専業主婦でも使うことは出来るでしょうが、そこまで簡単に行くものではないので注意しましょう。

そもそも審査が厳しく、夫の同意が求められる場合も

アイフルを働いて借り入れできるようにするよりも簡単そうに見える銀行系カードローンですが、一筋縄ではいかないのです。

まず一つ目が審査そのものが厳し目になっているという事実です。消費者金融よりも厳しいと言われています。

もう一つが夫の同意が必要になる場合もあることです。全銀行系カードローンではありませんが、必要な場合もあります。

必要な場合には夫に借金をすることを打ち明けないといけません。収入なしで借りられても、バレるのはデメリットでしょう。

この2つのことを考えると、ほんとうに銀行系カードローンは専業主婦にとってプラスなのか?と思うでしょう。

結論としては確実に銀行系カードローンで借りられるものでもないということです。

確実性をあげるなら、銀行系カードローンでも自分自身が借り入れできるだけの収入を上げておく必要があるでしょう。

これがオススメ!アイフルで借りるならこの商品!

専業主婦がアイフルで借り入れすることは出来ないことはない、というのは見ていただいたとおりです。

借りるためには工夫をすればなんとかなります。ですので諦めないことのほうが重要です。

加えてアイフルは実はキャッシングローン以外の商品を持っているというのはご存知でしょうか。

なかなかアイフルが借入のための商品を複数持っているということを知らない人も多いと思います。

そこでアイフルの商品の中で専業主婦が使うならこれ!というものをご紹介したいと思います。

少額融資はわんポチッとで間違いなし

まず専業主婦の方で少ししか使わないという人の場合は、少額融資専用のわんポチッとという商品がよいでしょう。

この商品たった10万円かも知れませんが、すぐに借入ができるし収入証明も必要ないのです。

だから借入もスピーディーにできるし、借りるための消費者金融への提出書類も少ないので楽なのです。

10万円というと少なく思うかもしれませんが、少額で数万円だけ借りるという人には十分だと思います。

審査も大して厳しくありませんし、このわんポチッとは結構おすすめできる商品です。

女性を応援するローン、レシースアイフル

もう一つが女性専用のいわゆるレディースローンです。レディースアイフルという名前で商品を作っています。

商品自体は一般的なキャッシングローンとさほど変わりはありません。しかし、女性のことを理解してくれます。

女性は出産や育児などが忙しいですし、収入も男性よりまだまだ低いのが現状です。

そういった女性の立場に立った借り入れができるのが、レディースアイフルだと思っていいでしょう。

ただしたとえレディースアイフルであったとしても、専業主婦で収入がなければ借入はできません。

ですので上記で紹介した方法でまずは収入を得る、ということを行うトいいでしょう。

普通のキャッシング・ローンを使うよりも理解があると思いますので、きっと満足度は高いと思います。

アイフルは専業主婦にそこまで厳しい会社ではない!

以上のようにアイフルのことを専業主婦からの目線で解説をしてきましたが、非常に良い会社だというのがわかったと思います。

アイフルは専業主婦のままだと使えないかもしれませんが、ちゃんと収入を得られるなら借り入れは可能なところです。

借入が一切できないというようなイメージが総量規制の後からは思われていますが、実際にはそうではありません。

総量規制があってもアイフルはいい会社で借りやすい会社なので、少し借りる側がそのルールに合わせてあげるのがよいでしょう。

専業主婦だからといって諦めず、まずは借りられるようになって申し込みをすることをおすすめします。

【参考ページはこちら】
女性必見!5万借りたいならアイフル

新着記事
ページトップへ