> > 連帯保証人が必要?よくあるアイフルのウワサを検証

連帯保証人が必要?よくあるアイフルのウワサを検証

アイフルにはよくあるうわさがネット上にもリアルでもたくさん聞くことがあると思います。

特に多いのは今でも連帯保証人が必要なんじゃないか?というようなうわさです。

それ以外にもアイフルを使うときのうわさ、使っている時のうわさというのがたくさんあります。

そういったよくあるネット上を中心としたうわさというのは本当なのかどうかを検証していきたいと思います。

アイフルは未だに連帯保証人が必要なの?

さて、うわさは様々ある中でも一番多いと思われるのはこの連帯保証人についてのことではないかと思います。

連帯保証人になった、それで借り入れをしていたヒトが逃げたから多額の借金を負ったという話です。

確かにテレビなんかでは連帯保証人になったことがきっかけで、借金をしたというたくさんの事例が出ています。

しかしそのほとんどがアイフルというわけではなく、他の借金の手段で連帯保証人になった場合ばかりです。

実際、アイフルに問い合わせてみればわかりますがアイフルは連帯保証人というのは必要ないのです。

昔は保証人というのは結構借金でも当たり前にありましたが、今は殆ど無いと考えて間違いありません。

つまりこの連帯保証人がアイフルでの借り入れでは必要というのは間違い、ということになります。

アイフルの最大の特徴が連帯保証人が必要ないこと

アイフル、もっと言えば消費者金融や銀行系カードローンがなぜここまで大きくなったのでしょうか。(こちらもご参考に→アイフルでお金を借りたい方におすすめ

さらに逆から言えば銀行の借り入れというのはありますが、それがあまり人気がなかったのはなぜなのでしょうか。

それこそアイフル等の消費者金融の肝でもあります。実は消費者金融というのは連帯保証人等がいらないのがポイントなのです。

その昔、銀行からの借り入れがメインだった時は連帯保証人が当たり前でした。企業でも個人でもです。

だから連帯保証人を巡って大きな問題がよく起こっていました。保証人になって借金を急に背負うような場合です。

それ以外でも保証人に勝手にさせられたり、連帯保証人を赤の他人から募集する会社まであったくらいです。

今では考えられないですが、これらの問題を一気に解決しだれでも簡単に借り入れができるようになったのが消費者金融なのです。

その中でもアイフルは大手の業者として昔から人気でした。アイフルは連帯保証人は昔からいらなかったのです。

今でも連帯保証人が必要、と言っている人は昔ながらの融資が行われていると勘違いしているのでしょう。

連帯保証人を用意する必要がある状況とは?

連帯保証人がアイフルでは必要ありません。それは間違いないし、それによってアイフルなどは成長してきたのです。

しかし今でも連帯保証人の話はよく出てきます。それは当然連帯保証人が今でも使われている場面があるからです。

では一体どういう時に連帯保証人が使われているのでしょうか。アイフル以外では下記のような場面で使われます。

  • 住宅ローンを組むとき
  • 大きな金額を銀行等から借り入れるとき
  • 賃貸契約を行うとき

現在ではこのようなシチュエーションで連帯保証人が求められます。

住宅ローンは連帯保証人が絶対で夫婦でなる場合も

まず一つ目が住宅ローンです。住宅ローンはたいてい3000万円前後くらいのローンが組まれる事が多いでしょう。

少ない金額の時はまだましかもしれませんが、大きな金額になると返済が厳しくなっていくでしょう。

そこで連帯保証人が求められるのです。たいてい一人ですが、場合によっては夫婦の場合もあります。

どうやって決まるか?というと、住宅ローンの元になる収入をどうするか?によって決まります。

例えば夫一人の収入で十分住宅ローンを借りられるなら、夫だけが連帯保証人になります。

しかし夫の収入プラス妻の収入ということになると、妻の収入もローンの計算に含まれるので、妻も連帯保証人になる必要があるのです。

というように、そのローンを借りるのに誰の収入を返済のためのお金に当てるか?という点で変わるわけです。

住宅ローンを組むときには連帯保証人が原則必要なので、妻を連帯保証人にしたくないなら

  • 収入を増やす
  • 借り入れするローン金額を少なくする

のどちらかしかありません。

よく考えて住宅ローンを組むようにしましょう。

銀行や信用金庫からの融資も連帯保証人が必要な場合も

次に多いのが信用金庫や銀行からの融資を借りる場合でしょう。この場合もやはり連帯保証人が必要です。

連帯保証人が絶対に必要か?というとそうではなく、連帯保証人がなくても借りられる場合もあります。

それはたいてい金額が小さいものが多いです。法人向け融資だけの場合も100万円や数十万円のものは必要ない場合もあります。

しかし多くの法人融資は数百万円、時には何千万円という金額が必要で融資を受けるかと思います。

ですので融資金額が大きい場合にはまず間違いなく連帯保証人になってもらうことになります。

そして連帯保証人が大きな問題になったのもこの法人融資で、現在は少なくなりましたが家族の保障も必要だったりします。

つまり夫と妻と場合によっては子供や親戚まで巻き込み、そして家の土地建物を担保に入れたりしなければならなかったのです。

こうやって見たらあまりにも条件が悪すぎると思うでしょう。それくらい、銀行の融資は難しかったわけです。

でも今は消費者金融があるので、そこまで厳しい融資条件ではなくなったので、利用者としてはありがたいでしょう。

マンションやアパートの賃貸も連帯保証人が必要

最後が借り入れではないですが、マンションやアパートの賃貸を借りるときにも連帯保証人が必要になります。

この時の連帯保証人というのはある意味「この人は大丈夫ですよ」という保証をしてもらうために必要なものです。

ですので実質連帯保証人が何かをするということはほとんどなく、あっても家賃滞納を肩代わりするくらいのものです。

肩代わりするとなっても、最初は当然借り主に請求をしますし、払わなかったら出て行ってもらうものです。

だから実質的にあまり連帯保証人に被害が出る、ということはないのです。これはちょっと毛色の違うものかもしれません。

アイフルについてネットでよく見る間違ったうわさ一覧

主に連帯保証人が使われているのは上記のようなものである、というのは理解されたと思います。

しかしではアイフルの場合はこれだけではなく、連帯保証人以外にも色々な噂が流れています。

そしてそのうわさの中には間違ったものも多くあります。それは誤解を生むのでここで訂正しておきましょう。

  • アイフルは無職でも借り入れすることができる
  • 総量規制を超える借り入れがアイフルでも可能
  • アイフルはお客さんへの対応が悪い

こういった内容が見られます。実際はどうなっているのか?を説明しましょう。

アイフルは無職では借りられない!安定収入が必要

まず最初が無職でも借りられるという話です。連帯保証人の問題と同じくらいよく見られます。

無職では残念ながらアイフルは使えません。アイフルは定期的な安定した収入が必要なのです。

それはパンフレットやホームページ等にも書いている通りです。ですが中には無職でも借りられたといううわさもあります。

これは無職、というよりも家賃収入や駐車場収入があったり、インターネットからの収入がある人でしょう。

最近は働いていなくてもFXであったり株であったり、色々な収入を得る手段があります。

無職も収入がある人もいればない人もいますので、収入が定期的にある無職の人は使える可能性は高いでしょう。

ですので収入がない無職の人は使えないので、この噂に惑わされないように注意しましょう。

アイフルでは総量規制を超える借り入れは例外だけ可能

次にアイフルは総量規制を超える借り入れができるというもので、これも連帯保証人くらい良く出てくるうわさですね。

実際は借り入れできないのか?というとこれは原則としてはできません。しかし例外もあります。

アイフルはキャッシングローン以外の商品がいくつかあるのですが、その商品の中には借りられるものがあります。

ひとつはおまとめローンです。総量規制を超える金額でもまとめてしまうことができるすぐれものです。

たくさんのところから借金をしている場合はアイフルに一本化したほうが有利な場合が多いのです。

ただしこのおまとめローンで気をつけないといけないのは、新規の借り入れはできないということです。

新規の借り入れは別でキャッシング・ローンを借り入れしないといけないので、その点だけは注意しましょう。

もう一つが事業性資金を借りる時です。この場合は個人の借り入れとは別に総量規制を超えても構いません。

例えば100万円が総量規制だったとした場合、80万円借りている人は一般的に後20万円しか借りられません。

しかし事業性資金の場合は50万円の借り入れをすることだってできるのです。個人と事業は別ということになっています。

これは中小企業を経営している人や個人事業主のヒトが使えるので、おすすめの方法です。

この2つのパターン以外は総量規制が関係しますので注意しましょう。

アイフルの態度が悪いという人はたいてい審査に落ちた人

最後の一つがアイフルの態度が悪いという話です。これは他の消費者禁輸などでもよく見られるうわさです。

うわさでも電話対応や窓口での対応が悪いというと、評判が下がります。使いたくなくなるでしょう。

しかしアイフルが態度が悪いといううわさはほとんどの場合アイフルで借りられなかった人達が多いのです。

匿名でのうわさですから、あまり信ぴょう性はありません。実際本当に態度が悪いならアイフルはこんなに大企業になれないでしょう。

これだけ多くの人に支持されてるということはそれだけしっかりした対応をしていると考えるほうが自然です。

なのであまり信用しないようにするのが一番です。せっかく良い業者なので使えないのはもったいないのですから。

嘘のことも多いのでアイフルに確認するのが一番

以上のようにネット上を始めとして、アイフルについてのうわさというのは嘘の部分も非常に多いのです。

嘘のことも事実と思ってしまうのはもったいないですから、必ずアイフルに確認をするほうがいいでしょう。

アイフルに確認をするというのは簡単にいえば電話やメールなどで「これはどうなっているのか?」と聞くことです。

これだけでアイフルのうわさが本当かどうかというのがわかります。対応の仕方でいい会社かどうかもわかるでしょう。

またQ&Aなどがまとめられているので、それを見るのもお勧めです。たいていそれで疑問点はなくなるかと思います。

まずは自分で調べること、ネットのうわさを鵜呑みにしないことが重要なのです。

連帯保証人について気になるならアイフルに聞こう

最後に一番良く出てくるウワサの一つである連帯保証人ですが、ここで書いたとおりまずそれを求められることはありません。

事業用の資金として借り入れをする場合で、不動産担保に入れるような大きな場合には求められるでしょう。

しかしそれ以外のキャッシングローンやちょっとした少額融資の場合には求められることはありません。

ですから安心していいでしょう。もし安心できない場合はまずはその点についてアイフルに問い合わせてみてください。

申し込みの時に一緒に問い合わせるのでもいいでしょ。まず100%の確率で連帯保証人を求められません。

ウワサは本当に多く、アイフルは有名業者ということもあって連帯保証人の噂も絶えません。

ウワサはウワサでしかありません。もし近くにアイフルを使っているという人がいれば聞いてみてもいいでしょう。

きっと「連帯保証人なんてない」と言うでしょう。消費者金融や銀行系カードローンのウワサはよく調べたほうがいいのです。

【参考ページはこちら】
アイフルの契約書3種類の提出方法

新着記事
ページトップへ