> > 知っていると便利!アイフルで利用可能な7つの銀行ATMとは

知っていると便利!アイフルで利用可能な7つの銀行ATMとは

アイフルのカードは、ATMで簡単にキャッシングすることができる便利なカードです。

利用できるATMは、アイフルATMだけではありません。アイフルと提携している7つの銀行ATMも利用可能なのです。

利用できるATMがどこなのかを知ることは、困った時にキャッシングできる場所が増える事にも繋がります。

アイフルで利用可能な7つの銀行ATM、しっかりチェックしておきましょう。

7つの提携銀行ATMはココ!どこで何が出来るか要チェック

アイフルには7つの提携銀行があるという事を知っていますか?提携銀行のATMであれば、アイフルのカードが利用できるのです。
(⇒提携銀行を使ってアイフルの借入をもっと便利に

しかし、この7つの提携銀行ATM全てで、借入・返済が出来るわけではありません

どこの提携銀行ATMで何が出来るのか、チェックしておきましょう。

借入と返済、両方が出来るのは5つの提携銀行

まずは、借入と返済の両方が出来る提携銀行を紹介しましょう。

  • セブン銀行
  • 親和銀行
  • イオン銀行
  • 西日本シティ銀行
  • 三菱東京UFJ銀行

この5つの提携先ATMでは、アイフルのカード使った借入・返済どちらの利用も可能です。

セブン銀行のATMはセブンイレブンやイトーヨーカドーにも設置されていますね。

イオン銀行のATMは、イオン銀行だけではなくイオン各店舗にも設置されています。

日本各地に、利用できるATMがあると言えるのです。

急に現金が必要になった時だけではなく、返済日を忘れていた!というときにも、これらの提携銀行ATMは助けになってくれるでしょう。

困った時はこの銀行!借入のみOKな提携銀行は2つ

返済はできませんが、借入だけであれば利用OKという提携銀行も2つあります。

  • 福岡銀行
  • 熊本銀行

福岡銀行・熊本銀行は地方銀行です。ですから、その地方での店舗、設置ATMの多さが魅力となります。

福岡銀行は福岡県内に、熊本銀行は熊本県内での利用に強みがあるわけですが、実は他県でも利用可能な店舗・ATMはあります。

福岡銀行の場合は、次の地域に利用可能店舗・ATMがあります。

  • 九州全県
  • 山口県
  • 広島県
  • 大阪府
  • 愛知県
  • 東京都

熊本銀行の場合は、次の地域に利用可能店舗・ATMがあります。

  • 福岡県
  • 鹿児島県

地域に根差している地方銀行だからこそ、その地域での強さがあります。

返済することは出来ませんが、借入できる提携先だということで覚えておくと良いでしょう。

アイフルには7つの提携銀行があり、それぞれの銀行ATMを利用可能
福岡銀行と熊本銀行のATMでは、借入のみ利用可能で
返済することは出来ないという点に注意が必要

どの銀行ATMが利用できるのか、借入のみなのか、返済も可能なのか、しっかりとチェックしておきたいですね。
(⇒アイフルは福岡銀行からの借入も可能!

使いたい時に使えない!?ATMの営業時間に注意

アイフルの提携先7つの銀行ATMですが、実は24時間いつでも利用可能というわけではありません。

そのATMの営業時間内しか利用することが出来ないという点に気をつけておく必要があります。

それぞれの銀行ATM営業時間を紹介しておきましょう。

銀行名 利用可能時間(平日) 利用可能時間(土日祝日)
セブン銀行 設置場所による 設置場所による
親和銀行 8~21時 9~17時
イオン銀行 設置店舗の営業時間 設置店舗の営業時間
西日本シティ銀行 8~21時 9~17時
福岡銀行 8~21時 9~17時
熊本銀行 8~21時 9~17時

セブン銀行ATMは、設置されているセブンイレブン店舗によっては24時間利用可能な場合もあります。

ただし、設置場所によって営業時間が異なる場合もありますので、確認が必要です。

イオン銀行のATMも、設置されているショッピングセンター等の営業時間内での利用となりますので、営業時間が一律ではありません。

その他銀行のATMも、基本的には平日8~21時、土日祝日は9~17時となっていますが、設置場所によっては営業時間が違う場合があります。

アイフルの7つの提携銀行ATMは
24時間いつでも利用可能という事ではない
それぞれのATMで営業時間が限られているので注意が必要

提携銀行ATMは24時間利用できるわけではないということを、しっかりと把握しておきましょう。

提携ATM利用時には手数料が発生!その金額とは

提携銀行のATMを利用する際には、利用手数料が発生します。借入時も返済時も同様ですね。

では、実際どのくらい利用手数料がかかるのか確認していきましょう。

  • 利用金額1万円以下…108円
  • 利用金額1万円超…216円

提携ATMを利用する都度、手数料が発生することになります。借入をした際にかかった手数料は、次回入金をする際に精算することになりますね。

108円、216円といった金額は少額かもしれませんが、10回利用すれば1,080円、2,160円とそれなりに大きな金額になってきます。

提携ATM利用時には手数料がかかってしまうという点は、しっかりと意識しておきましょう。

アイフルの自社ATMなら利用手数料はゼロ!

アイフルには自社ATMもあります。自社ATMであれば、借入をしても返済をしても手数料はゼロです。

しかし、アイフルの自社ATMは全国に500台ほどと、決して多い数ではありません。

設置されていない地域もありますので、まずは自分の行動範囲にあるかどうかを確認しておきましょう。

アイフルの自社ATMがどこにあるか、その営業時間はどうなっているかは、アイフル公式ページで検索が可能です。

  • キーワード・店舗名
  • 住所・都道府県
  • 路線図・駅

これらの項目から検索が可能です。

ATMの設置場所のみ表示されるよう、絞り込み検索も出来ますので便利ですよ。

ATM利用以外にも借入方法はある!便利な振込融資をチェック

アイフルの借入は、ATMを利用する以外にも利用できる方法があります。それが振込融資です。(こちらもご参考に→アイフルの銀行振込を活用しよう!

アイフルの振込融資は、インターネットもしくは電話で依頼をすると、依頼当日もしくは翌営業日に自身の指定口座へ入金してもらえるという方法です。

インターネットでの振込依頼は、24時間行う事が出来るようになっています。気づいたとき、思い出したときに振込依頼をすることが出来るメリットがありますね。

ただし、24時間依頼が出来ても振込自体は各金融機関の営業時間に行われます。

深夜、休日に依頼をした場合、翌営業日まで振込を待たなければいけませんので、気をつけておきましょう。

急ぎで現金が必要になった場合は、振込融資ではなくATMでの借入を利用した方が確実だと言えます。

【参考ページはこちら】
アイフルで3万借りる時の審査はスピーディー

新着記事
ページトップへ