> > 追加借入はいつでもOK!知っておきたいアイフルカードの魅力

追加借入はいつでもOK!知っておきたいアイフルカードの魅力

カードキャッシングを使ってみたいと考えていても、実際申し込むとなると不安があるのでは?

安心して利用できるのか、追加借入はすぐにできるのか、手続きが面倒ではないか、心配に思う事は少なくないはずです。

アイフルカードは、一度契約すれば決められた金額の範囲内で自由に借入が可能です。

追加借入がしたいとき、手続きは一切不要!申し込みもインターネットで24時間いつでもOKなんです。

他にもアイフルカードには色々な特徴があるんですよ。

アイフルカードは限度額内で何度でも借入可能!

アイフルカードでのキャッシングは、設定された限度額の範囲内であれば何度でも、いくらでも借入をすることが出来るキャッシングです。

50万円の限度額であれば、1度に50万円借入しても良いですし、10万円を5回借入してもOKですね。

もちろん、必要になるときまで借入をしない!という選択も出来ます。

  • 借入する金額
  • 借入するタイミング
  • 借入する回数

これらを自由に決めることが出来るというのが、アイフルカードの特徴なのです。

ただし、限度額を超えての借入をすることは出来ません。限度額50万円なら、50万円借入した時点で追加の借入が出来なくなってしまいます。

しかし安心してください。限度額いっぱい利用したとしても、返済してしまえば追加借入が可能となります。

借入可能額は、限度額の50万円から借入をした金額を引きますが、返済すればその金額分戻るのです。

借入金額(a) 返済金額(b) 借入可能額(50-a+b)
50万円 10万円 10万円
30万円 0万円 20万円
40万円 10万円 20万円

アイフルカードは限度額が決まっていますが、返済することでいつでも借入が出来る状態を維持出来るのです。

買いたいものが出来た、急な冠婚葬祭、お金が必要になるタイミングは予想できないものも多いですよね。

いざという時、お金が用意できる当てがあるというのは心強いものですよ。

希望限度額にならないことも!?限度額は審査で決定

アイフルカードは限度額内で借入が出来るものですから、限度額が多ければ借り入れできる金額も多くなるわけです。

だからこそ、できるだけ高い限度額にしてほしい!そう思うのも当然ですね。

アイフルカードの限度額は希望することも出来るのですが、最終的には審査によって決定されます。(こちらもご参考に→アイフルの借入額はどうやって決まる?

ですから、アイフルカードの限度額は自分の希望通りの金額にならない場合もあるのです。

高い限度額を実現するためには、いくつかの条件を満たしておく必要があります。

  • 希望限度額に見合った収入がある
  • 他社の借入がない
  • 返済・支払い実績に問題がない

特に、収入と限度額には大きな関係があります。

アイフルを利用するにあたって、総量規制の関係で年収の3分の1までしか限度額の設定が出来ないようになっているのです。

年収が90万円なら最高でも30万円の限度額、年収が300万円なら最高でも100万円の限度額設定に制限されているわけですね。

限度額100万円を希望したい!と持っても、年収が300万円以上なければ法的に無理なのです。

そして、契約時の設定限度額が総量規制の上限金額になることはほとんどありません。

多くの場合、総量規制の金額よりも低めの限度額設定となり、返済が問題なく行われるのか様子を見ていくことになります。

ですから、収入によっては低い限度額設定になってしまう事もあるのです。

また、いくら収入が高くても高額な他社借入がある、今までに延滞経験があるという状態であれば、返済能力があると判断してもらえません。

限度額は、収入や債務状況などからアイフルがこの金額なら問題なく返済できるだろうと判断し、設定するのです。

アイフルカードは限度額内でタイミング・金額自由に借入れすることが可能
借入後、返済すれば借入可能金額は戻り、再び借入が可能となる

設定された限度額が少なくても、返済すればまた利用することが出来るようになります。

利用後の返済をしっかりと行うようにしていきましょう。

申し込みは24時間OKなインターネットが便利

アイフルカードの申し込みには4つの方法があります。

  • 店舗
  • 契約ルーム
  • インターネット
  • 電話

インターネットでの申し込みであれば、24時間いつでも申し込みが可能です。パソコン、携帯電話、スマートフォン、どれからでもOKです。

インターネット申し込みのメリットは、24時間申し込みが可能という事だけではありません。

契約手続きもインターネットで行えますし、アイフルカードは自宅に郵送してもらう事が出来ますから、店舗に行く必要がないのです。

自宅でも、外出先でも、インターネットが使える環境であれば、いつでも・どこからでも申し込み・契約手続きが出来るということですね。

インターネットで申し込みをすると、カードの配達時間を指定できるサービスを利用することも出来ます。

自分が確実に受け取ることが出来る時間を指定することで、再配達の手間も省けますし、同居している家族が応対することも避けられます。

  • 申し込み・契約手続きが24時間いつでもOK
  • インターネット環境さえあれば時間や場所を選ばない
  • アイフルカードの配達時間を指定できる

インターネットでの申し込みには、これらのメリットがあるのです。

契約ルームならその場でカード発行!自宅への郵便が不要

インターネットでの申し込みが便利だという事は紹介しましたが、アイフルカードが自宅に送られてくることに抵抗を感じている人はいませんか?

いくら配達時間を指定できたとしても、家族に怪しまれてしまう可能性がゼロではない、そう考える人もいるかもしれません。
(⇒借金が家族にばれないか心配な方はアイフルへ

その場合は、契約ルームを利用しましょう。アイフルの契約ルームは、申し込み・契約手続きが出来るだけではなくカードの発行も行えるようになっています。

申し込みはインターネットで、契約手続きは契約ルームで、としておけば、その場でアイフルカードを受け取ることが出来るわけです。

アイフルカードが自宅へ郵送されることはありませんから、安心できますよね。

アイフルカードはインターネットなら24時間申し込みが可能
契約手続きもインターネットで出来るので来店の必要は無い
アイフルカードは契約ルームで受け取ることも出来る

契約ルームは24時間利用できるわけではありませんし、設置されている場所も限られています。

最寄に契約ルームがあるか、その営業時間はどうなっているのか、アイフル公式サイトの店舗検索でチェックしておくと良いでしょう。

急いでいるときも安心!申し込み当日からの利用も可能

アイフルは申し込み方法次第で、申込んだその日から利用することが出来るようになっています。

即日利用をするための条件をチェックしておきましょう。

  • インターネットで申し込みをする
  • 申し込み後、フリーダイヤルに電話をして急いでいる旨を伝える
  • 審査に通れば振り込みキャッシングが利用する
    または、契約ルームでカードを受け取りカードキャッシングを利用する

アイフルでは、フリーダイヤルに電話をすることで優先して審査をしてもらう事が可能となっているのです。

ですから、インターネットから申し込みをした後に確認メールが届いたら、速やかにフリーダイヤルに連絡をしましょう。

審査結果の連絡は、電話もしくはメールで行われます。

審査に通っていれば、会員サービスもしくは電話で振り込みキャッシングを依頼することが出来ます。

しかし、振り込みキャッシングを即日利用したいとなると、金融機関の営業時間に大きく左右されます。

14時までに依頼をすれば即日のキャッシングも可能ですが、15時を過ぎてしまうようであれば翌営業日の振り込みとなってしまう可能性があるのです。

そんな時は、契約ルームでアイフルカードを受け取るようにしましょう。

アイフルカードを入手出来れば、アイフルATM、提携ATMでの借入が可能となります。

即日融資を受けるための条件、しっかり押さえておきましょう。

アルバイト・パートでも利用可能!正社員じゃなくても大丈夫

アイフルを利用するときには、まず審査をクリアしなければいけません。

やっぱり正社員じゃなきゃ審査に通らないのでは?アルバイトなんだけど利用できるの?そう不安に思っている人は少なくないでしょう。

アイフルは、正社員じゃなくても審査に通る事が出来ます。実際、パートやアルバイトでも審査に通って利用している人は多いのです。

ただし、アルバイトやパートの人が審査をクリアするためには安定した収入が必要です。

  • 勤続年数が1年以上
  • 毎月一定額の収入がある

この2点をクリアできていれば、収入が安定していると判断してもらえる可能性が高まります。

月々で大きく収入に変動があると、返済できない月が出てくるかもしれません。

ですから、月によって大きな収入の変動がないことも重要となるのです。

逆に、正社員でも勤続年数が数か月の人は、アルバイト・パートで勤続年数3年以上の人と比べて返済能力が劣ると判断されることもあります。

アルバイトやパートの人は、長い勤続年数があれば審査で有利になることもあるということを知っておくと良いですね。

【参考ページはこちら】
アイフルを利用できる職業とは?

新着記事
ページトップへ