> > 勤務先への電話確認が必須!?アイフルの在籍確認方法とは

勤務先への電話確認が必須!?アイフルの在籍確認方法とは

アイフルを使ってみたい!そう思っても、その一歩踏み出すことが出来ない理由があるとすれば何でしょうか。

勤務先の人に知られてしまうのではないか、家族に迷惑をかけてしまうのではないか、そんな不安が原因では?

まず、アイフルが勤務先に電話をすることはあります。その1つが申し込み後に行われる在籍確認なのです。

ただ、アイフルから勤務先へ電話が来ても勤務先の人にアイフルの申し込み・利用が知られてしまう事は無いんですよ。

在籍確認はなぜ必要なのか、どのように行われるのかを知ることで、申し込み前の不安を解消しておきましょう。

アイフル社名は名乗らない!?在籍確認は個人名で行うのが基本

アイフルの在籍確認で、「アイフルの○○ですが」「アイフルです」などと名乗ることはありません。

アイフルからの電話は、全て担当者個人名で行わるのが基本です。「田中です」「佐藤ですが」このような感じですね。

ですから、まず勤務先への電話でアイフルからの電話だということを知られてしまう心配はないわけです。

在籍確認は、申し込み者が本当にその勤務先で働いているかを確認する目的で行われます。

勤務先にアイフルの利用を知らせる為ではありませんし、貸金業者が申し込み・契約者以外の第三者にその利用をむやみに伝えることは違法行為です。

利用者のプライバシーは守られているので、安心して在籍確認を受けましょう。

不在でもOK!在籍確認は申し込み者が対応する必要無し

在籍確認では、申し込み者がアイフルの担当者と直接やり取りをしなければいけないわけではありません。

申し込み者不在でも、在籍確認は完了することが可能なのです。

勤務先に電話をして、「今外出しています」「本日は休みです」「席を外しています」この回答でも、実際にその勤務先に所属している事実は分かりますよね。

ですから、直接話が出来るまで何度も電話をかけてくるという事はありません。一度電話をすれば、それで終了します。

また、在籍確認の日時は相談することも可能です。申し込み時に、担当者と相談してみると良いでしょう。

安心して在籍確認を受けてくださいね。

アイフルの在籍確認は担当者の個人名で行われる
アイフルの社名を出すことは無く、不在でもOKなので
勤務先にアイフルの申し込み・利用が知られてしまう心配はない

勤務先の確認で返済能力が分かる!?在籍確認は収入の判定で必須

アイフルを利用するためには、収入がどのくらいあるのか、その収入はこれからも安定して得られるのか、ということが重要になってきます。

利用後の返済を、毎月滞りなく行うことができるか、それには安定した一定額以上の収入が必要となります。

収入の安定度を判定する材料の1つが、勤務先です。勤務先に関する下記3点の情報から、どのくらいの収入を得ているか、その収入が安定しているのかを判断していくのです。

  • 勤務先の規模
  • 勤続年数
  • 雇用形態

勤務先の規模は大きく、業界が安定していると収入が安定していると判断できますし、勤続年数が短いと今後の収入が不安視されます。

雇用形態も、正規雇用の方が安定度が高く信用できるという判断になります。勤務先に関する情報の中には、信用を判断できる様々な要素があるのです。

ですから、勤務先が正しいかどうか、虚偽の申告ではないかを確認する在籍確認が重要となるわけですね。

在籍確認は貸す側にとって、返済能力判断の為に必要不可欠なものなのです。

家族に内緒で利用可能!アイフルからの郵便物を止める方法とは

家族にアイフルの利用を知られたくないと思うなら、自宅へ郵便物が届くことは好ましくないですよね。(こちらもご参考に→アイフルから自宅への書類郵送は避けたい!

アイフルから自宅に届く郵便物は主に2つです。

  • ローンカード
  • 利用明細書

アイフルでは、ローンカード、利用明細書を自宅に届かないようにすることが可能です。

ローンカードは契約ルーム、もしくは店頭窓口で受取ることが可能です。自宅への郵送を希望しない場合は、どちらかで受け取るようにしておけばOKですね。

また、アイフルでは申し込み時に利用明細書の送付希望有無を指定することが可能です。

そのときに「郵送を希望しない」としておけば、自宅に送られてくることはありません。

郵送希望としていても、やっぱり嫌だなと思うこともありますよね。

その場合、郵送を希望しない旨をアイフルに連絡すればOKです。

ただし、利用明細書の郵送を希望しない場合、振り込みキャッシングを利用することが出来なくなります。この点には気をつけておきましょう。

家族への取り立ては違法!?返済義務があるのは契約者本人のみ

契約者が返済できなくなってしまった、返済に遅れている、この場合は家族が取り立てられてしまうのでは…そんな不安はありませんか?

アイフルだけでなく、貸金業者は全て貸金業法を守らなければいけません。貸金業法の中には、取り立てについての決まりもあります。

そこで禁止されている取り立てをいくつか紹介しましょう。

  • 暴力的な態度を取る
  • 法律上支払い義務のない相手に支払い請求をする
  • 債務者の借入を明らかにする張り紙・落書きをする
  • 勤務先を訪問する
  • 午後9時から朝8時までに電話・訪問をする

これらの行為が禁止されているのです。貸金業者を利用するにあたって、取り立てって怖いんじゃないの?と不安に感じていれば、それは心配ありません。

怖い取り立て、家族に迷惑がかかる取り立ては禁止されており、違反すれば行政処分の対象となってしまうのです。

連帯保証人、もしくは保証人になっていない限り、家族に取り立てを行うことは出来ませんので安心してくださいね。

アイフルは自宅へ郵便物が届かないようにすることが可能なので
家族に知られずに利用することとが出来る
また、家族への取り立ては法律で禁止されているので心配することはない

アイフルからの連絡を避けたいなら返済遅れに注意!

アイフルは勤務先、家族に内緒で利用することが出来ます。ただ、何度もアイフルから勤務先、自宅に連絡がくれば不審に思われてしまう事もありますよね。

アイフルからの連絡は、出来るだけ少ない方が良いわけです。アイフルは問題なく利用していれば勤務先、自宅に連絡をすることはありません。

ただし、どうしても連絡しなければいけない場合もあります。それが返済が遅れている際の確認、督促です。

返済に1日遅れたぐらいでは、何度も勤務先に連絡が来ることはありません。

  • 返済に遅れが出た際、すみやかに対応がされない
  • 個人宛ての連絡先に連絡がつかない
  • 頻繁に延滞が生じている

このような状況になった場合は、個人宛ての連絡先ではなく勤務先、もしくは自宅へ連絡が来ることになるわけです。(こちらもご参考に→アイフルからの電話連絡について

アイフルからの連絡を出来るだけ少なくしたい、避けたいという事であれば、返済日に遅れない事が重要です。

あとはアイフルから個人の携帯電話などに連絡が入った場合、しっかりと応対するようにしておきたいですね。

連絡先が変更となった場合は、きちんとアイフルに伝えておきましょう。

携帯電話の番号が変更となり、連絡が取れないとなれば勤務先や自宅に連絡するしかないですからね。

【参考ページはこちら】
アイフルで増額すると職場に連絡が来てばれる?

新着記事
ページトップへ