> > 利率ゼロも可能!?アイフルにお得なキャンペーンはあるのか?

利率ゼロも可能!?アイフルにお得なキャンペーンはあるのか?

最近、消費者金融で行われているとされる、『利息ゼロ』の融資サービスが話題になります。利率ゼロという事は、利息が発生しないという事です。

融資において利息が発生しないというのは、恐らくお金を借りた事がある人にとっては、極めて魅力的な存在でしょう。

こうしたサービスは消費者金融に多いとされていますが、それなら利用希望者が多いアイフルでも実施されているのでしょうか?

利用希望者が多い消費者金融のサービス有無には注目が集まりますので、今回はそんな気になるサービスについて詳しく説明していきます。

利率ゼロは何故人気?利用の仕方で分かるその魅力とは

利率ゼロのサービスや金融業者というのは、内容としては簡単です。

利率ゼロの融資を受けた場合、完全に利息が発生しませんので、例えば10万円借りた場合、10万円以上返済する必要は一切ありません。

カードローンで一般的な条件とされる10万円を年率18%で借りた場合、単純計算でも年間で18000円の余分な支払をする事になります。

これは金利が高いほど、もしくは借入額が大きいほど相対的に利息が増えていきますので、可能であれは大金の融資で使っていきたいところでしょう。

ただ、利率ゼロの融資というのは、単純に考えても『金融業者への利益が一切無い状態』だと分かるでしょう。

融資を行うというのは決してローコストではなく、人件費や設備費などが発生しており、それらを賄う為にはやはり利息収入が欠かせません。

そうなるとこの利率ゼロ、いつでも使えるサービスというわけではなく、ある程度限定的な条件下で使えると思った方が良いでしょう。

その気になる条件について、次項で詳しく見ていきます。

利率ゼロは期間限定?魅力的だけど使いにくい理由

単純に考えれば、どんな低金利よりも利率ゼロの方が価値的には上ですし、いつでもこの金利が使えるのなら最高なのは間違いありません。

しかし、利率ゼロは意図的に活かすには、非常に難しいサービスとなっています。その理由は以下の通りです。

  • 大抵の場合は一定期間の間のみ
  • 一度利率ゼロで借りたら以降は再利用できない事がほとんど
  • 利率ゼロの期間が終わって完済してないなら利息が発生し出す

つまるところ、利率ゼロというのは期間と回数が限定されており、それ以降は普通に利息を支払う事になります。

これは金融業者の利益の事を考えたら当然であり、こうした特性から利率ゼロというのは、『金融業者の効果的な宣伝』という側面が強いです。

利率ゼロというあまりにも魅力的な要素で新規顧客を集めて、一度だけ利息をサービスした後は普通に借りてもらう…これは商売の基本としても、違和感がありません。

私たちに恩恵がある事とはいえ、こうした側面を忘れてはなりませんね。

アイフルは利率ゼロ無し!?人気消費者金融の意外な答え

こうした初回のみとはいえ、利率ゼロで貸し出すサービスを行うとしたら、それなりの資本…つまりは大手消費者金融である必要もあります。

そうなると、大手消費者金融に数えられるアイフルも、こうしたサービスを行っていても不思議ではありませんね。

しかし残念ながら、アイフルは利率ゼロのキャンペーンなどは行っておらず、これから行うかどうかも分からないというのが現状です。

アイフルが行っていないなんて…と驚く人や残念がる人も多いですが、公式サイトに行けば分かるように、どこを見ても利率ゼロという文言はありません。

過去には初回利用限定で利率ゼロで貸し出していたらしいのですが、消費者金融にとって不利なルールばかりが制定された現状では、これから再開する可能性は期待できないのです。

アイフルほどの大手が利率ゼロをしていないのに、利率ゼロサービス=消費者金融というイメージが強いのは、ひとえに他の大手消費者金融が行っているからでしょう。

アイフル以外にも大手消費者金融は存在していますが、どんなところが今も実行しているのでしょうか?

安定して利率ゼロサービスを行う消費者金融三選

大手消費者金融であり、安定して利率ゼロのサービスを提供しているのは、少数に限られています。

それは『アコム・プロミス・ノーローン』となります。会社によって若干条件が異なるので、見比べてみましょう。(こちらもご参考に→アイフルとその他カードローンを比較!

☆アコム
初めてアコムと契約して返済期間を35日ごとにした場合、契約日の翌日から30日間利率ゼロになる。
☆プロミス
初めてプロミスと契約する場合であり、尚且つメールアドレス登録とWeb明細利用で申し込むと、30日間利率ゼロになる。また、ポイントサービスを使う事で再度利率ゼロに出来る。※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
☆ノーローン
契約した月と全額返済した翌日なら、何度でも一週間利率ゼロの期間が発生する。

何度でも使えるノーローンは期間が短く、およそ一ヶ月無料のアコムとプロミスは使えるタイミングが限られていると、どこを使うべきか悩みますね。

ただ、どこも共通点として『無利息期間が終わると利息は支払わないといけない』という点には、十分注意して下さい。

アイフルは本当に損?利率ゼロ無しでも問題は無いのか

利率ゼロのサービスは、最初から長期間の借入となる場合、あまり重要視はされません。

ただ、短期間とはいえ利息が発生しない事は、あるかないかで言えば断然ある方がお得に見えるでしょう。

そういう意味では、大手消費者金融なのに無利息サービスを行っていないアイフルは、何だか使うと損をしそうに思えるかもしれませんね。

ですが、無利息サービス無しで各消費者金融を使った場合、アイフルは極端に損をさせるわけではありません。

借入先 限度額 金利
アイフル 最大500万円 4.5%?18.0%
アコム 最大500万円 4.7%~18.0%
プロミス 最大500万円 4.5%~17.8%
ノーローン 最大300万円 4.9%?18.0%

このように、金利及び限度額とも遜色無く、仮に5万円を18%で30日で完済した場合は無利息の有無で739円の差しか生まれません。

融資は日割りで計算されているのですが、実は一ヶ月分くらいなら、長期間借り入れる場合は劇的な差を生む事は少ないのです。

利率ゼロ無しでも十分?アイフル独自の利点を把握しよう!

消費者金融というのは各社でそれぞれ独自の強みがあり、利率ゼロのサービスというのは、そのうちの一つに過ぎないのも事実です。

となると、利率ゼロサービスが無くてもアイフルが選ばれている理由は、そのサービスがなくとも魅力的であるとされるポイントがあるからです。

では、具体的にどんなところがアイフルならではの強みなのでしょうか?

  • 豊富な8つの融資プラン
  • 郵送でも最短翌日には届くカードローン

アイフルには何と、用途によって使い分けられる8つもの融資プランがあり、現金融資からおまとめローン、事業者向け融資など多彩です。

消費者金融ではカードローン一枚しか無い事も珍しくないですし、これはそれだけアイフルの利用者層も豊富である事の裏返しと言えます。

また、即日発行する事もできますが、郵送でカードを発行する場合でも最短翌日というのは、凄まじく早いです。

さらに届く時間指定も可能であり、融資方法の多さも加えて、アイフルを選ぶ価値がある業者たらしめている理由となっているのです。

利率ゼロの利点を再確認!インパクトだけで選ばないコツとは

利率ゼロが無いアイフルの有用性が分かるほど、「実は利率ゼロが無くても全然問題ないのでは?」と思うでしょう。

しかし、利率ゼロは無いよりはある方が良い、つまりは存在自体が魅力ではありますし、やはりその人の運用方法にかかっているというのが真実です。

そこで、利率ゼロが最も合う状況というのをお教えしますので、ご自分の現状とかみ合うか確認して下さい。

  • 利率ゼロの期間内に完済できるのが分かる場合
  • かなりの金額を借り入れる場合
  • 短期間での借りて返してが多い場合(ノーローン利用の場合)

利息は日割りなので、大金を借りる場合は一ヶ月分だけの利率ゼロでもそれなりの節約になりますが、やはり目指すは期間内での完済です。

30日間無料の場合は、30日未満に完済すれば全くの利息無しで利用できるので、金額の有無に関わらず『無料で融資が受けられる』という大きなアドバンテージを得る事ができます。

また、一週間以内に返せる事が多い場合、ノーローンなら初回以降も何度も使えるので、給料日前だけが不安なら是非検討しましょう。

長期利用ならちょっと待って!利息ゼロよりも有効な方法とは?

利率ゼロの融資というのは、総じて『短期間に完済する場合に大きく有利になる』のであり、長期融資になればなるほど、その魅力は薄れていきます。

薄れるだけで魅力が無くなるわけではありませんが、もしも長期間の返済になる事が分かっているなら、考えてもらいたい事があります。

長期返済になる場合、30日程度の利率ゼロよりも、銀行のように基礎の金利が安い方がお得になります。銀行には利率ゼロサービスが少ないものの、平均して消費者金融よりは低金利です。

これは計算例を見ると良く分かるので、『10万円を1年で完済した場合の利息』で見てみましょう。

☆消費者金融(30日間無利息で年率18%で計算)
10万円×年率18%÷365日×335(利息が発生する回数)=16520円
☆銀行(無利息期間無しで銀行にて平均的な年率14.5%で計算)
10万円×年率14.5%÷365日×365(利息が発生する回数)=14499円

消費者金融の方が、利息の発生する回数が30回少ないという事になるものの、銀行で借りた方がお得なのが目に見えて分かりますね。

これは期間が空くほど差も出てくるようになりますので、より長期間借りるのなら、利息が日割りである事を意識して下さい。

長く付き合えばお得!?利息ゼロ無しのアイフル活用法

アイフルは利息ゼロのサービス無しでも十分使えますが、それでも出来ればお得な金利で使いたい…そう考えるのは仕方ないですね。

アイフルには確かに金利を無くす方法こそないものの、他の消費者金融にも共通している利息をお得にする方法というのがあります。

アイフルは長くカードローンを利用する事で、限度額を増やす事ができます。そして増額が成功すれば、金利を下げる事も可能になっています。

アイフルのカードローンで増額するのなら、以下の方法から申請が可能です。

  • アイフルの公式サイトから
  • 電話による連絡から

増額するには今までの利用実績が必要な為、短期間で増やす事は難しいです。

しかし、一定期間以上利用しつつ返済にも遅れていないならアイフルからお誘いしてくる可能性もあり、増額が成功すれば一定期間ではなく、永続的に金利が下がります。

期間限定の利率ゼロよりも、こうした基礎金利とも言える数値を引き下げる方が、汎用性としては高いので是非意識して下さい。

【参考ページはこちら】
アイフルの利率は本当に損?

新着記事
ページトップへ