> > 学生にもおすすめ!アイフルの柔軟な審査基準に注目

学生にもおすすめ!アイフルの柔軟な審査基準に注目

融資の仕組みをご存知ならすぐにお分かりですが、学生というのは融資を受けにくい存在です。

学生のうちというのは、本人にお金を稼ぐ能力がほとんどありませんので、これは金融業者としては至極当然の判断に思えます。

ただし、そんな中でも学生が使える金融業者は存在していますし、アイフルは比較的学生にも推奨されています。

何故アイフルが学生にも推奨されているかというと、審査基準が主に関係していますが、それ以外にも見るべき点があるのです。

学生は何故借りにくい?融資審査と学生の関係について

学生が融資を受けられないのは常識的な問題に思えますが、その具体的な内容を知らないと、納得もできませんよね?

そこで、まずは『何故学生は融資を受けにくいのか?』という事について確認しましょう。

  • 収入が無い若しくは収入が少ない
  • 仕事をしていてもその収入額が不安定だから

簡単にまとめるなら、学生のうちは融資において最重要次項でもある、収入と仕事が安定しないからという事になります。

学生でも収入があるという場合、それは大抵アルバイトなのですが、アルバイトと学業を両立しようとした場合、どうなるでしょうか?
(⇒アイフルならアルバイトでも問題なし!

当然アルバイトに従事する時間と日数は少ないものとなり、収入額は小さくなります。

さらに学生は就活や試験が始まるとより学業優先となり、アルバイトに費やす時間が減っていくでしょう。

また、学生でバイトをしていなくても「仕送りが十分あるからそれで返済できる」という人が居ますが、それではダメです。

金融業者からお金を借りるなら、最低限でも良いので、自分自身で稼いだお金が必要なのです。

融資を予定している学生が知るべき2つの選択肢

融資を受けにくい学生がどうしてもと希望するのなら、その選択肢は以下の2つです。

  • 親に教育ローンを組んでもらう
  • 学生にも評判が良い金融業者を選ぶ

教育ローンというのは学生本人が融資を受けるのではなく、子供の教育目的で親が借り入れるローンです。

それゆえに自由には使えませんが、学生の本分は学業である事を考えれば、親の返済を手伝うといった形で協力して利用すると負担が少なく利用できるでしょう。

しかし、教育ローンはあくまでも教育目的の用途にしか使えませんから、学生本人の娯楽で利用する事はできません。

となると、学生本人が自由に使えるお金を借りるなら、基本的に『学生の利用でも評判が良い会社』を選ぶのが大事です。

幸い、学生では借りにくいと言っても、絶対に借りられないというカードローンは少なくなってきました。

審査に落ちる可能性は多少不安ではあるものの、評判が良いところを選ぶ事で、より確実かつ安全に借入を使う事が出来るのです。

アイフルは学生にも評判?おすすめされるその理由とは!

そんな学生にも評判が良い金融業者として、消費者金融大手のアイフルの名前が挙がる事が多いです。

消費者金融というと不安に思う人も居るかもしれませんが、何故アイフルは評判が良いのでしょうか?

  • 大手なので安全に借りられる
  • 学生でも借りられると明記してある
  • 審査が緩めだと評判

アイフルは学生でも借りられると表明していて、さらには審査が緩い事で通過しやすいというのがポイントです。

大手消費者金融はいずれも安全に使えるのも嬉しいですが、そもそも学生でも使える事、そして審査に通れないと意味がありません。

そういう意味では、審査の通過率が高いアイフルが学生OKというのは、まさに渡りに船でしょう。

実際に、学生でもアイフルのカードローンを持っている人が増えていて、使った感想としても比較的高評価です。

絶対通るわけじゃない?学生が審査に通過する為の最低条件とは

アイフルは学生OKで審査にも通りやすい為に、学生でも申し込めば通ると慢心する人がいます。

学生でも借りられた人が多いので勘違いしやすいですが、学生がアイフルから借りる場合でも、最低限満たさないといけない事があります。

  • バイトなどで自分名義の収入がある
  • 成人している

自分の収入がある事というのは社会人でも学生でも変わりませんが、問題は学生には未成年も多いという事です。

融資というのは、原則として成人していない場合、ほぼあらゆる融資が利用不可能となります。

一応の例外として、結婚していて仕事もしているなら希望はあるのですが、普通の学生で未成年ではまず融資は受けられません。

未成年でもバイトはできますし、返済能力がある場合も珍しくないのですが、やはり成人しているかどうかというのは非常に大事なのです。

どっちが良い?学生専用の融資の条件を見比べる!

アイフルのカードローンというのは、学生特化の融資というわけではなく、学生『でも』使える汎用ローンです。

融資というと、有名な消費者金融や銀行ばかりが目立ちますが、実は学生にのみ特化した融資を提供する会社も存在します。

それらの条件を確認してみましょう。

会社名 限度額 金利
アミーゴ 最大50万円 14.40%?16.80%
キャンパス 最大50万円 14.40%?16.80%
カレッヂ 最大50万円 15.00%?17.00%
マルイ 最大50万円 15.0%?17.0%

これらの学生ローンというのは学生OKなのは当たり前として、返済時に余裕が無いなら利息のみの支払で良かったり、短期間なら遅延損害金無しで返済を待ってくれます。

まさに余裕が無い学生向きという感じであり、大手消費者金融とは違ったサービスにて、学生からの支持を集めているのです。

長く使うならアイフル!?学生特化の融資との違いは?

学生ならばやっぱり学生のうちしか使えないローンを…それは発想としては間違っていません。

ですが、ここでアイフルのカードローンの条件を見てみましょう。

サービス名 限度額 金利
キャッシングローン 最大500万円 4.5%?18.0%

この条件を見ると、非常に大きな違いがあると思いませんか?

アイフルのカードローンは学生特化では無いものの、限度額や金利の限界値で大きく勝っており、社会人以降も長く使いたいのならこちらが優秀です。

例えば先ほど紹介した学生ローンの場合、多くても最大で50万円の限度額となります。

しかしアイフルは、学生のうちこそ10万円程度しか借りられませんが、収入や利用実績によっては最大500万円も借りられます。

学生ローンは学生のうちに契約しておけば、社会人になってから使えるものも多いです。

しかし社会人が利用するには物足りない限度額、そして高めの金利の事もあって、社会人以降も同じ融資を使うと考えたら、早いうちからアイフルを持つのも賢いと言えます。

実は銀行でも借りられる?学生は低金利の融資を使えるのか

学生でも使える借入先には、やはり金利こそやや高めなものの、審査が簡単な消費者金融に多いと言えます。

しかし、最近は銀行も個人向けの融資を拡充しており、カードローンなら学生でも使える物があります。

銀行名 限度額 金利
三井住友銀行 最大800万円 4.0%?14.5%
三菱東京UFJ銀行 最大500万円 4.6%?14.6%
楽天銀行 最大500万円 4.9%?14.5%

これらの銀行は非常に有名でありながら、学生でもカードローンが申し込めるという非常に有り難い存在です。

それに加えて低金利、さらに限度額も十分と良い所が多いですが、欠点が無いわけでもありません。

消費者金融に比べて一長一短な銀行カードローンの特徴とは

銀行のカードローンは金利が低い為に、学生にとっても負担が少ないというのは見逃せません。

ただし、銀行のカードローンは消費者金融に比べて、以下の点にて劣っています。

  • 審査が厳しいので通りにくい
  • 親の同意が必要なケースが多い

銀行の審査が厳しいのは有名ですが、問題は親の同意についてです。

学生でカードローンを使うという人は、大抵が親には内緒での利用を希望しており、親の同意が必要な場合は内緒にできません。

そもそも、親の同意が必要なくらいなら教育ローンを頼む方が良い事もありますし、実は親の同意というのはかなり高いハードルなんです。

もちろん同意が不要な銀行カードローンもありますが、必ず事前に同意の有無を確認しておきましょう。

学生OKには罠も!?闇金の甘い誘いに乗ると大変な事に?

最近では学生OKという正規業者が増えてきましたので、学生さんでも融資に不自由しにくいですよね。

ですが、そうなると学生であっても融資への抵抗感が無くなり、どんな金融業者でも普通に使える…そんな思い込みを持ちやすいです。

そうなった場合に気をつけたいのが、学生OKと偽る闇金の存在です。

闇金というのは正規業者ではあり得ない条件を記載し、融資に不慣れな学生もその標的となりやすいです。

闇金が良く使うとされる、キャッチフレーズを見てみましょう。

  • 職業関係無しで即金用意!
  • 無利息で貸せます!
  • ブラックリストOK!

どの文言も、ルールに沿った営業をしている正規業者では、まず見かけない言葉ばかりです。

こうした闇金の手口は、融資に慣れている人なら容易に回避できるものの、人生経験が浅い学生の場合は無防備になる事が多いです。

幸い今はスマートフォンを持つ方も多いので、こうした怪しい広告を見つけた場合、社名などで検索して闇金かどうか確かめてみましょう。

【参考ページはこちら】
アイフルの明細書は自宅に郵送される?

新着記事
ページトップへ