> > 払い終わって時間がたっても、アイフルならまた借り入れできる?

払い終わって時間がたっても、アイフルならまた借り入れできる?

『アイフルから一度借り入れをして払い終わったけど、お金に困ってまた借りたくなった!』

それは、誰にでもあることです。

お金はいつ必要になるかわかりませんよね。そんな時、アイフルなら、払い終わってから時間がたっていても、また借り入れをすることができます。

しかし、本当にいつでも再利用することができるのでしょうか?

実は、必ずまた借り入れできるとは限らないのです。

それはどのような場合か、みなさんはご存知でしょうか?

払い終わって時間がたってから、また借り入れをしたいと思う場合は、借り入れができる状態を作っておかなければいけません。

では、具体的にどうすればよいのか、その方法を見ていきましょう!

払い終わって時間がたってからの借り入れ方法をご紹介します

まずは、払い終わって時間がたってから、また借り入れしたいと思った時の、借り入れ方法を見てきましょう。

アイフルからの借り入れは以前と同じ方法でできます

実は、また借り入れをする方法はとても簡単です。それは、これまでアイフルを利用していた時と同じように借り入れをすればいいからです。

アイフルでは、借り入れに下記の方法が使えます。

  • アイフルのATM
  • 提携先のATM
  • コンビニでの融資
  • インターネット経由での振り込み予約
  • フリーダイヤルからの振り込み予約

アイフルのATMや提携先のATM、コンビニに設置されているATMを利用する時には、以前利用していた時に発行された、キャッシング用のアイフルカードが必要です。

また、コンビニで融資を受ける場合、以下のような借り方もできます。

  • ファミリーマート(Famiポート)から
  • ローソン(Loppi)から

これらは、コンビニに設置されているマルチメディア端末です。この場合も、借り入れをするにはアイフルカードが必要です。

インターネット経由の場合、会員サービスを利用して振り込み予約をします。また、フリーダイヤルに電話をして、融資を受けることも可能です。

ただし、アイフルの場合、店舗では融資をしていません。それは、再利用する場合も同じです。

これまでにアイフルを利用されていた方にとっては、これらは馴染みのある方法ですよね。

今までと同じでいいと聞くと、とても簡単だと思われたことでしょう。

しかし、場合によっては、今までと同じように借り入れをすることができないこともあるのです。

それには、契約書の扱いが関わっています。では、どういうことなのか、確認したいと思います。

払い終わってまた借り入れしたい場合は契約書を残しましょう

アイフルで借り入れしていたお金を全て払い終わった時の契約書の扱いには、2つのパターンがあります。

  • 契約書をアイフルで保管してもらう
  • 契約書を返却してもらう

では、それぞれの場合で、その後の借り入れがどうなるのか詳しく見ていきましょう。

契約書を保管してもらっていれば借り入れが可能です!

契約書をアイフルで保管してもらっている場合、その契約はまだ生きていることになります。

これは、借りたお金は全て払い終わっているけれど、また借り入れをしたいと思った時にはいつでもアイフルが利用できる状態です。

勘違いされやすいのですが、借り入れをしたお金を全て払い終わると、自動的にアイフルとの契約が無くなるわけではありません。

カードローンはもともと、利用限度額の範囲内であれば、何度でも借り入れができる性質のものです。

そのため、たとえ借りたお金を全て払い終わっていても、契約は続いていて、その後また借り入れをすることも可能なのです。

年会費や手数料は必要ありませんので、払い終わってもまた借り入れがしたいと思う人は、契約書をアイフルに預けておきましょう。

ただし、一括返済した場合は、一時的にアイフルとの取り引きが無くなります。

しかし、契約自体は続いていますので、必要になった時にはアイフルに連絡を入れて、再度借り入れをすればよいのです。

契約書を返却してもらったらその後の借り入れはできません

契約書を返却してもらった場合、アイフルとの契約はその時点で終了となります。

契約書がアイフルにないのですから、それ以上その顧客との取り引きは続けられないということですね。

契約が終了している以上、またお金に困ったからと再度借り入れをすることは不可能です。

契約書を返却してもらった後、またアイフルから借り入れをしたくなったら、最初から申し込みをしなければいけません。

アイフルのホームページに申し込みフォームがあることは、多くの方がご存知だと思いますが、通常の申し込みフォームを開くためにクリックする場所の下に、再度利用する人向けの部分もあります。

しかし、再度利用するから情報を記入しなくていいのではなく、自分に関する情報・住まいの情報・勤務先の情報・借り入れに関する情報など、最初に申し込んだときに聞かれたのと同じ内容の入力が必要です。

ということは、アイフルに初めて申し込んだときと同じように審査を受ける必要があり、それに通らないと借り入れはできないと言えます。

最初にインターネットで申し込んだ場合は契約書が発行されません

ここまで読まれて、契約書を手書きで記入した覚えが無いんだけど…と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

実は、アイフルでは、最初の契約をインターネット経由で行った場合、契約が電子契約となるため、返却できる書類がありません。

紙の契約書が発行されていないので、手書きで記入した書類がないことになりますし、書面が無いのですから返却もできないというわけですね。

この場合は、契約の解除をアイフルに申し出ているかどうかで、払い終わって時間がたってから借り入れができるかどうかが変わります。

契約を解除している場合、初めて申し込む時と同じように、新たに申し込みをして審査を受けなければいけません。

契約の解除を申し出ていなければ、契約は生きていますので、これまでと同じように借り入れをすることができます。

完済した後また借り入れしたい場合は利用可能か確認しましょう

ここまで確認してきたように、アイフルでは、通常であれば払い終わって時間がたった後でも、契約を解除していない限りは借り入れができます。

しかし、アイフルでは下記のような案内がされています。

  • アイフルによる審査で、再度の融資を断る場合もある

つまり、アイフルでは、契約を解除しておらず、再度借り入れができる状態にあっても、融資を断られる場合もあるのです。

その理由として考えられることは、何でしょうか?

見ていきましょう。

以前借り入れをしていた時と状況が変化した場合

アイフルでは、申し込み者が貸したお金を返せる能力を持っているかどうかに主眼を置いて、審査が行われます。

その際には、下記の点について見られます。

  • 安定した収入があるか
  • 借り逃げをしそうにないか

安定した収入に関しては、職場が重要です。収入や業種、勤務形態、会社規模などを元に、その人が今後も安定して収入を得そうかを推測しています。

もし、勤務先が変わっていたり、勤務先は変わっていなくても収入が減ってたりしていたら、それは当然融資できるかどうかの判断に影響を与えます。

また、借り逃げをしてほしくないので、連絡がきちんとつくか、今の家にどれくらいの期間住んでいるかなども見ています。

例えば、携帯を解約して連絡が取れる電話番号が無くなったなど、連絡がつかない状態になると、まず融資はしてもらえません。

頻繁に引っ越しを繰り返している人の場合、連絡が取れなくなることを心配されるので、あまり印象が良くありません。

そのため、引っ越しをしたばかりの時期も、問題視されることがあります。

このように、以前借り入れをしていた時と、何か状況が変化している場合、返済能力が無いかもしれないと判断され、審査に通らないこともあるのです。

以前借り入れをしていた時より他の借り入れが増えた場合

それから、以前借り入れをした時より、他の借り入れが増えている場合も、再融資の審査にはまず通りません。

なぜなら、あちこちからお金を借りているということは、お金に困っているのだろうと思われるからです。

お金に困っている人がお金を借りたとしても、返せなくなる確率は高いですよね。

そのため、他の借り入れが増えていると、不利になると言えるのです。

さらに、アイフルは消費者金融で、分類上は貸金業者なので、貸金業法で定められている総量規制の影響も受けます。

総量規制に従うと、新たに融資をすることで、借り入れをしたい人の借り入れ総額が年収の3分の1を超えてしまう場合、アイフルは貸し付けを行うことができません。

そういった面から考えても、以前借り入れをしていた時よりも他の借り入れが増えていると、また借り入れをすることができなくなる可能性が高いと言えるのです。

以上のように、以前借り入れをしたときと何か状況が違っていると、借り入れができなくなることがありますので、いつでも利用できると思わずに利用できないこともあると知っておきましょう。

また、払い終わって時間がたってからお金が必要になりそうなことがあったら、早目に、また借り入れができるかどうかをアイフルに確認しておくと安心です。

カードを無くさないよう保管しておくことも大切です!

アイフルの場合、申し込みをしたらキャッシング用のアイフルカードが発行されます。

それを手元に置いておけば、いつでもアイフルATMや提携先のATM、コンビニなどを利用してお金を借りることができます。

そのため、アイフル利用中は意識して手元に置いておくものです。

しかし、アイフルを利用しなくなった時点で、アイフルカードの保管について意識しなくなったという人もいます。

アイフルカードを無くすと、ATMで借り入れができなくなることはもちろんなのですが、他の問題もあるので注意が必要です。

カードを無くすことで起きる可能性がある問題

カードを無くすことで起きる可能性がある問題は、下記のものです。

  • カードを悪用されても気づかない可能性がある
  • アイフルを利用していたことを家族に知られるきっかけになる

例えば、アイフルカードを何の気なしに財布に入れたままにしていて、ある時落としても気づかないままだったとします。

暗証番号の設定をしているので、すぐに悪用されるとは限りませんが、例えば運転免許証もアイフルカードと一緒に落とした場合、誕生日を暗証番号に設定していたためにお金を引き出されてしまったということもあり得るのです。

アイフルでも、カードの盗難や紛失に気付いた場合は、すぐに連絡するようにと案内しています。

さらに、警察にも届けるように言われていますので、そのことからも、アイフルカードはきちんと手元に持っておくことが大切だとわかります。

また、借り入れをしなくなったから、何気なく家にアイフルカードを置いていて、それが家族に見つかって、内緒にしていたキャッシングがバレたという話もあります。

いざ借り入れをしたい時に、家族にアイフルの利用が知られたばかりに、反対されるようなことがあっても困りますよね。

そのため、払い終わっても、アイフルカードは自分がわかるところにきちんと保管しておきましょう。

それが、時間がたってからまた借り入れをしたい時に役立ちます。

払い終わって時間がたってからまた借りたい時のためすべきこと

以上のことから、アイフルで払い終わって時間がたってからまた借りたい時のために、払い終わった時点からしておくべきことをまとめたいと思います。

  • アイフルとの契約を解除しない
  • 他の借り入れを増やさない
  • カードをわかりやすいところに保管しておく

まず、一番大切なのは、アイフルとの契約を解除しないことです。

契約を解除してしまうと、最初から申し込むことになり、これまでに返済実績を重ねてきたとしても全て無効となります。

返済実績を重ね、アイフルから信用できる人だと判断されると、融資限度額が増額できるようになるなど、メリットがあります。

そのため、せっかく借りたお金を全て払い終わったのですから、アイフルからの信用がある状態のままにしておく方が、また借りたいと思った時に有利なのです。

それから、契約を解除しないでいたとしても、他の借り入れが増えていたら新たな借り入れは難しく、再融資の際の審査に通りにくくなります。

転職や引っ越しなどで環境が変わる場合は、やむを得ない部分もありますが、他の借り入れを増やさないことは意識してできますよね。

他から新しく借りるくらいなら、これまでに取り引きがあったアイフルを選んだほうが、借り入れ先が増えずにすみます。

借り入れ先が増えるほど、消費者金融からは信用が置けないと思われ、借り入れが難しくなっていきます。

そのため、新たな借り入れをするなら、他社からではなくアイフルからにしましょう。

最後に、アイフルカードはいつでも使えるように、わかりやすいところに保管しておくことが大切です。

アイフルで、借りたお金を払い終わった後、時間がたってからまた借りたい時が来ることが予想されるなら、以上のことを守って借りやすい状況を作っておきましょう。

【参考ページはこちら】
借りるのが不安なあなたにはアイフルのキャッシング

新着記事
ページトップへ