> > 在籍確認なしは可能!?アイフルで気になる在籍確認の有無

在籍確認なしは可能!?アイフルで気になる在籍確認の有無

インターネットでカードローンについて調べると、在籍確認なしに関係している情報が良く検索されています。やはり、カードローンは在籍確認なしでスムーズに発行したいと誰もが思っているのです。

そんな在籍確認なしでオススメはアイフルのカードローン。アイフルは、可能な限り利用者が満足するような形でサービスを提供してくれます。

その対応もあり、アイフルで在籍確認なしの審査を受けている人は多い。

アイフルがこれほど評価されている理由については、記事内の各案内を参考にしていただければ、多くの人に理解していただけるかと存じます。

アイフルなら在籍確認なしの対応も可能!

在籍確認なしというのは、アイフルだけのサービスではありません。

銀行カードローン審査では積極的にサービス提供していないだけで、サラリーマン金融だと昔から対応している普通のサービスです。なので、相談次第で在籍確認なしになるサラリーマン金融は存在します。

特に可能性の高いのが、「プロミス・アイフル」です。

大手サラリーマン金融として、良くインターネットでも紹介されていますが、最大の利点は「審査が速い」という点でしょう。

プロミス、アイフル共に「最短30分以内」でカードローン審査が終わります。特に問題のない人物がカードローン申込みされている場合、審査にかかる時間が長くなるということもありません。

プロミスやアイフルが選ばれている理由というのは、在籍確認について以外でも、他の業者の追随を許さないサービス力の高さでしょう。

在籍確認なしについて注意点があります。

それは、「申込者が相談をしない」限りは通常のカードローン審査で審査が進むことです。

業者としては、「できる限り正確に審査をしたい」ため、通常のカードローン審査で対応できる部分は、そのまま対応しようとします。

つまり、相談なしで審査を受けると在籍確認ありで対応されるのです。後になって相談をされても、対応してくれるケースが多いので、なるべく相談は欠かさず行ったほうが良いです。

業者といっても、審査そのものは人の手によって行われています。なので、こちらの考えを読んで、勝手に在籍確認なしとしてくれるわけではありません。

大手なら在籍確認について積極的に相談に乗ってくれる

先ほどご説明したように、在籍確認そのものが銀行以外では相談可となっているので、相談することで在籍確認なしになることが多いです。

先ほどのサラリーマン金融の大手であれば、「株式会社新生銀行レイク・モビット・アコム」なども、相談次第では電話連絡なしとなります。
(⇒アイフルと他社カードローンの比較

ただ、以下のような問題がある場合は対応が難しくなることもあるので、その点は注意しておいたほうが良いです。

  • すでに多数の業者でカードローン契約をしている
  • 個人信用情報に不良の情報が多く含まれている
  • 書類なしで審査を受けようとしている

上記のとおりで、「在籍確認なしは書類なし」という意味ではありません。

意外と勘違いされている人も多いようで、この点のみトラブルの元となりやすいようです。

個人信用情報に不良の情報が多く含まれている問題についてですが、不良というのはトラブルに関する情報のことです。

人によっては、いつの間にかそのような問題が個人信用情報に含まれるという人もいます。返済などを遅延している場合に目立つ問題なので、遅延には注意を払っておいたほうが良いでしょう。

現代のカードローンは、「個人信用情報機関(CIC、JICCなど)」で個人信用情報を照会して審査を行っています。

そのため、「年収・借入金額・借入件数」について嘘の情報を記入されても、数分と経たない内にバレることが多いです。

サラリーマン金融は甘い審査を行っていると言われています。アイフルはサラリーマン金融の中でも、特に審査が甘いという評価もよく見つけます。

ですが、「借入に問題がある人物」に対しては、在籍確認なしのサービスも行っていませんし、審査そのものも厳しくしているのです。

このような問題が見当たる場合、無理にカードローン審査を受けるよりも、返済対応などでトラブルを無くしたほうが、将来的に安全な状態でカードローン審査を受けられます。

在籍確認なしの場合に受けるメリット・デメリット

在籍確認なしのカードローン審査の経験がない人のために、メリット・デメリットについても詳細の案内を行わせていただきます。

在籍確認なしというのは、一見メリットのほうが多いと感じるものです。実際はそれほどメリットばかりではないので、むしろデメリットにこそ注目したほうが良いとされています。

そのため、在籍確認なしで審査を受けた場合のデメリットから案内をさせていただきます。

主にデメリットとして有名なものは以下のとおりです。

  • 連絡を入れない場合は通常の審査が行われてしまう
  • 提出が必要な書類を用意しないといけない
  • 審査後の評価が通常より下がることもある

在籍確認なしは、「給与明細書(直近1ヶ月以上)」か「各種保険証」が必要です。

給与明細書に関しては、直近1ヶ月以上でのものが必要・・・と言われていますが、給与受取口座のコピーでも問題ありません。

特に厳しい条件はないので、給与受取で使っている口座の通帳を写し、そちらを提出するだけで問題ないのです。

次に在籍確認なしのメリットについて案内します。

メリットが多いように感じる人もいるかと存じます。ですが、実際は極端にメリットが多いわけでもありません。

  • 審査時の電話連絡が無くなる
  • 必要な書類に対して融通を効かせてくれる
  • 審査そのものがスピーディー

今では、サラリーマン金融のカードローン審査もかなりのスピードとなっています。

速いところでは、「最短10分以内」の審査も可能なため、在籍確認なしとしても審査時間の短縮になるわけではありません。

在籍確認の電話連絡が長いので、在籍確認なしの場合には時間の短縮になる・・・と考えている人もいます。

そのような考え方も確かにあります。ですが、今では在籍確認というと3分以内で終わる場合が多いので、「在籍確認なしは審査の時間を極端に短くする」わけではないのです。

もし、無難に安全なカードローン審査を考えている人は、無理に在籍確認なしにこだわる必要もありません。

意外なことで発生するデメリット特集

先ほどはデメリット中心の在籍確認なしについて案内させていただきました。

ですが、他にも意外なことで発生するデメリットはあるので、今回は人によってはデメリットと感じるものを案内させていただきます。

在籍確認なしの場合、以下のような意外なデメリットも存在するので、人によっては良く考えてから申込をされたほうが良いです。

  • キャンペーン対象とならない
  • 金利優遇の対象とならない
  • 借入限度額があまり高くならない

上記を見ると、「在籍確認なしはあまり利用しないほうが良い」と判断できます。

確かにその通りですが、「あまり頻繁に対応されるわけではない」ので、鵜呑みにしないほうが良いでしょう。

実例を元にすると、これらのデメリットはかなり特殊なケースなので、人によっては稀に迷惑がかかる程度の問題(デメリット)です。

・キャンペーンは期間限定で対応している

キャンペーンというのは、「金利0%キャンペーン」が有名です。ですが、今では期間限定で対応しているだけなので、それほど期待できるサービスでもありません。

サービスの質(満足度)では、在籍確認なしのほうがやや上といった感じです。

金利0%といっても「30日間」で設定されることがほとんどです。1ヶ月程度の利息をカットしても、サラリーマン金融では1000円程度しか浮きません。

しかも、金利0%キャンペーンは一度利用してしまうと、再度の利用が不可となるケースがほとんどです。

・金利優遇サービスは他の優遇措置で対応可能

最近になって知られるようになってきましたが、金利は「条件付き」で優遇されます。「0.5%~2.0%で金利優遇」されるため、意外と使いやすいサービスだと評価されています。

ただ、段々と銀行以外では金利優遇サービスを行わない傾向となってきました。なので、過度に期待しても大きな結果につながらないことが多いです。

また、金利優遇の条件も厳しいです。

口座開設だけで0.5%の金利優遇を受けられるのですが、他の金利優遇の条件は「貯蓄・投資・特別なローンの申込」などを行わなければいけません。

つまり、在籍確認なしでは金利優遇が発生しない・・・といっても、0.5%程度の影響しかない状態(※)で、カードローン契約を結べるのです。
※金利優遇を0.5%以上で受ける場合、お金の利用(貯蓄)が必要なため、お金の利用なしでは0.5%が最大となる

・借入限度額は元々それほど高く設定されない

今では、カードローン利用者も安定してきているため、カードローンの内容についても良く知られるようになりました。

例えば、サラリーマン金融を利用している人の多くは、「10万円~30万円」で借入限度額が設定されやすい・・・というのも、多くの人が知っている真実です。

昔のように、いきなり50万円、100万円を借りられるというのは、現代のカードローンではほとんどありません。

つまり、在籍確認なしのデメリットで利用限度額が減ったとしても、「些細なレベル」で落ち着くことが多いのです。

このデメリットは、年収がよほど多い方でない限りはデメリットと感じることも少ないでしょう。

在籍確認なしは女性のほうが多く利用している

在籍確認なしを利用している人の割合ですが、男性はあまり多くありません。

カードローン審査を受けることに対して、男性はあまり神経質にはなっていないからです。これは昔から今にかけてあまり変化していない特徴でもあります。

そのため、カードローン審査で在籍確認なしにこだわっているのは、「ほとんど女性」という統計になっています。

なぜ、女性がカードローン審査で在籍確認ありを嫌がっているのか?というと、下記のような理由があり敬遠している女性が多いからです。

  • サラリーマン金融を利用していることがバレるのは恥ずかしい
  • インターネットから簡単に手続きを済ませたい
  • 店舗を訪問して契約するのは怖いと感じる

女性は男性とは違い「借金を恥ずかしい」と感じているので、在籍確認なしのほうが良いと判断している女性が多いようです。

また、サラリーマン金融ではそんな女性の利用者が増えていることにも配慮しています。

そのため、アイフル以外のサラリーマン金融でも、「対応は女性が務める」ケースが多いです。

カードローン申込から審査完了まで、女性が対応してくれるため、「安心する」と感じている女性の利用者も増えています。

このようなサービスを展開しているのですが、サービスに関してはどこも「女性より」で対応してくれます。

サラリーマン金融を使っている女性が、近年では増え続けているとされていますが、これだけの配慮をしてくれるのですから、女性の利用者が増えてもおかしくはありません。

補足となりますが、このサービスは基本的に「申込者の要望に合わせる」形をとっています。そのため、「スタッフの対応について気にしていない人」の場合、異性のスタッフと相談することも可能です。

在籍確認なし以外の女性にとって嬉しいサービス

アイフルでは、在籍確認なし以外にも女性向けサービスを多く展開しています。

その中の1つが、女性向けカードローンと言われているレディースアイフルです。

レディースアイフルとは、女性専用のカードローンとして販売されているローンの1つです。

通常では、男女に関係なくカードローン審査を行っているので、女性の中でも収入が少ない人の場合、審査に通らない・・・ということもあります。

レディースアイフルは、そのような女性に向けて誕生したカードローンです。そのため、「年収が少ない、職業が女性特有」であっても、カードローン審査を通常と同じような形で行ってくれます。

レディースアイフルを利用されると、以下の面で得をすることが多いです。女性としてカードローンに不安を感じている人は、レディースアイフルと相性が良いでしょう。

  • スタッフは女性のみで対応してくれる
  • 美容に関するローンなど女性特有の悩みでも相談に乗ってくれる
  • 主婦でも安心して借入できる

前述に「女性特有の職業」の案内が出てきましたが、女性特有の職業とは主に「主婦・専業主婦」のことです。

レディースアイフルでは、そのような職業で生活を送られている女性であっても審査の対象としています。

通常のカードローンは、「年収が前提」となっているので主婦・専業主婦の場合は審査に通らないケースも目立ちます。

そのため、他の業者(カードローン)では審査落ちされている女性も多いため、アイフルのレディースカードローンが見直されるようになっているのです。

また、アイフルでは女性のカードローンということを踏まえて、「貸し過ぎない」配慮までしてくれます。

アイフルは女性人気が高いのですが、このようなサービスを昔から提供してくれているので、「不安もなく借りられる」と感じている女性も多いのでしょう。
(⇒女性にも人気のアイフルカードローン

アイフルなら面倒な操作もネットのみで完了できる

国内・国外に関係なく、現代はインターネットで大概の作業や操作が行える時代です。

そのため、インターネットの恩恵でカードローンもサービスが少しずつ増えてきている状態となっています。

例えば、以下のような操作については、自動契約機が設置されている店舗を訪問せず、インターネットのみで行える時代となりました。

・カードローン申込(契約)、契約の解除

カードローン申込は、今ではほとんどの方がインターネットのみで済ませています。簡易審査と言われている審査も、今では利用者が多い状況となっているのです。

その背景には、「時間を無駄にできない」という思いがあります。

近年では、買物や契約などを含めても、インターネットからで申込めるサービスがほとんどです。そのため、カードローン申込であっても、インターネットからの操作に違和感を感じる人が減ってきています。

さらに、契約だけでなくインターネットから解約(契約の解除)まで行える時代なので、契約に関する操作全般で店舗を訪問する必要はありません。

・返済方法、利用限度額、増額審査の手続きがネットのみで行える

インターネットでは、返済方法の変更を行えないと思っている人は多いです。ですが、金銭に関する操作もインターネットのみで行えるようになっています。

例えば、返済方法に対して「今月の返済は厳しい・・・」という場合は、予定返済額を減らす操作も、インターネットなら簡単な操作のみで行えるようになっているのです。

特に嬉しいサービスは「増額審査」も申込める点でしょう。

増額審査とは、現在の借入限度額をアップしてもらう際に必要な操作です。人によっては、「急にお金が必要」となる人もいます。

アイフルではそんな人のために、増額審査にも対応してくれているので、利用状況に自信がある人は申込んでみると良いでしょう。

全体的に満足度が高いアイフルカードローン

アイフルは在籍確認なしのサービスもあり、全体的に高い満足度で知られているサラリーマン金融です。

満足度というのは、継続してカードローンを利用している人の割合だと思ってください。

カードローン契約すると、ズルズルと長期に渡って利用している人が多い・・・と、思っている人は多いでしょう。

実際は、それほど多くの人が「1社にこだわって利用しているわけではない」ので、1年・2年ほどの利用で別の業者に、利用を切り替えている人も多いです。

切り替えてもサービスは一緒・・・と思う人もいますが、実は切り替えることでプラスになることが多いため、近年では「借換」という行為に興味を持っている人が増えています。

借換とは、借換カードローンのことを主に言っています。

現在契約中のカードローンが存在する場合、別の業者に契約を移すことを、カードローンのサービスでは借換(かりかえ)と言います。

ここで重要なことは、借換は「返済支援制度」の影響を受ける点です。

返済支援制度とは、サラリーマン金融など金融業者で対応している返済支援のことです。

返済支援制度に則っているカードローンで契約をすると、「総量規制対象外」でカードローン契約できます。その場合、借入の限度額が年収の3分の1までとはなりません。

人によっては、返済支援制度でカードローン契約をしたところ、「100万円以上の借入を達成できた」という人もいます。

このようなメリットがあるのですが、さらに美味しいメリットが借換カードローンには存在します。

それは、「個人信用情報の問題を解決できる」というメリットです。

人にもよりますが、現在借入そのものが新規では難しい・・・という人もいます。要するに借り過ぎているために、新規カードローン申込で審査に通らないのです。

しかし、返済支援制度で新規カードローンを組むと、長期でローンを組むことも可能となるため、新規カードローンの審査でも甘い審査になる場合が多いのです。

アイフルでは「かりかえMAX」という商品名で販売されていますが、内容としては前述の借換カードローンと同じです。

「金利が優遇される、審査が素早い」というメリットもアイフルにはあり、さらに在籍確認なしの対応についても融通が効きます。

将来的に借金をキレイに返済したい・・・と考えている人も、アイフルのそんな在籍確認なしの審査で、スピーディーな借入を目指してみてはどうでしょう。

ノウハウの多いアイフルだけあって、そのような問題を抱えている人に対しても、アイフルは優しく接してくれるという温かみもあります。

【参考ページはこちら】
アイフルで増額する時は在籍確認ある?

新着記事
ページトップへ