> > 手紙の対応はコツが重要!アイフルから届く手紙の上手い対処方法

手紙の対応はコツが重要!アイフルから届く手紙の上手い対処方法

金融関係の用語に手紙という用語があります。手紙とは、督促状のことなのですが、サラリーマン金融以外でも手紙が発生することはあります。

ですが、手紙の対処方法について知らないという人は意外と多いようです。そのため、いきなり手紙を送りつけられるとパニックになる人までいます。

社会人として節度をもってお金を借りるというのはマナーですが、手紙に対して正しい対処が行えるのもマナーを理解している社会人の対応です。

今回はそんな手紙のマナーについて、詳細部分の案内を行っていこうと思います。

どういう場合に手紙が発生するのか知っておこう!

手紙というのは、主にサラリーマン金融でも「督促状」を意味する場合に使われます。

ただ、手紙が頻繁に送りつけられるということは、現代のカードローンではありません。昔とは違い、サラリーマン金融も法律に従って、手紙の郵送を行うようになってきているので、今では手紙そのものが珍しくなってきているのです。

また、まったく手紙について知らないという人もおられるかと存じます。なので、具体的に「どのような場合に手紙が発生する」のかを、1つずつ丁寧に解説させていただきます。

1.返済で遅延している場合

カードローンでもそうですが、返済は「遅延が認められない」という約束で成立しています。なので、返済に遅延が多い場合は手紙が送られてきます。

その場合、「コンビニで支払い可能な用紙」も同時に郵送されてきますので、返済はコンビニで簡単に行えるようになっています。

基本的にカードローン契約者で、こちらの手紙の対処方法がわからないという人はいないでしょう。

2.再審査(再評価)の通知として送られてくる場合

契約後に再審査を受けている人もいます。今では、「増額審査」の申請で有名となっていますが、こちらに対しても手紙は発生します。

増額審査を通った際に、審査合格を意味する手紙が届くのです。

審査に落ちてしまった場合、メールにて「審査不合格」が通知されるようになっているので、不合格では手紙が通知されない仕組みとなっています。

対処方法は存在しません。手紙を受け取った後に、審査内容に納得するしないのどちらかを選択するだけだからです。

アイフルでもそうですが、今ではこのような手紙の大半は「インターネット上で済ませられる」ようになっています。

ハガキなどの通知は行われず、「電話・メールのみ」の手紙も存在するので、すべてにおいてハガキなどが郵送されてくる・・・と思わないほうが良いでしょう。

3.裁判による対応が決まった場合

一番対応に困るタイプの手紙です。手紙というのは、裁判の通知に対しても行われるので注意してください。

というのも、「放置している」場合に勝手に裁判が進んでしまうからです。状況が良くわからない場合は、業者に対して電話を入れておいたほうが良いでしょう。

裁判の結果によりますが、「一括返済」を迫られる場合もあるので、放置しておくのは危険だと考えられます。

手紙が送られてくる場合はマナーよく接する

先ほどは手紙が送られてくる実例で有名なものについて案内しました。

ですが、業者側に手間暇をかけさせているのは確かなので、対処方法以外にもマナー意識ももっておく必要があります。

マナー意識(※)については下記を参考にしてください。
※契約者側に負い目がある状態のマナー意識という意味です

1.連絡を受けた後、すぐに返事を伝えるようにする

借金返済に負われるようになると、人によっては性格が荒っぽくなる人もいます。ですが、アイフルでは懇切丁寧な対応を心がけているので、社会人として落ち着いて対応することが大事です。

しかし、もっと大事なものがあります。それは「すぐに返事を伝える」ことです。

どれほど丁寧な対応を心がけていても、電話連絡や通知があってから数日と無連絡であれば、「連絡を嫌がっている相手」と思われます。

遅くても1日以内に対応するようにしておきましょう。それだけでも、手紙に対して上手に対応できている人物として扱われます。

2.自分の考えを簡潔にした状態で業者と相談する

先ほどとほぼ同じ内容の対応となりますが、「自分の考えをまとめておく」ことも大事です。

人によっては、アイフルから手紙が送られてくるとパニックになり、無関係な質問までされる人がいます。このような対応では、アイフル側も対処が難しくなるので注意してください。

例えば、「返済をとりあえず待って欲しい」、「返済できるかもしれないが、できないかもしれない」というチグハグな連絡はいけません。

なので、正確に伝えたい場合は「今月は申し訳ありませんが返済が難しいです。給料が出た際に今月分をまとめて返済するのは可能です」と、返済を真面目に考えていることを伝えるだけに留めるのが最善です。

アイフルはサラリーマン金融ですが、なにもシステムのみで成立している金融業者ではありません。

近年では、「契約者の印象も評価の1つ」となっています。

なので、相手も人なのだと正しく認識しましょう。そのように考えて対処されるだけでも、自然体で手紙に対して正しい対処ができるようになります。

手紙が送られてきた場合の対処方法まとめ

手紙のマナーについて案内させていただきました。次は実際の手紙の対処方法について案内させていただきます。

手紙が送られてきた場合ですが、基本的に昔のような取立(とりたて)はないものと思って問題ありません。脅迫されるようであれば、それは手紙を送りつけてきた業者側に問題があるだけで、契約者側は脅迫に従う必要もありません。

「脅迫を行ってはならない」という法律がすでに存在しているので、大手サラリーマン金融で脅迫を行うというケースは、今では稀となっているのです。

そのため、手紙の対処方法は以下のどれかを優先的に行うだけで問題ありません。

1.返済の意思があることを伝える

カードローンでもそうですが、1ヶ月間分で返済が遅れているというだけで、過大なペナルティを課す業者は今では少数派とされています。

アイフルでは健康的な利用であれば、特に何も言ってきません。手紙が届くだけで、後は決められた日時までに対処されれば問題ありません。

返済で遅延している場合、コンビニで支払いが可能な用紙が郵送されてきます。こちらは先ほども案内しましたが、利用期限内で返済を行えば特に問題はありません。

ですが、説明不足なところもありましたので、もう1点大事なことを案内させていただきます。

その大事なことですが、「インターネットから引落しの要請」が行えるということです。コンビニで借金返済をするのが嫌という人は、インターネットのサービスから返済を行えば良いのです。

現代はインターネット社会と言われている時代でもあり、サラリーマン金融もインターネット関連のサービスを多く用意しています。

なので、なるべく入金・返済などの操作はインターネットを介したほうが手間が省けます。これは手紙の対処においても同じだと思ってください。

2.返済不能に陥った場合は良く相談する

相談を行わない人は、「相談してもなにも変わらない」と自棄(やけ)になることが多いです。

ですが、アイフルでは返済不能に陥った人でも、専門的なアドバイスを行ってもらえることが多いです。専門的なアドバイス部門をアイフルでは用意しているので、こちらもできる限り利用したほうが良いです。

意外と多い返済不能の悩みに、「返済先が多くてどの業者から返済すれば良いかわからない・・・」という悩みがあります。

ですが、「返済先をアイフルで統一する」というアドバイスを、アイフルであればいただけることもあります。

他のサラリーマン金融と比較すると、アイフルはかなり柔軟な対応を心がけています。一人で悩んでいるより、アイフルを介して問題を解決したほうが上手くいくことが多いのです。
(⇒アイフルと他社カードローンを比較

手紙を怖いものと勘違いしないよう注意する

手紙イコール怖いものと決めつけている人は結構います。

そのため、手紙が送られてきたことをインターネットで打ち明ける人も多くいるのですが、手紙というのはそれほど怖いものでもありません。

というのも、基本的にシステムにより手紙が発生しているだけだからです。

実際に以下のような手紙が発生しても、ペナルティはそれほど厳しくはありません。

1.借金返済を迫る内容の手紙

借金返済について迫る内容の手紙が届くこともあります。ですが、すぐに返済をしなければいけないという内容ではないはずです。

業者側にしてみると、「元金だけは返してもらいたい!」と思っているわけです。なので、借金分の返済を迫っているのだ・・・と理解したほうが良いでしょう。

取立などで問題となっている業者であっても、今では「家庭訪問」は行っていませんし、親戚に連絡をし代理の返済を求める・・・ということも、今ではあまり行われていないのです。

借金返済が長く続いた場合も、「相談後の定額返済」に切り替わるだけです。毎月1・2万円の返済で済むこともありますので、手紙はそれほど怖いものでもありません。

あくまでも、前述の怖くない手紙は「安全な業者で契約している」場合です。大手サラリーマン金融以外では、悪徳業者が運営しているサラリーマン金融も存在するので注意してください。

カードローン経験が少ない人は、アイフルのような優良サラリーマン金融こそオススメです。

2.利用停止に関するお知らせの手紙

そのままですが、カードローン利用停止になりましたという案内です。利用方法に問題があっても利用停止になります。

利用停止というのは契約解除ではないので、勘違いしないように注意してください。

人によっては慌ててそのことを質問される人もいます。ですが、手紙は「利用停止の案内のみで送られてきている」ので、連絡次第では信用を落とすこともあります。

前述しましたが、今ではカードローン審査の項目に「印象」が加わっています。そのため、いきなり慌てて借金について相談されると、業者側も印象に関する評価を下げないといけなくなる・・・こともあるのです。

社会人としてマナーを意識するのは大事です。

ですが、「冷静でいること」も社会人としてカードローン利用をする際には大事だと覚えておきましょう。

口調を荒らげたり、自分勝手な行動を慎まない場合は、カードローン関連の利用そのものが行えなくなる・・・という、最悪な結果を生むことも考えられます。

もし手紙を長期に渡って無視し続けると?

今では有名となっていますが、手紙を無視し続けると「裁判」を起こされます。

裁判で判決が出てしまうと、強制的に返済に応じる状態になるので、なるべくこのような状態になる前に対処するのが理想です。

裁判になってしまうケースですが、以下のような行動が見られる契約者では、裁判による対処が起きやすいとされています。

1.債務整理を検討中のカードローン契約者

カードローン契約者というのは、先手を打つ形でローンを整理することもできます。その方法こそが債務整理です。

債務整理は、「弁護士と相談の上」で対応可能です。サラリーマン金融にとっては、全額返済に応じない構え・・・となるため、先に裁判による対処がなされることもあるのです。

返済から印象が悪化し続けると、最終的にサラリーマン金融との関係が酷くこじれてしまいます。もし債務整理を考えている場合でも、業者に電話一本くらいは入れてから、弁護士との相談を行ったほうが良いでしょう。

2.過去に金融事故を起こしているカードローン契約者

近年では、個人情報に不良な情報を抱えている相手であっても、アイフルなどのサラリーマン金融はお金を貸してくれます。

ですが、そのような不良な情報は常に「金融事故」と扱われています。そんな相手だと判断されている場合、返済不能状態に陥ると裁判による対処が行われやすいのです。

アイフルは対応が丁寧で審査が甘いと評価されています。ですが、返済の意思が薄い上に対応も酷い相手の場合、他のサラリーマン金融と同じように裁判を起こすことが多いです。

補足となりますが、「不良な情報」は個人で調べることも可能です。

CIC、JICCといった個人信用情報機関を使い、本人確認の対応を行って個人信用情報をチェックしてみましょう。

その中に、「不良な情報」が混じっている場合は、金融事故の件数などを確認することができます。

金融事故を起こしてしまうと、「半年~10年間」で融資を受けることが難しくなります。すぐに対処できる問題であった場合、放置せずに対処されたほうが記録的にもかなり安全となるのです。

これはアイフルなどのサラリーマン金融だけでなく、他の金融業者でも引き継いで利用される情報となります。

裁判に進むと裁判による処理がかけられる

裁判についてですが、実は裁判というのは「出廷を命じることは可能」でも、応じるかどうかは命じられた本人次第なのです。

ですが、出廷を拒んだ場合は裁判の処理が本人とは関係なしに進んでいくため、いつの間にか裁判の判決が出てしまうという場合も存在します。

裁判は、非常に短い時間で終了するものがほとんどです。

なので面倒だからという理由で、裁判に出るのを嫌がるのは良くありません。そのような対応も、「不良な情報」として記録されてしまいます。

あまり知られていませんが、裁判などを通じて「返済に応じないまま債務整理」された場合、半永久的に迷惑をかけた業者で融資を受けられません。

先ほど、「半年~10年間」で融資を受けられないケースの話をしましたが、迷惑をかけてしまった業者では完全に借りられなくなるのです。

業者では「業者専用のデータベース」が存在するため、そちらに迷惑をかけ過ぎた人が登録されています。こちらは個人信用情報とは違い、業者が「倒産して無くなるまで残る情報」です。

系列先が多い場合、将来的なローン計画が破綻することにも繋がります。小さな借金でも同様の扱いを受けますので、返済できる分は債務整理前に返済しておくのも安全対策となります。

手紙の放置はアイフルとの関係が不味くなる?

手紙を放置していると、アイフルのような優良サラリーマン金融でも対応が厳しくなります。

そのため、あまりにもずさんな対応が目立つ場合には契約解除もありえると思っておいたほうが良いです。

契約解除後、どのサラリーマン金融でも「分割返済」に応じてくれるわけではありません。

つまり、「一括返済」を命じられることもあるのです。

この場合、裁判による手紙がすぐに届くことも多いので、アイフルで相談することも厳しくなります。

なるべく裁判絡みの通知がこないように、早め早めの対処をしておきましょう。アイフルは融通が効くサラリーマン金融なので、厳しい返済状況でも相談するのが吉です。

アイフルも手紙に対して相談で対応してくれる

何度か案内しましたが、返済で困っている場合の最終手段は「相談」です。

アイフルでは、女性だけの悩みや金銭に関係している悩みも相談可能となっていますので、独特な悩みであっても対応可能だと思って問題ありません。

実際にアイフルを利用されている人の中には、以下のような悩みをアイフルに打ち明けている人もいます。

・複数のカードローン契約を行い対処に困っている

今では、アイフルだけでなく銀行やサラリーマン金融で対応してくれる問題の1つです。

「返済支援制度」というものに、銀行やサラリーマン金融は対応しています。なので、複数のカードローンで悩んでいる場合は、そのままカードローンを一本化したいと相談しましょう。

アイフルでは、「かりかえMAX、おまとめMAX」というローンプランが用意されています。こちらで契約されると、「金利が優遇された状態」でカードローンの返済が行えます。

・失職してしまい返済に困っている

失職してしまった場合ですが、現在の就職状況がどのようになっているかで対応が変わってきます。

失職して無職となっている場合、「返済回数を長くして再契約」という対処が存在します。毎月で3万という返済を、アイフルであれば毎月で1万に減らすことも可能です。

すでに新しい就職先が決まっている場合、「就職先から給与が発生する」まで待ってくれることもあります。ただ、こちらは長くても1ヶ月間程度待ってくれる程度なので、過度な期待はしないほうが良いでしょう。

・ローン返済を目的としてお金を借りられる業者がないか探している

先ほど案内した「かりかえMAX」で対応可能です。かりかえMAXであれば、金利が優遇されるだけでなく返済開始時期を遅らせることも可能です。

ローン返済を目的としてローン返済も「お使いみちの1つ」です。

意外と知られていないので、やはりアイフルといった業者との相談を行ったほうが、契約者にとってもメリットが多いのは確かでしょう。

「返済支援制度」に則ったローンは、「総量規制対象外」でもあります。そのため、アイフルで50万円以上のカードローンが認められている人もいるのです。

借金は銀行やサラリーマン金融に関係なく、「信用を前提」として融資を行っています。

せっかく何かしらの縁があり、銀行やサラリーマン金融でカードローン契約が結べたのですから、できる限りマナーは意識したほうが良いでしょう。

マナーを意識されていると、「意思疎通が楽になる、契約者としての評価も高まる」というメリットもあります。

マナーを守ることもそれほど難しくはありません。手紙の対応はコツが重要ですが、そのコツというのはテクニックではなく、「心の所作」だと思ったほうが良いのです。

【参考ページはこちら】
アイフルはいい意味での独立運営?

新着記事
ページトップへ