> > リボルビング払いは損?アイフルでの実質的な利息負担を見る!

リボルビング払いは損?アイフルでの実質的な利息負担を見る!

カードローンの返済方式として多く採用されている方法に、『リボルビング払い』というものがあるのをご存知ですか?

リボルビングというと聞き慣れない単語であり、詳しく無かったとしても、カードローンの返済を行う事はできます。

しかし、リボルビング払いでお金を返すと損をするという噂はなかなか有名であり、実際のリボルビング払いの内容よりもイメージとして先行してしまっています。

アイフルでも採用されているリボルビング払いについて、実際に損をするのかどうかを確認してみましょう。

リボルビング払いって何?金融用語を分かりやすく解説!

カードローンはリボルビング払いがデフォルト…この事実を知らずにカードローンを使っている人は、意外にも多いです。

というのも、リボルビング払いの実態を知らずとも毎月の返済額だけを返せば良いので、知らなくてもいつかは完済できるのです。

しかし、知っているのと知らないのとでは、自分が実際に返済する時に大きな差が出る事もあります。まずは概要からでも触れておきましょう。

リボルビング払いというのは、支払残高に応じて決まった額を返済していく方法です。通常の返済は支払回数を最初に設定しますが、リボルビング払いは自分の経済状況で柔軟に変更できます。

例えば借り入れている金額が5万円でも10万円でも、毎月の最低返済額が1万円で良いのなら、それ以上無理に払う事はありません。

こうした特性がある事で、主に収入などに余裕が無い人を中心に利用者が増えており、リボ払い以外の返済を使った事が無い…なんて人も居ます。

こうした概要だけを見ると非常に優秀なのですが、やはりメリットがあればデメリットが存在するのは、金融商品の基本です。

実際に、リボルビング払いには不穏とも言える噂があります。

リボルビング払いは損?アイフルの気になる噂とは

「リボルビング払いでずっと返済をしていたら、結局凄く高くついた…」こうした話を聞いた事はありませんか?

融資にて高くつくという事は、利息も含めた総返済額が非常に高かったという事になります。

例えば、リボルビング払いのカードローンを発行する金融業者としては、アイフルが有名ですよね?

アイフルは消費者金融という事で金利が高めと言われており、そこに加えてリボルビング払いで返していくのですから、それこそ『非常に返済が高くつく』というイメージが強いです。

消費者金融の金利とリボルビング払いのイメージが重なり、結果としてリボルビング払いは損だと、みんなが思ってしまいやすいのです。

ただ、イメージだけでリボルビング払いが高いと思ってしまうのは、あまり賢い事とは言えません。

そもそもリボルビング払いが高いだけなら、不満が頻出するので金融業者側も対応に追われっぱなしのはずです。

本当にリボルビング払いは損なのか、そもそも活用法は無いのか、それをこれから見ていきましょう。

やっぱり損しやすい!?リボルビング払いの実質負担額とは

それではまず、リボルビング払いで実際に損をする可能性が高いかどうかでいえば、無策で使えば高くつくでしょう。

リボルビング払いと言ってもいくつか種類はあるのですが、どれにも共通して言える事は、何も知らないと残高が減りにくいという事です。

先に、リボルビング払いの種類について見てみましょう。

  • 残高スライド元利定額リボルビング方式
  • 残高スライド元金定額リボルビング方式
  • 残高スライド元利定率リボルビング方式
  • 残高スライド元金定率リボルビング方式

アイフルでは一番上の『残高スライド元利定額リボルビング方式』が採用されており、残高に応じて最低返済額が決まります。

返済額は残高によりますが、10万円までなら毎月5千円を返済していけば、延滞にはなりません。

これは一見すると大きなメリットなのですが、実はこの部分こそ、リボルビング払いが長引く原因の一つとなっているのです。

融資返済の基本的な仕組みというのを、今一度思い出して下さい。

お金に余裕が無い人ほど気をつけたいリボルビング払いの罠とは?

毎月の最低返済額が少なくて、尚且つその最低返済額しか返せない場合、返済が長引くのは当然です。

しかし、それは期間だけの問題ではなく、金額…つまり、返済の残高が増えてしまうという事は、知っていましたか?

リボルビング払いの特徴として、返済分はまず利息に割り振られて、残りが元金の返済に割り当てられます。

これはどういう事か、分かりやすい例えで見てみます。

5000円(毎月の返済額)-1000円(利息返済分)=4000円(実際の元金返済分)

つまり私たちの想像としては5000円返したつもりでも、実際は利息分を先に引かれていますので、4000円しか元金からは減りません。

計算式の金額はあくまでも仮ですが、このペースの場合、10万円の完済でも非常に時間がかかります。

しかも長期返済するほど利息が発生、そして発生した利息の返済を続けていくので、返済総額も膨れ上がる事でしょう。

毎月の負担が少ないけど、実際はより多くのお金を返す事になる…これがリボルビング払いの怖いところなのです。

実は簡単!今日から始められるリボルビング払い対策とは?

低負担のつもりが、知らないうちに高額返済に直結する…ここまでの説明では、リボルビング払いが非常に怖い存在でしか無いでしょう。

ですが、無策で使うと危ないと評したように、リボルビング払いは対策をする事で安全に利用できます。

しかも対策は非常に簡単で、リボルビング払いだからと言っても毎月最低限しか返さないのではなく、出来るだけ多めに返すだけで良いのです。

人間はどうしても目先の事実に目が向いてしまい、それゆえにリボルビング払いを使う場合、最低返済額しか返さずに後で後悔しやすいですね。

そこで、10万円を年率18%で借りたとして、毎月返済額を5000円と10000円のどちらかで行った場合の返済総額を比較しましょう。

毎月返済額 支払回数 総返済額
5000円 24回 119712円
10000円 11回 109106円

総支払額では10606円もの差が生じており、しかも10000円なら一年未満で完済できてますね。

返済額を倍にする…これは一見するとハードルが高そうですが、20000円を40000円にするわけではなく、5000円を10000円にするのなら、さほどでもありませんね。

カードローンならではの返し方?任意返済も組み合わせよう!

毎月の給与が比較的安定していて、出費に関しても大きく変動が無い場合、上記の方法は非常に有効です。

しかしフリーランスの場合など、収入が一定でない人の場合は「普段は最低返済額にしないと、急に返せなくなる事があるかも…」という人もいるでしょう。

その場合、任意返済を利用する事で、最低返済額の利用時でも返済ペースの引き上げが可能です。

任意返済というのは、カードローンのような出し入れが自由な借入方法の際に利用可能な返し方で、余ったお金を自分の好きなタイミングで返す事ができます。

任意返済の例を挙げてみます。

毎月の返済額は念の為に5000円に設定しているが、今月は臨時収入があったので、別途ATMから10000円返済しておいた。

カードローンの場合、毎月の決まった返済だけでなく、別途ATMなどを利用する事でいつでも返済が出来るのです。

しかも任意返済はしなくても良いので、仮に行わない月があったとしても、延滞扱いにはなりません。

出来るだけ早く返したいけど、出来るだけ余裕は持ちたいから…という人の場合、この方法も視野に入れてみましょう。

有効活用も出来る?リボルビング払いの意外な側面

リボルビング払いは対策すれば良いものの、対策をしないとマイナス面しか無い…ここまでの説明だと、そう後ろ向きに考えてしまうかもしれません。

しかし、今世の中に存在している多くのカードローン、果てはクレジットカードまでもが、リボルビング払いを採用しています。

つまりそれはどういう事かと言うと、リボルビング払いは使い方や意識により、便利な側面も持ち合わせているのです。

リボルビング払いについてのおさらいなのですが、毎月の返済額というのは、最低返済額『以上』ならいくらでもOKです。

それはつまり、リボルビング払いの返済額は柔軟に変更できるという事であり、それを活かした返済の例を挙げます。

  • 普段は出来るだけ早く返す為に多めの設定
  • 若干余裕が無い時は最低返済額まで下げておく

リボルビング払いは最低返済額に設定したら、完済まで変更が出来ないわけではありません。

むしろこうした変更を利用して延滞を無くしつつ、それでいて早めに返す事が出来るというのが、リボルビング払いの真の活用術の一つなのです。

リボルビング払いは使いよう?試される返済方式の実態

リボルビング払いについて今回は説明していきましたので、まとめをしておきましょう。

  • リボルビング払いは毎月最低額以上の返済なら自由に出来る
  • 毎月最低額しか返さないと損をしやすい
  • 返済額は柔軟に設定できるので調整しながら返すのがコツ

リボルビング払いが損をしやすいというのは、ひとえに最低返済額での返済を続けていく人が非常に多く、後から後悔して文句を言う人がいるからです。

リボルビング払いは説明が分かりにくいものの、きちんと最初に話を聞くなどして理解しておけば、逆に活用する事もできます。つまるところ、使う人が試される返済方式なのです。

何も考えずに毎月の負担額の低さだけを見ていると、間違いなく損をするでしょう。

しかしその仕組みを理解しておけば、無理の無い返済をしながらも、決して損をする事はありません。

融資に関しては常に「ご利用は計画的に」と言われているように、本人の計画性次第で良くも悪くもなります。

リボルビング払いだけでなく、全ての融資の返済では計画性が欠かせませんから、この機会に『いかに無理をせず、いかに早く返すか』を意識してみて下さいね。

【参考ページはこちら】
アイフルで借入したい方におすすめ!

新着記事
ページトップへ