> > アイフルはブラックでも借りれるの?噂の事実に迫る!

アイフルはブラックでも借りれるの?噂の事実に迫る!

ブラックリストという単語はとても有名で、例え今までカードローンを持った事が無い人でも、『融資を受けられない人』というのが分かるでしょう。

実際に、ブラックリストではほとんど融資を受ける事が不可能と言えるのですが、一部の金融業者はそんな人たちにも融資を提供していると言われています。

どちらかと言えば知名度が低い金融業者に多いですが、実は大手のアイフルも、ブラックリストでも貸してくれると言われています。
(⇒アイフルと他社カードローンの比較!

大手ゆえに多くの人が関心を寄せている話題なので、今回の記事でその真偽に迫ってまいりましょう。

アイフルは他社より緩い?気になる審査難易度について

アイフルの口コミについて、調べてみた事はありますか?一度でも調べてみると、アイフルのイメージが良く分かる意見が多いです。

  • 今も銀行と組まない独自色が強い消費者金融
  • 消費者金融なのに融資プランの品揃えが豊富
  • 融資実績が多く審査が簡単である

どれもプラスの意見ですが、今回は一番下に注目です。

融資実績というのはどれだけ多くの人に貸したかであり、アイフルでは借りられたという人が、他社の消費者金融よりも多いとされているのです。

例えば若くアルバイトでしか生計を立てられない方や、高齢でパートでしか働けていない人でも、借りられたという意見が多いです。

これはつまり、『アイフル=審査が緩く多くの人が借りやすい』という事実に繋がっています。

もちろん公務員や大企業の社員など、比較的金銭的な余裕がある人も審査に通りますし、アイフルの門戸は極めて広いとされます。

ただ、誰にでも融資をしているかと言えば、それは一概には言えません。

金融ブラックでは難しい?融資審査に通らない人の決定的要因

アイフルが融資審査に通りやすいというのは、あくまで『普通の方』である事を前提に説明してきました。

これは融資全般に共通している事ですが、普通というのは以下のような場合を指します。

  • 仕事をしていて自分で収入を得ている
  • きちんと住所を持っている
  • 過去に融資で問題を起こしていない

普通というには条件が多そうですが、実はそんなに難しい事ではありません。

人間が生きる為にはお金が必要ですし、住所が無い人はそもそも存在している人間とは判断されません。

こうした点もそうですが、『過去の融資に関わる問題』というのは、金融業者全体が注視しています。

返済に長期間遅れたり、お金を返せず自己破産したり…こんな事があっては、融資を受けられるのがおかしいとすら言えます。

アイフルではそんな人も通るという噂があるのですが、これは本当の事なのでしょうか?

大手はシビア!?アイフルでもブラックリストは厳しい理由

アイフルは審査が緩いから、ブラックリストであっても期待出来る…そう言いたい所ですが、実はそんなに甘くありません。

アイフルくらいの大手消費者金融ともなると、ブラックリストの人は審査に通る事はほぼありません。

アイフルの審査は先ほども話したように、融資を受ける為の最低限を満たしている人には易しい、という意味では緩いです。

というより、これは他の大手消費者金融にも共通している事で、何故大手だとブラックはダメなのか、それを説明していきましょう。

  • 大手は利用希望者が多いので危険な顧客に貸すメリットが少ない
  • 大手消費者金融は銀行と関わっている事が多いので慎重な審査が必要

アイフルは銀行とは関係していませんが、他の大手消費者金融は概ね銀行の傘下企業となり、銀行と資本を共にしています。

そうなると自社の甘さが銀行に打撃を与える事にもなりかねないので、銀行系の消費者金融は厳しいとされているのです。

ブラックリストの顧客が危険視される3つの理由

アイフルは銀行系ではないとすれば、やはりブラックに貸さない理由は『危険なブラックの顧客に貸すメリットが無い』という事になりますね。

利用希望者が多いなら、当然返済してくれそうな人から順番に貸し付けるわけですし、理屈としては当たり前でしょう。

そうなると見てみたいのは、『何故ブラックリストの顧客は危険視されるのか?』という点です。

それには『ブラックリストになる理由』を見れば一目瞭然なので、確認してみましょう。

  • 返済に長期間若しくは何度も遅れている
  • 自己破産などの債権整理を行う
  • 虚偽記載など消費者金融に対する悪質な規約違反

そもそもブラックリストは『金融事故記録』というのが正式な名称であり、ブラックリストは金融用語ではありません。

とはいえ、言葉のインパクトと使われ方が間違っているわけでも無く、そしてブラックになる理由を見ると、それも納得出来るでしょう。

ブラックリストになる人は、いずれも金銭的にも実績的にも、一切返済能力が認められない人であり、返せない人に融資する事はまずあり得ないのです。

ブラックOKは嘘?アイフルに通ったという噂の真相とは

ブラックリストの場合、アイフルに通る事は無いと思う方が正しいのですが、そうなると一つ気になる事があります。

ネット上の口コミなどでは、「ブラックリストだったけどアイフルに通った!」という意見が散見されます。

ネット上の情報というのは非常に豊富であるものの、正しく無い情報も多数存在しており、情報の取捨選択が必須です。

その為には嘘と真実を見抜かないといけないのですが、口コミはなかなか事実確認が難しいです。

なので、ブラックリストでもアイフルに通ったという意見を見かけら、下記の二択になると思って良いでしょう。

  • 閲覧数を稼ぐ為の大げさな嘘
  • すでにブラックリストでは無くなっていた

嘘に関しては、もはやこれ以上説明する事はありません。

しかし、すでにブラックリストでは無かったと表現しているように、金融事故の記録は永遠に残るわけではありません。

これが今回のポイントなのです。

ブラックリストはいつまで?残り続ける期間を解説

ブラックリストに関する情報は3つの信用情報機関に保管されており、消費者金融の場合はJICCと呼ばれる機関の情報を主に参照します。

信用情報機関には銀行系、信販会社系、消費者金融系があり、それぞれで残る機関が異なっています。

そこで、今回はアイフルという事で、JICCの情報保管期間を見てみましょう。

  • 延滞:1年
  • 任意整理:5年
  • 自己破産:5年

このようになっており、消費者金融では最長でも5年程度で情報が消えます。

銀行の場合は10年も残る事があり、消費者金融よりも銀行の方がシビアという話も納得でしょう。

尚、この5年経過後は普通に融資を受ける事が可能です。文字通りふりだしからのスタートですが、ブラックだからと諦める必要が無いだけでもマシですね。

当然ながら、ブラック後でも審査に絶対通るわけではなく、きちんと仕事をしているか等、見られる点は多いので気を引き締めましょう。

ブラックOKな会社も実在?中小消費者金融の謎に迫る!

アイフルではブラックリストが不可能となると、もはやブラックリストでもOKなんていうのは、闇金融業者しか思いつかないかもしれません。

ですが、きちんと国に届け出を出している正規業者でありながら、ブラックリストにも融資実績がある消費者金融は、いくつか存在しています。

正規業者でありながらブラックリストに貸してくれる所は、中小消費者金融と呼ばれる業者です。中小消費者金融は大手であるアイフルに比べると目立ちませんが、より審査が柔軟なのです。

中小消費者金融の中でも、ブラックリストへの融資実績があって、比較的利用者も存在する業者の一例を挙げていきます。

  • フクホー
  • アルコシステム
  • スペース
  • ビーンズ
  • アロー

名前を聞いた事が無い業者も多いかもしれませんが、いずれも正規業者ですので、闇金の心配はまずありません。

もしもブラックリストになっても融資が必要とあれば、こうした中小消費者金融の事を思い出すと良いでしょう。

中小でも絶対じゃない?ブラックOKな金融業者を使う注意点

会社の規模がどうであれ、ブラックリストにも融資をしてくれるというのなら、利用者にとっては有り難いでしょう。

しかし、中小消費者金融にも注意点や不便な点が存在しており、それらを理解しないと良い結果にはならない事もあります。

  • ブラックリストでも審査に通過できないなら借りられない
  • 金利や限度額の条件が大手よりも悪い
  • 中小消費者金融のふりをした闇金も混じっている

ブラックリストでも通るなら誰でも通ると思い込むかもしれませんが、中小消費者金融とて審査はきちんとしています。

それどころか、ブラックリストの人が申し込んでくれば非常に慎重に審査して、それで返済能力が本当に無いと判断されると、当然貸してはもらえません。

大手なら門前払いになるところを審査するのでまだマシだと思うかもですが、審査に通らないと意味が無い事は、全ての融資で同じです。

その他にも注意点こそありますが、やはり審査がある事を第一に理解して、どうすれば通るか基本に立ち返ってみましょう。

ブラックなら借りない事も視野に入れたい最大の理由

アイフルは審査が緩くとも、ブラックリストでも借りられるほど甘く無いのは、この記事で十分伝わったと思います。

それならブラックOKの消費者金融から借りれば良い…そう安直に考えてしまうかもしれませんが、それは待って下さい。

ブラックリストになってしまったというのなら、そもそも融資を受けないという事も視野に入れるべきなのです。

その理由ですが、以下のようになります。

  • ブラックだと便利な大手消費者金融が使えない
  • 中小消費者金融なら使えるが金利などで損をしやすい
  • 切羽詰まって探すと闇金を捕まえやすい

もちろん借り入れる理由が医療費などであれば、融資を使う事を前提に探すべきでしょう。

しかし、ちょっと欲しい物があるからとブラックリストになっても懲りずに借入先を探すと、上記のようなリスクが生じるのです。

お得な融資を使えないという事は実質的な負担が増えるし、それでまた返済ができないと、より生活は苦しくなります。

また、甘い言葉を吐く闇金融業者にも騙されやすい立場上、危険も隣り合わせです。

ブラックリストになってしまったら、その情報が消えるまでは融資を控え、そして解消後はその経験を活かした無理の無い融資利用法を意識しましょう。

【参考ページはこちら】
アイフルはブラックでも借りられる?

新着記事
ページトップへ