> > 借り入れ限度額は変更可能!アイフルでもっと借りる為の3ヶ条

借り入れ限度額は変更可能!アイフルでもっと借りる為の3ヶ条

カードローンの使い勝手にも関わる借入限度額は、最初の審査で決定されます。この初期設定の金額に、不満を感じる事はありませんか?

最初の限度額では不満という人は多いですが、アイフルのカードローンは後から変更が可能となっています。

しかし、勝手に限度額が変わる事は稀ですので、私たちが増額の方法やコツを理解していないと、いつまで立っても変わりません。

そこで今回は、アイフルで増額する為に欠かせない3つの要素を、一つずつしっかりと確認していきます。

限度額が重要なアイフル3つの融資とは?

設定された限度額内で自由に借入が出来るのは、カードローンという借入方法のみとなっております。

アイフルは消費者金融なので、カードローンをメイン商品として取り扱っています。ちなみに、アイフルでカードローンに該当する方法は、3種類となっています。

カードローンは一社につき一枚というわけではなく、特に融資プランが豊富なアイフルの場合、カードローンだけでも三種類あるのです。

サービス名 限度額 金利 特徴
キャッシングローン 最大500万円 4.5%?18.0% 標準的なカードローン
わんポチッと。 最大10万円 18.0% 書類レスで利用可能なお手軽カードローン
ファーストプレミアム・カードローン 最大500万円 4.5%?9.5% 一定以上の年収がある人向けの高級カードローン

これらのカードローンを見ると分かりますが、アイフルでは最大500万円までの限度額を、いつでも自由に使う事ができるのです。

限度額は固定じゃない?融資額は後から変更できるのか

最大で500万円借りられると書きましたが、何も最初からそんな大金が使えるわけではありません。

多くの場合、融資限度額は10万円から50万円の間で決定される事が多く、初回から大金を借りられるケースは稀です。

『わんポチッと。』に至っては完全に10万円固定なので、本当に少額融資のみで良い人しか使い道はありませんね。

そうなるとキャッシングローンなどは、最初に10万円に設定された場合、後からの変更はできるのでしょうか?

アイフルのカードローンでは、原則として増額は可能となっています。

消費者金融なので総量規制は遵守しないといけませんが、その範囲内でなら常に増額のチャンスはあると言えます。(こちらもご参考に→アイフルの増額審査、在籍確認はある?

●総量規制とは
総量規制とは、消費者金融などの貸金業者に課せられる制限の一つ。消費者金融から融資を受ける場合、最大でも『年収の三分の一』までしか借り入れる事ができない。

チャンスはあると言っても、それは簡単に活かせるものではありません。

そこで、増額の基本及びコツについて、3段階に分けて説明をして参ります。増額はメリットが多いので、是非とも確認して下さいね。

簡単だけど難しい?増額に必要な2つの基本とは

アイフルで増額をする為には、基本として自分から動かないと、いつまで経っても同じ限度額のまま…なんて事もあり得ます。

増額を希望する事は簡単なのですが、実現の為には2つの過程をクリアする必要があります。

  • 申し込みによる増額申請
  • 申し込み後の審査通過

申し込みをする事により増額を希望し、増額の意思を受け取ったアイフルがその審査をするわけですね。

こうして書くと簡単なのですが、審査があるという事は落ちる可能性はあるわけですし、申し込みについてもいつでも出来るとは限りません。

最も基本的な事の説明にはなりますが、基本を知らないのに増額が実現する事はありません。

増額についてすでに何となく検討が付いている場合でも、復習の意味も兼ねて、申し込みと審査の内容を確認しておきましょう。

申し込みはどこから?申請方法とその注意点を知る

増額を希望するなら、まずはアイフルに対して「増額したい」という希望を伝える事が肝心です。

その為の申し込み方法ですが、これは以下の二つの方法ならどちらでも構いません。

  • アイフルの公式サイトから申請
  • 電話による申請

どちらも手軽に行えますが、スマートフォンが普及した現代においては、ネット申請が比較的主流と言えます。

もちろん相談したい事があるなら電話でも良いですが、増額の申し込みは、いつでも出来るわけでもありません。

アイフルで増額してもらう場合、最低でもカードを作ってから、もしくは以前増額してから半年が経過している必要があります。

例えばカードローンを作ってまだ二ヶ月目だというのに、いきなり申請する事はできません。

何故半年なのかというと、この申請を出したという記録が残るのが、半年だとされているからなのです。

融資を利用した場合、あらゆる履歴は信用情報機関という場所に保管されますが、そこに残る情報が関係しているというわけですね。

増額でも審査は必須!難易度の変化に注目しよう

増額に申し込んだ場合、今度は審査を受ける事になります。

一度審査を通過してカードローンを作ったのに、また審査を受けるのは面倒…そう思うかもしれませんが、良く考えてみましょう。
(⇒アイフルの審査基準とは?

増額が成功すると、初回の融資審査で決めた限度額以上貸し付ける事となり、審査無しで限度額を増やすと返せるかどうはか判断できません。

ゆえに初回よりも厳しく審査をされるわけですが、その審査で見られる点というのは、最初と大きく変わるわけではありません。

  • 年収(増えているかどうか)
  • 職業(転職などはしてないか)
  • 借入総額(他社からの借入は増えてないか)
  • 利用実績

利用実績については特に大事なので後述しますが、このように見てみると、ほぼ初回と変わっていませんね。

増額と言えど融資の審査には違いなく、むしろ大きく変化している方がおかしな話ですよね?

増額審査に挑む場合、可能であれば収入が増えた後など、出来るだけ自分にとって有利な状態で審査に挑みましょう。

実績が一番大事!増額審査で重要視される理由とは?

さて、それでは増額のコツとも言える『より審査で有利になるポイント』について、そろそろ触れていきましょう。

先述した通り、増額審査では初回と同様の項目をチェックする事になるわけですが、初回よりも特に大事な基準があります。

増額審査で一番大事なのは、実際にアイフルを使ったかどうかの利用実績となります。

融資の利用実績というのは、以下の行動が総合的に評価された結果となります。

  • 融資をどれくらいの頻度で使っているか
  • 融資を利用しても返済には遅れていないか
  • 完済まではどれくらいかかっているか

アイフルが発行するカードローンは、それこそ無理に使う必要は無く、本当に必要な時に備えて温存する事もできます。

これもカードローン活用としては重要な事ですが、やはり実際に借りてもらって利息を払ってもらえない事には、アイフルの利益になりません。

そして使ったとしても返済に遅れたとあれば、逆にアイフルにとっては損害を与える危険人物にもなりかねませんので、遅れる事は増額でも厳禁です。

完済までのペースは上記の二点よりも重要度は低いですが、お金に余裕ができれば一括で返すなどすれば、アイフルにとっては高評価です。

アイフルからのお誘いも?実績が良いと増額も簡単!

アイフルのカードローンを増額するには、基本的に自分から動く必要がある事には、いつだって変わりません。

ですがお得意様とも言える、利用実績が非常に優秀な顧客に対しては、特別な応対をしたとしても不思議ではありませんよね?

返済実績などが優れている場合、アイフルの方から「増額しませんか?」とお誘いが来る事があります。お誘いが来ると、高確率で増額が成功するでしょう。

このお誘いは絶対に、そしていつ来るかは全く分かりません。ですが相手からの誘いがあるという事は、とても優れた実績があるという事です。

アイフルからすると、きちんと返済してくれる人に対しては積極的に融資を行う事で、より一層の利益を出す事ができます。

そんな人に対して増額を誘うのは極々自然な事であり、これはクレジットカードなどの融資以外でも似たような事があります。

一つだけ注意をするなら、お誘いが来ても申請しないと増えませんし、申請しても審査に落ちる事があり得ます。

お誘いが来たのに…と思うかもしれませんが、あくまでアイフル側が実績を見て判断しているだけです。

実績こそ優れているものの、転職して仕事が不安定な立場になったり、年収が減っている事を審査で確認したら、当然落ちる事もあるのです。

実はリスクも!?増額前に知っておきたい問題点について

カードローンで増額すると、以下のようなメリットがあります。

  • 限度額が増えてよりたくさん借りられる
  • 金利が下がって少ない負担で借りられる

限度額が増えるのは当然として、金利が下がる事もあるのが驚きですね。

このように増額にはメリットばかり…なのですが、実は増額をする事でデメリットが発生する事があり、リスク管理として知っておく必要があります。

  • 限度額が増えた事で使い過ぎやすい
  • 紛失して不正利用された時のリスク増大
  • 減額若しくは利用停止に陥る事がある

どれもリスクとしては目が離せないものの、特に目立つのは『減額若しくは利用停止に陥る』というものです。

増額希望を出したのに減額や停止というのは、目立つのも無理は無いですね。

これは一見して何故そうなるのか理解に苦しむので、次項にて詳しく掘り下げようと思います。

増額審査に落ちたら注意!何故減額や利用停止があり得るの?

今まで増額審査を『増えるかそのまま変わらないかの二択』だと思っていた人にとって、減額も利用停止も想像ができないと思います。

というのも、増額の際には審査がある事、そしてその審査が『限度額を適正にする』という視点にて見ているのがポイントです。

例えば、増額申請に申し込んでも、以下のような場合は良い結果は出にくいです。

  • 以前より年収が少ない
  • 仕事が非正規雇用などに変わってしまった
  • 何の実績も無いのに大金を要求する

つまり『最初の融資審査を受けた時よりも悪くなっている』のが問題で、それで増やして欲しいというのは、無理がありますよね?

また、実績が無いのに急に大金を要求してきた時も、「もしかしたら踏み倒す気では…」という風に勘違いされやすいです。

アイフルとて信用する事でお金を貸しているのですから、信用に反する行動をすれば、融資を打ち切る事も珍しくありません。

カードローンは無担保で借りられる以上、こちらの信用にも大きく依存しているからこそ、増額でも実績が大事なのです。

待つか動くか?増額希望の出し方を考えてみよう!

アイフルの増額というのは、単純に分けると以下の二つの行動、そのどちらかをすべきとなります。

  • 自分から申請をして審査を受ける
  • アイフルからお誘いが来るまで待つ

例えアイフルから誘いが来ても審査はありますが、その通過しやすさは比較になりません。

よって、増額のリスクも考えると、相手からの誘いを待つのが一番確実な方法と言えますが、それには注意が必要です。

もしも今の限度額では足りないけども、増額すれば足りる…そんな場合においても、あなたは待つ事ができますか?

つまるところ、増額における待ちの姿勢というのは、『増額はしたいけど急がない』という人向きではありますが、自分の都合を犠牲にするには向きません。

幸い、今回説明したポイントを抑えておけば、自分から増額を希望したとしても絶望的という事はありません。

増額審査は受けるまで分からないものの、きちんと利用している人であれば、蔑ろにはされにくいのです。

【参考ページはこちら】
上限増額もこれで簡単!アイフル審査のルール

新着記事
ページトップへ