> > 追加融資は簡単!アイフルのカードローンが便利な理由

追加融資は簡単!アイフルのカードローンが便利な理由

既にお金を借りていて返済の最中に、再度融資を受ける事を追加融資と言います。言葉の意味自体は非常に簡単ですね。

ただ、融資方法の中には、一度借り入れると完済まで再度の融資が不可能な方法もあります。

やはりどうせ現金を借りるなら、完済まで一方通行の融資よりも、必要に応じて借り増しが出来る方が良いですよね?

アイフルにおいて追加融資を受けるというのは、実は簡単な事です。その方法について、今回は説明をしていきます。

実は多い?追加融資が受けられない借入方法の種類

一度でもお金を借りられたのなら、追加で融資を受けるのなんて簡単に思いますよね?

ですが、融資方法の中には追加融資が無理な方法というのも存在しており、融資を受ける前に知っておかないと、計画に乱れが生じます。

追加融資が不可能な方法としては、主に以下のものが該当しています。

  • 住宅ローン
  • 分割ローン
  • 一部のフリーローン

これを見てみると、追加融資が不可能な方法というのは、その傾向が分かります。

特定の買い物などで使う融資というのは、原則としてその購入時にしか使えません。用途自由な方法ではありませんから、追加融資という柔軟な方法には未対応なのです。

こうした融資を使うなら、必要額以上は一切使えず、借りたら返済しかできない事を肝に銘じておきましょう。

返済途中に困ったとしても、もっと借り入れるという事が出来ないのです。

柔軟な融資と言えばコレ!追加融資を受けられる方法

続きまして、柔軟な対応が期待できる融資…つまり、追加融資が簡単な方法について紹介します。

  • カードローン
  • フリーローン

やはり追加融資と言えばカードローンが有名で、アイフルの場合は3種類のカードローンがあります。

サービス名 限度額 金利 特徴
キャッシングローン 最大500万円 4.5%?18.0% 最も標準的なカードローン
わんポチッと。 最大10万円 18.0% 書類レスで利用できるカードローン
ファーストプレミアム・カードローン 最大500万円 4.5%?9.5% 一定の年収がある人向けのカードローン

どのカードローンでも追加融資が出来ますが、用途やその人の条件により、使えるカードローンが異なってきます。

この中で一枚選ぶとしたら、制限が少なく限度額も十分な、キャッシングローンが一番おすすめと言えます。

それを踏まえて、カードローンでの追加融資の受け方を説明していきます。

今日から出来る!?アイフルのカードローンは追加融資も簡単!

カードローンの追加融資について説明する前に、カードローンの基本的な仕組みに軽く触れましょう。

☆カードローンの仕組みについて
カードローンは、設定された限度額内であれば、いつでも自由にお金を借りて返してができます。利用する際には、主に対応ATMを使う事になります。

つまり、カードローンの追加融資はとても簡単で、限度額内ならいつでも自由にATMを操作し、好きな額のお金を借り入れる事ができます。

ATMの操作と聞いてちょっと苦手意識が湧くかもしれませんが、凄く簡単です。

対応ATMに差し込むと自動で取引開始

画面の案内に従って借りたい金額を入力

お金が出てきて借入完了

カードローンの追加融資では、アイフルへの連絡も一切不要であり、はっきり言えば銀行の口座からお金を引き出すのとほぼ同じです。
(⇒アイフルと銀行カードローンの違いは?

その操作している姿から、借入と分かりにくいのも嬉しい点です。

いつでもは無理?カードローンの追加融資が止まるケースについて

カードローンの追加融資は、カード一枚で可能なのでとても簡単ですが、常に追加融資を受けられるわけではありません。

実はカードローンであっても、特定の状況下では追加融資が不可能となりますので、いつもカードを持っているからと油断はできません。

  • 限度額の上限に到達する
  • 返済に遅れてしまう
  • カードの不具合
  • ATMのメンテナンス

特に気をつけたいのが上限到達で、カードローンは借入が手軽すぎる為に、追加融資を重ねて知らないうちに上限到達…なんて事があります。

追加融資が止まる事もそうですが、そこまで借りると返済が大変で、延滞してしまうとそれでも利用が止まります。

カードの不具合やATMのメンテナンスでは仕方が無いかも知れませんが、上限額と延滞は自分で防げます。

カードローンを使うときは、自分が借金をしているという自覚を常に持ち、追加融資は困った時にだけいつでも使える…そう思うべきでしょう。

カードローン以外でも可能?フリーローンの異なる点

ここまでの説明のように、現代で追加融資を受けるならカードローン一択に思えそうですが、フリーローンも不可能ではありません。

フリーローンの仕組みについて触れておくなら、以下の通りです。

☆フリーローンの仕組みについて
フリーローンとは、用途自由な現金を借り入れる方法。カードローンとの違いはカードが無い事、そして融資希望額が審査通過後に全額振り込まれる事である。

フリーローンは言ってしまえば、使い切りのカード無し借入です。借りたお金の用途自体は同じですが、その受け方は大きく異なります。

カードが無いカードローンみたいなものならただの下位互換に見えますが、カードローンに比べて以下の特徴があります。

  • 審査が若干簡単な場合が多い
  • 金利がやや低くなっている事が多い

簡単に借りられて低金利なら、案外興味を持つ人も多いのではないでしょうか?

アイフルでは該当する方法はありませんが、『目的ローン』が使い勝手としては似ています。

フリーローンだと大変?追加融資に一苦労する背景とは

フリーローンでも追加融資は出来るというのは、間違いではありません。

ただし、その方法というのが非常に面倒であり、端的に言えば『再度の契約が必要』という事になります。

フリーローンの追加融資について、流れを説明するとこうなります。

返済中に追加でお金が必要になった事を金融業者に伝える

追加融資が可能な場合は再度の審査を受ける

問題ない場合は追加分のお金が融資される

連絡するだけではなく、再度の審査が必要になりやすいというのが、フリーローンの追加融資の欠点ですね。

さらに金融業者によっては実績として、数ヶ月の返済実行が無いとダメだったりもしますので、制限は総じて多いと言えます。

フリーローンを使う場合、完済するまでは借りないくらいの気持ちで、事前に行き届いた返済計画を立てる方が賢いですね。

増額とは違う?追加融資で良くある勘違いとは

追加融資の意味、そしてどんな方法なら受けやすいか、ここまでの説明で随分と知識も深まったと思います。

ただ、追加融資というとある金融用語と似ている事があり、意味を混同してしまう人が多いです。

追加融資と混同しやすい用語とは『増額』の事です。実際に検索などで違いが分からないまま調べると、どちらの意味でも共通してヒットするサイトがあります。

これは追加融資と増額に限った事ではなく、融資では同じ意味で使われる用語が多いです。

  • カードローンとフリーローン
  • 闇金と街金
  • 金利と利息

特にカードローンとフリーローンは、今回の記事を見ていればすでにご存知になりますが、以外と同じように使われている事が非常に多いです。

消費者金融の商品でフリーローンと書かれているのに、実際はカードが発行されるカードローンだった…なんて事があるのです。

追加融資と増額の違いを具体例で分かりやすく解説!

違いがあると言っても、やはり例を見ないと分かりにくいのが金融用語です。

そこで、追加融資と増額の具体例について記載しますので、違いについて理解を深めておきましょう。

☆追加融資の用法例
10万の限度額中7万円借りていたが、急に必要になったので残り3万円を『追加融資』してもらった。
☆増額の用法例
10万円の限度額しか無いのに20万円のパソコンが欲しいから、10万円ほど『増額』してもらう為に金融業者へ連絡した。

このようになっており、追加融資は限度額内からもっとお金を借りる事、増額は限度額自体を増やす事となります。

全く用途としては異なるわけですが、増額と追加融資というのは、互いに無関係ではありません。

増額が成功すれば追加融資が受けられる幅が広まり、追加融資ばかり利用していると、完済するまで増額希望は出しにくいです。

このようになりますから、追加融資も増額も、お互い希望するタイミングを意識しておきましょう。

便利なはずの追加融資が問題になる一つの懸念次項とは?

カードローンに限って言えば、追加融資はいつでもお金を借り増しが出来るという事で、急な出費には非常に心強い方法となるでしょう。

ただし、追加融資というのは無計画に使ってしまうと、あっという間に借金地獄に繋がります。

先ほども説明したように、カードローンのあまりの簡単さ故に、無計画にお金を引き出す人が今でも居ます。

必要なだけ借りて早めに返せば問題になりませんが、無計画に上限まで借りてしまったお金は、利息負担も増えて返せない事もあり得ます。

なので、カードローンで追加融資を受けるというのなら、以下の事を気をつけて下さい。

  • 自分のお金では足りない時のみ融資を受ける
  • 毎月の返済は出来るだけ多めに
  • 完済するまでは頻繁に返済残高を確認する

どれも当たり前ですが、追加融資を使いすぎるという人は、特に返済残高のチェックが抜けています。

残高を見る事でいつ終わるか、そして今はこれくらい借りているという自覚が出ますので、アイフルの公式サイトからチェックする癖を付けましょう。

【参考ページはこちら】
追加借入はいつでもOK!アイフルキャッシングの特徴

新着記事
ページトップへ