> > 他社で借金有りな人がアイフルで借りたいなら注意すべきこと

他社で借金有りな人がアイフルで借りたいなら注意すべきこと

今既にカードローンでお金を借りているけど、利用限度額が低くて使いづらい。

もうちょっとカードローンで借りられる金額を増やしたい…。

そんな時は増額もいいですが、別の会社から借りるほうが手軽で早いですよね。

初めての方にもおすすめできる消費者金融と言えば「アイフル」ですが、既に他の会社からお金を借りていて

2社目、あるいは3社目としてアイフルからお金を借りたいと思っている方もいるでしょう。

新規の借り入れとくらべて、既に借り入れがる場合だと申し込みに際して注意するべきポイントがちょっと変わってきます。

一体どのあたりに注意しなければならないのでしょうか?

まずは自分が借り入れ出来る残額をチェック!

他社で借り入れがある場合、まずは自分があとどれだけお金を借りることが出来るのか。

これを知っておく必要があります。むしろ急務です!

なぜかというと、もしかしたら今借りている以上にお金を借りることが出来ない…

そんな可能性も秘めているからなんです。

消費者金融から借り入れていると総量規制がかかわる

お金を借り入れている他社が、消費者金融の場合は必ずといっていいほど借り入れ金額のチェックが必要です。

借入金額…と言っていますが、正確には契約している利用限度額がどれだけあるか、ですね。

仮に、今借りている金額が20万円だったとしても利用限度額が50万円なら、50万円借りているのと同じになります。

それを踏まえた上で、自分の借り入れ金額が総量規制の範囲内でどれくらいかをまず調べなければなりません。

いきなり総量規制という単語が出てきて戸惑っている方もいるかもしれませんので

簡単にですが総量規制について説明しておきましょう。

総量規制とは「貸金業法」が適用される会社からお金を借りる場合にかかわってくる仕組みです。

貸金業法が適用される会社は具体的に言うと「消費者金融」「クレジットカード会社」などですね。

この総量規制はお金の借りすぎ・貸しすぎを防ぐために作られたもので

お金の借り主の年収の3分の1を上限て借り入れ金額を制限するというものです。

アイフルも消費者金融ですのでこの総量規制の対象となります。

そして、この総量規制は1社につき年収の3分の1まで借りられるというわけではなく

総量規制の対応となる会社から借りている金額の総額が年収の3分の1に収まるようにしないといけません。

既に消費者金融からお金を借りている場合は

  • 既に契約している他社の利用限度額(実際の借入金額ではありません)
  • アイフルで希望する利用限度額

の合計が年収の3分の1に収まらなければいけないということです。

仮に年収が500万円の人であれば、総量規制の対象となるのはその3分の1である166万円程度です。

既に他社消費者金融と50万円の契約で利用しているなら、約116万円までならアイフルでの借り入れが可能です。

銀行のカードローンは対象外でも、借りている事実は変わらない

「貸金業法」は銀行には適用される法律ではないため、銀行のカードローンを利用している場合総量規制の対象にはなりません。

そのため、銀行カードローンのみを利用しているのであれば、年収がいくらであろうとも

アイフルから借り入れることが出来る最高金額は「年収の3分の1」となります。

ただし、アイフルに新規で申し込む際の「他社からの借り入れ金額」には

きちんと銀行のカードローンから借りている金額(契約している利用限度額)は記入しなければなりません。

あくまで総量規制の対象とならないだけで、実際借り入れをしていることは変わりません。

先ほどの例(年収500万円の人)で言えば、銀行のカードローンから100万円借りていてもアイフルでは166万円までの借り入れが数字上は可能です。

ただし銀行とはいえカードローンからお金を借りていることは変わりないことなので、166万円絶対に借りることが出来る…ということはありません。

念のため、総量規制の対象外でも総量規制の対象と考えるくらいにしておくほうがいいですね。

計算することで事前に自分の希望額を固めておこう

自分が借りられる金額の上限はわかったでしょうか?

予想していたより借りることが出来なさそう…と思ったら

なんとかして年収を上げるか、希望する利用限度額を引き下げるか

はたまたアイフルを諦めて別のカードローン(特に総量規制の適用とならない銀行や信用金庫などのカードローン)を選択するか…。

選択肢は色々ありますので、まずは自分が借りたい金額と現実をすりあわせてみましょう。

ある程度利用限度額の目安をつけることが出来れば、次のステップです。

他社に迷惑をかけてない?返済状況などもチェックして

利用限度額の目安がついたから、早速アイフルに申込をしよう…とする前に、もうちょっとチェックしておくことがあります。

それは現在お金を借りている会社に対しての返済状況など、「どういった借り方を行っているか」です。

他社の借り入れとアイフルでの借り入れは全く別で、関係がないのでは?、と

一見考えがちなのですが、実は深い関係があるんです。

ちょっとコワイ?他社での返済状況も影響アリ

仮にあなたが他社…銀行でも、消費者金融でもかまいません。

お金を借りているとして、その返済がすごくだらしないとしましょう。

延滞は当たり前、延滞する期間は最低でも1週間、最悪1ヶ月を超えることも。

もちろんきちんと返済する月もありますが、多くは延滞をしているような状況です。

非常に「ひどい」としか言えません。こんな状態では今借りている会社からの信頼は0どころかマイナスでしょう。

新規の融資を止められる可能性も十分に考えられます。

さて、そこであなたはアイフルからお金を借りることにしました。

なぜならアイフルはその会社と縁もゆかりもないので、きちんとお金を返済することが出来る自分を演出すれば

問題なくお金を借りることが出来る!と思ったからです。

しかし、アイフルでお金を借りることは出来ませんでした。

年収も総量規制も問題がなかったのに、です。

なぜなのか…その理由が明かされることは永遠にありませんが、この状況であれば他社からの返済状況が悪かったから、という理由が一番有力となるでしょう。

そう、アイフルと関係ない会社から借りたお金であっても、返済状況はアイフルでの借り入れに大きく影響するんです。

その秘密は「信用情報」。各社で共有しているデータバンクがある

なぜアイフルが他社の返済状況を知ることが出来るのでしょうか?

その秘密は「信用情報」にあります。

信用情報とは、お金を借りるにあたって必ずチェックされるもので、その人の

  • 氏名、住所などの基本的な情報
  • 勤務先の所在地や規模などの情報
  • 同居の家族、賃貸か持ち家かなどの居住情報
  • 職種、業種といった職業に関する情報
  • 年収
  • カードローンや住宅ローンなどの借り入れや返済状況

といった濃密な個人情報が記録されているんです。

ここで注目したいのが、一番最後の項目です。

カードローンや住宅ローン、はたまたクレジットカードのショッピング枠を利用した際の金額やその返済に関しての情報も信用情報としてしっかりと記録されているんです。

もちろん登録しているのはそれぞれの会社(消費者金融など)や銀行です。

この情報は「信用情報機関」というところが管理しており、日本には3つ信用情報機関が存在しています。

金融に関する企業は全てといってもいいほど、1つ、または2つ(多くは2つです)信用情報機関の会員となっています。

この情報は会員もしくは情報の本人でしか閲覧することが出来ないシステムとなっており

会員となれるのは金融に関する企業だけなので、一般の企業は閲覧することが出来ません。

逆に言えば消費者金融や銀行など、カードローン商品を扱っているところは必ずこの信用情報をチェックしているということです。

延滞や未払いなど、どのような借り方をしているかすぐわかる

アイフルに限らず、カードローンに申し込んだときはどこの会社でも同様に信用情報をチェックし、何かトラブルを起こしていないかを確認します。

そこで「延滞が多い」「返済をしていない」といったマイナスの情報が登録されている場合は

「この人にお金を貸してもきちんと返済出来るかわからないから、お金を貸すのはやめよう」という結論に至ります。

「知らないから大丈夫」ではなく、「知られているから気をつける」ことを念頭に置いておきましょう。

とはいえ、知られるから気をつけるというのも非常に消極的な行動です。

借りたものはきちんとマナーとモラルを守って返済するべき、ですね。

他社からの借り入れがあると、審査に通りにくいことを知っておく

これは、複数の会社からお金を借りようと考えている方は絶対に知っておくべきことだと思います。

基本的な傾向として、複数の会社からカードローンを利用してお金を借りる、という状況はカードローン各社においてあまり好かれるものではありません。

それだけお金に困っているように見えるのが理由

なぜなら「複数のところから借りなければいけないほど、経済状況が悪いのか?」と思われてしまうからです。

お金に余裕があればそもそもカードローン自体を利用するかどうかわかりませんが、複数社からお金を借りていると

わたしたちのような一般人から見ても「お金に困っているの?」と思えてしまいますよね。

実際、今借りている分では足りないから追加としてアイフルに申し込みたい、と考えているのですから

あながち間違っているわけでもないでしょう。

ダメな点だけじゃない?なんと有利に働く場合も

既にお金を借りていることは他の会社での審査のときにマイナス要素になる。

実際その場面は多いですし、既にお金を借りていることによるデメリットを感じた方も少なくはないはずです。

しかしそれが必ずしもマイナスにばかり働く…というわけではない、と言ったらどう思うでしょうか?

先ほど、審査の際には信用情報を必ずチェックし、きちんと返済が行われているかを確認する、と書きました。

そこで延滞といった事実があるとお金を借りるのは非常に難しいということも。

信用情報には、どのように返済しているのか(毎月の返済額や返済日、それまでの返済履歴)がきちんと記録されています。

その記録にてきちんと返済している、かつ適度に利用(借り入れ)していることがわかった場合は

「この人にお金を貸したら利用してくれるし、かつきちんと返済してくれる」という判断がなされて審査の上でも有利に働く可能性があるんです。

カードローン商品を提供している会社にとって重要なのは

  • 利用してくれること
  • きちんと返済してくれること

の2つです。

後者のきちんと返済するということは様々なところでこれでもかというほど書かれているので十分身にしみているかと思います。

しかし前者の「利用してくれること」、これも会社側からすれば非常に重要なポイントとなります。

カードローン商品の利益は「利息」です。

利息を受取るにはその商品を利用してもらう、すなわち借り入れをしてもらわなければなりません。

借り入れをしてもらうことによって発生する利息分を返済してもらい利益をあげる。これがカードローンの仕組みです。

そのためいくら契約していても、実際借りている金額がとても少なかったり0円という場合、会社側にとっては全くもって利益にならない人ということです。

そのような状況で他社と契約する、というのは余り考えられないことですが、契約してもお金を借りない人は顧客として成立するでしょうか?

多くの人は「しない」と考えるのではないでしょうか。

確かに今後お金を借り入れてくれるかもしれません。でも、その期待度が低くなることは否めないでしょう。

信用情報にて、他の会社でもある程度借り入れをしており、かつきちんと返済を行えていることがわかれば

「この人はうちの会社でも優良な顧客になってくれる可能性がある」と思ってもおかしくないと思いませんか?

自分の会社にも利益をもたらしてくれるかもしれない。そんな人とはぜひ契約したいと思うのが本音です。

基本的に複数社での借り入れは不利と言われていますが、きちんと利用している人であればプラスに働く可能性も十分にある、と知っておくことは損にはならないと思います。

そのほか!注意しておきたい小さなポイントまとめ読み

他社からお金を借りている状態でアイフルでもお金を借りたい!

そんな方に対して重要といえるポイントを細かく解説させていただきましたが、まだまだ小さいポイントとしても気をつけておきたいことはあります。

それらの小さなポイントをぎゅっと凝縮しました。

小さいといってもその重要性が大きく変わることはありませんので、しっかりと覚えていってくださいね!

他社で借りていると利用できない商品がある!

アイフル限定での話となりますが、すでに他社からお金を借りている場合アイフルでは利用できない商品があるんです。

その商品は「わんポチっと。」。メールのみで利用契約が行える、とってもお手軽なカードローン商品なのですが

こちらの利用条件として「消費者金融を初めて利用する方」といった一風変わったものが含まれているんです。

消費者金融じゃなくて銀行のカードローンならOKなのかもしれませんが、基本的には初めてこういった商品を利用する方向け…と考えておくべきでしょう。

利用限度額も最高で10万円なのでちょっと物足りない部分もありますのでこの商品を2社目、3社目の商品として利用する方は少ないと思いますが

念のため、知っておいたほうがいいでしょう。

返済日が違う場合も。管理を怠らないように

複数の会社からお金を借りるデメリットとして、返済日の管理がややこしいことが挙げられます。

これが結構曲者で、3社から借りていてその返済日が5日・15日・20日というようにバラバラだった場合

どの会社がどの返済日だったかな?と混乱してしまう可能性もあります。

うっかりであっても返済日を間違えると延滞扱いになってしまいます。

1日、2日程度であれば延滞しても(ダメなのですが)対応してくれたり、見逃してくれることも多いですがそれでもマイナスになることには変わりありません。

対策として出来るのは

  • 各社の返済日のお知らせメールなどを利用する
  • 可能であれば口座振替で自動的に返済出来るようにする
  • 各社の返済日を調整出来るならできるだけ同じ日にする

といったあたりでしょうか。

返済方法を口座振替にするのが中でもおすすめです。

自動的に引き落としてくれるので、返済日のことをスッカリ忘れていても問題ありません。

ただし引き落としの口座に残高がないとダメなので、そこには気をつけていないとダメなのですが。

毎月の返済は思ったより負担になることが。おまとめ利用も視野に

複数の会社からお金を借りると、当然毎月の返済額はぐっと増えます。

1.5~2倍、さらには3倍くらいまで返済額が膨れ上がることもあるでしょう。

1つの会社で返済額が5,000円としても、2社で10,000円、3社で15,000となります。

これがずっと続くわけですから、その負担は結構なもの。

返済できなくなって延滞してしまうこともあるかもしれません。

そんな時はおまとめローンを視野にいれるのもいいでしょう。

アイフルには

  • かりかえMAX
  • おまとめMAX、

と2つのおまとめローンがあります。

違いはかりかえは他社の借り入れをアイフルで借り換えるもの、おまとめはアイフルで利用中のカードローンと他社での借り入れをまとめて借り換えるものです。

追加の借り入れ、いわゆるカードローン的な使い方は出来ませんのでその点は注意が必要ですが

まとめることで金利が低くなり、返済の負担を軽くできる可能性が高いです。

返済が大きな負担になってくることがあればおまとめローンは取れる選択肢の一つなので、もしもの手段として考えておいてもいいと思います。

完全な新規よりハードルは高め。節度を守れば十分借り入れは可能

どうしても他の会社でお金を借りている状況は、新規でアイフルを利用するのに比べるとハードルが高めになることは否めません。

しかし、他社の利用状況によっては審査の面で有利になる可能性もありますし、他社で借りていることが絶対にダメというわけでもありません。

節度を守って、自分がムリなく利用できる範囲内での借り入れを行う。

非常にシンプルであり基本的なことですが、複数社からの借り入れを行うなら絶対に守らなければいけないポイントであると思いますし

節度を守った借り入れを意識していれば、アイフルをはじめ複数社からの借り入れも十分に可能だと思います。

今回の記事でご紹介しましたいくつかのポイントを知っておけば自分の状況を顧みることが出来るはず。

その上で本当に自分はアイフルでの追加借り入れが必要なのかどうか、まずは一度改めて考えてみてはいかがでしょうか。

考えてみて「やっぱりお金が必要だからアイフルで借りたい!」と思ったら、返済プランなどを考えた上でチャレンジしてみましょう!

【参考ページはこちら】
アイフルは追加融資もできる?

新着記事
ページトップへ